新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年02月03日

真実は勝つ(´・ω・)?

 真実を語れ、虚偽を語るな ー 口中の斧(句・ウダーナヴァルガ8章) より

 最近は、このブログやニコ生の放送でも、「もう、この国はどうしようもない」とか「もう、完全に終わっている」とか言うことが多く、あんまりこんな事ばかり書いていると「どうしようもないんだった、なんで政治ブログとか書いたり政治放送したりしてるんだよ?」と言われそうなので、以前から考えていることを少し書こうかと思います。

 何かというと、「人間はいつかきっと真実に近づく」ということです。MIBという映画では、「500年前まで地球は平らだった」という有名なセリフがあります。言うまでもなく、人間は偽りの認識から、様々な間違いを犯しながら真実に近づいていきます。

 小林秀雄の言葉を持ち出すまでもなく、10年前の異端が、今日の常識などということはいくらでもあります。また、ソ連崩壊後のロシアの破滅的な構造改革を強力に推し進める理論を提供したのはハーバード大学の経済学者たちですが、最も急進的な構造改革論者であった彼らの多くは現在、かつての過ちを認め、ドグマティックな新自由主義的改革思想から脱却して、ケインズ主義的な思想に回帰し、非常に現実主義的でプラグマティックな政策提言を行っています。

 私自身の過去の経験を思い出すと、何故か、異端視されている思想を支持することが多かったです。そのため、それまで異端とされ、その分野のメインストリームからは完全にスルーされていたような異端の思想が、次第に受け入れられ、さらに常識となっていくようなプロセスを幾度となく見てきました。

 主流派の意見とは真っ向から衝突するけど、非常に論理的な整合性が高いというような理論は、傾聴に価します。「ほとんどの人から馬鹿にされてるけど、どう考えても、こっちの意見が正しいように思える」というような思想は、多くの人が「間違っている」と言っているからという理由で放棄すべきではないと思います。

 私は、自分が「これは凄い理論だ!!」とか「革新的な考え方だ!!」と思うような思想には、誰が何と言おうと徹底的にのめり込むような傾向があり、時々、他人から「お前はそのうちおかしなカルト宗教にハマりそうだな」などと言われることもありましたが、幸い今のところおかしなカルト宗教にはまり込むこともなく、なんとか普通に生活をしています。まあ、なんというか、多少なりとも健全な批判能力を保持しているということかもしれません(もっとも、真に心の底から「この人物は信頼できる!!」と感じられる指導者を見つけられたならば、どれほど他者から「アレはカルトだ!!」と言われて、信じてついていくかもしれませんが)。

 それで、まあ、最初のなぜ政治についての情報発信を続けているのかという話に戻すと、まあ端的に言って、今は、どんなに批判されたり、無視されたりするような思想であっても、いつか、私の言っていることを理解する人が増えてきて、そのうち常識になるだろうというような気もするからです。

 要は、今はどれだけ、「お前の言っていることはオカシイ!!」といろんな人から批判されても、そのうち、コロッと状況が変わって、「そんなの前から分かってたよ」とか「いや、実は俺も昔からそうだと思ってたんだよね」となるのではないかと。

 現に今現在、安倍信者の巣窟になっているようなニコニコ動画の政治カテゴリーランキングでも結構私の動画も複数、ランキングトップ100に入っていますし、生放送視聴者数もじわじわと増えてきて、最初は1日10とか100くらいしかなかったブログのPVも常に5000以上はキープしているような状態になっているワケです。何か、きっかけがあれば、また一気に増えるようなこともあるでしょう。

 それから、何より、論理的に考えてどうみても、私たちの言っていることの方が正しいし、明らかに、こちらの方が、予測も正確に当ててるんですね。どんなバカでもさすがに気付いてくるんじゃないかと思います。一度、「あれ、いままで○○さんの考えが正しいと思ってたけど、この人言うことがコロコロ変わるし、いろんなこと予測したりしてるけど、外しまくってるじゃん・・・」となってくれれば、そこからは結構早く正しい認識に近づいてくれるんじゃないでしょうか。「あれ、こっち方が論理的に筋が通ってるし、正確に先を見通せてるよね?」と。

 まあ、現在は、ほとんど集団催眠にかかってるような状況で、どうにもこうにもならないような現状ではありますけど、いつか、そんなふうに思想の転換点がやってくるまで、地道に気長に自分自身も色んなことを勉強しながら情報発信をやっていこうかなと思っています。




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓ニコニココミュニティの生放送機能停止処分を受けたので今から1ヶ月間はこちらのコミュニティで生放送やりますのでコミュ入会の方よろしくお願いしますm(_ _)m



ASREADに寄稿しました!!今回はマルクス主義左翼と反左翼の対立の帰結についてです⇒経済政策、その間違いの歴史〜何故、日本と世界は道を誤ったのか?〜 | http://asread.info/archives/1479
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 23:01 | 神奈川 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも正しさが
立証される頃には日本が無くなるよ><

外国人介護士に在留資格…「5年以内」で検討
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150202-OYT1T50070.html?from=tw

法務省は、介護の在留期間について、5年以内を軸に検討している。在留期間は更新が可能で、違法行為などがない限り、事実上、日本で働きながら永住することが可能になる。


米通商代表、TPP「最終合意が見えてきた」
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11985020100.html
Posted by at 2015年02月03日 23:22
いつかか・・・
今マスゴミで目立って安倍叩いてるの反日キチガイ連中だからカツトシも誤解されるだろうなw
何でも官邸に対して賛成するのも反対するのもどっちも「なんでも官邸団」だよな・・・
Posted by at 2015年02月04日 00:58
マスコミの反安倍ってのも
歴史問題と外交、安全保障では対立してるように見えるけど
構造改革、規制緩和(安倍の一番やりたいこと)では
むしろ一丸となって強力にプッシュしてるように見える。
橋下に関しても同じ。
Posted by マルセイユ at 2015年02月04日 07:45
定期的所信表明、月始めとか三ヶ月に一回とか何か世論が一過性のものが終わった区切りやるといいかもしれないですね。カツトシにできれば日常で短編の物語を読んでほしいなぁ思いました。ブログでも物語を絡めた記事ももっと見てみたいです。
Posted by at 2015年02月04日 12:25
私はカツトシさんのおかげで色々気が付きましたよ。…第一印象は悪かったですが(笑)

これからもよ
Posted by at 2015年02月04日 13:18
ろしくです。
Posted by at 2015年02月04日 13:19
何を勘違いしているかわからないけれど、あなたの言っていることは普通です。中野剛さんや三橋貴明さんの仰っていることとほとんど同じなのでは。いま、安倍総理の政策を全面的に支持している人などいるのでしょうか?「他に誰かいますか?」というだけの話。それから、あなたは明らかに「反安倍カルト」です。「人間はいつか真実に近づく」なんてこともなく、真実と虚偽の狭間をふらふら歩き続けるのだと思いますよ。
Posted by kanata at 2015年02月04日 22:09
kanata at 2015年02月04日 22:09さんへ

何を勘違いしているかわからないけれど、あなたの言っていることはほぼその通りです。中野剛さんや三橋貴明さんの仰っていることとほとんど同じなのです。いま、安倍総理の政策を全面的に批判しています。趣味で。「他に誰かいますか?」というだけの話でもありますが、政策批判です過剰なとこも多々ありますが。それから、このブログは明らかに「反安倍カルト」風に見えますがただのブログです。関係ない事も書いてあります。

>「人間はいつか真実に近づく」なんてこともなく、真実と虚偽の狭間をふらふら歩き続けるのだと思いますよ。

ふらふらと。。。。近づいとる瞬間あるやんけーー!!!w

>何を勘違いしているかわからないけれど、あなたの言っていることは普通です。

なかなかアニメっぽいセリフが好きなんですね。文章感じがこのブログと相性抜群だと思いますよ。ここのブログ主はオタク苦手みたいですけど。。。
あと、普通っていうなっ!!!()


Posted by at 2015年02月04日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413460783

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。