新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月30日

アリストテレスとブッダ〜愛と欲望と執着の哲学〜

 最近、Youtubeで「ブッダの言葉」という朗読の動画シリーズを聴いているのですが、これがなかなか素晴らしい



 ところで、仏教では、「愛」とは執着と苦しみを生み出す悪しきモノとして捉えられています。これって、なかなかキリスト教に強い影響を受けてる西洋にはなかなかない考え方ですよね。

 そもそもキリスト教以前でも、アリストテレスは、「愛する友なしには、たとえ他のすべてをもっていたとしても、誰も生きてゆきたいとは思わないであろう」と書いています。しかし、一方で、ブッダは、「愛する人に出会うな」と説き、一人林の中で座り瞑想することに無上の楽しみを見出すような境地こそが理想であると説いています。これって、完全に矛盾しますよね。

 ちなみに、ブッダっていうのは面白い人物で、悟りを開いた時に、「誰にもこの境地を教えることなく、たった一人でこの悟りの境地を味わっていたい」と考えます。しかし、その後神から、「お前は、その境地を他人にも伝えるために教えを説け」と言われ、本当は、「ただ一人でこの境地を味わっていたいけど、まあ仕方ねぇな」と思い、「分かった、じゃあ、皆のために教えを説くけど、せめて1週間の間だけはこの境地を独り占めしたいから、1週間この境地を味わってから教えを説きに行く」と言って、1週間の間は誰にも教えを説かず、たった一人で悟りの境地を味わいます。やたらと押しつけがましい西洋の博愛や啓蒙主義の精神とは大違いですよね(笑)

 先に、「アリストテレスの教えとブッダの教えは完全に矛盾しているのではないか?」と書きましたが、実は、これを少し考えると矛盾せず整合性が取れます。そこで、まず考えなければならないのは、アリストテレスとブッダのそもそも目的の違いです。アリストテレスが目指すのは善き生、つまり、この人生を如何に善く生きるかという問題に焦点が当てられています、一方、ブッダが目指すのは解脱です。つまり、この世とあの世に対する一切に執着や迷いを消し去り、輪廻転生の輪から抜け出すことなんですね。そのために、最も重要なのはこの世に執着を生み出すあらゆる感情を捨て去ることなんです。

 つまり、「この世は苦しみと迷いに満ちている」と考える修行者であってすらも、この世に愛する者がいる限り、「もう一度、あの人と出逢いたい」と願ってしまうことで、再び迷いと苦しみに満ちた輪廻の輪を巡ってしまうことになるんですね。意外とブッダってロマンチストかも(笑)B’zの稲葉さんも「誰にだって愛してしまう者がある〜♪」って歌ってますからね。それだけ、愛を捨て去るってのは難しいことなんだそうです。

 なので、最終的な結論としては、アリストテレスは、「愛する友を得ることが重要だ!!」と言っていて、ブッダは「愛する人に出会うな!!愛と執着を捨てよ!!」と真逆のことを言っているのですが、その思考過程を辿ると、そんなに矛盾してないんですね。

 なので、ブッダが「愛する友なしには、たとえ他のすべてをもっていたとしても、誰も生きてゆきたいとは思わないであろう」というアリストテレスの言葉を聞けば、「なるほど、その通りだ」と言うでしょう。その上で、きっと「だからこそ、愛する人と出会うな!!この世を行きたいを願うことをなくせ!!」と言うんじゃないですかね。

 まあ、どちらの考えに魅力を感じるかは人それぞれだと思いますけど、なかなか面白い違いだなーと思って紹介してみました。




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓ニコニココミュニティの生放送機能停止処分を受けたので今から1ヶ月間はこちらのコミュニティで生放送やりますのでコミュ入会の方よろしくお願いしますm(_ _)m



ASREADに寄稿しました!!今回はマルクス主義左翼と反左翼の対立の帰結についてです⇒経済政策、その間違いの歴史〜何故、日本と世界は道を誤ったのか?〜 | http://asread.info/archives/1479
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 16:01 | 神奈川 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どっちかと言えば、今の日本にはアリストテレスの言葉の方がいいかもしれない。マジで愛が足りない、理解が足りない。愛を捨てざるを得ない場面が多く感じます。
ラブソングと言えば恋愛の歌詞が普通だけど、最近ではラブソングとタイトルをつけてこんな歌詞が出てきてそこそこ売れている。↓ 愛のある経済政策が足りない。

愛すら知らない人が 居るのは確かだ それを無視するのは何故だ それを無視するのが愛か?
愛されるだとか 愛するんだとか それ以前に僕ら 愛を買わなくちゃ
消費せよ 消費せよ それ無しではこの先 生きてけない
消費せよ 消費せよ それこそが君を救うのだ

Posted by at 2015年01月30日 17:05
愛とかどうとか言うのって、愛欲・愛されたいとかそういう自己の願望であって、博愛とはまた違うだろうし、
その感情や態度には吐き気を催します。



義や善といった自己を含む他者・世界との関わりを優先する人間の生き方に好意を抱きます。

Posted by at 2015年01月31日 01:09
>その感情や態度には吐き気を催します。

良かったら、吐き気がする具体例が聞きたいです。
Posted by at 2015年01月31日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。