新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月29日

限定的イスラム国肯定論

 今回のテーマは、相当に誤解を生じかねないような内容なのですが、あえて、誤解されるのもまた面白いかなと思いつつ書いていこうかと思います。

 まず、最初に言いたいことは、現在の混乱の中で日本の保守派でイスラム国の姿勢やあり方に僅かでも理解を示そうという保守派の論客がほぼ皆無であるという点は、ほとんど保守派の堕落であると私は考えています。

 まず、左翼、保守問わず、現在の日本人の典型的な反応は「イスラム国はイスラム教とは全然関係ない誇大妄想を抱いたイカレタテロリスト集団であり、可能であるならば、今すぐにでも殲滅すべき癌のような存在だ!!」といったものでしょう。

 もちろん、このような反応はおおよそ妥当なもので、このような主張に対して真っ向から異を唱えるような人物がほとんどいないことも納得出来ます。しかし、それでも、ある程度思想や哲学に関心を持ち、より深い真実を追求しようとする者であるなら、このような表面的かつ凡庸な見解のレベルに留まるべきではないと私は考えます。

 そのように考える時、多少なりともマシだと思えたのは中島岳志の見解です。要は、今回のイスラム国の台頭のもとにあるのは、アメリカのイラク戦争の失敗と、軍事的思想的な敗北が根本にあるという認識です。これもまたおおよそ妥当な見解であると言えるでしょう。つまり、基本的にはイスラム国の過激派テロ集団は悪であるとしつつ、しかし、そのような悪が台頭するようになったきっかけは欧米や日本といった先進国の間違った対応であるかもしれないという消極的な擁護論です。

 私が思うに、このイスラム国の問題を考える上で、多くの人々がつまずいている点は、イスラム国の持つ目的の正当性と、彼らの取っている手段の正当性の問題を分離して考えられていないことです。

 イスラム国は、現在の彼らの戦闘やテロ行為を、欧米の世界支配に対抗する「グローバルジハード」と称しているそうです。安倍政権を支持する保守派の論客は、この点において、彼らの手段が如何に正当化し難いものであっても、その目的の本質においては、ある意味高潔な志を持った聖戦であることを理解すべきでしょう。

 つまり、彼らの戦うグローバルジハードとは、第二次安倍政権が誕生前に掲げた、強欲を原動力とした資本主義や道徳的退廃との戦いとその本質において同様の構造を持っており、また、彼らの目的であるイスラムの教えと伝統への回帰も、安倍政権が掲げていた、「瑞穂の国の資本主義」「日本を取り戻す!!」という目標と同じ根を持つものです。

 要は、彼らのグローバルジハードも、日本の保守派が目指すべき、良き日本を取り戻すことや、戦後レジームの脱却も、その本質は、「設計主義的な欧米の文化侵略的進歩主義 VS ローカルな伝統的価値」という対立構造を持っているのです。

「テロリストは悪い奴らだ!!」「拉致や処刑や拷問は犯罪だ!!」こんな、小中学生でも理解できるような理屈を偉そうに、語っている知識人のほとんどは、世間に迎合しているため、もう一歩踏み込んで考えるだけの思考回路が停止しているようです。

「テロリストが一番悪い!!」などということを、多くの人がわざわざ口に出したり紙に書いたりしないのは、そんなもの明々白々な前提だからでしょう。殺人事件が起こった時に、ドヤ顔で「一番悪いのは被害者を殺した犯人だ!!」などと言う人がいないのと同じです。

 とはいっても、たったこれだけの説明では、相当に誤解を招く可能性があるので、今後引き続き、このイスラム国肯定論の内容について書いていきたいと思います。そして、おそらくは、それをすることが現在の堕落し切った日本の言論の状況を整理して理解する助けになるのではないかと思います。





↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓ニコニココミュニティの生放送機能停止処分を受けたので今から1ヶ月間はこちらのコミュニティで生放送やりますのでコミュ入会の方よろしくお願いしますm(_ _)m



ASREADに寄稿しました!!今回はマルクス主義左翼と反左翼の対立の帰結についてです⇒経済政策、その間違いの歴史〜何故、日本と世界は道を誤ったのか?〜 | http://asread.info/archives/1479
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:20 | 神奈川 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サヨク・特亜認定の言論封殺術が通用しなくなり焦った安倍信者が次に飛び附いたのは、テロリスト認定。
Posted by at 2015年01月29日 18:49
現在、日本政府でテロには屈しない劇場が開演中なので、言論活動プロで食ってる人の発言はテロには屈しない劇を演じきるべきで、この劇の足を引っ張るのは良くないという論調や、ある人は自己責任論をこねくり回して読み応えのある文章を書いてみたり、人質事件より欧州の経済に注目してみたりプロの扱う無難な範囲はなんとなく見えるんですが、こういう足を引っ張ていると誤解を受ける危険がありながら、するべき反省を意識させる記事をこのタイミングで地上波に出るようなプロには書けないでしょうね。

余談ですが、趣味と言うタイミングでゲーマーの間では、テイルズシリーズの新作が出てヒロイン詐欺と悪質商法で炎上中 フィギュア業界ではワンフェスという即売会間近で作品話題ばかり、政治は多くの人に関係するけど、やっぱ個々の趣味に被害が影響するまではお互い気付けないのは虚しい。
Posted by at 2015年01月29日 20:02
殺人を犯した犯罪者にも虐待されていた過去が…
って感じでまとまると思いますがw
Posted by at 2015年01月29日 20:35
テロリスト交渉って何するんだろね。
金渡しても武器弾薬買うのに使われるだろうから心象良くする為に親切に現物渡してあげた方がw
世界的にもテロリストにお金渡す事がどう言う事か視覚で認識出来るし良いかもしれない。
Posted by at 2015年01月29日 21:16
自称イスラム国がやってる武力解放路線は戦中の日本や戦後のアメリカと似ている。
ただ国家として世界から認められているかどうかの違いだけだ。
そして大国は金のために大量破壊兵器やら毒ガスやら自由と民主主義やらで中東を数十年にわたり叩き続けながらチベットやウイグルには見て見ぬふり。
その中心であるアメリカの属国である日本がテロの対象になるのは至って自然だと思う。
Posted by 冴えないサラリーマン at 2015年01月30日 05:11
外務省HP [安倍総理大臣 中東政策スピーチ]の一部

イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは“ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるため”です。地道な人材開発、インフラ整備を含め“ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束”します。
Posted by at 2015年01月30日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。