新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月20日

物々交換経済のウソと貨幣発生理論のオルタナティブ〜『21世紀の貨幣論』フェリックス マーティン 著 を読んで〜

 『21世紀の貨幣論』は、何カ月か前に読んで、かなりの衝撃を受けて、是非ともレビューを書きたいと思っていたのですが、なかなか読んで衝撃を受けたものの、この内容をどう整理すべきなのか考えてしまい中々レビューが書けずにいました。しかし、とりあえず、この本の主題に関して最近パッと思いついたことがあったので書いてみることにします。

 この本の最重要のテーマの一つは、そもそも物々交換経済は存在しなかった可能性が高いということです。一般的に、貨幣の発生は、もともと物々交換で成り立っていた経済活動を効率化、円滑化させるために貨幣のシステムが生み出されたと考えられていますが、実は、未だかつて、物々交換経済の社会が存在したという形跡や証拠は一切ないそうです。

 それじゃあ、どうやって貨幣は発生したのか?この本では、かなり詳しく解説しているのですが、すごく単純に説明するとこうです。

 まず最初に会計制度、つまり帳簿が発生しました。つまり取引の履歴です。牛を一頭相手に渡した時に、「牛を一頭渡しました」という記録を残しておけば、債権と債務が発生します。つまり牛を渡した側には、牛一頭分債権が残り、逆に牛を貰い受けた側には牛一頭分の債務が発生します。この時に、仮に債権を証券化したとしましょう。つまり、Aさんが牛一頭をBさんに渡し、Aさんは牛一頭分の債権を獲得し、Bさんは牛一頭分の債務を負います。この時に、この牛一頭分の債権を証券化すれば、このAさんの債権は譲渡が可能になります。すると何が起こるか、今度は、Aさんが別のCさんから一頭牛を貰いたいと思った時に、Bさんとの取引で発生した債権をCさんに譲渡すれば、Cさんの牛とAさんの債権を交換することでAさんは牛を一頭獲得することが出来ます。そして、CさんはAさんに牛を一頭渡す代わりに、Bさんに対する牛一頭分の債権を獲得することが出来るのです。こうして、この牛一頭分の債権は流通可能な債権として市場に出回ることになります。そして、この譲渡可能な債権こそが貨幣なわけです。

 しかし、このままでは、この貨幣は牛の取引にしか使えないことになります。そこで貨幣価値という共通尺度の概念が必要となります。その貨幣価値という尺度においては、牛一頭分の価値と、鶏の価値や、牛の価値と机やタンスの価値が同じ価値尺度の中で測定されます。つまり、先の譲渡可能な債権と、貨幣価値というあらゆる財を金銭的価値という共通の価値尺度において測定する基準を合わせることで現在の貨幣とほぼ同様のものが発生します。

 これだけ書いても、( ゚д゚)ポカーンといった感じで、これの何が重要なのか分かりにくいと思いますが、物々交換経済からの貨幣発生論とこのようなオルタナティブの認識の違いが、人々の経済認識に関する重大な誤謬の原因になっているかもしれない、ということについて今後解説していきたいと思います。





応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 23:32 | 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by at 2015年01月21日 02:12

結局物々交換経済が発達するより前に信用経済が発達したってことなんじゃないですかね。
物々交換→誰もが欲しがるものを持ち歩く→貨幣の誕生
これだと石や貝殻などは不必要なものが貨幣として成り立つのがおかしいんじゃないかなという疑問がある。

では貨幣は
結局物々交換経済が発達するより前に信用経済が発達したってことなんじゃないですかね。
物々交換→誰もが欲しがるものを持ち歩く→貨幣の誕生
これだと石や貝殻などは不必要なものが貨幣として成り立つのがおかしいんじゃないかなという疑問がある。
信用経済→信用の記録→貨幣の誕生
これこそが正義だ!

て感じですね。

ちなみに物々交換経済がなかったというのは誤解を招く表現であると思います。
物々交換自体は過去はもちろん現在も行われている取引ですからね。『物々交換経済』なんて言葉の定義もあやふやですし。
おそらく物々交換から貨幣が生まれたという従来の考え方を否定するための誇張であると思います。

貨幣は取引から生まれたのは言うまでもないですが、貨幣がないときの取引とはどんなものだったのか。
私は取引の主なものは譲渡であったと思います。
譲渡のしあいから信用や期待が生まれ、そこから物々交換や信用取引が生まれたと考えます。
もしかしたら物々交換さえも信用がなければ存在しなかったのではないでしょうか?

と、まぁ、久しぶりに色んな事考えてしまいました。
オルタナティブの意味は良くわかりませんが、今後の解説を期待してます。
Posted by 石 at 2015年01月22日 05:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

貨幣の価値は皆の思いの中にある:21世紀の貨幣論
Excerpt: 21世紀の貨幣論作者: フェリックス マーティン出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2014/09/26メディア: 単行本 貨幣とはなにか?について経済の最先端の知識を使って解説した一冊..
Weblog: 本読みの記録
Tracked: 2015-05-24 22:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。