新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月16日

【拡散希望】春にTPPが大筋合意しそうです!

TPP、「春」の大筋合意目指し日米で足並み

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉全体の行方を左右する日米事務レベル協議が14日、東京で再開した。


 交渉全体の大筋合意の時期を巡り、日米では「春」を目指すことで足並みがそろってきており、交渉は最終局面へ向けた詰めに入る。

 日米協議の再開前に大江博・首席交渉官代理は、記者団に、「時間も切羽詰まっており、最後の政治決着に持って行けるところまで(日米の立場を)近づけたい」と詰めの協議を急ぐ考えを示した。農産物や自動車分野の関税の扱いなどが焦点となる。

 ロイター通信などの13日の報道によると、米上院で多数を占める共和党ナンバー2のジョン・コーニン議員らに対し、米通商代表部(USTR)のフロマン代表が「およそ2か月以内に議会が取り上げる(大筋合意の)内容を得られる過程にある」と述べた。甘利TPP相は、9日の閣議後の記者会見で、大筋合意を目指す閣僚会合を「春先までに開ける状況を作ることが大事だ」と述べている。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150115-OYT1T50018.html



【拡散希望】春にTPPが大筋合意しそうです!
http://ameblo.jp/datoushinzoabe/entry-11977521377.html


『真の国益を追求するブログ』さんが、TPPについて、「非常にマズイ状況になっていますよ!!」ということを書いてくれていたので、私の方でも支援の意を込めて、今回はTPPについて、ちなみに上記のブログ記事にもあるように、保守派の論客や安倍支持者の一部が語っているような、「本当は安倍首相は、TPPを進めたくないと思っている」とか「安倍首相は面従腹背でアメリカやグローバル資本主義、金融資本主義と対抗しようとしている」などというのは全くの幻想です。実際に安倍首相本人が「TPPは私の経済政策を支える主柱です」と力強く宣言しているわけですから^^;




 ちなみに、TPPの経済効果に関しては、内閣府ではGDPベースで 2.4〜3.2 兆円のプラス効果があると試算しており、「たしかに、TPPに関しては、色々な社会的政治的問題は存在するけど、とりあえずGDPは上昇するんじゃないの?」と思っている方もいると思うのですが、この点に関しても注意が必要です。まず、第一には、この試算はあくまで10年分の経済効果であって、1年分のGDPの押し上げ効果はこの10分の1となります。

 さらに、次のレポートでは、東京大学教授の鈴木宣弘氏が、内閣府のTPPの試算の問題点をいくつか挙げています。

全国農協中央会委託調査研究
「TPP の影響に関する各種試算の再検討」
https://www.think-tpp.jp/shr/pdf/report03.pdf


@ 問題点 1−生産性向上効果の設定によって貿易自由化効果を操作できる
内閣府は、GTAP モデルという応用一般均衡モデルを使った試算により、TPP 参加の利益と損失とを相殺した GDP 増加額は 2.4〜3.2 兆円になるとしている。これは、FTA の影響分析ツールとして世界的に多く用いられる GTAP モデルを使っていることから、最も「信頼性」が高いと言われている試算である。
ところが、我々(山本成信・高橋太郎・鈴木宣弘)が同じモデルで試算し直したところ、GDP増加率は 0.06%とほぼゼロに近く、0.48〜0.65%という内閣府試算値よりもかなり低かった。
増加率は 0.06%とほぼゼロに近く、0.48〜0.65%という内閣府試算値よりもかなり低かった。
このような差が生じる原因を調べたところ、内閣府の試算では、TPP 参加による競争促進にともなう国内産業の生産性向上が、たとえば輸送業のコストが半減するなどという形で仮定されているため、TPP 参加の利益が大きくなることが判明した。
競争促進による生産性向上の可能性は否定しないが、この点を「恣意的に」見込むことによって、貿易自由化効果を大きく見込むことも小さく見込むことも「操作可能」であることは、十分に認識されなくてはならない。


 つまり、第一の問題点としては、恣意的に自由貿易の経済効果を大きく算出することが可能であり、さらに、今回のTPPの経済効果の試算では、輸送業のコストが半減するなどという仮定をもとに、国内産業の生産性向上の効果が大きく見積もられている可能性があると指摘しています。

A 問題点 2−輸入が増えても国産は「別物」として影響を受けないモデル構造
内閣府の試算に用いられている GTAP モデルは、FTA の影響分析に多用されているが、国産品と輸入品との「差別化」が進んでいる状態を仮定しているため、輸入が増えても国内生産があまり減らない(国内生産の打撃が過小に評価される)構造を持つことに留意が必要である。
GTAP モデルによる我々(山本成信・高橋太郎・鈴木宣弘)の試算(図 1)では、TPP 参加による我が国の国内生産の減少量は、コメ 7 割弱、小麦 5 割弱、砂糖・牛肉 2 割弱、乳製品 3%程度で、農水省の、コメ 90%、小麦 99%、砂糖 100%、牛肉 75%、乳製品 56%という生産減少量とは極端な格差がある。国産品と輸入品との代替の程度を表す係数(アーミントン係数)をGTAPモデルの「既存値」から少しずつ増加させて(代替性を強めて)試算し直してみたが、コメ以外の品目については、農水省試算との差は容易には縮まらないことも判明した。
つまり、GTAP モデルによる試算は、モデル構造上の制約によって、国内生産への影響が過小になる宿命を背負っているので、その結果を用いて国内農業への打撃を議論することは妥当ではないということである。


 これは要は、海外の食料品が輸入されても、国内の食料品は「差別化」がなされているため、国内の食品産業は、そこまで打撃を受けないと試算されているそうです。しかし、それもおかしな話で、TPP参加した途端に日本人の胃袋の大きさが突如2倍に膨れ上がるなどという怪奇現象でも起きない限り、輸入により海外の食料品が日本国内の市場に流通すれば当然国内の食料品の生産者は相応の打撃を受けるでしょう。

B 問題点 3−多面的機能が評価されていない
さらには、これらの試算には、総合評価に不可欠な「外部効果」が算入されていないのである。内閣府の評価額から外部効果の喪失分(3.7 兆円、農水省が試算した額で、洪水防止効果等の一部の項目のみ)を差し引いた総合評価でも、△0.5〜△1.3 兆円と、損失のほうが大きくなることに留意すべきである(表 1)。農業の持つ多面的機能は、農業でなくても発揮できるという見解もあるが、例えば、水田の洪水防止機能が崩壊したら、それをダム等で再構築するには数兆円の財源が必要になるということを考えなくてはならない。
国内農業が失われることによる国民への影響度は、農業生産額の変化を見るだけでなく、失われる正の外部効果(多面的機能)も考慮した総合評価によって示す必要がある。たとえば日本の稲作の場合、代表的な多面的機能としては、主食を自給して国民に安定供給を3保障することによる国家安全保障の維持に加えて、水田における生物多様性保全機能、洪水防止機能、地下水涵養機能、土壌崩壊防止機能、水質浄化機能、窒素循環機能、農村景観・保健休養の場の提供などがある。また、国内コメ生産が減少して輸入米が増えれば、バーチャル・ウォーター(日本のコメ輸入による海外の水不足深刻化を示す指標)、カーボン・フットプリント(原料調達・生産・流通・消費・再利用までの全行程での CO2 排出量を示す指標)などの環境指標が悪化する。


 これは、要は、日本の水田などが減少することから生じる様々なデメリットや経済的損失が過小評価されるか、あるいは全く考慮されていないという問題です。

 それにしても、衆院選で勝利して安倍政権の運営もあからさまになってきましたね。おそらく、もはや選挙もないし、反対派に配慮することなくなんでも自由にやれる状況が整ったと考えて、本当にやろうとしていたことを次々に打ち出してきているのでしょう。それにしても、頑張って安倍政権を支えてきた保守派の念願である憲法改正や戦後レジームの脱却には目もくれずに、ひたすら、ある意味での戦後レジームの完成化ともいえるような様々な改革案を打ち出してきているというのは皮肉というほかありませんが・・・




応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 19:04 | 神奈川 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニコニコの【安倍政権を過大評価しすぎてる人々】と言う動画に水を含んでから、ご覧になってはいかがでしょうか。
竹中さんだって頑張っているんじゃないですか?に続く凄い発言が見られますよ。
Posted by TPP断固反対 at 2015年01月16日 21:21
安倍自民のTPPは綺麗なTPPちゃうの?
http://youtu.be/b55DMYKcDn4?list=PLsbqMSbG7S2rqjGtuitRSG3AZ5wQ1QBUv#t=3m01s
Posted by 安倍信者 at 2015年01月16日 21:47
お礼のコメントが間に合わなかったので、こちらで書き込ませてもらいますね。
先ほどのニコ生で「介護報酬下げて給料増えるってどういうこと?」と質問させていただいた者ですが。
カツトシさん、クズヤさん、リスナーの皆さん方で分かりやすく解説していただきありがとうございました。
Posted by B層リスナー at 2015年01月17日 02:25

◯こちんさんの
「安倍政権を過大評価しすぎてる人々」
文字におこしてみました。
「てめえの力とその望む事のギャップを埋めないといけないんじゃないのかなと」
この部分が私も共感する所であります。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm25343568?ref=search_tag_video

『えーこんばんわ、◯こちんでございます。本日はですね、安倍総理大臣ですね、安倍内閣を過大評価、とんでもなく過大評価している人がいると思うわけです。安倍さんね、「外国人を入れないで経済を回復して、公共投資を全て上手くやって人の命を守る」と。そうゆうのをね「全てやって当たり前だ」とゆうようなね感覚で言ってる人が、「それが出来なければ売国奴だ」くらいのねレベルで、「これがこう間違ってるから出来ないのだ。こいつは駄目だ、初めからやるつもり無かったんだ」とか言っちゃう人が、沢山かどうかわからないけど声が大きくてね。喚き散らしてるので目立つだけなのか知んないけども、まあそうゆうのが俺の目につくと言う事でね。「ちょっと待ってくれ」と。別にね「安倍さんの批判をするな」と言ってるんじゃない。「じゃあ、お前批判しろよ」とか言ってくる訳なんですけどそうゆうのは無視する。うん、付合っても時間の無駄なんでね。でも普通に冷静に考えて、支那のね習近平ですらね、国内で上手くやる為にいろんな事やって大変苦労している姿が見えるわけですよ。ああいった国家であってもね。一方日本に於いては、人間関係とか今までの慣例とかいろんな組織とか、今まで甘い汁を吸ってた人も沢山いるだろうし。でもそれを変えて行くために何をやって行くかと言う事をね、真面目に議論しないといけない時にですね。「そんなものは別に安倍総理が決断すれば、全部出来るんだ」みたいなね。そんな馬鹿みてぇな話。駄々っ子ですよ、ほぼね。「嫌だい
嫌だい、出来なきゃ嫌だい」みたいなさ。何言ってんのこいつ?みたいなね。「麻生元総理が財務大臣だったわけだから、それで国民に重大な景気後退を招いた消費税をやったのだから、麻生を首にして甘利も首にして、ついでに黒田もね決断を誤ったのだから首にしろ」とかね。三橋さんは言ってるわけなんですけど、それ本当に可能なの?世辞と経済の話の中でそんな事可能なの?マジでどうゆうプロセスでやるの?どのぐらい強大な力を持っていたらそんな事が出来んの?でもね「そのぐらいの気持ちがあって然るべきだ」と言うのならわかるけれど、なんかそんなことを言ったりしてるのを聴いたんですね。ブログとかも見たんですけど、三橋さんのブログね。そんな事書いてて、いやそうでしょうけども、「1+1=2」の世界で麻生さんもね,首を切られて「首ねじゃあ」で麻生さんも「あ、そうですかー、ですよねー」とか言って、辞めるの?ホントに?で、麻生さんにまつわる力のね(笑)、関係の人もね
「ですよねー」とか言って納得するわけ?で、何も無くねそのまま「じゃあ日本の国益のために頑張ります」ってゆう集団なわけですか?そんなね、お花畑みたいな話ですよね。それが本当なんだとしたら、そんな事が出来るんだとしたらね、物凄いね安倍さんは紙幣でも持ってて、「従わなきゃ殺す」とか言ってもねそこまで行かないんじゃないの?習近平だって苦労してるわけだし(笑)。プーチンさん、じゃあ怖い人ですけどロシアのね。そんな事出来てるのか、「全て思い通りにやって人間関係とか何も無しで、金も何も関係無くて最高権力者である総理大臣が全て出来るんだ!」ってやってくの?やってる国あるの?どこなの?(笑)っていうね。そういうのを無視してですね、経済の事とかも含めて議論するのはどうなのかなっていうね。ちょっとねそういうのが、目立つと言うか。で、細かい話というか日銀とか財務省の話すると「そんな事関係ない安倍だ!」とか言ってみたり、でも一方ではね「財務省が消費税を押し進めた」みたいな話もしたりして、どっちなんだよと。そういう力関係とかね、なぜそういうことをやろうとしているのかをね、そう言う話を詰めて行かないと。で、ちょっとづつね、「千里の道も一歩から」で、手を付けて行かなきゃいけないのに、「それは出来ない」とかね。「外国人を入れようとしてる!それは最初から言ってたのだ!」とかね。言ってたら本当にとんでもなく、権力を持って何でもやっちゃうね、もうそれこそ言ったらそういうのを無視した人が、総理大臣になれるそんな世の中が来ない限りはね、そんな思い通りにはならないんじゃないの?何かしらね駄目なポイントが有って、「そこが出来てない!駄目だ!」っていうね、何かしら出来てない人が今後もね総理大事になっていくわけなんですけども。それはね、問題点は言うなと言うわけじゃないけども、言い方って有ると思うんですよね。「その言い方で本当にあなたの目的が達成できるんですか?」っていう様な、そういう言い方の人が多すぎるんですよね。で、民主党政権と安倍政権の状況で、伝え方とか発信の仕方とか変わって然るべきで、「民主党の時はそんな事こうだった、どうだった」ってね言ったりとかもうね、その態度が変わったとかね、「当たり前じゃん!」って話なんだと俺は思うんですけど、まあいろんな意見が有ると思うんですけど、で、自分達がそういったね「全部上手くやれ」と言う様なね主張する保守と言われている、こうぼんやりとした大枠であると思うんですけど、その人達、俺も含めてですね、俺が保守と言えるかどうかは別として、所謂保守の人達の今の総合的な力をみて、田母神さん当選させられないわけですよね。で、「多くの素晴らしい議員をじゃあ当選させられるだけの力が有るのか?」って言ったら「無い」と俺は今回の選挙や、その前の選挙とかも思ってるわけなんですけども。そういった連中が「全て上手くやれ」と言うのは無理が有るんじゃないのと。全て正論を言ってね、素晴らしいことを言っていた、全てが認められる事じゃないかもしれないけども田母神さんみたいな人がですね、正論を言ってればじゃあ受からせてあげられる様な力も持っていない癖に、「全てを上手くやれ」と言うのはおかしな話じゃないのかな?っていううね。そんな事を思ってしまいますっていうことでね。で、本当に一歩づつやって100か0かみたいな議論じゃなくてね、「ここはこうして行くべきだ、改善させる」みたいなね、そんな議論をして行って「ここは強大な力を持ちすぎてるから
、」財務省を例えばね「改革するためにはどうして行ったら良いのか」っていう話とかを、例えば日銀の総裁の人事に対して、「こういう人を入れて欲しい」とかそういうね、そこのレベルから一歩づつやって行かなきゃならないのに、「安倍は、安倍だ」とか言ってたら、「そりゃもう無理よ」っていうね。そんなね、我が儘みたいな駄々っ子みたいな連中の言う事も聴くはずも無い。力も無いくせにね。強大な力を持ってるんだったら、流石に聞く耳は持ってくれるかもしれないけれども、それほど力も無い奴がね「全部上手くやれ」って駄々っ子みたいな事言ってるのに「総理大臣これを聴け!」とか言ってもね(笑)。「流石に無理じゃない?」っていうね、事は有ると思うんですよね。自分の持ってる力とですね、相手に聴いてもらえる話のね仕方とかね、そういう国民をつくって行くとかね。そういう本当に微々たる事からやってかなきゃならないのに、「これが出来てねえ!」とかやってたらね、「そりゃあそういう人は現れません」ってね。民主党政権から比べたら、大分マシなんじゃないのかなって、俺は思うから次どんなのが来るかわかんないね、テーブルをひっくり返すよりは安倍さんが出来る最大限の事をね、良いほうに向かう最大限の事をやってもらって、悪いほうに向かう最大限の事を止めたいと。「こうゆう事を辞めてくれ」という事をね、聴いてもらえる様な形で伝えて行って、そういう国民というか世論をつくって行くというようなね、地道な作業をして行かなきゃならないというのに「安倍がー、安倍の批判をするべきだ、これは悪いんだ」とかね。そういった論調でやってしまうと、それの妨げになるので「邪魔だな!」と思ったりします。で批判をすべき事は批判をすべきだと思うし、やってほしくない事とかね、現段階で俺は憲法とか弄ってほしくないんですけど、そんな事も出来ないのに、憲法とか弄るとろくな事になんないんじゃないかと俺は思うんで触んないでほしいと思うんですけれども、それに対してですね「安倍やめろー!」では駄目だと思うんで、そのやり方をもっとこう「安倍駄目だ!辞めろ!レイムダック化させるべきだ」じゃなくて、周りのねそういうのを勧めてる人とかを、どうやって少しづつ力を削いで行くかとかっていうそういう話をねしていかないといけないんじゃないのかなってね。まあそんな、その方法については俺は出来ないけども、話はね、能力も無いしそういうなんていうのかなあ、てめえの力とその望む事のギャップを埋めないといけないんじゃないのかなと。思うわけでございます。というわけでお疲れさま』
Posted by at 2015年01月17日 05:13
TPP妥結に備え、畜産・酪農強化に2千億円超
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150112-OYT1T50008.html

国内でもこんな感じになってる。かなりマズイよ。
Posted by コリアン安倍ちょんGJだね at 2015年01月17日 08:26
>安倍内閣を過大評価、とんでもなく過大評価している人

こいつだな↓

http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1085

>安倍さん、最強の権力を手にしたかもしれない。
Posted by at 2015年01月17日 09:58
文章化お疲れ様です。
>ひこちん「てめえの力とその望む事のギャップを埋めないといけないんじゃないのかなと」
なんだか橋下市長と桜井会長の対談が頭に浮かびますね。
Posted by 激論コロシアム at 2015年01月17日 19:42
畜産・酪農強化に予算付けるってTPPの理念に反している。「牛乳は骨を強くする」というのは間違いらしいことが分かってきているので縮小傾向でいい。
予算付けるのなら穀物でしょう。
Posted by 反安倍信者 at 2015年01月17日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。