新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月07日

見極めろ 見極めろ 見極めろ 相手は誰なんだろう? そして何処にいるのか〜♪

それは自分にしかやれないこと 他の誰にだって出来やしないんだ〜♪
(B'z 『F・E・A・R』 より)


 青木直人氏のBLOGに「今回の訴訟騒動のことかな?」と思えるような記述がありました。

●私は第2次安倍政権が誕生した際に、「草の根保守は安倍評価を巡って対立・分裂、そして内ゲバを始めるだろう」と予言しました。あれから2年、話に聞けば若手保守言論人の間ではその言説を巡って裁判騒動まで起こっているとか。なぜこんなことになったのか。それは誰が敵なのかが見えなくなっているからです。

http://aoki.trycomp.com/2015/01/post-620.html


 いやぁ、今回のクソ下らない騒動なんですけど、意外とこの界隈では知ってる人は知ってるんでしょうね。まあ、なんだかんだで倉山なんかは、書籍をシリーズ20万部売ってるわけだしなぁ・・・しかし、この業界もどこいってしまってるんですかね?

 なんか、噂に聞く所によるとユーチューバーのKAZUYAなんかは、もうあまり政治の話をしていないとかなんとか・・・彼は、自民党が政権奪還して安倍ブームが来るタイミングで動画作り出して自民党と安倍を応援して、落ち着いたところで、普通の雑談系ユーチューバーみたいなことやってるわけですからね。なんつーか、百田や上念なんかも含めてですけど、象徴的な存在なんだと思いますよ彼らは。とりあえずブームだし、それなりの規模があって参入しやすい保守業界で名前を売って、その後、左翼方面行ったり、ほかのところに媚売ったりしにいくっていう・・・まあ、要は嘗められてるし、ちょろい業界だと思われてるワケなんですね。

「学者とか、TVのコメンテーターとかにはなれなかったけど、保守業界はレベルが低い参入しやすいかも!!」
とか、思って入ってきて、最後に、後ろ足で砂かけた後に、暴露本でも出して最後の搾りカスまで吸い尽くしていくわけです。そういうクズみたいな連中を見抜けないどころか、少し人気が出てくれば、そういうゴミみたいな奴らにまで平気で媚びていく、まあ、そういう恥ずかしい業界に成り下がっちゃってるワケなんですよね保守界隈ってのが、その意味では、KAZUYAなんかは、業界の悪口を言ったりしてない分、多少はマシかもしれませんね。




応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 06:29 | 神奈川 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残った連中にろくでなしが多いから砂かけて仕返しして行くのかもね。
信じてついて行ってる人達が可哀想。
Posted by at 2015年01月07日 10:07
三橋と倉山の事じゃないの
Posted by at 2015年01月07日 15:02
三橋カリは中年だろバカ
Posted by at 2015年01月07日 18:21
カツトシはタイムリーだが、文脈からすると三橋vs倉山のことではないだろうか。それはいいとして、青木さんはインテリジェンス分野で最もレベルの高い人物の一人だと思う。安倍晋三について相当早い段階から問題を指摘しており、青木さんのブログ、ツイッター、著作をすべてチェックしている私は総裁選勝利の時からずっと複雑な気持ちで見つめていた。また安倍総理が消費増税を決定したこともいち早く指摘。これを読まなければ世界が分からないとは「言誌」ではなく、青木直人のことだろう。
Posted by at 2015年01月08日 02:13
青木氏とは全く関係ないですが、
朝日新聞の1月6日のコラムで、文芸評論家の東雅夫という人が漫画「うしおととら」を分析したものを、
漫画の作者が完全に否定しているのが個人的に面白かったです。

今回の「うしおととら」騒動でもそうですけど、
文芸評論って基本的にいい加減ですよね。
特に、このような「この描写にはこういうメッセージを含んでいる」とか、「作者はこう思っている」とかね。

なんかM社長が「安倍はこう思ってる」「安倍のこの行動はこういうメッセージなんだ」と言っているのに似てるな。
そういえば、自称「文芸評論家」でM社長以上の安倍信者
のA太郎も同じようなこと言っている。
もはや評論じゃなくて願望をただ言っているだけですね。

それに、底の浅い評論でお馴染みの新進気鋭の若手評論家のF氏も、過去に「宮崎駿は左翼じゃない」とか言ってたな。あの人は一応アニメとか映画が専門分野でしょ。
自分で堂々とアニオタ保守本流とか名乗ってるし。
その割にあまり詳しそうに見えませんね。そこらへんの
マニアの人の方が数百倍詳しいと思いますよ。
それなのに、映画やアニメ評論で食べていこうとしてるから笑えますね。
加えて、胡散臭いNPOを立ち上げたみたいだけど、この人の底の浅い解説を聞いて、映画を見たくなる人がどのくらいいるだろうか。逆に何もしない方が、日本の映画の振興
のためになりますね。
Posted by at 2015年01月08日 02:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。