新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月02日

消費税増税より保守の分裂の方がヤバいΣ(○>Д<ノ)ノという戯言・・・

 以前からよく読んでいるみぬささんの『国家戦略特区blog』で、今回の訴訟事件について非常に秀逸な論評が書かれていたので紹介します。

義によって助太刀致す
『元旦緊急特番!高木克俊氏と次世代言論人の再生』
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-11969744436.html


お前はコナン君かい\(◎o◎)/!

とツッコミを入れたくなるほど素晴らしい推理でもって、今回の訴訟騒動について分析しています。当事者である私までもが「おお、なるほど!!確かにそうかもしれない!(゜∀゜)」と目からウロコが落ちるような思いがしました(笑)

 ただ、このエントリーで批判されている箇所もあって、

『第二の鈴木邦男氏か?』

このような古谷氏のマーケティングを考察するときに、思い浮かぶのは、一水会の鈴木邦男氏です。右翼団体の元代表でありながらリベラルという立ち位置です。


という記述なのですが、2ちゃんねるの某スレッドでは、

428 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2015/01/01(木) 23:44:23.86
鈴木邦夫は右翼の立場から行動保守や「ネトウヨ」を批判しているけど
彼自身は一度たりともこれらの立場に身を置いたり擁護した歴史はないんだよね
そういった意味じゃ鈴木が比較対象にされるのが不憫だよ


という指摘がありました。ちなみに、古谷氏は、過去に田中秀臣氏とのトークイベントにおいて、「本当は、別にネトウヨが凄いとか、行動する保守界は偉いとか、そんなこと思ってなかったが、そういう連中に売り込むためにリップサービスをしていた」という趣旨の発言を行っています。つまり、そもそも最初から行動保守や「ネトウヨ」に擦り寄ったりした経歴を持っていない鈴木氏を引き合いに出すのは氏に失礼であるということでしょう。これに関しては全く同意します。

 それから、こちらのエントリーで非常に面白いと思ったのはこちらの解説です。

『保守分断の犠牲者』

古谷氏は、一昨年9月官邸前の消費税増税反対集会の街宣で「消費税が8%に増税されるよりも保守が分断される方が問題だ!」との驚きの発言をしました。この頃、倉山満氏とチャンネル桜の間で対立が表面化しつつあった時期です。そりゃそうですよ、自分の美味しいポジションが崩壊しますからね。

『古谷ツネヒラの砦』

安倍総理の消費税8%増税決断を契機に倉山満氏は、チャンネル桜を降板、何故か三橋貴明氏への個人攻撃を開始します。理由は、消費税増税を決断した安倍総理のアクロバット擁護であったというのが最もリアルな説明でしょう。三橋氏や倉山氏の関係者双方と蜜月を築いていた古谷氏にとっては困った展開です。


 実は、以前からこの古谷氏の「消費税が8%に増税されるよりも保守が分断される方が問題だ!」という発言は大変なバッシングがされていて、多くの人びとが「何言ってんだコイツ?」という想いを抱いていたわけですが、こちらの解説を見れば、なぜ氏がそのような「え?」と思うような発言をしたのかが理解できます。

 要は、氏の発言はつまり、
「日本にとって、消費税が8%に増税されるよりも保守が分断される方が問題だ!」
なのではなく、単に
「自分の商売にとって、消費税が8%に増税されるよりも保守が分断される方が問題だ!」
と言っているに過ぎないのですね。こうすれば「え?何言ってんだコイツ?」という感想から、「ああ、なるほどそういうことねσ(-ω-*)フムフム」という感想に変わるでしょう。

 また、これは今回の倉山満に関しても、全く同様で、以前こちらのブログに書き込まれたコメントで

少し激しい言論や批評になることがあるかつとし君ですが、基本的に経済について話している内容は到底おかしいとは思えません。それに、どちらが正しいから応援するという理屈ではなく、自分の番組に出てもらってるから応援するという人間を信頼できません。以上。
Posted by at 2014年12月31日 04:53


という意見があったのですが、要は、彼らは、「自分の商売にとって有利な方に付く」という単純な行動原理のもとに動いているワケです。別に、それを否定するつもりもありませんが、所詮その程度だということです。まあ、彼らを立派な国士様だと勘違いして崇め奉ってるような連中にはご愁傷様ですとしか言いようがありませんね(* ̄ノ ̄)/Ωチーン ...

 以前、自民党が政権を奪還した直後の時期に一度だけ、チベットウィグル協会の事務所に遊びに行ったことがあったのですが、そこである方が、現在の保守界隈に対して憤りを露わにしながら、

アイツ等の何が保守だってんだよ?あいつら保守してるのは自分の生活と食い扶持だけだろ!!

と言っていたのですが、残念ながら現在においてもそのような状況は1ミリたりとも変化していないようです。そして、今後さらに景気が悪化するにつれその傾向はますます強まるでしょう。要は、縮小していくパイを奪い合うためにますます醜い争いが加速していくわけです。

 アンチ自己啓発界隈では、「秒速で大金持ちになれるセミナー!!」といった類の講座は、「受講者を大金持ちにする」のではなく、「主催者を大金持ちにする」だけだというジョークがあるのですが、それと同じで、保守派というのは国家だとか国体だとかを保守するのではなくで、そいつらの生活を保守するだけなんですね。ダメですよ簡単にお布施とかしちゃあ。なんたって、「我々は、消費税増税に対抗して最後の最後まで戦い抜いた!!」と豪語する某塾だって、消費税が5%から8%に上がった途端に料金を月額1050円から1080円に変更したじゃないですか、最後まで抵抗して塾代だけでも1050円のままにしてくださいよ、と(笑)

 まあ、なんにしてもね、誰について行くとか、誰を信じるとか、誰から教えを受けて学ぶとかね、よくよく吟味すべきですよ、そいつがカルトの教祖だったり、ペテン師だったり、自己愛と自己顕示欲の塊だったりするような人間だったらただただ、悲惨であり、どこまでも無為に時間と労力を費やすだけですから。

 なんてことを、今回のみぬささんのエントリーやカルトに関する本なんかを読んで思いましたとさ・・・チャンチャン




応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 06:40 | 神奈川 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古谷もこのブログを見てるけど、倉山もここを見てるという噂がある。そして倉山は古谷について結構信頼しているところがある。

そんな時に、倉山がこのブログを見て、「は?古谷君ってそんなふうに思ってたのか!?」って思わせることができれば二人の絆は崩壊しますね。

この二人の関係は加害者(古谷)と被害者(倉山)ですから、被害者に真実を知らせるという意味でも、古谷のこれまでの悪事をブログでバラし続けることは有益だと思います。

一緒に頑張っていきましょう。
Posted by at 2015年01月02日 07:12
俺もカルトチャンネル桜に騙されて毎月1万払ってた時期がありましたよ・・・
水島や三輪の脂肪になってたと思うとハラワタが煮えくり返りますわ
Posted by at 2015年01月02日 12:39
本性知ってるのも困りもんだなw
いちいちイラついてしまうのもわかるw
Posted by at 2015年01月02日 14:07
カツトシさん

この度は、色々厄介な事に巻き込まれてしまいましたね。

ただ、多く心ある人々は、正しい状況をつかんでいると思います。

意外とみなさん「まとも」ですよ。

だからその常識を信じて今まで通りの言論活動をして頂きたいなとエールを送られて頂いた次第です。

あと、私のエントリーの件で、一部に誤解が発生してしまったみたいで、お手数お掛けしました。

ただ逆に、今回の案件で、「あの件」が関係ないという事は、余計にそれが本当の原因なのでしょうね。

ある意味、他の方のコメントにもありましたが、倉山氏が本当の被害者なのかも知れません。彼はガラスのハートの持ち主だと思いますので・・・

私のエントリーに関してですが、ご指摘ただいた、右翼団体に属して、右派を批判している鈴木邦男氏と一緒にするのは鈴木氏に失礼という点は、確かにそうですね。

私もエントリーで、ネトウヨ、ネット保守、右派、保守とか、用語を曖昧に使ったのは、それを気にしていたからだと思います。

あと、すでにチェック済みだとは思いますが、正党氏もブログで貴殿のことを、

『NHKの「日本のジレンマ」という馬鹿番組を見ている。

将来はカツトシ氏が出演してほしいと願っているからだ。

その原石を、下らない倉山と古谷に潰されて堪るか!!という思いがある』

http://ameblo.jp/masato1982/entry-11972017973.html

ですからね。泣けてくるじゃないですか?

ちなみに上記で紹介した、正党氏は、元在特会です。

要は在日特権批判だけしていても、日本は良くならないだろうという事で、経済分析を中心とたブログでアベ政権の間違った政策を批判している訳です。

彼の元データから分析した経済関係のエントリーは、データの切り貼りをする一部の方々と違いかなり良いと思います。

まあ、結論としては、とにかく、今まで通りの活動期待しておりますので、大変だとは思いますが、頑張って下さい。

影ながら応援しております。


Posted by みぬさ よりかず at 2015年01月02日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。