新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月25日

何故、円安でも大して輸出が伸びないのか?〜日本が大国として復活するために何をすべきか考える〜

 アベノミクスで円安誘導を行っても、「思ったよりも輸出は伸びなかった」というのが大方の評論家や経済ウォッチャーの感想だと思うのですが、果たして、何故輸出は伸びなかったのでしょう?それから、最後に、日本の製造業を復活させるにはどうしなければならないのかについて考察します。

──輸出はなぜ伸びない。

「輸出が伸びないのは円高が理由ではなく、空洞化や新興国のキャッチアップなどが問題とわかった。そもそも政策に取り掛かる前の診断の段階で、誤診があった」

実質賃金目減り、企業は一段の円安望まず=服部教授
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J50L320141121?pageNumber=3&virtualBrandChannel=14298


 福井県立大学の服部茂幸教授はアベノミクスで円安政策を行っても、大して輸出が伸びなかった原因に関して「政策に取り掛かる前の診断の段階で、誤診があった」と述べています。では、一体、輸出が伸びなかったそもそもの原因とはなんだったのでしょうか?

「円安で最も恩恵を受けたのは自動車」は本当?

 今回の円安で最も恩恵を受けたのは、海外市場で最終製品の競争優位を維持できている自動車(輸送用機器)だというのは誰しも思い浮かべるところである。2012年後半以降は円安に転じ、海外の競合企業に対し、価格競争における優位性も伴っているはずである。

 ところが、輸送用機器の貿易収支はリーマンショック後も大きくは改善していない。なぜだろうか。

 直接的な原因としては、「輸出台数が伸びていない」という点が挙げられる。右のグラフは、乗用車と自動車の部分品の輸出数量を指数化したものである。乗用車は1988年度を、自動車の部分品はデータ開示の関係上1998年度を100としている。

 まず分かることは、現在の乗用車輸出台数が20年以上前の1988年度と比べてまったく伸びていないことだ。リーマンショック前には、現在の輸出台数より50%ほど多いこともあった。しかし、リーマンショック後はピークの半分程度まで落ち込み、現在はその水準より改善したものの、これまでのピークを越えていくような勢いはない。

 これはもちろん、プラザ合意後の円高や貿易摩擦をきっかけとして、日本の自動車産業が世界中に生産工場を展開していったためだろう。サブプライムローン・バブル時に乗用車の輸出台数が大幅に伸びているが、海外の需要に対して現地で生産しきれない分を国内工場で生産していたのだとすれば、この当時の輸出台数は異常値だったといえる。




http://bizgate.nikkei.co.jp/article/81543812_5.html


 一番参考になったと思ったのはコチラの記事です。つまり、ずっと以前から日本は自動車の完成品の現地生産を進めていたが、アメリカの不動産バブル期には、アメリカ国内の工場での現地生産が間に合わなかったために、それを埋め合わせるため、日本国内の工場で生産して輸出していた。しかし、その後、アメリカでバブルがはじけて需要が縮小し、日本からアメリカへの輸出が激減したと、まあそういうことです。つまり、円高は、輸出減少を加速させたかもしれないが、そもそもの原因はアメリカの需要減だったというわけです。

 だとするなら、今現在日本が円安になっても、輸出が急激には回復しないことは当然で、理由は単に需要不足が回復していないからです。

 ならば、現在日本がやるべきことは明白で、アメリカの需要が不足した分、日本国内で需要を作ればいい。つまり単に公共事業等の政府支出の拡大で国内に需要を作ればいいんですね。本当に小学2年生の算数レベルの話です。

問い アメリカで需要が10減りました。元の需要に戻すには、日本国内でどのくらいの需要を作り出せばいいですか?

答え 10


てなワケです。

 ちなみに、以前書いた記事(『何故、企業は円安になっても国内回帰をしないのか?〜金融政策中心主義からの転換〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/410356068.html)でも解説したように、企業は、出来る限り需要が旺盛な地域に生産拠点を置きたいと考えています。なので、純粋に雇用の問題で考えるなら、アメリカで縮小した需要を、国内で新たに創出するなら、アメリカの需要減少を補って余りある効果が生まれるでしょう。

 また、先の記事では、ロボット化を先進国の製造業復活の切り札と捉え、ロボット化による大幅な生産性向上に成功するなら製造業の先進国回帰もあり得ると述べています。

ロボット化で人件費下がれば、製造業の「先進国回帰」もあり

 上のグラフにおいて、2005年以降に米国で産業用ロボットの稼働台数が急に伸びている点も興味深い。これは何を意味するのだろうか。

 これまで様々な工場を見てきたが、いかに自動化が進んだ工場といえども製造現場から人を完全に排除することはできない。しかし、自動化によって生産費用に占める人件費比率を大幅に下げられることは確かだ。自動生産設備がある程度標準化され、どの国や地域で買っても価格が変わらないとすれば、自動化した工場の立地を決定する要因は「人件費の安さ」ではなく、生産に必要な「電力や水を安定的かつ安価に調達できるインフラ」にシフトする。

 つまり、人件費の安い新興国で生産することの魅力は薄れ、しっかりしたインフラを整備した先進国で生産するメリットが大きくなる。テスラ・モーターズのように、米国内に電気自動車の組み立て工場や巨大バッテリー工場を抱えていてもよいのである。最近は「製造業の米国回帰」も一部で進んでいる。

 このように考えれば、たとえば台湾のホンハイが生産プロセスの自動化を進め、米国に組み立て工場を建てたとしても合理的といえる。米国は世界最大の消費地であるからだ。スマートフォンに使う中小型液晶パネルですら、米国に生産工場を建設するのも選択肢の1つとして検討に値するだろう。米国政府としても、国内に産業用ロボットで高度に自動化されたデバイス生産工場や最終製品の組み立て工場が建設されるのは悪い話ではないはずだ。米国で産業用ロボットの稼働数が大幅に伸びている背景には、こうした流れがあるのではないか。

 日本のモノづくりは、今はまだ競争優位を維持できていると思う。しかし、これから先進国がモノづくりに回帰してくる中で、競争環境がまた変わる。産業用ロボットがこれまでのバリューチェーンの流れを大きく変える可能性を持っているのは時間とともに明らかになってきている。

 これまでは、製造業でいえば組み立てプロセスは人件費の安い新興国への依存度が高かった。そのための投資資金は先進国から新興国へ流れていたが、今これから製造業が先進国に回帰していくにつれ、資金需要が先進国で強くなる。
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/81543812_7.html


 なるほど、これは希望の持てる話ではないでしょうか?つまり、ロボット化による生産性の向上が成し遂げられれば、途上国とのコスト面の劣位が解消され、むしろ、高度に整備されたインフラ面での競争優位により先進国へ再び製造業の生産拠点が戻ってくる可能性があるというのです。つまり、これまで不毛なグローバルな規模での人件費の切り下げ競争から、むしろ、より高度なインフラや生産設備への投資の競争になるということです。

 ここでも当然、重要なのは、政府主導の需要創出とインフラの強化になります。需要面では、そもそも、需要がない国家や地域には企業は生産拠点を置こうとしませんし、供給面では、強力なインフラへの投資が企業の生産活動を強力にサポートすることになるので、一石二鳥です。さらに、強靭化計画によるレジリエンス強化を行うなら一石三鳥、地方への交通網や新幹線ネットワークの整備によって、今まで十分に活用されていなかった土地や地域の資源を有効活用できるようになれば、一石四鳥でしょう。

もう、ここまくれば、大胆なインフラ投資をやらない意味が分かりませんヽ(*゜▽。*)ノ?????

 大胆な発想の転換と、実行力のみです!!つまり、これまでの不毛で悲惨な人件費切り下げによる底辺への競争を今すぐ止め、より、企業にとって魅力的な市場に作り替えるだけの需要創出と、強力かつ強靭な生産能力を作り出すための大胆な投資こそが必要とされているのです。

 日本は、今まさに分岐点を迎えていると言えるでしょう。このまま没落を続け、わけの分からない無数の後進国のうちの一つと化すのか、もしくは、ここで大胆な発想の転換と強力な政策の推進により再び大国として復活するかの二択です。

 すでに私たちは、後者の道へ進むための、知恵も資金もリソースも全て揃っています。如何なる見地から考えてもどの道をとるべきかははっきりしています。あとは、やるかやらないかだけです。




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました。珍しく文学論を書いてみました( ̄▽ ̄;)皆さんぜひチェキって下さい!!⇒フランツ・カフカは妹萌えを100年先取りしている | ASREAD http://asread.info/archives/1335
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:34 | 神奈川 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
倉山塾生によると財政出動で公共事業をやるとデフレギャップが拡大するそうです。
しかも金融緩和の予算は無限らしいですよ。
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/eco/1419501220/
Posted by at 2014年12月25日 20:49
三橋貴明「円安のメリットはほとんど無い」
http://www.youtube.com/watch?v=sdEA9vZGlRo&list=PLhEQhDWxTeUPiuxUlJN7lwQNBjZD7S2hE&t=1m02s
Posted by at 2014年12月25日 22:35
倉山スレで「カツトシはTPPについて記事を書くべきだ」という声が多く挙がっているらしいです。私もカツトシのTPP論を知りたいので、よろしくお願いします。
Posted by at 2014年12月25日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。