新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月22日

「女性が社会進出すれば少子化になる」は妄想か?

『「女性が社会進出すれば少子化になる」は妄想だ』

なる記事があったので少し反論を・・・

http://www.j-cast.com/kaisha/2014/12/21223409.html

この議論を簡単にまとめると、

 戦後、女性の社会進出と共に出生率が低下した先進国は「女性の社会進出をさらに後押しする」した。結果として、先進国の一部は出産や育児がキャリアにマイナスにならないような流動的な(要するに敗者復活の容易な)環境を作りだし出生率を回復させた。実際、出生率を2.0近くに回復させることに成功した先進国は、女性の社会進出度でも優等生である。と述べたうえで、日本も積極的に女性の社会進出をサポートするカタチで出生率を回復させるべきだと結論しています。

 この根拠になっているのがこのデータ




しかし、一方でこれに反するデータも出していて、イスラム圏などの男尊女卑の国家は先進国よりはるかに出生率が高いことも示しています。




 となると、以上のデータから、おそらく女性の社会進出そのものは出生率を低下させるものの、女性の社会進出を政治的に後押しすると共に、女性が社会進出をしても結婚して子供を育てられるような環境作りを政治や行政のレベルで推し進めるなら先進国においても一定の出生率を維持できる可能性が高いというような結論を出すのが妥当であると思われます。

 しかし、問題は、この子供を育てられるような環境作りを政治や行政のレベルで推し進めるという点です。言うまでもありませんが、こちらの表にあるノルウェー、スウェーデン、デンマークの3国は、成熟した福祉国家であり、フランスも少子化対策として日本とは比較にならないほど子育て世帯に対して税や給付金などの補助を与えています(アメリカは例外)。

4、世界で少子化対策に成功した実例集 〜スウェーデン〜
https://ebisawayuki.com/%E5%B0%91%E5%AD%90%E5%8C%96%E5%AF%BE%E7%AD%96/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3/
4,世界で少子化対策に成功した実例集 〜フランス〜
https://ebisawayuki.com/%E5%B0%91%E5%AD%90%E5%8C%96%E5%AF%BE%E7%AD%96/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9/

↑こちらのサイトでは、フランスや北欧の福祉国家における少子化対策について解説していますが、最後に、日本ではこのような対策がほとんど打たれていないという事実を指摘しています。おそらく、このような状況で女性の活用や女性の社会進出を後押ししても、フランスや北欧のように出生率が回復する可能性はまずないでしょう。これは典型的な擬似相関というもので、別に、フランスや北欧諸国は女性の社会進出が進んでいるから出生率が高いわけではなく、政治的行政的に非常に積極的な子育て支援を行った結果として、高い出生率と女性の社会進出が実現したワケであり、別にこのこと自体は、「女性が社会進出すれば少子化になる」という指摘を否定するものではありません(事実、女性の社会進出がされていないイスラム圏では、女性の社会進出が達成されている先進諸国よりもはるかに出生率が高いわけですから)。

 これらの事実から、私なりにアレコレ考察すると、一つには、女性の活用と、女性の社会進出の後押しをしながら出生率を高めていくことは不可能ではない。しかし、そのためには政府や行政による積極的な子育て世帯へのサポートが必要であり、財政問題に関するドラスティックな認識や問題設定の転換が必要となる。つまり、国債や財政赤字に関する問題認識を根本から変える必要があるということなのですが、この点に関しては、このブログの読者の皆さんにはお馴染みの内容なので省略します。

 それから、最後に、これは結構マズイ問題が残るのですが、先の記事にもあるように、フランスでは、ユニオンリーブル(自由縁組み)というカップルの生き方が一般化して。法律婚にとらわれないカップルが社会的に認知されるようになっています。これは、いわゆる伝統的な家族制度の解体を伴うので、リベラルな思想の持ち主であれば、むしろ歓迎すべき制度変更であるかもしれませんが、日本の伝統を重んじる保守派の人々からするとゆゆしき事態であると言えるでしょう。しかし、まあ、個人的には、ここまでドラスティックな制度の変更を伴わずともある程度の水準まで出生率を回復させることは可能だと思いますし、そのためには、やはり、まず第一に財政問題に関する認識の転換こそが優先されるべき問題なのではないでしょうか?




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 15:18 | 神奈川 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もし日本で共働きを強制するなら、社会の殆どが完全週休3日更に連休にしてほしい、週の前半と後半で労働者が交代でそれぞれ三連休、こうでもしないと子作り、子育て、消費の時間が家族で取れない気がします。子育てが忙しい時期は旦那とワザと休みずらして、交互に面倒を見たり産休中は旦那が特別に休みを減らして働けるなどすれば良さそうです。
家族向けだけにも見える完全週休3日だけれども、独り身の趣味の時間がふえれば自ずと出会いも増える気もします。多様な働き方よりも国民がある方向性を持って働き方を固定した方がいいと思いました。思いつきで穴だらけの案だけど、
こういう方向のイノベーションがワクワク派遣会社脳から出てきて欲しいが、一時的に労働人口が減るのに目をつけて移民って言ってきそうですね。
Posted by at 2014年12月22日 17:08
日本の伝統を重んじる保守派は、
男女共同参画社会基本法の禍を直視すべし。

http://www.youtube.com/watch?v=BpdQROV_TJI&list=UL&t=1h25m
Posted by at 2014年12月22日 17:25
ネタ元どう読んでも賃下げの流れ煽る記事だよね
Posted by at 2014年12月23日 10:17
こんにちは。少子化は単に若い人、特に女性の意識の変化によるものなんじゃないですか?日本の女性は困ってるわけじゃないにもかかわらず、20代後半になってもまえだ「まだ遊んでいたいから」といって結婚するコトをあえて避ける。子を持つには経済的に苦しいというんだけど、実はそれは逆であって子を持つと経済的に困るから持たない。
「女性は結婚して子供を産むのが当たり前なんだよ」
っていうコトが当たり前の社会に再び戻すコトが必要なんでしょう。
Posted by 安善ぬこ之助 at 2014年12月23日 13:24
>子を持つには経済的に苦しいというんだけど、実はそれは逆であって子を持つと経済的に困るから持たない。

どっちでもいいんですが、景気後退してる中ではずーと言い訳されますよ?

>「女性は結婚して子供を産むのが当たり前なんだよ」

今の政権は更に働かせて、お手伝いさんに育てさせ
外国の方にも産んでもらう政策なんですけど、ぬこさん
批判しないと!あ、批判できないか
男性の役割は安倍を擁護することであります!
Posted by at 2014年12月23日 18:47
こんにちは。

>景気後退してる中ではずーと言い訳されますよ?

今よりもずーっと日本が貧しかった頃、オレ母方の祖母は一人で野良仕事をしながら11人の子供を育て上げた。父方の祖父母も9人育て上げた。経済的な問題ですべてを説明できると思う?女性が子供を持ちたいと思わないコトが問題なの。
うん、オレは女性を活用するなどというコトには反対だけど?なに言っちゃってんのかな、おバカさん。
それより今はあんたは代表選に集中すべきじゃないの?民主党員なんだろ、どうせ。
Posted by 安善ぬこ之助 at 2014年12月27日 14:56
まーた逃げの議論ですか?
その11人の子供たちはその後何をして生き抜くのか?
そのまた子供は何のために生まれたのか?
そしてそのまた子供は親世代をみて、自分たちの現状みて何故生まなくなったのか?

子育てにおいて金銭の問題ですべてが解決されるわけでは無い。それと同時に、金銭はさまざまな物品・サービスの代替足りうる存在であるので、子育て問題においては、"最重要"の案件・要素であることも否定できない。

子育てに既に金銭問題が出てて、若い奴らはそれ見てるんですよ、そうやってお金をかけられて育って来てるですよ。
そんな昔の話だけ聞かせて説得納得できるわけないじゃーん
しかも、その貧乏で子育て頑張った世代が次世代の子供を奴隷のような賃金で使い倒すか地元を疲弊させたわけで説得力皆無。ある世代のおぞましさも説明するべきですね。言い訳できない環境があってこその根性論。

>それより今はあんたは代表選に集中すべきじゃないの?民主党員なんだろ、どうせ。

なんで煽られてこういう言葉だすんですか?自民党しかない状況でクソみたいな野党をまだ敵対視してるですか?
景気後退させたのは安倍の政策です。今後景気後退しそうな選択を安倍は発言してます。そんな状況で女性や男性が子供を持ちたいと思わない経済状況こそが目先の課題であって、
いや経済だけがすべてじゃないとか、思い出語っていやーやっぱ経済が全てじゃないんだよーとか、脳みそ空っぽなんですか?安倍支持者は安倍のなにを支持してるんですか?それ以外はどーでもいいんですか?自分は今の状況では憲法とかどうでもいいです。 
Posted by at 2014年12月27日 18:20
こんにちは。逃げてるのは、あなた。昔の人は経済的に困窮していたけど「子を持つ」というコトを選択した。それは「子を持つのが当たり前」という常識があったから。現代ではそれが無くなってる。「子を持たないのも選択肢のひとつ」などと言う女性も増えている。そういう状況ではどんなに経済が良くなっても少子化は改善されないと言ってるの。

あなたの理屈で行くと、団塊の世代がこれまたたくさんの子供を持って第二次ベビーブームが起きたことの説明がつかないよ。戦後の混乱の時代に生まれ落ちて貧困の中で育った団塊の世代も「子供を持つのは当たり前」という価値観を引き継いだ。だから第二次ベビーブームの頃も合計特殊出生率は2.0以上を保ってたわけ。
金銭は重要な案件であることは認めるけれど、決定的な要因は「マインド」にある。あなたはそれをわかってない。
それから

>の貧乏で子育て頑張った世代が次世代の子供を奴隷のような賃金で使い倒す

こんな失礼な言い方あるか?つい数年前に亡くなった母方の祖母に対して、母の11人の兄弟はみな感謝してる。祖母にこき使われたわけじゃない。みんなで協力し合ってバァちゃんひとりじゃ広すぎる畑を守ったワケ。ウチの母の兄弟も父の兄弟も奴隷じゃねぇよ、ボケ。

民主党の代表選では蓮舫あたりに入れるんだな。彼女ならどうしたら女性が子供を産むようになるか知ってるだろうよ。

もっと努力しろよ。

それから、そういった「マインド」の変化はどこに原因があるかと言ったら、間違いなく憲法にある。日本国憲法は公より個を重視するよう日本人に強要したが、未だに日本人の個は確立するどころか以前よりどんどん根無し草のように宙に浮いている。憲法改正は待ったなしだよ。
Posted by 安善ぬこ之助 at 2014年12月28日 09:19
というわけであります。結局、現実より思い出話失礼かどうかと言う印象に囚われて、今このタイミングでマインドが憲法wwwあんなのは政治家を縛るものでしかないですよ実際。
経済政策で日本全土に日本人のコミュニティ作るどころかぶっ壊しておいて憲法変えれば日本復活!最高の美談ですね。
祖母もさぞお喜びでしょう。11人はきっと政治にも真剣で日本をここまで景気後退を見守り、孫がこんなに本質だけを重視して途中式も書かずに答えを書く天才なんじゃないかと。

今はこの件に関しては途中式を悩まなくちゃいけない時代だと思います。答えと違う、答えだけ合わせたクソみたいな途中式が権力側で流行っていて批判はあって当然、誤解を招く指標まで持ち出しますし安倍政権。

正しい経済政策行って、緩やかに憲法は変えたかったら変えればい良いし。緊急であれば解釈でどうとでも。そこには必ず安倍批判と対案が必要ですよ。ただ美談としてかなり面白みが無いですね...稼ぎ口があって働いて消費して競争も少なく不安も少なく子供を産みやすい状況で子供を産む!

マインドに関しては説教でも垂れればいいじゃないんですか?景気良ければそれぐらい聞いてくれるでしょ。嫌われるかもしれませんが、あ!そこで憲法に女性は子供を産み育てる義務的な事書いて、憲法に書いてあるんだぞ!とかやるんですか?国民投票するんですか?ご冗談でしょう?(メタハイ風)

>広すぎる畑を守った
広すぎる畑を守るとはなんでしょう?なんで守ってたんですか?なんで奴隷じゃなく感謝してるんですか?憲法のおかげですか?うちの家族はちゃんと経済なりたってたから同じ世代の愚行はスルーですか?無批判なんですか?普通すぎるでしょ。お金の流れを追っていけば今の世代が奴隷化しなくちゃいけない状態になってしまう危険な政策があって、批判するべきじゃないんですか?土地も販路もない状態の若者に思い出話聞かせればもしくは憲法改正で産むようになるんですか?結局安倍支持者は民族の大半が政策の犠牲になってる時に安倍を的確に批判できないんですかね。

>民主党の代表選では蓮舫
蓮舫ってだれですかぁ???R4なら知ってますけどぉ
自民党支持者は野党の議員にお詳しいんですねぇ
支持政党の政策には盲目なのに。それとも自民党では流石に少子化対策むりだから蓮舫とかいう人に頼れっていう精一杯の批判ですか?成長したんですねぇ国の成長率は落ちてますけどね。。。。あれ上がってるんでしったけ?わかんなーい
自民党の方針ってなんでしたっけ?


>こんな失礼な言い方あるか?
この言葉が出てる時点で多分相当感情的に怒ってるとおもいますが今と過去ではお金の流れ方が大分違います。この流れを変えた世代がいます。身に覚えがあるはずは無いのですが
結果そうなんです。誰よりも早く選挙権を手にした世代に罪悪感のウェイトがかかってなきゃおかしいんですよ。ところが当たり前に蓄財と技術継承行った後のデフレ、調子に乗りますわなw若者に蓄財ができて技術継承を当たり前にできるように引き継がないといけないのに結果、行き過ぎた削減を容認してしまい蓄財してた分を子や孫に回して感謝される傍らで稼ぎ口を奪っていたことにお互い気づけない、孫が社会人になる頃には孫の世代は財も技術もスッカラカンの人間がそのまま放置される景気状況が完成。不景気だから人件費下げ、不景気にした世代は誰だー♪
そもそも産んだところで親ですら稼ぎ口ないのに子は何のために生むのか?憲法はマインドに作用するけど景気は作用しないんですか?
失礼か無礼であっても説得力ないですよ。

 
Posted by なぜ今、経済政策を語らないのか at 2014年12月28日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。