新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月20日

ケインズ化する世界リフレ化する日本

 世界中の識者が、積極財政論を主張しています。

したがって、消去法で考えても、アベノミクスを継続するとするなら、現下の景気後退に大至急対抗するためには、「第二の矢」以外には、考えられないのです。

….というような主張をすると、「財政政策なんて、一昔前の古い経済対策だ」、と揶揄する声がしばしば上がるわけですが、そういう指摘をする者こそ、一昔前の古い論理に硬直的に頭を支配されているのだ、という事はこれまでに何度も指摘してきた通りです。
http://blogos.com/article/92975/

たとえば、ノーベル経済学を受賞したスティグリッツ教授も、「アベノミクスの第一の矢は成功したが、問題はこれからの第二の矢だ」と指摘しておられます。
http://shuchi.php.co.jp/article/2018

上述のクルーグマン教授のみならず、著名経済学者のルービニ教授も、緊縮財政こそが不況の根本原因であると指摘しています。
http://www.project-syndicate.org/commentary/world-government-reliance-monetary-policy-by-nouriel-roubini-2014-12

同様に、著名エコノミストのカレツキー氏も、財政政策の重要性は証明されたと主張しています。
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0IO09C20141104?sp=true

そして、経済学者のジェフリー・サックスは、長期計画による賢明な公共投資こそが、民間投資を増やすと主張しています。つまり、効果的に第三の矢を推進するためにも、第二の矢の財政政策を活用していくことが得策なのだと示唆しておられるわけです。
http://www.project-syndicate.org/commentary/promote-sustainable-development-economics-by-jeffrey-d-sachs-2014-11

しかもしかも、かつて緊縮財政が主流だったIMFも、積極的な『公共投資』の必要性を強く主張しています。
http://www.sankei.com/economy/…/141003/ecn1410030010-n1.html

同様に、OECDまでもが、積極財政論を主張しはじめています。
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0IO09C20141104?sp=true

。。。。

つまり、リーマンショック以後、それまで構造改革一辺倒だった海外の著名エコノミスト達や主要経済機関が、こぞって「財政政策こそが景気対策の要なのだ」と主張し始めているのであり、財政政策をめぐる空気は、完全に変わってしまっているのが、実態なのです。

【藤井聡】「10兆円補正」と「長期公共投資プランの策定」こそが、「この道」の第一歩。 http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/12/16/fujii-121/


一方、未だに金融政策の重要性を説いている哀れな方々がコチラ・・・

#リフレ派 経済学者の #田中秀臣 教授 「ケインズはデフレ対策で金融政策を最重要視していた」 について
http://togetter.com/li/759737

1998年のクルーグマンの発言をリーマンショック後の今も信仰し、最新の彼の著書を無視する #リフレ派 はもう終わってる
http://togetter.com/li/751745


 もはや、彼らの理論的な拠り所は、マンデルフレミング理論やクルーグマンの1998年の著作という過去の遺物のみであって、すでに現在の権威ある識者はほとんどケインズ主義的な積極財政肯定論になっているワケです。

 つまり、相当ヤバいのは、日本は未だに過去の失敗した理論や政策からの発想の転換が成し遂げられていないのに、世界中の識者たちは、すでに現在の経済の問題点を認識し、それを打ち破る方策へと発想の転換を行い、さらにそれを識者や政策担当者たちの間のしっかりとしたコンセンサスにしようと動き出しているワケですね。

 つまり、今回の『ケインズ化する世界リフレ化する日本』というタイトルはそのまま、『良くなる世界悪くなる日本』と言い換えることが出来ます(ただしユーロ諸国は例外で、あちらは構造問題が存在するため政治的、経済的に、というよりも構造的に不況から抜け出すことが困難な状況に陥っています)。

 さて、日本はこの15年間、世界中の経済が拡大を続けるなら、ひたすら足踏みを続けました。そして、どうやら、このままでは次の15年間もまた、同じような状況になるのではないかと思います。










↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 19:07 | 神奈川 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グローバル経済に殺される日本 打ち勝つ世界
http://www.amazon.co.jp/dp/4198634068
Posted by at 2014年12月20日 20:05
なんでグローバル大好き安倍はグローバルに合わせないんですかね
Posted by at 2014年12月20日 20:21
☆実質所得の指標を上げるために

消費税増税はもう止められないぞ!他の方法を考えよう!

減税をしよう!消費税増税分を相殺だ!

公共事業をしよう!平均所得が上がり、雇用が増えるぞ!

非正規雇用の首を切ろう!平均所得が上がり、正社員率が上がるぞ!

最低時給を1000円にしよう!平均所得が上がるぞ!

デフレ・円高にしよう!物価が下がり、短期的には実質所得が上がるぞ!

TPP・FTAを推進しよう!安い外国産品が増えて物価が下がるぞ!

移民はだめだ!平均所得が下がってしまうぞ!

企業の内部留保を強制的に給料に反映させよう!共産党だぞ♪
Posted by 対案 at 2014年12月20日 20:39
↑内容で反論できなくてコピペ荒らしに逃げるリフレゴキブリ・・・
Posted by ゴキブリホイホイ at 2014年12月21日 00:47
アベノミクス批判したら共産主義者とかぬかす馬鹿・・・今までの制度で良い改悪するなと言ってるだけなんだがねぇ。
Posted by at 2014年12月21日 09:27


カツトシさん、皆様、失礼致します。
m(_ _)m

現在、三橋ブログのコメント欄有志が参加しております、言論ポータルサイト【進撃の庶民】で、【進撃する庶民が選ぶ流行語大賞は?(決勝戦!!)】を執り行っております。

【決勝戦】のエントリーは




@ブルーオーシャンの党

A今年は、来年よりも良い年です(中野剛志)

Bペラニャン

C狂った羅針盤

D定義の定義を言え(高木克俊)


の5点です。


もし、興味がおありでしたら、是非是非、御参加下さい!
o(^_-)O

それでは、カツトシさん、皆様、お目汚し、失礼致しました。
m(_ _)m




詳細は、下記ブログまで、お願い致します。

↓ ↓ ↓

進撃の庶民のブログ
http://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-11967114113.html




Posted by 阿吽 at 2014年12月21日 19:17
リフレ派のリフレインにもほとほとウンザリするばかりですが、
派遣法、派遣の言葉の意味が奴隷の意味に近くなってしまった気がしてウンザリします。
これ以上法的緩和、規制を緩められっぱなしだと日本は下痢状態で飛散?、間違い、悲惨になる気がします。
Posted by 宇野克人 at 2014年12月21日 20:50
IMFやらが財政出動しろって言ってるのは、自分とこ(アメリカね)の需要を輸入品に取られたくないから、自前で需要作れって言ってるんじゃないの?
Posted by チクハオ at 2014年12月22日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。