新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月19日

ギルバート・チェスタートン×狂人×リフレ理論

 イギリスの作家で批評家のギルバート・チェスタートンは、『正統とは何か』という著作の中で、「狂人とは理性を失った人ではない。狂人とは理性以外のあらゆる物を失った人である」と述べています。

 どういうことか、少し分かりにくいんですけど、最近リフレ論客の様子をみていると、この言葉の意味がよく分かると思ったので解説。

 現在、アベノミクスの成功を強調するリフレ派の論客の多くは、現在の日本の労働者の実質賃金の低下が望ましい兆候なのだと述べています。普通の常識的な感覚を持っていれば、実質賃金の低下とは、購買力の低下であり、要は貧しくなって買えるものが少なくなっているということなので、「これは大変だ!!」と思うのですが、リフレ派は違います。リフレ派は「インフレと賃金上昇のタイムラグ」なるロジックを用いて、現在の実質賃金の低下はむしろ景気回復における必然的なプロセスなのだというアクロバティックな論理を展開します。

インフレが起こると景気が回復する
⇒しかし、インフレになった直後には、物価が上昇するが、賃金の上昇は遅れてやってくるので実質賃金が低下する局面が発生する
⇒通常実質賃金の低下は消費の下落を招くが、この場合の実質賃金の低下はむしろ雇用を改善し景気を押し上げる
⇒現在日本の実質賃金は低下しているが、これはむしろ望ましい変化が起こっている確たる兆候なのである


というプロセスでインフレと実質賃金の低下は好景気の前触れらしいのですが本当にそうなのでしょうか(実際には、他にもいろいろな説明があるのだけど、面倒なので省略)。

 しかし、例えばアメリカの雇用と実質賃金の関係を見れば、2010年を失業率のピークとしてその後は失業率が低下を続けていますが、実質賃金は概ね一貫して上昇。




一方、日本は、先進国で唯一1997年からほぼ一貫して実質賃金が低下してますが、経済は、超長期停滞を続けています。







 しかし、そもそも、こんなしょーもない理屈をこねくり回さなくても、普通に実質賃金が低下すれば、生活は苦しくなるし、消費が減ってますます経済は悪くなるだろうって考えますよね(実際、ILOはそのように勧告してますし 先進諸国の賃金横ばい、国際労働機関が警告 http://www.afpbb.com/articles/-/3033519)。

 結局、こういう普通の感覚がなくなって、まさに経済学という理性のみでしか物事を考えられなくなった人間を称してチェスタートンは狂人と呼んだんだろうなぁと思います。

 しかし、今の日本が悲劇的なのは、こういった、「緩やかなインフレに持っていければ全ての経済問題が解決する!!」とか「中央銀行の金融政策で経済はほぼ理想的に管理することが出来る!!」みたいな行き着くところまで行き着いた合理主義的なリフレ理論を、こともあろうに「国体がー」とか「伝統がー」とか「大御宝がー」とか言ってる保守派の連中の間に流行していることなんですね。まあ、この辺の問題についてもそのうち書いていきたいと思います。



↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 19:24 | 神奈川 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リフレ連中って日本を後進国にまで落としたいって言ってんのかねぇ。
安い労働力で企業日本に呼び込もうとか・・・
Posted by at 2014年12月19日 20:15
☆実質所得の指標を上げるために


消費税増税はもう止められないぞ!他の方法を考えよう!

減税をしよう!消費税増税分を相殺だ!

非正規雇用の首を切ろう!平均所得が上がるぞ!

最低時給を1000円にしよう!平均所得が上がるぞ!

デフレ・円高にしよう!物価が下がり、短期的には実質所得が上がるぞ!

TPP・FTAを推進しよう!安い外国産品が増えて物価が下がるぞ!

企業の内部留保を強制的に給料に反映させよう!共産党だぞ!
Posted by 対案 at 2014年12月19日 20:32
リフレ連中の目的: 日本韓国化

http://www.youtube.com/watch?v=8ON2kuOLSmQ&t=9m07s
Posted by at 2014年12月19日 20:35
安倍は列島強靭化のことを劣等狂人化と勘違いしてるんじゃないの?
Posted by at 2014年12月19日 21:16
リフレカルトが完全に論破されてしまってコピペ荒らしし出しましたね・・・
詭弁がばれて論破されたらレッテル貼りやコピペ荒らしに逃げる。何回このパターンを繰り返すのか知りませんが、この勢いで少しずつ反日リフレカルトを殲滅していきましょう
Posted by 一般人 at 2014年12月19日 21:30
上念司や田中秀臣などの嘘つき詐欺師や高橋洋一みたいな腕時計泥棒を出演さしてるチャンネル桜も潰さなくては駄目ですね
Posted by at 2014年12月19日 21:55
http://ask.fm/MAVnyan
こんなまともなリフレもいますが、リフレ派幅あり過ぎ!
てかよく読むとリフレ政策以外もガンガン提案してるし、なんでリフレ派と自称してるのか謎だ。というかそこが病気だ。まぁでももっと刷れともいってるしリフレかぁ、やっぱ狂ってるのかな。
Posted by at 2014年12月20日 00:26
安善ぬこ之助の正体
彼はカツトシが以前いたランキングの住人でこんな記事を書いてました。
以下引用
取り急ぎあるブログの存在について指摘しておきたい。

そのブログは、ブログの投票サイトである「人気ブログランキング」で、オレと同じ「社会・政治問題」のカテゴリに所属していて、順位は5,6位くらい。そのINポイントはだいたい週にせいぜい数百、だったと思う。ところが、そのブログはいつの間にか「社会・政治問題」カテゴリのトップに立っていて、1週間当たりのINポイントは、な、な、なんと、

3,500ポイントくらいにまでなっていたΣ(`0´*)ヌォッ!!

いやいやいや、これはどうしたものだろう。
そしてそれからしばらくして、そのブログは「社会・政治問題」カテゴリから姿を消した。非常に失礼な話だけど、オレは正直言って、「何らかの不正な手段」を使って、自分のブログのINポイントを釣りあげ、それが「人気ブログランキング」を運営する会社にばれて、失格になっちゃったのかと思った。

ところが…

そのブログは元気に更新を続けていたんだよね。
しかも、更新の頻度は以前よりもはるかに増していて、一日に何度も更新していた。

よく読んでみたら、そのブログ「超個人的美学」12月10日付エントリーの記事『本日より政治ブログランキンに殴り込みを駆けます!!』で、タイトルの通りに、「人気ブログランキング」の中の「政治」カテゴリに移動するコトを宣言していた。そして、

「最終目標はもちろん言論系ブログランキング最激戦区である政治ブログランキングで、三橋貴明さんとワン・ツーフィニッシュを決めることですヒャッホ━゚+.┗┐ヽ(′▽`*)ノヽ(*′▽`)ノ┌┛゚+.━ゥ♪」
 『超個人的美学』より

と、非常に浮かれ気味になってる様子が伝わってくる。
そして気になるのが…彼は3,500ものINポイントを稼いで「社会・政治」カテゴリで1位になった時の記念キャプチャーを撮って、ブログに残していた。

それって「オレは以前からこれだけ稼いでたんだよ」というコトのアリバイ作りだろうか?
急にINポイントが増えてるような印象を持たれてしまったら、ヤバいもんね。

ふふふ、面白いねぇ、そういうふうにポイントを操作するアプリケーションもあるっていう話だしねぇ。
さっき彼のブログの週当たりのINポイントを見てみたら、

週当たりINポイントは、な、な、なんと、6,990で、そしてたった4日間で「政治」カテゴリ内での順位は、当初の36位から29位までジャンプアップしている。

ホントに、面白いねぇ。
これからも目が離せないねぇ(`▽´)y-~~ウケケ
引用終了

まぁ完全に誤解されてる…って言うね。しかし誤解しないってのも不自然、この方の他の記事を見ると消極的安倍支持者のようで安倍以外誰がいるのか?で思考が止まっているようです。選挙中の記事は野党の死体蹴りが多く、安倍批判は無し
擁護ばかりしまいには、

引用
代案がなけりゃ政権交代できないでしょ。政権交代がなけりゃ政策の転換のしようもない。
だいたいさ、野党がアベノミクスについて代案も示すことができなかったら、説得力もないし信じるコトもできないでしょ?そんな政党に投票できるワケないし。
結局さ、安倍総理に替わる人材が野党に見当たらないからテンプレだとかなんとかなんだとか騒いでるだけなんでしょ?┐(๑´ㅂ`๑)┌ヤレヤレ

今回の選挙でどこの政党に投票するつもりなのか、さっさと言ったらどうなんだ?
引用終了

ここまで状況把握していて、政権交代も無理だとわかっていて自民党にしか国家運営できないとなれば、自民党の政策に間違いがあれば叩くしかないと思うんですけどねぇ、だって政権交代しないんだから。倒れない政権を擁護だけする意味がわからない、もしくは今の経済政策で満足してるのかな。
 
Posted by at 2014年12月20日 16:12
☆実質所得の指標を上げるために

消費税増税はもう止められないぞ!他の方法を考えよう!

減税をしよう!消費税増税分を相殺だ!

非正規雇用の首を切ろう!平均所得が上がり、正社員率が上がるぞ!

最低時給を1000円にしよう!平均所得が上がるぞ!

デフレ・円高にしよう!物価が下がり、短期的には実質所得が上がるぞ!

TPP・FTAを推進しよう!安い外国産品が増えて物価が下がるぞ!

移民はだめだ!平均所得が下がってしまうぞ!

企業の内部留保を強制的に給料に反映させよう!共産党だぞ!
Posted by 対案 at 2014年12月20日 17:17
>「狂人とは理性を失った人ではない。狂人とは理性以外のあらゆる物を失った人である」

 これはSFの世界での“身体を持たない人工頭脳”にも相当するように思えました。
だとすると、近代社会(の人間)はある意味、既にコンピューター的な存在に操られているのと同然にもなりそうですね。

 ふと(高卒プロレタリアン族の私が)想った次第、失礼しました。
Posted by 宇野克人 at 2014年12月20日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。