新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月04日

渡邉哲也さん!!嘘をつくのはやめてください!!

↓おそらく、この記事を読んでいたんでしょうね。経済評論家の渡邉哲也さんが面白いツイートをしてました。

『アベノミクスは失敗したのか?〜三橋貴明VS渡邉哲也 おは寺でバトル勃発Σ(´ω`ノ)ノ?!〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/409263587.html




 よほど上方修正されることが、嬉しかったんでしょう。まあ、この問題に関しては、岩本沙弓さんと三橋貴明さんのおはよう寺ちゃんでの次のような発言を紹介すれば十分だと思います。

岩本沙弓「4−6月期のGDPが7.4%のマイナスで、7−9月期はV字回復で4%程度のプラスになるとの事前予測がありましたから、仮に上方修正でプラスになるとしても、最悪だったのが、かなり悪いけど最悪ではなくなったというだけの話だと思います」

三橋貴明「結局、GDPは確報値以外はかなり政治的な要因に左右されるみたいですからね。私は確報値以外はあまり信用しないようにしてます」

 今現在の政治的要因=解散総選挙ですよね?もしかして、選挙が自民優勢になるように、すこし数字を盛ったり・・・?なんて、するわけないですよね?保守の星安倍ちゃんですから。そんな小細工は無用です!!

腐りきったアホシュども パート1 渡辺 & 小坪
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11956169455.html


 で、まあ、今回は、別に、こんなちょっとしたGDPの修正値がどうとかいう話をしたいんじゃないんですよ。渡邉哲也さんに関してももっと大きな疑惑があって、安倍が解散会見したのが11月18日なんですが、渡辺哲也さんは11月10日のツイッターでは




というように、「法律改正は必要ない」と明言していますが、解散発表を挟んで11月21日にはFBで「弾力条項により延期表明はできるが、事務的には増税延期には法改正が必要」と書き、解散総選挙の必要性を説いているんですね。それも、与論で、「消費税なんて首相判断で延期すればいいだけだ!!今回の選挙には大義はない!!ただの安倍政権の延命のためだけの選挙だ!!」と批判されていたタイミングにです。

https://www.facebook.com/tetsuya.watanabe.9849/posts/725253984216509?comment_id=725328287542412&offset=0&total_comments=14¬if_t=feed_comment_reply

今回、消費増税延期で解散カードを切った。
弾力条項により延期表明はできるが、事務的には増税延期には法改正が必要
解散カードが出る前は民主党などが延期反対で、今国会内での成立は難しい状況
来年度の通常国会に持ち越すことも可能だが、企業対応や落ち込み改善には早い段階での判断が望ましい。
総理会見を行い解散カードを切ることになった。


しかも、渡邊氏は附則18条削除に至っては、削除してもデフレから脱却できていなければ消費税増税はできないと言っているんですが、

しかし、デフレ脱却が出来なければ増税は出来ないわけであり、外的環境変化リーマンや大震災などの場合も同様になる。

でも、8%への増税の時は普通にデフレが継続してる状況で増税しています。何を根拠にこれを言っているのかが理解出来ない。まるで、嘘と詭弁まみれの与党の国会答弁みたいになってます。

 そういえば、上の記事で、最後に、渡邉哲也さんもおかしな感じになっちゃって残念だなーと書いたら、「まあ、もともと渡邉哲也さんはリフレ派寄りの論客でしたからね」みたいなコメントがありました。リフレ派って嘘つきじゃないとなれないみたいなルールでもあるんですかね?

 もしかしたら、そのうち『詭弁経済学』著 上念司 みたいな本とかも出版されるんでしょうかヽ(*゜▽。*)ノ?????




↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 03:58 | 神奈川 | Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットで日経新聞の必死のプロバガンダー読みました。
消費税増税の前に日経は「企業次々とベア!」と連呼しまくたのを今でも覚えてます。もう新聞はダメですね。
「新聞なんて信用できない!カツトシだけがー」となる時代がそこまで来てるかもw
やはり渡邊さんは商売人で儲けることを第一に考えて、水島社長とたいして変わらないようですね。
安倍さんしかいないのですよって感じでw
Posted by ひろのり at 2014年12月04日 04:43
ホント保守同士でよくケンカしますね・・・

安倍救国内閣から二年でまさかこんな展開になるとは・・
Posted by ぴちるい at 2014年12月04日 08:47
渡邉は保守じゃねえよ
騙しやすいバカなネトウヨ相手に
商売してるだけの蝙蝠野郎だ
Posted by at 2014年12月04日 09:04
記録されて拡散される時代に嘘つけるのは信用なんて糞って思う人間でないと無理だね。
Posted by at 2014年12月04日 10:40
サヨク自称してるから保守では無いんじゃないかな
Posted by at 2014年12月04日 11:04
渡邊は自分の結婚式の媒酌人を麻生太郎にやってもらったんでしょ?
完全に麻生とべったりだから政権批判は出来ないんでしょ。

同じ麻生とべったりだった三橋さんが、すでに麻生と距離をとってるのとは対照的ですね。
Posted by 三田村 at 2014年12月04日 18:31
渡邊哲也氏は、数年前は経済に疎い日本国民を馬鹿呼ばわりして、ドル暴落、の持論を振り回していた人ですよ。あんな偽物をいつまでも信じているほうがどうかしている。

アベノミクスがもてはやされると見ると、いきなり安倍さんヨイショをはじめる始末。それも周りが騒ぎ始めてから。

配信経済情報のコピペばかりしてるから、経済を見通せるはずもなく、たびたび大きな経済の動きを見落として、予想を外しまくる。知識も才能もないインチキだから、しょうがないのだろうけど。

自著が売れるためなら何だってやる。アマゾンの自作自演のレビューで☆5つをいくつものハンドルネームで連投するのも酷すぎる。

ああいう偽物が横行するっていうのも、「国民は馬鹿だから適当なこと言っても騙し落とせる」っていう、彼特有の勘違いがあるのでしょう。いつか痛い目をみると予想しています。
Posted by 経済オタク at 2014年12月13日 19:22
裁判ですか。大変ですね。がんばって。
Posted by 00938 at 2015年12月09日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。