新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年11月24日

総選挙後から党内外から安倍降ろしが始まりそうな予感です・・・〜自民党ポスト安倍レースについて〜

 政局予想とかやってもどうせ当たらないだろうから意味ないかもしれないんですけど、まあ、結構気になることが何点かあったんで解説します。

 まず、第一に指摘しておきたいのは、安倍はもはや長期政権を維持するための意志も能力も持っていないだろうということです。「安倍は消費税増税をしたくないと考えてる」とはよく言われますが、別にそれは経済学的な観点からそう考えてるのではなくて、単に消費税増税をやると支持率が落ちることを知ってるからです。にも関わらず、景気条項の削除し2年半後の消費税増税を確定させようとしているということは、もはや、2年半後には自分は首相をやっていないだろうと思ってる証拠なのではないかと思います。

 自民党の菅官房長官は、民主の消費税増税の転向に対し「驚いた。「えーっ」という感じだ。今までの議論と全く違っている」と語っていますが、これは考えてみれば当然で、要は安倍以外の多くの政治家は、厄介な消費税増税という課題を安倍の責任に押し付けたがっていたというだけの話です。

 このように考えると、今の時期に突然麻生が消費税増税の更なる先送りも有りうると発言していることは、なかなか深い意味を持ってるように思えます。

麻生財務相、消費増税再延期の可能性も示唆

 麻生財務大臣は消費税の10%へ増税を延期したことに関連して、「非常事態が起きれば法律は新たに作り直さなければならない」と述べて、再度延期する可能性がある、という認識を示しました。

 「非常事態というものに合わせて、起きれば法律は新たに作り直さなければいけない。これは国会議員としては当然のこと」(麻生太郎 財務相)
 
 麻生大臣は会見でこのように述べ、消費税の10%への増税を2017年4月からさらに延期する可能性があるという認識を示しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2354513.html


あれだけ消費税増税をゴリ押ししていた麻生が、この時期に突然方針転換した理由は、私には一つしか考えられません。要は、安倍政権が磐石だった時期には、消費税増税の責任を安倍に押し付けてやろうと思っていたが、今現在安倍の立場が不安定になったところで、消費税増税の再延期を言い出す。結局、安倍は2年半後の消費税増税の責任は取れない、つまり、もうそれほど安倍政権の未来は長くないと麻生が見ているということでしょう。そして、ポスト安倍競争を見据えて、しっかりと消費税増税再延期についても言及しておくと・・・。つまり、もう消費税増税はどの政治家にとっても、少なくとも自身の責任においてはやりたくない政策になってるワケなんですね。まあ、そう考えると、「安倍首相は周りの圧力にも屈せずよく消費税増税先送りを決断してくれた!!」なんて大騒ぎしてる連中がどれだけバカらしいことを言っているかが分かります。要は、周りの連中は、厄介な課題の責任を、「バカで何も分かってない安倍を騙して適当に押し付けてやろう」としていただけで、別に強烈な圧力なんて妄想もいいとこなワケです(そもそも、過去に消費税増税決定した内閣はどれも早期に潰れてますし・・・)。

 それから、なんか噂によると谷垣も密かに次期総理の座を虎視眈々と狙っているなんて話も聞きますし、まあ、とりあえず、すでに自民党内部ではポスト安倍をめぐって水面下ではドロドロとした権力争いが始まってると思っていいのではないかと思います。そして、今回の選挙の結果次第では意外と早く安倍は退陣するかもしれません。

安倍長期政権応援フェスタとかやってた連中プゲラヾ(°∇°o)ノアハハ



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 14:29 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多少、希望の光が見えるブログの内容ですね。
理想的な選挙の結果は自公が辛勝して、その選挙結果により安倍が責任とらされて悪夢の第二次災害安倍内閣が終了することだと思います。
悪評高い2chでは安倍信者と霊安室アンチ安倍と5分の戦いのようです。
阿鼻叫喚の安倍手製の地獄の未来図が変わるかもしれません。
Posted by ひろのり at 2014年11月24日 18:06
まあ、今回の選挙で与党が過半数を割ることはないでしょうけど、安倍は一連の騒動で党内の「予定通り増税」派との間に亀裂を作ってしまいましたし、議席が減ってしまえば
「なんでこんな時期に選挙をしたんだ。」という話になるでしょうねえ。
 安倍は例のごとく「私は負けるわけにはいかないんです(選挙時の口癖)」と口走るでしょうが、裏切り者の分際で負けるわけにはいかないなどとは、ちゃんちゃらおかしい限りです。
 ただ、重要なのは自民党内にごまんといるという事。安倍自民党が議席を減らしたら減らしたで、それを新自由主義的政策の影響とは認めず「増税を先送りしたため」という意見が出てきて、増税路線がかえって強化されるようなことになる可能性があるかと・・
 個人的には安倍自民が圧勝しても敗北しても詰みのような気が・・・
というのも、某自動車企業のお偉いさんが講演に来た際(60歳前後)、「移民しかない」「増税しかない」「外に打って出る攻めの農業」・・・ などなど、心中主義者のコピペのようなことばかり言っていましたから。 要は安倍や谷垣や麻生だけではなく、団塊世代共(権力を持っている世代)は心中主義の教義に凝り固まっている人間がごまんといるからです。中野さんが”反動世代”で書いていたこと、本当身に染みて分かります。
Posted by 名無しさん at 2014年11月24日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。