新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年10月21日

橋下徹VS在特会代表桜井誠が意見交換会をしたそうです

 ニコニコにアップロードされていた映像を見たんですけど、色んな意味で最悪でしたね。

 とりあえず、討論(というかただの罵り合い)の感想を書く前に私自身の在特会に対する考えを言うと、まあ必要悪って感じですかね。色々と問題があるというのは事実なんでしょうけど、国内に移民に反対する組織がほとんど存在しない以上、こういう団体はないとマズイという思いもありますし、他にも外国人参政権の時には相当活躍していたと思います。もちろん、右系の団体すべてが「朝鮮人をぶっ殺せ!!」だの「日韓断交だ!!」なんて叫んでたら結構ヤバいと思いますけど、あくまで無数に存在する政治団体の一つ主張としてこういうものが存在するのは、むしろ考えようによっては日本の言論の自由とかに対する寛容の証明でもあります。

「在特会のせいで日本が差別国家だと思われる!!日本のイメージダウンだ!!」と騒いでる人もいるようですが、はっきり言って、欧州の反EU移民排斥を訴える極右政党などを見て、「ヨーロッパ人はなんて排他的で自閉的な人種なんだ!!」なんて思うことはないように、たとえ海外の人々が在特会のヘイトスピーチを見たところで、「へー、日本にもこんな主張をしている団体があるんだ?」程度にしか思わないでしょう。むしろ、真に問題にすべきは、日本を人種差別国家だという印象を刷り込もうと画策している国内の左翼や、海外の情報機関のプロパガンダではないでしょうか?

 と、まあ在特会に関しての私の感想を一通り述べたところで、次に、実際の討論の中身に関していうと、まあ最初に書いた通り最悪でしたね。ほとんどチンピラの喧嘩でしょう?アレ。
「そうか、大阪の市長はただのヤクザかチンピラだったのか・・・?」
なんて思いながら見ていたのですが、途中で面白かったやり取りがコレです

橋下「民主主義のルールに基づいて、政治家になるなりしてみろよ」
桜井「民主主義のルールに基づいて許可を取って政治的主張を行ってるんだけど?」


 この桜井の主張に対して、橋下は、ほとんど何も言い返せていませんでしたね。はっきり言って、彼自身が民主主義とは何かを理解していないのでしょう。

 始まる前は、橋下が下らない詭弁でのらりくらり躱すかと思いましたが、全然そんな感じじゃなかったですね。とても見るに堪えない映像でしたが、「文句があるなら政治家になれ!!」を連呼する姿から橋下の政治観民主主義観がはっきり出ていて面白かったです。

 おそらく、彼にとって民主主義とは、白紙の委任状か、あるいは、独裁者の椅子を獲得するための人気取りゲームだってのがこの短いやりとりだけでもよくわかります。

 なんとなく、以前ある動画で、安倍首相の事務所のスタッフが、入管法改正に抗議の電話をした有権者に対して「文句があるなら、お前が選挙に出ろ!!」と叫んでいたのを思い出しますね。まあ、おそらく安倍と橋下の考えはほとんど同じなんでしょう。上品な橋下が安倍で、下品な安倍が橋下と言えば良いでしょうか?まあ、同程度の精神性の持ち主ですが、安倍はたまたまエリート家系に生まれ、橋下はゴミの吹き溜まりのようなところに生まれということでしょう。

 ちなみに、全くの余談ですが、この討論が終わった現在ふたたび桜井誠の『大嫌韓時代』がAmazonランキング1位に返り咲いたそうです(笑)


↓チャンネル桜と朝日新聞の仁義なき戦いについて解説しました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






ASREADに寄稿しました!!民主主義と政治団体の意義について解説しました!!⇒何故移民政策は止められないのか?〜民主主義が心肺停止する日〜 http://asread.info/archives/1133


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:40 | 神奈川 ☁ | Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上品な橋下が安倍で、下品な安倍が橋下

これは秀逸w
Posted by 三田村 at 2014年10月21日 20:12
僕の中で橋下さんは「競争大好きの超負けず嫌いな人」です。それだけかな。本当、それだけです(笑)
Posted by リンクス at 2014年10月21日 21:13
http://www.bengo4.com/topics/2190/

二人の会話を文面で読むと橋下さんが何の反論も出来なかったのは明らかなんだけど、
だというのに映像で見ると互角に見えてしまったあたり橋下さんのワザなのかなぁ
Posted by ジェフリー at 2014年10月21日 21:20
過激な反原発と距離をおいているサヨクのなかに、今回の橋下の対応を褒めている人々がいます。
過激な物言いはともかくも、「大阪ではヘイトスピーチを許さない」という、ヤツの言葉が気に入ったようですね。
こうしたサヨク一派は、穏健保守層にとりいって支持を広げようと動いているのですが、今や「嫌橋下」のかなりの部分をその穏健保守層やノンポリが占めていることに未だ気がついていないのでしょうかね?
左翼系知識人の逆張りをすればそれでよいと思っているのなら、あまりにも浅はかですね。

Posted by 元大阪府民からの伝言 at 2014年10月21日 22:06
>安倍首相の事務所のスタッフが、入管法改正に抗議の電話をした有権者に対して「文句があるなら、お前が選挙に出ろ!!」と叫んでいたのを思い出しますね。

ブログ主様。
参考までにこのコトの根拠をお示しいただけると幸いです。なんでも動画があるとか?そしてそうのように叫んでいたのが安倍総理の事務所のスタッフである根拠も提示いただければ幸いです。

よろしくお願いします。
Posted by 安善ぬこ之助 at 2014年10月21日 22:07
Posted by at 2014年10月21日 22:28
ソースをありがとうございます。
まず一点目。電話の相手は叫んではいませんね。「あなたが選挙に出たらどうですか?」と、極めて冷静に言っています。言ってる内容はおかしいですけど。
二点目、この動画でもって「安倍は上品な橋下」などと言えるのでしょうか。「自分の考えを反映したければあなたが選挙に出ろ」と言ったのは安倍総理ではなく事務所の方です。対外的に責任を取らなければいけないのは安倍総理だとしても、直接的に責任を取るべきは、当然電話対応していた方です。

また、私のコメントを理解していただけていないようですが、この電話の相手が本当に安倍総理の事務所の方なのか、その根拠がありませんね。ネットとは恐ろしいものです。いろんなものを捏造できますからね。
電凸していた方が自民党員でかつ先の選挙で自民党に投票した人なのかどうかも確認が取れない情報ですね。

また、私にはこの事務所の方がとてもケンカ上手に思えて電凸した方が情けなく思いましたが。要するに「外国人移民法反対です!」「はい、私も反対ですよ」で終わりじゃないですか。プロを舐めない方がよろしいかと思いますよ。
あなたも、仮にも有権者の負託を受けた安倍総理を安倍、橋下大阪市長を橋下と呼び捨てにしていますけどねぇ。
Posted by 安善ぬこ之助 at 2014年10月21日 23:14
( ゚д゚)ポカーン の嵐
http://kenjisato1966.com/%e3%80%80%ef%be%9f%d0%b4%ef%be%9f%ef%be%8e%ef%be%9f%ef%bd%b6%ef%bd%b0%ef%be%9d-%e3%81%ae%e5%b5%90/

佐藤さんのブログ記事です。この記事の内容ってWJFの三橋批判に通じるものがありませんか?またカツトシさんの解説が聞きたいです。宜しければお願いします!
Posted by at 2014年10月22日 00:10
会談潰しのため直前に「しばき隊を会談場に入れる」と言い出したり、当初の話と違って電波の届きにくい地下室に会談場を設定したり大人げなくわざと遅刻したり
があったんだそうです。

在特会は過激とは言われてますが「殺せ」とか言わないですよ。

ごみはゴミ箱へ、朝鮮人は朝鮮半島へとか言いますけどw
Posted by うし at 2014年10月22日 12:49
僕自身が思っている事を綺麗にわかりやすく表現してくれて、怨念が浄化されるような気分ですw

実際に竹中路線が大好物で外国の投資家に日本国民の生産能力を売り飛ばそうって発想がかなり安倍とハシシタは一致していますね。

反論を受けて自身の誤りを修正しようとせず、
反論できないものには無視か圧力で潰しているであろうって事は、西田昌司や藤井聡が自身の主張をがっつり言えないのに竹中やミ木谷が言いたい放題やってるって現状が物語っています。

Posted by nobuyuki at 2014年10月24日 02:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。