新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年09月09日

希望的観測にすがりつくのをもう止める!!

 先週のチャンネル桜の討論で三橋貴明さんが凄く良いことを言っていたので紹介したいと思います



 三橋さんの発言を簡単にまとめると、要は「安倍さんが何か、アメリカやグローバルな金融資本や国内の改革派の連中に媚びたりおもねるような発言をした時に、今までは、色々な力関係を考慮したうえで、仕方なく発言しているのだろうと思ったが、もうそういうのは止めた。これからは、政治家が何かを発言したらそのまま受け取ることにする。」とのことです。

 特に、何故そうするのか?という点が非常に重要で、何故なら「まず、第一に政治家が『本当に』何を考えているのかなど確認のしようがない。次に、安倍さんは本当はTPPや構造改革の危険性や株価最優先の経済政策の危険性に気づいていながら、あえて様々な事情を考慮して本音とは違った話をしているという希望的観測のもとに評論を続けたら、もしそうではなかった場合大変なことになる。一方で、もし本当に色々なことをしっかりと考慮に入れて発言をしていたとしても、「ああ、良かった安倍さんはちゃんと理解してたんだ」で済む」と。

 これは全く正論だと思いますね。希望的観測のもとに、楽観的な未来予想をして危機対応が遅れれば、それは大惨事に繋がりかねないけれども、一方で、悲観的な予測をして、様々な危機を想定しておいた場合、予想が当たっても、最悪な事態を回避できるかもしれないし、予想が外れて思ったより良い方向へ向かった場合は、「ああ、良かったですね」で済ますことが出来る。

 まあ、これは明らかに水島社長の「面従腹背論」や「大石内蔵助論」「日本人の底力論」に対する当てつけという嫌味だったんですけど、水島社長は気づいてくれたんですかね?(ちなみに、これらは全て、「俺は本気だしたらスゲーから!!」とか言ってるダメ男と全く同じレベルに聞こえるんですがどうですかね?ちなみに、私の知り合いで事あるごとに「俺は、本気になったら凄いから!!」とか「いつか皆俺の凄さがわかる時が来る!!」とか言ってた奴は、大学卒業後何年もフラフラした挙句現在また親の金で大学行ってます・・・果たしていつになったら彼の凄さを見せつけてくれるのか?今か今かと、かれこれ5年ほど待ち続けております)

 しかし、今回の討論で、冒頭の「今回の組閣は玄人受けする内閣」「安倍は徳川家康」発言はさすがに笑ってしまいました。組閣人事に素人ウケと玄人ウケがあるなんて初めて知りましたよ!!やっぱりチャンネル桜は観ていて勉強になるなぁ・・・(遠い目)


↓渡邉哲弥さんの建設的な提案(煽り)について解説しました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:28 | 神奈川 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「玄人受けする内閣」などと三輪は抜かしてたのはまさに微笑ものでしたね。
だって組閣後に世論調査での支持率かなり上がってるんで、思い切り素人受けしてるんですよね。当てつけ的に女性閣僚増やしたりしちゃう内閣人事を好む三輪が、何の玄人なのか全く不明ですが。
Posted by 子豚 at 2014年09月09日 18:52
今回の桜討論は三輪と水嶋以外、安部批判をちゃんとしてたから、保守言論界もまだ捨てたもんじゃないかも?
水嶋と三輪は心中しろ
Posted by at 2014年09月09日 22:49
カツトシも言ってたけど周りは三橋さんにつられて
安倍批判しただけであって、三橋さんいなければ
安倍マンセー討論になってたと思います。
Posted by at 2014年09月10日 07:01
僕も三橋さんのご意見には膝を打ちました。でも、水島社長に対する当てつけとか嫌味ではなかったと思いますよ。三橋さんは非常に思慮深く、常に正直に、かつ分かりやすく話されているのだと思います。三輪さんは五月蠅かったですね。上島さんや有本さんの意見をもう少し聞きたかった。
Posted by kanata at 2014年09月10日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。