新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年08月15日

ソーシャルメディアで食えるのか? 中川淳一郎×飯田泰之×常見陽平 鼎談より そのB〜現実的なソーシャルメディアビジネス論〜

 前々回の記事(『ソーシャルメディアで食えるのか? 中川淳一郎×飯田泰之×常見陽平 鼎談より そのA〜非実在ネットユートピア論〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/403729185.html)では、この三氏の議論をおおよそまとめてみましたが、最後に、飯田泰之氏は「ソーシャルメディアビジネスで大成功してあっという間に年収1億円みたいなことは不可能だけど」と前置きしたうえで、それでも個人でソーシャルメディアを上手く活用すれば、あまり組織に縛られずに、自由にのびのびやりながら年収300万〜400万くらいの生活(メルマガや会員制サービスなどの有料コンテンツで300万、講演などのイベントで100万程度が目安だそうです)を手にすることは出来るかもしれない、ということを言っていました。

 まあ、今では非正規雇用で年収300万以下の生活をしている人も非常に多いということを考えると、それほど悪くないと思える人もいるかもしれませんが、それでも、あくまで、それなりに成功した人間でこの程度しかいかないというのはあまりにもショボイなと思います。しかも、以前の記事で書いたように、ソーシャルメディアで一定の成功を収める人のほとんどは、高学歴で、有名企業勤務経験者が多いので、まあ、わざわざソーシャルメディアビジネスなんて成功の見込みも低く、仮に成功しても対して儲かりもしないような分野に脱サラして参入しなくても、普通に企業で真面目に仕事をしていれば、年収700〜1000万くらいは到達するような人たちなんですね。さらに付け加えると、中川淳一郎さんは、ソーシャルメディアで成功したければ、とりあえず今やっている仕事に真剣に取り組んで、その分野で一目置かれるような存在になれ!!というようなことも述べているのですが、仮にどのような分野であっても同業者から一目置かれるような存在になれば、仮にそれが、どんなに儲からない職種であっても年収300万〜400万円くらいには到達できる可能性は高いワケで、そうなると、まあ純粋に金銭面だけの問題で考えると、ほとんどソーシャルメディアビジネスに参入するメリットは存在しないんですね(まあ、唯一の例外で自己啓発というやりようによっては、やたらと儲かるような分野もありますが・・・)。

 というわけで、一言でまとめると、要は

ソーシャルメディアは儲からない!!

ってことなんですね゚ ゚( Д ノ)ノ彡

 しかも、普通のサラリーマンなどと違って身分の保証も稼ぎの安定性もないわけですから、やはり本業でソーシャルビジネスを中心にお金を稼いで生活するというのは、成功可能性が低く、メリットが少ない、つまりハイリスク、ローリターンなのですね。そうなると、唯一、上手い活用法として趣味と実益を兼ねた副業というようなカタチでやっていくのが、一つの上手いソーシャルメディアとの付き合い方かなぁと思います。

 というわけで、そのあたりのソーシャルメディアを活用した副業に関して次回以降解説してみたいと思います。


↓ソーシャルメディア論とサブカル論について語りました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:08 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。