新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年08月04日

生と決断のパラドクス

 先日、チャンネル桜で行われた討論『【討論!】安倍政権への進言・諫言・提言[桜H26/8/2]』(http://www.nicovideo.jp/watch/1406879885)の中で、西部邁さんが、イギリスの哲学者が述べたという「勇気とは何か?」という問題に関する非常に面白い言葉を紹介していました。

 その哲学者曰く
「勇気とは、生きるために決断すること」
であり、また
「もっとも偉大な勇気とは死を覚悟することである」
と言ったそうです。

 一見、完全に矛盾してますよね?西部さんは「生き抜くために、死をも覚悟するという逆説」と述べていましたが、私としては、次のように解釈することで矛盾なくこの言葉の意味が読み取れるのではないかと思います。どういうことかというと、つまり、この哲学者の述べる「生きる」とは、生理的、生物学的な生存という意味で述べているのではなく、「活き活きとした活力ある生」をもって「生きる」と称しているのではないでしょうか?このように、解釈するならば、「勇気とは、生きるために決断すること」であり、同時に「もっとも偉大な勇気とは死を覚悟することである」と述べたとしても、全く矛盾なく解釈できます。

 そして、それはつまり同時に、人生や生に意味や意義を求める動物非ざる人間にとって、ただ生物学的に生存しているだけの状態は、とても「生きて」いるとは言えない、つまり「死んでいる」もしくは「生きた屍」のような状態(このような生のあり方をオルテガは「最悪の生の形態」として描いています)であり、つまりは、生の尊厳を求める人間にとって、「この一線を越えてしまったら、もはや生きている意味はないのだ」という道義的、あるいは倫理的なデッドラインの存在を暗示しているように思います。

 このような、デッドラインというものが、一体どこに引かれているのか?現代のようなぼんやりとした生の時代には、それはあまりにも曖昧模糊ではっきりしないラインに思えるのですが、おそらくそれは生死の間、ある種の極限状態において、クッキリと浮かび上がってくるのではないかと思います。例えば、政治学者の佐藤誠三郎氏(故人)は特攻隊の任務に関して次のように述べています。

しかし私は、(丸山眞男との)この論争に関する限り、中野の態度の方が優れていると信ずる。個人として当時の政府の戦争政策にいかに反対であろうと、いったん戦争が始まったら、「国民としての義務の限り」では戦争に協力するというのは、まさに健全なナショナリズムではないか・・・。ある国の国民であるということは、その国と運命をともにするということであり、したがって政府のやったことに否応なく連帯責任を負わざるをえないということを意味するのである。それは政策決定がどの程度民主的であったかどうかとは、とりあえず関係ない。・・・
私はもし10年自分が早く生まれ、学徒出陣という事態に直面したら、どのような選択をしたであろうかと考えることがある。臆病な私のことだから、喜び勇んで出陣することはなかったであろう。しかし仮に出陣を避ける方法があったとしても、それを利用して兵役を免れることには強いためらいを感じ、最終的には出陣したに違いない。そして特攻隊のような、きわめて危険な任務に応募するようにいわれたならば、第一番に応ずることはないにせよ、三番目ぐらいには志願したに違いない。・・・そして私はこのような態度が、官僚的国家主義に毒された間違ったナショナリズムとは考えない


 一体、なぜここで佐藤が特攻隊の任務に「三番目ぐらいには志願したに違いない」と考えたのか?その理由は、多面的かつ複合的であって、一言で「これが理由だ!!」と論じることは不可能です。しかし、こと個人の生の問題、あるいは心理的側面から考えるのであれば、やはり一つには、先に述べたような生のデッドライン、つまり、ここで卑怯にも特攻隊の任務から逃げ出してしまったら、もはや、自分は一体何のために生きているのかわからない。そこまでして、生き延びることになんの意味があるのか?という本質的な悩みや負い目を背負い続けることになることを理解していたのではないでしょうか?通りの良い言葉で言うなら「そこまでして生き延びようとした自分とは、一体何者なのか?」というようなアイデンティティクライシスに直面するのではないかと思うのです。

 実際に、三島由紀夫は戦中兵役を逃れたことについて終生負い目を抱き続け、また、戦後生き延びた圧倒的多数の戦後日本人の多くは、そのような負い目から逃れ、自らを正当化するために、意識的か無意識的か(おそらくはその両方でしょうが)「我々、戦前の日本人の多くは悪い軍部に騙されて、勝ち目のない無謀な戦いに協力させられた。特に特攻隊は非人道的な任務であり、軍部によって洗脳され強制的に死に追い込まれた彼らは本当に可愛そうな青年たちであった」という、あまりにも(彼らにとって)都合の良い歴史観を築き上げてきました。

 まあ、こう言うと、「一体お前は何様なのだ?」と批判されそうですが、はっきり言ってしまえば、私たちは、このようなほとんど自己の存在意義を根底から喪失して、ほとんど生きる屍となりながら、同時に、それを正当化させるために、過去の歴史をねつ造し、自分たちのために戦って死んでいった人々を徹底的に貶めながら、自分たちの存在意義を正当化した、極めて無気力かつ偽善的な民族の子孫なワケなんですね。

 別に、何も、「だからもっと自虐的になれ!!」とか「だから戦後日本はクソなんだ!!」とか言うつもりもないのですが、なんというか、こういった戦後の日本近代の一側面を全く無視して、「日本人には底力がある!!」とか「日本人は、唯物論を超越した目に見えない霊性を感じ取る感性を残している!!」などと言われると、「うーん・・・」と思ってしまうのです。

「もしかすると、自分たちは日本人としての底力を発揮するための精神の底が全く抜けてしまっているのではないか?」というような疑問や恐怖を感じつつ、「それでもなお・・・」という精神を持つのであれば、また話は違ってくるのですが、一応武家社会であり、曲がりなりにも武勇の国であった江戸時代〜明治初期の時代を持ち出して、「こんなに日本人は、凄い民族なんだ!!だから、きっと私たちも危機になったら目覚めるんだ!!」というのはあまりにも楽観的過ぎる希望的観測なのではないかと感じてしまいます。


↓新作動画です





ASREADに記事寄稿しました!!⇒野々村竜太郎バッシングの陰に潜むもの http://asread.info/archives/1019

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:49 | 神奈川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つくづく思うんだけど、一般左派メディアの安倍叩きって本気でやってんのかどうか疑わしいね。だってね、集団的自衛権なんかで安倍叩いたってそういうメディアにそういう理由で叩かれるのって安倍支持者からしたら「だから安倍は正しいんだ」という話になって、支持者が離れないんじゃないかと思う。つまり安倍にとって全然痛手ではない。

そんな事よりもかったんの言ってた自殺者やら倒産数の歴代内閣トップとか個人消費の大幅下落なんかを大きく取り上げて叩いたら、支持率30%台も夢じゃないと思う。そうなったら三橋さんの言うレームダックまで後一歩だと思う。

ところで、http://ameblo.jp/ponkiti-2013/
このブログみたいなスタンスはどう思うの。反安倍のブログでは結構代表的なブログだと思うけど。
Posted by アンジェラマオ at 2014年08月04日 22:22
今回の記事に補足をさせてもらうと、ダンス佐藤こと、佐藤誠三郎の息子である佐藤健志さんは著書『震災ゴジラ』で誠三郎氏の意見は批判していました。

健志氏の主張を要約すると
「祖国を守るために命を捧げることは疑いようのない立派な行為に違いない。
しかし、戦地に行った軍人の半数以上は十分な補給が得られず、戦病死したり餓死したか、輸送船をアメリカの潜水艦に襲われて水没死したことも事実である。
つまり『お国のために華々しく散る』という最低限の名誉すら与えられない死が圧倒的多数だったわけである。
もっと言えば、立派な気持ちを持った国民が無駄死にしないように尽力するのが、指導者たるものの責務であろう。その意味で昭和前半期の日本は「悪」だったかはさておき「愚か」であった。
これらの点に触れないまま「祖国のための自己犠牲」の崇高さを謳うのは「非常時はつべこべ言わず犬死にしろ」とする死の自己目的化に他ならない。
だったらせめて誠三郎氏は「犬死には犬死にだったが、国を守ろうと言う気概はあったのだから人として立派だ」とか主張すればいいものを、それすらできずにいるのだから、誠三郎氏の姿勢は論理的とも誠実とも言いかねる。」『震災ゴジラ』P135〜P144より適宜抜粋)
と言っています。


三島由紀夫の生き残ってしまったことへの負い目など佐藤健志氏の「死の自己目的化」である、ただの死にたがりに他ならないのではないでしょうか。

そして佐藤健志氏は
「戦後日本の復興は、アメリカに擦り寄るという変節のもとで行われたのだから、祖国を守ろうとすること自体がナンセンスと化すのである。
このような状況では「国のために死ぬなどバカらしい」とする風潮が蔓延したのもうなずけよう。」
とも言っています。

ここから導き出される結論はカツトシさんとほぼ同じで「戦前と戦後の間に筋を通せるような歴史認識が必要である」というものです。

具体的には『戦後の虚妄』と『戦後の虚妄』の両方を直視しつつ受け入れるということです。

戦後の虚妄とは、「自国の正義を『悪しき帝国主義的な野望』として否定し、『敵』だったアメリカに迎合する形で繁栄を目指しながら、否定したはずの正義にも『戦後平和主義の普遍性に対する盲信』※という反語的な形で執着したこと」であり、
戦前の虚妄とは明治維新以前の日本を前近代的として否定しながら、欧米の一員になるのか、欧米に抗するのか整理できなくなったあげく、神がかり的に熱烈なナショナリズムという形で、自国の前近代性によりかかったこと」(『震災ゴジラ』P295)
と規定できると佐藤健志氏は言っています。

※『戦後平和主義の普遍性に対する盲信』はもちろん憲法九条を全面的に肯定することにより平和を達成することであり、これは戦前の『八紘一宇』や『アジアの開放』などのスローガンが示すところの日本が世界に先駆けて世界の平和を達成するという日本の優秀さを達成することへの執着の裏返しという意味です。



カツトシさんは少々戦前の日本を美化しすぎるところがあるので長々と書いてしまいました。
長文失礼しました。
Posted by NT at 2014年08月05日 07:54
すみません。訂正です。

×具体的には『戦後の虚妄』と『戦後の虚妄』の両方を直視しつつ受け入れるということです。

○具体的には『戦後の虚妄』と『戦前の虚妄』の両方を直視しつつ受け入れるということです。
Posted by NT at 2014年08月05日 08:38
 哲学者というか作家のチェスタートンですね。

 「そもそも勇気なるものは、ほとんど一種の言語矛盾なのである。生きようとする強い意志を意味するものでありながら、現実にはいつでも死のうとする決意の形をとるからだ。……孤島に取り残された男なら、断崖から海に飛び込む危険を冒して、はじめて命を救う望みを持つこともできるのだ。死の瀬戸際を歩みつづけることによって、はじめて死を逃れることができるのである。兵士が敵に包囲され、血路を切り開かねばならぬなら、生きることへの強烈な意志と同時に、死ぬことに奇妙に無関心をあわせ持たねば成功の望みはない。単に生にしがみついていたのでは駄目なのだ。それでは兵士は臆病となり、それでは逃れられるものも逃れられなくなるばかりである。あるいは逆にただ死を待つばかりでも駄目である。それでは彼は自殺者となり、逃れたところで逃れたことにはならぬのである。生にたいして猛然と無関心でありながら生を求めるほかはない。」

 チェスタートンはまさに、この本(『正統とは何か』)の冒頭で、以下のように述べています。

 「そもそも何事かを議論しようとする者は、まずもって議論の余地のないことから語り始めるほかはない。何事かを立証しようとする以上、立証しようとしていない前提を明らかにすることは不可欠である。私が立証しようとしていない前提とは何か、一般読者と共通の土俵にしようとしている前提は何かといえば、それはつまり、活動的で想像力にあふれた生き方こそ望ましいという信念である。波瀾万丈、山あり谷あり、詩的興趣に満ちた生活望ましい。……つまりわれわれは、実際的ロマンスとでも言うべき生活を必要とするという前提である。」
Posted by kawabata at 2014年08月06日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。