新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年07月12日

BAKAZUYA君終了のお知らせ・・・安倍政権は100年に1度のクソ政権?!

 消費税増税の影響が凄まじく、現在個人消費の落ち込みが大変なことになっています。 

個人消費、反動減続く 家計調査5月8.0%減

 4月の消費増税に伴う個人消費の落ち込みが続いている。総務省が27日発表した5月の家計調査では、1世帯当たりの消費支出(2人以上世帯)は27万1411円で、物価変動を除いた実質で前年同月比8.0%減った。減少幅は4月の4.6%から拡大した。

 家計調査の実質消費は、東日本大震災があった2011年3月(8.2%減)以来の落ち込みだった。1997年の前回増税時は駆け込み消費の反動で4月に1.0%、5月に2.1%落ち込んだ。今回の減少幅は4月に4.6%、5月に8.0%で、落ち込みがきつい。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2700D_X20C14A6EAF000/


 ちなみに、97年の消費税増税時には、個人消費への本格的な影響は増税直後ではなく、数か月経った後に本格化したということを考えると、もしかすると、今後さらなる消費の落ち込みもありうるでしょう。しかし、すでに国会は閉会し、補正予算も組めない状況なので、実質的にほとんど打つ手はありません。「経済運営と改革の基本方針2014」のポイント(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2014/item_01.pdf)という資料では、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減という項目では「反動減を乗り越えて景気回復が続くと期待」とありますが、このような状況になっても何も手を打たないということは、やはりこのまま指をくわえて景気が悪化するのを見守るということでしょう。ここは、どこぞの元財務次官のように「何一つ危険の芽を見逃さず手を打って」きてほしいところですが、国会が閉幕してしまったいまとなってはもはやどうすることも出来ません。

 ちなみに、家計調査の実質消費は、東日本大震災があった2011年3月(8.2%減)以来の落ち込みだったとありますが、実は、この8.0%減という数字は、リーマンショック後の落ち込み以上の数値であり、つまり1000年に1度の大震災という超特殊要因を除いて考えた場合、100年に一度の経済ショックを上回る程の経済的打撃を受けているワケです。それも、リーマンショックや大恐慌といった外的なショックによる影響ではなく、バカな政策を実行した結果としてのただの自滅であるのですから、まあ、大目に見ても安倍政権は100年に1度のクソ内閣だと断定しても構わないのではないでしょうか?

 それでも、まだ「民主党政権よりマシだー!!」と言い張る人もいるでしょうが、安倍首相のなんとも救いようがない点は、民主党時には、消費税増税の悪影響をしっかりと予測して伝えるブレーンが周りにいなかったのに対して、安倍政権時には何人もの識者が安倍首相に直接消費税増税の引き起こすであろう悪影響について警告していたにも関わらず、それを断行し、しかも、予想通りに景気が悪化したのも関わらず、それに対して何の手立ても打たない(というか打てない?)という無能ぶりを曝け出している点です。

 もちろん、今後の対応を見守るべきでしょうが、今すぐにでも行わなければならない対策はいくらでもあります。消費税10%引き上げの延期もしくは、中止の宣言や、補正予算を組むことはもちろんですが、他にも例えば還付金の給付や、あるいは年度末の税の支払い時期に中小企業が消費税の支払いが出来ずに大量倒産などという事態を避けるためにも中小企業に対して融資を含めて何らかの優遇措置を行う必要もあるでしょう。

 しかし、実際に安倍首相の口から聞こえてくるのは、「悪魔を倒す」だの「外資を呼び込む」だの「法人税減税のために中小企業にも外形課税標準を適用する」だのと当面の景気対策には全く関係ない政策のオンパレード。まるで出血多量で死にそうになっている時に、ノートとペンを用意して今後10年間の健康プランを作成するような愚かさを感じさせます。

 ちなみに、現在ニコニコ動画で人気を博している新進気鋭のゲーム配信者で筆頭安倍応援団員のKAZUYA君は、偉そうに「安倍政権については是々非々すべし!!」などと言っていますが、はっきり言って、このままでは是々非々で判断している間にどんどん中小企業が倒産し、自殺者やワーキングプアが激増していくことだけは、まず間違いないと思われます。


↓新作動画です





ASREADに記事寄稿しました!!⇒何故、保守派の言論人たちは安倍批判を出来ないのか? http://asread.info/archives/901

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 11:26 | 神奈川 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>安倍首相のなんとも救いようがない点は、民主党時には、消費税増税の悪影響をしっかりと予測して伝えるブレーンが周りにいなかったのに対して、安倍政権時には何人もの識者が安倍首相に直接消費税増税の引き起こすであろう悪影響について警告していたにも関わらず、それを断行し、しかも、予想通りに景気が悪化したのも関わらず、それに対して何の手立ても打たない(というか打てない?)という無能ぶりを曝け出している点です。

いや、もっと深刻な点がありますよ。
そもそも景気が悪化したという認識がない、馬鹿の癖に自分が無能であるという認識すらない ということです。
国会が開かれても補正予算どころか、さらに過激な成長戦略(笑)が出てくるのが関の山でしょう。
 おそらく(いや、100%)安倍の中で消費増税10%に引き上げはもはや規定路線で、都合の悪いデータは徹底的に無視し、増税するに当たって都合のいいデータだけ取り上げて、
「安倍のみクスの影響で物価がこれだけ上がったんだもん。 俺SUGEEEE ! はい増税」
とやるに決まっています。
安倍とその取り巻きの(どの大学所属の経済学者ブレーン出身でしたっけ? 稽王偽塾大学と頭狂大学でしたっけ、確か)脳内だけ景気が回復しているようです。

BAKAZUYA君が安倍を批評する態度ですか?
是々非々ではなくて是々々々の間違いかと。
Posted by 名無しさん at 2014年07月12日 18:53
是々非々って一つ一つの政策について問題を語ることではなく
これだけは譲れない一歩も引けないと言う政策について提言することだと思う。
そして安倍政権tpp、移民、消費税と絶対にしてはいけない譲れない政策を複数している。
集団的自衛権を進めようが決して許されない政権だと思う。
Posted by パン君 at 2014年07月12日 22:22
https://www.youtube.com/watch?v=MVxM2g6UTo8
反撃に立ち上がる派遣労働者
Posted by at 2014年07月13日 19:50
2日前、たまたま聞いたニコ生でのKazuyaの発言
ゲームの話をしている最中、リスナーからの質問で、政治の話しないの? Kazuya「政治の話は動画でしてるからお腹一杯でしょ。それと、政治の話すると重い人がくるから」すぐに遊戯王の話に・・・

3分程聞いたかな
つまらない放送でした。
あの放送を見て、Kazuya君!と3、40代の大人が何か期待してると思うと悲しくなりました。
Posted by 梅助 at 2014年07月25日 18:42
どう考えても、暮らしが苦しくなっている
なのに、何が間違ってるかも言えない雰囲気を
つくりだす、kazuyaみたいな自民信者ネトウヨ
ネトウヨでなくても、おままごとみたいな天皇テレビ
みてホルホルして、裏でさんざん絞られ採取されてもヘラヘラし続ける、全然国を憂いない、危機感のない人

柔らかい北朝鮮じゃん
Posted by at 2016年04月12日 07:21
君は相変わらず
人の批判ばかり
君がKAZUYAの批判してると笑いが出そうになるよ

いかにも中卒らしい
君の言葉に説得力皆無
Posted by 中卒のクズトシ at 2016年04月12日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。