新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年06月13日

グローバカ安倍の教育改革の末路〜スーパーグローバル大学事業

 先日、ASREAD(http://asread.info/)に 寄稿するために書いた文章で、少し安倍政権の教育改革についても触れ、

 教育改革においても、「グローバルなビジネスで勝ち抜けるように」とか「もっと、実社会(要はビジネス社会)で役に立つ教育を」とか「国際ビジネスの場で不利にならないように英語教育を強化しよう!!」とかそんな話ばかりで、本当にうんざりさせられます。

と批判をしたのですが、同じASREADに寄稿しています木下元文さんの書いた『オシャレでスマートなスーパーグローバル大学のキャッチコピーを比較してみた』(http://asread.info/archives/808)という記事を読んで、安倍政権の教育改革のあまりのバカバカしさに頭がクラクラしてきました。まさに、グローバカというか、グローバルーピーここに極まりあれといった感じです。

 独立行政法人日本学術振興会という由緒正しき伝統を持った組織の「スーパーグローバル大学等事業」(http://www.jsps.go.jp/j-sgu_ggj/index.html)というサイトが出来ているらしく、『平成26年度 スーパーグローバル大学等事業 「スーパーグローバル大学創成支援」公募要領』(http://www.jsps.go.jp/j-sgu/data/download/01_sgu_kouboyouryou.pdf)という資料にその「事業の背景・目的」が書かれているのですが、それが凄い。

 安倍内閣においても、「経済再生」とともに「教育再生」は最重要課題の一つとなっており、教育再生実行会議では、優先的な課題として「大学改革、グローバル人材育成」が取り上げられ、大学の教育内容や教育環境の徹底した国際化に取り組む大学を協力に支援することが提言にまとめられました。
これを受け、文部科学省ではこのたび、徹底した「大学改革」と「国際化」を断行し、世界的に魅力的なトップレベルの教育研究を行う大学や、我が国社会の国際化を牽引する大学を重点支援する「スーパーグローバル大学創成支援」を開始します。


 100歩譲って、これが、たとえば左翼政党である民主党の鳩山内閣における教育改革プランであったとするなら、「まあ、左翼の連中ってこういうバカなことやるよね・・・」と思って納得出来るのですが、よりによってこれを、「瑞穂の国の資本主義」を謳い、「日本を取り戻す」と宣言して政権を奪還した安倍政権で提案されていることです。しかも、「大学改革、グローバル人材育成」が優先課題って・・・( ̄▽ ̄;)

 ちなみに、「○○の定義を言え!!」が合言葉の山賊のはしくれとして、この「グローバル人材」の定義を調べてみました。(グローバル人材の育成について http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/047/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/02/14/1316067_01.pdf

「グローバル人材」とは@
・これまでの各種検討の場における「グローバル人材」の定義

○「報告書〜産学官でグローバル人材の育成を〜」
(産学人材育成パートナーシップグローバル人材育成委員会,2010年4月)
グローバル化が進展している世界の中で、主体的に物事を考え、多様なバックグラウンドをもつ同僚、取引先、顧客等に自分の考えを分かりやすく伝え、文化的・歴史的なバックグラウンドに由来する価値観や特性の差異を乗り越えて、相手の立場に立って互いを理解し、更にはそうした差異からそれぞれの強みを引き出して活用し、相乗効果を生み出して、新しい価値を生み出すことができる人材。


 これって、単なる無国籍人なのでは?左翼の間で一時期流行したと言われる「国境や国籍にこだわらない」地球市民とほとんど同義であるような・・・?
 ちなみに、さすがに、それではまずいと思ったのか、以下でも取ってつけたように「日本人としてのアイデンティティー」という一語が付け足されています。

○「産学官によるグローバル人材育成のための戦略」(産学連携によるグローバル人材育成推進会議,2011年4月)

世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間。


ちなみに、定義そのAもあるのですが、ほとんど意味内容を持った文章とは思えなかったので、省略します。しかし、教養と専門性、コミュニケーション能力、協調性、価値創造能力社会貢献意識って、これ別にグローバル人材とか関係なしに、誰にとっても重要な能力ですよね?と、つまり、簡単に言ってしまえば、すごく有能で、ついでに英語がしゃべれる人間ってだけでしょ?こんな下らないことを国民の税金使って延々会議で話し合ってると思うと確かに少し腹が立ちますね。

 ちなみに、このスーパーグローバル大学構想について、先の木下元文は、こう完結にまとめています。

ええとですね…、つまり、安倍内閣が「グローバル人材ほしいよ」って言ったから、文部科学省は「スーパーグローバル大学だね」って応えたわけです。マジかよ…。

しっかし、本当に絶望的なくらい酷いネーミングセンスですよね「スーパーグローバル大学事業」って、「新しい価値を創造する能力」が重要とか、こんな低レベルなセンスのネーミングしかつけられないような連中に言われても何の説得力も感じられません。いや、まあ、もしかしたら、「価値創造能力を身につけて、こんなしょーもないセンスの持ち主にはなるなよ!!」と我が身を持って反面教師を演じてくれているのかもしれませんが。しかし、このスーパーという言葉を取って付けた感が、どことなく実質的な残業代ゼロ制度のスマートワークとどこか通じるところがあるような気がします。とりあえず、上にスマートってつけてごまかしちゃえみたいな。かつて、西部邁さんは竹中平蔵が著書の中で「私の政策の理念はワクワク感です」と述べたことに関して、「かつて、非常に高い言語能力を有していたはずの日本人の言語能力はここまで劣化したのか?」と嘆いていましたが、いよいよ、文部省がスーパーグローバル大学事業なんて言葉を使い、厚労省がスマートワークなんて言葉を正式に採用するような時代になってしまいました。「グローバル人材の育成」とか、「早期からの英語教育の導入を」とか言う前に、まずここまで言語能力が劣化してしまった事実を正面から見据えて日本語教育の見直しを行って欲しいと切に願います。

 それから、ついでに、デマと詭弁で議論に打ち勝つことしか考えられない馬鹿が増殖しているようなので、英語でのコミュニケーションとか、ディベート能力とか偉そうなことを言う前に、ちゃんと皆で日本語で話し合ってコミュニケーションを取る能力を鍛えるようにして欲しいです。

 では次に、『平成26年度 スーパーグローバル大学等事業 「スーパーグローバル大学創成支援」申請状況』から、各大学の各大学の構想名を紹介したいと思います。

≪北海道大学≫
Hokkaidoユニバーサルキャンパス・イニシアチブ 〜世界に開かれ世界と協働〜

≪東北大学≫
東北大学グローバルイニシアティブ構想

≪東京大学≫
東京大学グローバルキャンパスモデルの構築

≪名古屋大学≫
21世紀、Sustainableな世界を構築するアジアのハブ大学

≪大阪大学≫
GLOBAL UNIVERSITY「世界適塾」

≪京都大学≫
京都大学ジャパンゲートウェイ構想

≪九州大学≫
戦略的改革で未来へ進化するトップグローバル研究・教育拠点創世(SHARE-Q)

≪千葉大学≫
グローバル千葉大学の新生 ―Rising Chiba University―

≪総合研究大学院大学≫
トリプルグローバル・スーパー研究者育成大学院大学の創成

≪横浜市立大学≫
未来都市創成のためのグローバルな人材を生み出すスーパーグローバル大学

≪武蔵大学≫
「ゼミの武蔵」 × 国際化 ⇒ Global Citizen


武蔵大学のGlobal Citizenって、もろに地球市民じゃないですか・・・( ̄▽ ̄;)

qれgれg無題.png

kokumindonochigai.jpg

「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである」

さて、三島由紀夫が今の日本の現状を見たら果たしてなんと言うでしょうか・・・ヽ(;▽;)ノ


↓新作動画です





ASREADに記事寄稿しました!!⇒安倍晋三と書いて、新自由主義者と読む http://asread.info/archives/749

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:12 | 神奈川 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新おつかれさまです。

中山なりあき氏も残念な御仁だったようです。
https://twitter.com/nakayamanariaki/status/476170581000212480
Posted by 乱破 at 2014年06月13日 17:44
文部科学省スーパーシリーズ

スーパーエコスクール
スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール
スーパー食育スクール
スーパーサイエンスハイスクール
スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール
スーパー専門高校
スーパーティーチャー制度
Posted by at 2014年06月14日 00:57
悪者探ししても始まらない。
日本の問題を一気に解決する方法がある。
それは政府通貨の発行とBI(ベーシックインカム)。
(日銀は民間企業であって公的機関ではない。)

関 曠野さんという人が提唱している事だが。BIというと新自由主義的な
政策に思われるかもしれない、だが違うのは関さんの提唱しているのは、
財源を税金ではなく政府通貨にする事。重要なのはBIだけじゃなく
政府通貨とセットにやるということ。そして、BIは福祉のためにじゃなく
経済のインフラのためにやるということ。
これをやると日本の問題が一気に解決するようになる。
というか今の権力構造を打開するにはこの方法しかない。

説明するのは難しいので、記事のURLを貼っとく。この国を変えたいなら
読むべし。

ベーシックインカムで
日本を変えよう
― 成長幻想から仏教経済学へ ―

http://bijp.net/transcript/article/423

ベーシック・インカム
について考える
― マネーは何のためにあるのか ―

http://bijp.net/transcript/article/248
Posted by at 2014年06月14日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。