新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月26日

安倍内閣は最悪のキベンジアン内閣である〜労働法改正「残業代先取り」制度の嘘〜

 最近安倍内閣では、どんな詭弁を用いれば国民を上手く騙せるか、抵抗勢力を黙らせることができるか?という課題に全力で取り組んでるんじゃないかと思いますね・・・

撤廃は「残業代先取り」=労働時間規制−甘利再生相

 甘利明経済再生担当相は25日、名古屋市で講演し、「1日原則8時間」などと定めた労働時間の規制を一部の労働者に対し撤廃するため、政府が検討している労働法制の改正案について、「労働者に選択肢を与えるということで、労働基準を害することなどみじんも考えていない。残業代先取り法案だ」と強調した。
 政府が検討しているのは「ホワイトカラー・エグゼンプション」と呼ばれ、一部のホワイトカラー労働者から労働時間規制を外し、残業代の支払い義務をなくす制度。野党や労働組合は「残業代ゼロ制度」などと厳しく批判しており、甘利氏の発言はこれに反論したものだ。
 甘利氏は「残業代込みの年間報酬とそれに対する成果を決め、後は自由にやってくださいという働き方だ」と強調。「日本の生産性と経済力を上げていくことに大いに資する」と述べた。(2014/05/25-19:36)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014052500191


 最近のトレンドは、「クソ法案の名前を変えて国民を騙して上手く法案を通してしまう」というような手法なんですかね?完全に第一次安倍内閣で廃案になったホワイトカラーエグゼンプションの焼き増しです。

 ちなみに、これはおそらくいわゆる成長戦略(構造改革)の一環なんですけど、そう考えると、成長戦略とか、構造改革って一体何なんだって思いますよね?なんでも経営者の思い通りに労働者を働かせることができるような無秩序無規制の状態から、労働者を保護するような様々な規制や制度を作っていったのが、近代資本主義の進化の歴史だという、至極当然の認識からすると、このような構造改革だの成長戦略だのってのは、単なる退歩、あるいは、より優れた制度が存在することを知りながら、劣った制度を導入することは道徳的退廃と言ってよいと思うのですが・・・。

 ちなみに、この労働規制の緩和、まあ、面倒なので残業代ゼロ制度と呼びますが、一部では、「これは年収1000万円以上の高額所得者のみに適用されるからそんなに大した問題ではない!!」と言っている論者もいますが(まあ、ちなみにこれも上念司のことなんですが・・・それにしてもなんでコイツはこんなに必死で安倍擁護をしているんだ?やはりキベンジアン同士ウマが合うのか?)、まあ、当然そう上手くはいかないでしょうね。

 第一次安倍内閣で廃案になったホワイトカラーエグゼンプションでは、当初、経団連の提言で適用範囲を「労使委員会の決議で定めた業務で、かつ年収400万円以上」となっていたが、厚生労働省の改定案で、適用範囲を年収900万以上と改訂しました。しかし、反対論者を中心に「一度導入したら、少しずつなし崩し的に適用除外水準が緩和されていき、最終的にはほとんどの労働者が対象になるのではないか」との危惧が多く、実際に採用されれば、将来的には少なくとも段階的に規制が緩和され、適用対象は拡大していくでしょう(なにしろ、年収1000万以上の人間のみに適用したところで企業に大した旨みはありませんからね、なにしろあの経団連からの提言てのがミソです( ̄▽ ̄;))。

 実際に、たとえば労働者派遣法では当初は厳格な基準が定められていたが、なし崩し的な基準の緩和により、現在では一部の例外を除いて事実上派遣が自由化されてしまったという歴史があります。さらに、2007年の第1回経済財政諮問会議では、伊藤忠商事取締役会長である丹羽宇一郎がスキル向上のために残業代なしで土日も出社したいという若い人が沢山居るが、ホワイトカラーエグゼンプション制度がないために出社許可が出せないという旨の発言をしています。ただし、仕事を覚えたい若い人がホワイトカラーエグゼプション対象の年収900万円以上である可能性はほとんどなく、このような使い方はできないということを考えると、年収・職位面で本来は適用除外要件を満たさない「若手」の労働者にまで適用除外範囲を広げたい、という意図が推進側に存在していることが明確に見て取れるわけですね。なにしろ最初の経団連の提言では適用範囲を年収400万円以上の者としてますから。

 ちなみに2007年9月11日、この法案が廃案になった後の記者会見では、厚生労働大臣(当時)の舛添要一がホワイトカラーエグゼンプションの呼称を「家庭だんらん法」という呼称に言い換えるよう指示したそうです・・・うーん、この頃からクソ法案の名称を変えて通してしまおうという姑息な作戦は採用していたわけですね・・・( ̄◇ ̄;)。

 まあ、今後の安倍内閣の動きを見守ると同時に、この法案に関して保守派の知識人の発言にも注目していきたいですね。この法案に関して、どのような発言をするか、ということで、しっかりとした見識と良識を備えた知識人であるか、あるいはただの安倍ちゃんマンセーのノータリンなのかが確認できるように思います。あ、ちなみに、僕のチェックテストでは「労働法改正案で、残業代ゼロの対象は年収1000万以上の労働者だけだから問題ない!!」とかツイートしてる上念氏は安倍マンセーのノータリンだと診断されました(ゝω・)vキャピ


↓新動画2本






ASREADに寄稿しました!!左派批判のようで同時に結構痛烈な保守批判の文章⇒『憲法9条をノーベル賞にしようという運動について・・・』 http://asread.info/archives/640

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 09:03 | 神奈川 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またタグ荒らしされてたから、消しといたょー( ̄∀+ ̄)キラッ
KAZUYAリスナーの仕業だろうし、KAZUYA CHANNELのタグ外した方がいいんじゃなぃ?
もはやKAZUYA関係なくなってきてるし(ヾ(´・ω・`)ネェネェ

どーせなら、サムネもKAZUYA使って、タイトルも紛らわしくして、全面戦争してくれたら面白いけど、タグでちまちま争われてもつまんないんだよねぇ(*`へ´*)

政治とか全然キョーミないけどこれからも、かったん応援してるよ、がんばれー(〇´З` Chu♪
Posted by at 2014年05月26日 12:16
世界から「日本人は働きすぎだ!」と言われているのに、
こういうところはグローバルじゃないんですねぇ
Posted by yoru at 2014年05月26日 17:06
>伊藤忠商事取締役会長である丹羽宇一郎がスキル向上のために残業代なしで土日も出社したいという若い人が沢山居る

会社の利益のために残業代なしで土日も出社させたい若い人が沢山居る、の間違いじゃねーの?

前に勤めてた会社が経団連所属してたけど、超を2、3個つけても足らないようなブラック企業だったんだよねー
経団連って組織はやっぱり屑の集まりなのん?
その辺知りたいんだけど、いい本かサイトとかないん?
時間があれば教えてプリーズ。
Posted by at 2014年05月28日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。