新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月01日

残業代気にする社員はモンスター新人?!

 今回はキャリコネニュースの記事から、このキャリコネニュース、日経新聞の質を悪くして俗化させて、ワクワク成分を多少減らしつつ、左翼っぽいテーストを一部取り入れた感じのネットニュースサイトと言えば分かりやすいだろうか?いや、あんまり分かりやすくないですね・・・。

悪いのは会社か、新人か? 残業代を気にすると「モンスター社員」呼ばわり

旅行代理店が、全社員から「夏休みシーズンの新商品」の企画を募集することになった。採用されると新人でもプロジェクトリーダーになれるというが、そこで新人の1人がこんな質問をしたという。

「企画書を作る時間って、残業代出ますか? あと僕、土日出勤NGなんですけど大丈夫ですか?」
上司は「この流れで、そこ気になるか?」と困惑。番組では「モンスター新人」の項目のひとつとして「残業代が出るか気にする」が挙げられていた。これがネットで拡散し、ツイッターでは番組に対する批判が殺到した。

「すごいな、今の世の中は。残業代気にしたらモンスター扱いだとよ」
「残業代気にすることの何が悪いのか分からん」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1050273?ver=video_q


 まあ、賛成する方の気持ちも反対する方の気持ちも分からなくはないですけどね、特に、残業代が出てるかどうかなんて、後で明細を見れば分かることで、「そこ気になるか?」というのはどうかと思いますが、「いちいちその場で先輩や上司に聞くなよ!!」というのはある程度正論かなと思うわけです。日本人なら適当に空気を読めよ!!っていう。

 それでも、まあこのKYな新人を擁護したい点はあって、何より、現在のデフレ不況では、いつ首切られるかも分からないし、しかも将来給料が上がる保証もないということ。バブルの時代や高度成長期であれば、会社が一生自分の面倒を見てくれると考えて、少々辛かったり、理不尽な要求をされても、「今ここで頑張れば、きっといつか良い思いが出来る!!」と考えて踏ん張ることも出来るかもしれないが、「今頑張ったところで、会社が将来の保証をしてくれるわけでもなければ、今後給料が上がる見込みもない」と思うなら、そりゃあ、「今すぐ残業代を出してくれるの?」と目先の残業代が気になるのは当然と言えるでしょう。

 まして、ものごころついた時期からずっとデフレで、「日本は不景気だー」とか「もっと日本経済は低迷していくぞー」なんてニュースでさんざん聞かされ、年功序列や終身雇用なんて制度があったことすら知らない世代からしてみれば、「なんで、この人たちは当然のことのように残業を押し付けてくるのだろう?」と逆に疑問に思うのではないでしょうか?

 特に小さい会社などに多いと思うですが、はっきり言って企業の側の「雇ってやっている」という意識ほど、従業員をうんざりさせるものはないと私は思っています。そりゃあ、この長期にわたるデフレ不況でどこも経営が厳しいのも確かだし、そんな中で、零細企業が何人も従業員を生活させるのは楽ではないのは確かなのですけど、別に、従業員からしたらそんなことは知ったことではない。

 そもそも、企業の側に、従業員の面倒を一生見てやるという意識もないのだから、従業員もその企業に忠誠を尽くすような気もさらさらなく、他にいい条件で仕事が出来るならいつでもそっちに乗り換えようと考える。会社も従業員を選んでいるが、それと同程度に従業員も企業を選んでいるということは理解しなくてはならないと思う。

 企業が、従業員の面倒を一生みてやるという覚悟をしているからこそ、従業員もその会社に忠誠を誓って、一生懸命働く。それを、封建的だとか、古臭いとか遅れてるとか、そんなことではグローバルな競争に勝ち残れないなどといって、そういった人間と組織との関係性や信頼感をぶち壊していった結果、何が残ったのかといえば、何も残っていない、如いて言うなら、ユニクロの柳井や楽天の三木谷、あるいはワタミの渡邉美樹のような薄っぺらい人間が幅を利かせるような社会が出来上がった。連中は「俺は金持ちだ!!」「優秀なんだ!!」と威張り散らしているが誰も尊敬していない。むしろ、「あいつらはクソだ!!」と思っている。

 昔の日本式の経営をぶち壊して、アメリカ型の経営手法を取りれても、日本には嫌らしい成金しか生まれてこなかった、階級社会ではない日本では、金持ちになっても、誰も上級階級のマナーや品格を備えた人格者になれなかった。ただただ、賎しさと浅ましさだけが前面に出て、「こんな連中の顔など見たくもない」と思わせるような下品な顔つきの連中がビジネス誌の表紙やカラーページに出てくる。なんというか今の日本は日本の悪いところとアメリカの悪いところが絶妙にミックスされた最高に気持ち悪い社会になっているのではないかと思ったりします。


↓カリスマ新作動画です・・・



ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611



↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 04:35 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。