新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年04月26日

元祖ルーピー鳩山由紀夫VS右のルーピー安倍晋三 戦後最悪の首相決定戦?!

 尖閣に安保適用を明記 日米共同声明

 日米共同声明は日中が対立する尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、米国が日米安全保障条約を適用することを明記した。日米がTPPをめぐってギリギリの交渉を続けたため、発表は予定の24日から大幅に遅れ、オバマ米大統領の日本出発直前までずれ込んだ。
(尖閣に安保適用を明記 日米共同声明 http://www.asahi.com/articles/ASG4T3VXZG4TUTFK00P.html


 えー、どうやら、25日正式に共同声明で尖閣が安保の適用範囲であることが発表されたそうです。そして、前回書いたように、一部の保守派の人たちは、まるでこれで尖閣の防衛は確実になったかのように大騒ぎをしています。

 しかし、前回説明したように、別にアメリカは中国が尖閣に攻めてきた時点で中国と軍事的に対抗してくれるなどということは一言も述べていません。

前日の会見での発表は次のとおりです。

1 日米安保条約は日本の施政権が及ぶ範囲に適用する
2 尖閣諸島は日本の施政権の範囲内である
3 尖閣諸島が中国に軍事侵攻されるのは好ましくない
4 日本と中国は平和と安定のため協議すべきだ
5 日本は中国を刺激しないよう気をつけるべきだ
6 尖閣諸島が中国に軍事侵攻された場合、米国は
  中国と戦争するとは限らない
7 日米安保条約に新しい定義など存在しない 従前のままである

この発言のうち、一体どこから尖閣の防衛体制が強化されたなどということが読み取れるでしょうか?このような一連の発言を受けて大喜びしている保守派の人々は本当にノー天気であるように思えます。

 ちなみに、この尖閣の関わる一連の発言を受けて、皮肉にもかの鳩山由紀夫元首相は、次のように実に正しい見解を示しています。

鳩山由紀夫「尖閣が安保条約の適用範囲内なのは前から変わっていない。
そして、別に米国は日本の尖閣領有を認めたわけではない。新しいことは何もない。
なのに、安倍首相がTPPで譲歩してしまうのが怖い。」


ちなみに、鳩山元首相の発言は実にその通りとうなずける内容であり、実際に、この尖閣の防衛問題について触れた日米の共同声明において「TPP合意に向け大胆な措置を講じる決意」を行ったと発表しています。

 単純に言って、米国にとっては尖閣の防衛問題とTPP交渉におけるそれこそ大胆な日本の譲歩はセットであると認識しているでしょう。しかし、問題なのは、アメリカは、それまでの安保条約の内容を確認しただけであり、しかも、その内容も尖閣で日中間で戦闘が起こった際にアメリカが軍事介入してくれるという保証などどこにもない、いわば空手形であるわけです。それに対して、日本がTPPで譲歩すればそれは国際条約で明確に規定され即実行力を有します。つまり率直に言って、これは全くの非対称な駆け引きであったわけです。

 安倍首相は、もしかするなら、TPPで交渉を妥結すれば、尖閣の防衛問題も良い状況へ好転すると考えているかもしれませんが、それはまずないでしょう。その理由を中野剛志さんはある講演の中で次のように説明しています。

 国防の問題とTPPの問題って関係なってなんでわからないかが不思議なんですよね。だってですよ、日米軍事同盟が仮に大事だったんだとしましょう、だけどTPPに参加を日本人が見送ったとしたら、日米軍事同盟に支障をきたしたり、解消されたりするか?それはされないと思うんですよね。

 それはどう考えたって、日米同盟が仮に重要なのなら、これはアメリカにとってアメリカの軍事戦略上固有の意義があるからやってるわけであって、TPPやなんかそういうためじゃなくやってるんですね。どうしてそう思うのかっていうと、これもコモンセンスで簡単で、たとえば自分が一国の指導者アメリカの大統領なり政府高官なりになったとしてですよ、自国の軍隊、兵士にですね、日本の農業市場とか法律市場とか喰いものにしたいので、お前命かけて外国なんだけど日本を守ってやってくれないか?って、こんなこと説得できるわけないじゃないですか。

 それは、兵士、軍人は、私も軍隊なんか、戦争なんかいったことないからわからないけど、コモンセンスで考えればですよ。命をかけて戦うってことなわけですよ。そうだとすると、自分の祖国防衛とか、祖国に対する愛国心や忠誠心が強烈にないと、命かけて戦争なんか行けるわけないわけですよ。そういう軍隊を持ってるのに対してですね、農業市場を喰いものにしたいから、ちょっと外国を守ってくれって、そりゃ一国の指導者は絶対言わない。言うはずがないですよ。

 だから、アメリカは日本にはブラフかけてくるかもしれないですけど、おおっぴらには言わないですよ。そんなことをアメリカの軍隊とか兵士とか国民が知ったら怒りますからね。そんなことがなんでわからないのかっていうとコモンセンスが相当傷んでるんじゃないか?っていうのがありますし、軍事に関してもう一つ加えると、仮にね、たとえば冷戦から20年も経ちましたから、僕もそう思うんですけど、もう日米同盟の固有の意義というのは相当低下していて、アメリカももう力持ちでいる余裕がないので、日本を守る気なんかないと思いますよ。そうするとですよ、アメリカが日本を守る気がないとしたら、今度は逆に、TPPに入ったって守らないですよ。
(8.中野剛志「TPP不参加でも日米軍事同盟に影響はない」 http://www.nicovideo.jp/watch/sm13445033


つまり、簡単に説明すれば、アメリカはTPPとは関係なく、これまでも、これからも、尖閣を守ってくれる保証などない。にも、関わらず、安倍さんは、なにかTPP交渉で譲歩をして締結にこぎつければ、なにかアメリカが尖閣を守ってくれるようになるかのような錯覚を抱いているという意味において、鳩山由紀夫の発言はまさに正しいわけです。

 果たして、安倍首相が文字通り、右のルーピーであるかはわかりませんが、少なくとも、この尖閣とTPPを巡る問題においては、安倍首相よりも鳩山由紀夫の認識の方が的確であると私には思えます。


↓安倍首相の移民問題発言に関する動画を作成しました!!



ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611



↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 02:59 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。