新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年03月23日

中台サービス貿易協定の内容がヤバすぎる件・・・

 どーも、久しぶりの更新です。最近は結構動画作成の方に力を入れていたこともあり、ブログの更新の方は遅くなってしまいました。今現在、ニコニコ動画ではクリエイター奨励システムという制度があり、YouTubeに動画を上げて再生数が増えると広告費が入ってくるように、ニコ動の方でもアップロードした動画の再生数やコメント数やマイリス登録数に応じて現金が入ってくるシステムが導入されました。まあ、調子的には「こんなもんか・・・」といった感じですね。一つの動画を作成するのにおおよそ10分くらいかかっているのですが、大体一つの動画につき100円くらいお金が入ってくる感じです。

 ちなみに、今現在ニコニコ動画の政治カテゴリーでトップクラスの人気を誇るKAZUYAチャンネルのKAZUYA氏は、5分程度の動画をいくつも上げていて、一つの動画で多い時には10万再生ほど再生数が伸びるので、その場合だとYouTubeから1万円、ニコニコ動画から1万円で計2万円ほどお金が入ることになります。なんとなく生放送をやりながら「いーなー、5分の動画一本上げるだけで2万円も入るなんて・・・毎日1本ずつ上げれば、それだけで月収60万円じゃん」とつぶやいてみたら、すかさずコメントで「お前言ってることは、宝くじに当たったら良いなー、と言っているのと同じレベルだ!!」と突っ込まれました・・・まあ、その通りですね、変に「これくらいお金が入ればなー」などと考えずに、とりあえず地道にコツコツやっていきたいと思います・・・。

 ところで、今回の本題は現在立法院の占拠が続いている台湾の中台サービス貿易協定の問題です。事件直後にはほとんど情報がなかったのですが、だんだんとその内容が明らかになってきました。

【緊急拡散】中国が狙う台湾乗っ取り政策「中台協定」の中身がとんでもなくヤバいぞ!!!これまさに「外国人参政権+移民の大量受け入れ政策」そのものだわ…

この一連の騒動の原因となった「中台協定」は、どうヤバいのか?
その詳細について現地メディアの最新情報が投下された。
一言で表すと「外国人参政権+移民の大量受け入れ」
あれ、これって…。

◆その詳細を箇条書きにすると、
・中国人の台湾投資が容易に
・中国人にも健康保険適用
・中国人にもIDカード付与
・IDカードには選挙権が自動的に付与される=外国人参政権
・移民の数は180万人を超えるかも
といった具合。
これ単なる投資協定という枠組みを超えてるぞ…。


◆これまでは主に「経済的な乗っ取り」を危惧されていた。
中国は経済と政治が密接に結びついているから、
経済的な乗っ取りは危険という所までは把握していた。
だが、ここで「経済関係なく政治的に乗っ取れる」事も分かってしまったのだ。
つまり、中国の富裕層だけでなく、貧乏人も大量にやってくると。
最低投資額がいくらなのかは不明だけど、金額によってはヤバい。
「〇〇万元投資すれば台湾の選挙権獲得」と大々的にキャンペーン打ったら
180万人どころか何千万人単位で移民が来る可能性もあるのでは?
そりゃ国会占拠してでも止めないといけないわ…。


◆台湾の馬英九総統は中国共産党の傀儡であることは有名。
台湾でいう総統は、一般的な国家の大統領に位置するため、
日本で言えば「天皇陛下のいない状態で小沢一郎が全権を握った」ようなもの。
全ての国家機関、警察、軍隊、消防も総統の味方。
既に国会を取り囲み、学生を強制退去させる準備も進んでるらしい。


◆さらに目を疑うような書き込みも。
国会を取り囲む警備隊の中には
「本 土 の 人 民 解 放 軍」も含まれるとか。
どういうことだよ…これ事実なら完全に領土侵略状態じゃないか。
ソース無しのため本当かどうかは怪しい。嘘であると信じたい。


◆この件は日本も危機感を持たねばならないと思う。

http://www.news-us.jp/article/392305973.html


 実はASREADの方で、TPPの議論と絡めて、この中台サービス貿易協定の問題に関する記事を書いたのですが、どうやら、TPPや米韓FTAとは比較にならないくらいエグい内容になっているようです。TPPの議論では、ISD条項等に絡めて、「これは主権の問題である」と保守方面では大騒ぎになりましたが、この中台協定に関しては主権の侵害どころか、明確に乗っ取りを目的としています。完全に侵略のための下準備のようなものになっているようですね。

 まあ、ただ、日本も学ぶべきは、密室で秘密裏に行われた協定は、その中身がどうなるかは本当に開けてみるまで分からないということです。かつてTPP推進派の人間たちは、「TPP交渉にとりあえず参加してみて、不利になりそうだったら途中で抜ければいい」などと述べていましたが、そもそもその交渉の中身が分からないのでは抜けるべきかの判断すらつかないのではないでしょうか。米韓FTAでは韓国の国会で催涙弾が投げられました、中台協定では学生団体による立法院の占拠、さて、TPP問題に関して日本ではどうなるでしょうか・・・まあ、せいぜいプラカードを掲げて国会の周りでワーワー騒いで終わりになってしまうような気がしますが・・・

↓動画をいくつかアップロードしたのでよろしくお願いします







ASREADに寄稿しました!!⇒『僕たちは戦後史を知らない―日本の「敗戦」は4回繰り返された』(佐藤健志 著)から考える日本人の戦後精神史 http://asread.info/archives/511




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 14:06 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。