新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年03月05日

なぜ京都大学の哲学科は自殺者数が多いのか?〜人生の生きる意味について考察してみる〜

 最近滝本竜彦作品を読みあさっているのですが、なんとなくこの人の作品を読み続けていると、妙に鬱っぽい気分になります。欝気分のついでになんとなく「死にたい」でネット検索をしてたら(って、おい、大丈夫か俺?/(^o^)\)、京都大学の哲学科の人は異常に自殺率が高いという情報を目にしました。そこでは、「頭が良すぎて『生きてる意味なんてない』っていう結論にいきついちゃうんだってさ...」と書かれていたので、「本当にそうなのか?」と疑問に思ったので、少し考察してみたいと思います。ただ、今回は「生きていることに意味はあるのか?」という根本的な問題については考察しません。あくまで、本当に京都大学の哲学科の人たちが「頭が良すぎて『生きてる意味なんてない』という結論にいきついたから」自殺したのか?という問題について考えます。

 結論から言うと、俺の考えではこれは間違いですね。だって、普通に常識的な感覚で考えてみてください。仮にノーベル賞の中にノーベル哲学賞なるものがあったとして、世界で最高の哲学者にその賞が贈られるとします。そうなれば、おそらくは、人間の生きる意味についてもっとも深く学術的に、論理的に考察しているのは、おそらくその賞の受賞者になりますよね?

 では、例えば、このノーベル哲学賞を受賞した世界で最高の哲学者が、「人生には全く生きている意味が存在しないことが、論理的、数式的に証明されました」という声明を発表し、さらにその論理を誰でも理解できるレベルまで噛み砕いて説明し、世界中で、その論理が発表され、全世界の人間が、「そうだ人生には全く生きている意味はないのだ」という結論に達したとしましょう。果たして、その時、世界中の人間が同時に自殺することなんて有りえますか?それは絶対にありえないでしょう。

 人間は、仮に「論理的人生の生きる意味が全く存在しない」という結論に達したとしても、それが理由ですぐさま自殺することなんてありえないのです。だって、人生に生きている意味がないということと、自殺するということには、実は直接的な論理的な繋がりはないのですから。

 そうなると、京大の哲学科の人が自殺する理由は、他のところにありそうな気がします。まあ、私の考えた結論を簡単に言ってしまうと、「答えの出ない問いについてずっと考えすぎることによって気が狂って自殺した」と、まあそういうことになります。

 2ちゃんねるの有名なコピペで、ナポリタンのコピペというものがあります。内容は次のようなものです

ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……


 いわゆる意味が分かると怖いコピペと呼ばれているもののうちの一つなのですが、実はこれ、なにも意味がないんです(一応、検索すると色々と解説も出てきますが、基本的には全てこじつけであって、本当は意味はありません)。それで、まあこのコピペは、この全く意味のない正解のない問題の答えについて延々と考え続けると気が狂うというということが言われているんですね(これが元ネタで、以後、答えのないナンセンスなのになにか意味ありげなコピペのことはナポリタンと呼ばれています)。

 それで、まあ、要は私が言いたいのは、「人生の生きる意味とはなんなのか?」と延々と考えることは、このナポリタンの答えのないコピペに対して延々謎解きをするようなものなんじゃないかと、そして、ほとんどの人はその問いを前にしたときには、このナポリタンのコピペを目にした時と同じような態度、つまり「もういや、分からないから考えるのはやめよう」と思うのですが、結局、京都大学の哲学科の人たちは、本来どこかで「もういいや」と思うべきであった問いについて止むことなく考えた結果として気が狂ってしまったのではないかと、そのように思うんですね。

 でも、やっぱり人生の生きる意味ってのは、論理的には絶対に導き出せないんですよね。そのあたりは神の存在証明に近い気がします。誰か、昔の哲学者が神の存在について言っていたのは、
「神は理性によって、その存在を証明することは出来ない。しかし、我々は信仰によってその存在を感じ取ることができる」
と。結局、生きる意味というものも、この神の存在証明に近いのではないでしょうか?それは理性によっては証明できないけれど、困難なやりがいのある目標に到達しようと努力しているとき、あるいは愛する仲間やパートナーと素晴らしいひと時を過ごしたとき、あるいは広大な自然や、素晴らしい芸術に触れて思わず感動してしまったとき。このような時に、人は理性ではなく、感性として人生の生きる意味を感じ取るのではないでしょうか?そこで、じゃあ、自然と触れ合うことに意味が有るってどう論理的に証明するのですか?などと問うのはどう考えても野暮な行いでしょう。

 また、世界的な名著である『夜と霧』を書いたフランクルは、『人間とは何かー実存的精神療法』という本の中で、人生の意義について次のように例えています。つまり、豚や牛のような家畜は、自分が何のために生きているのか理解ができない(実際には、人間に食されるために生きている)、そして殺される時にも何のために殺されるのかを理解できない。しかし、家畜を飼う人間との信頼関係によって、牛や豚は自分たちの生と死に意義があるのだと感じ取ると。フランクルは人間も同じようなものだと言うのです。つまり、人間は自分自身では自分の人生の生きる意義を理解することは出来ない。しかし、自分より大きな存在(おそらくは神のことでしょう)は、その存在意義を理解しているし、その大きな存在との信頼関係を構築することによって、人間は自分の人生に意義があるのだと感じ取ることが出来るのだと。

 また、特殊性と普遍性という問題もありますし、多様性の問題もあります。例えば、特殊性と普遍性の問題では、教師の仕事をしているAさんにとっては、教え子たちを立派な大人にするために教育するのが人生の意義目標あり、政治家であるBさんにとっては国民や国家を導いていくという意義目標があり、また宗教家であるCさんにとっては、宗教的な教えを人々に説くことが意義目標であったりするでしょう。しかし、このAさんBさんCさんに共通の普遍的な人生の意義というものを考えるのは困難なのです。もちろん、抽象的にはそれは説明しうるかもしれませんが、具他的な人生の意義は個別的にしか存在しないのです。そして、多様性で言えば、教師であったAさんは家庭に帰れば妻に対しての夫であり、子供に対しては父親であるかもしれません。また友人の中に入ってみれば、そこでの立場というものが存在するでしょう。そして、それぞれの立場において、それぞれの存在意義があるわけです。

 しかし、科学の分野でよくありがちな現象ではありますが、このような具体性、個別性の認識を欠いた状態における、普遍的な生の意義「人生の生きる意味はなんなのか?」という問いは、ほとんど確実にどこかで袋小路に陥ります。それでも、頑張って解答を見つけようとするなら、やはりその人はナポリタンのコピペについて延々考え続ける人と同じで、どこかでどうしても気が狂わざるを得ないのではないでしょうか?私にはそのように思えるのです。


ASREADに寄稿しました!!またまた『ユーザーイリュージョン』をヒントに考えるということについて考えてみました⇒頭が良いとはどういうことか、考えるとはどういうことなのか | ASREAD http://asread.info/archives/490




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 15:02 | 神奈川 ☔ | Comment(30) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お前が頭悪いだけだろ…可哀想な奴。
Posted by at 2014年07月29日 13:55
私は、「人間が生きる意味って何?」という質問自体、訊き方が良くない気がすると、常々思ってます。
ナポリタンのコピペのように、意味ありげだからって、何らかの意味があると決めてかかっても太刀打ち出来ないし、アプローチを変えるべきなんじゃないかと・・・まあそうすると彼らが考えてる事とは全く別物になってしまうかも知れませんが。
Posted by at 2014年09月06日 02:22
読んでてとても勉強になりました。
家畜が家畜よりも大きな存在に利益を与えるための存在意義だとすると、人間は神にどのような利益を与えるためのものなんでしょうか
難しいですね
Posted by aai at 2014年09月17日 15:36
京大に哲学科とかない件
Posted by at 2014年11月11日 23:16
頭わるそう
Posted by 名無し at 2014年11月30日 14:19
確かに人生に「意味」はなさそうですね・・・
それをナポリタンで説明するなんて初めて読みました(^^)
Posted by at 2014年12月17日 23:52
アホかこいつ、人間の生きる意味とナポリタンなんざクソしょうもないレベルのものを同義として語るとか
ほんまもんな馬鹿だな

だいたいナポリタンと同じと語るなれば
人生も結局意味がない存在になっちまうだろうが、お前のいってること全てが馬鹿らしい
Posted by at 2015年01月13日 04:30
>アホかこいつ、人間の生きる意味とナポリタンなんざクソしょうもないレベルのものを同義として語るとか
ほんまもんな馬鹿だな

おもしろいw普通すぎるwそして普通過ぎて思いやりもない。自分は記事を読んで答えの出ない問いについてずっと考えすぎることによって気が狂って自殺したっと言う仮定を立て、だったら哲学者の卵をどう救うか?と言う文脈を感じるので一般人向けじゃないし処方箋としてのナポリタンだと思うしましてや導入部でツッコミとかw馬鹿ぽく見えるけど、これくらいの頭の体操を容認できないほど人生観が固定化してるのね、あなたの思想は小学校低学年の教師向きAの人生がおすすめ
Posted by at 2015年01月14日 11:26
政治的社会的に考えて生きる意味がないという発表に賞を与えられるはずがない
それ以前に、実際にはノーベル哲学賞がないという前提この主張がに否定されてしまう

「もういや、分からないから考えるのはやめよう」というのは哲学そのものを否定することを意味する
哲学者というのは一見答えがないように見えても、どうにか着地点を見つけていく者であり
「答えの出ない問いについてずっと考えすぎることによって気が狂って自殺した」のではなく
「生きることは無意味だ」という結論を出した上で自殺している

>科学の分野でよくありがちな現象ではありますが、このような具体性、個別性の認識を欠いた状態における、普遍的な生の意義「人生の生きる意味はなんなのか?」という問いは、ほとんど確実にどこかで袋小路に陥ります。
本題とは離れるが、このように述べている筆者はそもそも普遍性を考えるという意味を根本的に理解しておらず、
引いては科学的な考え方が欠如していると言える
Posted by at 2015年02月25日 22:22
話は違うけど、カッチャンは安倍をよく批判するけど、
伊藤貫が数年前のch桜で安倍は悪質な外資を日本に入れたがってると指摘してたな。
勿論水豚が安倍擁護を必死にしてたが
後カッチャンは郵貯銀行は無いの?
郵貯とか楽天があればもっと振込み増えると思うよ。
Posted by at 2015年02月26日 08:02
>京都大学の哲学科の人たちが「頭が良すぎて『生きてる意味なんてない』という結論にいきついたから」自殺したのか?

『生きてる意味なんてない』の主語をつけなければ意味のない考察じゃね。「私は」と「人は」等々。
Posted by at 2015年03月08日 20:38
京都大学哲学科の人たちの自殺率が高いというのが事実なのかどうかをまず最初に示さないとお話にならない。
Posted by at 2015年05月03日 23:52
ふらっと立ち寄って気になったのでコメントしますが、他のコメントでもある通り、この文章は論理的でないし、例えや引用も的外れです。

生命、人類レベルでの生きる意味、目的は「次の世代がより生き残る可能性が高くなるような形で生命をつなげる」です。
というより、そういう目的を持った種がより生き残れるので、自然淘汰されてそうなったのです。
答えがでないとか書いてあるので言い切っちゃいます。
普遍的な問いへの答えはそれで終了です。

どちらかというと、個人の生きる意味や目的を見つけるのが難しく、自殺する人が出てくるのだと思います。
Posted by 通りすがり at 2015年05月30日 21:01
 人間が持っているもの、つまり家族や友人や仕事や夢や健康や財産や希望やらといったもの全てを失った、そんな正に全くの丸腰の人間がそれでもなお生きることを余儀なくされた時、或いはそれを自ら選び取った時、生きることについて考えるとしたら、その先に何があるのでしょうか?
Posted by 11 at 2015年06月07日 01:27
ナポリタンなんて答えがないから理屈をくっつけて自分の中で答えとするだと思いますし。生きる意味がないなんて答えにたどり着いても、そんなこと考えたこともないような人が生きてるわけですし、『生きる意味なんてない』同感です。ならなぜ私は生きているのかという理屈を考えるべきではないのか?
Posted by 黒闇の使者 at 2015年08月02日 17:29
ナポリタンなんて答えがないから理屈をくっつけて自分の中で答えとするだと思いますし。生きる意味がないなんて答えにたどり着いても、そんなこと考えたこともないような人が生きてるわけですし、『生きる意味なんてない』同感です。ならなぜ私は生きているのかという理屈を考えるべきではないのか?
Posted by 黒闇の使者 at 2015年08月02日 17:30
Posted by やまもと at 2015年10月07日 16:08
勝手なことばかりつらつら書いてますが、あなたの言ってることも十分論理的でないですね。

気が狂ったから自殺したという考えもまた無理があるんじゃないでしょうか。気が狂った人はみんな自殺するわけではないですよね。哲学者限定で、気が狂ったら自殺するんですか??って話ですよ。みんな同じような気の狂い方をするような問いだったんなら別ですが。そもそもそんな普遍的(哲学者にとって)な問いが存在するならば、気が狂ったからという理由に終着するのはだいぶ早合点ですわ。別に表現の自由を犯すつもりは毛頭ないですが、あなたは安易であるという批評をさせていただきますり

このサイト、自殺志願者もたくさん見に来てると思いますが、正直言ってかなりくだらい横柄な文章ですし、害悪ですよ。
Posted by at 2015年10月07日 16:25
もし頭が良いから自殺するっていうなら理解できる人はほとんどいないでしょうねw
自分も含めて世の中馬鹿ばっかww
Posted by at 2015年10月26日 21:18
なんでこんなブログが検索結果一番上なの??
Google検索アホすぎ
Posted by at 2015年11月29日 19:56
哲学科について論ずる人が99%哲学科卒でないのにいつも違和感を覚えます。
まず入って、授業をうけてから言ってください。
生きる意味なんて授業ではやりません。

憶測でいい加減なことなら誰でも何でもいえるでしょう。
こういう人たちが哲学科への偏見を助長するから大嫌いです。

京大東大一橋六大学卒くらいなら、じみーに出版、政治、宗教法人、政府関係、団体職員、大企業の組合関係に哲学科っていますけど?
Posted by 哲学科卒 at 2015年12月30日 00:10
将来を悲観(哲学科以外には悲観でしょうが哲学科には明確に真理だと思われる見方)して自殺したくなるのでしょう。社会のどの場面を切り取っても奪う人が奪われる人から奪っている。奪われることも開き直って奪うことも嫌悪するならば自殺するか仙人になるしかないですよね。しかし仙人にはなれないので自殺します。いくら嫌悪しても生きているということは奪われるものから奪いつづけていることです。開きなおれたら哲学なんてやってないわ!!って感じでしょうか。
Posted by 哲学科在住 at 2016年01月17日 12:31
他の方が十二分にこの駄文の問題点を指摘されているので、頭が悪いながらに生きる意味を考え見つけ出せなかった自分の考えを書かせていただきます。

人間どんなに幸せに生きたところで終着点は死です。
生前いかなる善行を成し遂げ、死後どれだけ尊ばれ惜しまれようと死んだ後の自分には認識のしようがありません。
幽霊だとか天国だとかナンセンスな世界観を持ち出せば話は変わるかもしれませんが、ファンタジーに手を出すならいくらだってこじつけができます。

人類の行き着く先に意味があるのなら人という種には意味があるのかもしれませんが、自分という個に意味があるとまでは言えません。
むしろ、人類の終着点間際に至るまでただのツナギでしかないんです。
なら、今の自分という意味の無い個に執着する意味がありません。疑問を持ち苦痛を覚えた時点で「死んだ方がマシ」なんて考えが浮かぶのも無理はないことと思います。
今の自分という個がどれだけ苦労し人類を発展させたところで、いまだに終着点が見えないのは容易に想像のつくことです。

まあ、それであるのならばまだ楽なんですが、結局種の繁栄はいつか途絶えてしまうでしょう。
過去のどの生物もそう出そうでしたし、それ以前に人は今現在互いを攻撃しあっています。
今後に素晴らしい種の繁栄と完成があるとは到底思えないのです。
であるならば、やはり人類に待っているのも死という終わりです。

他にも色々と理由はあるのですが、触りを(自分なりに)簡単に説明するならこんなものです。


少しでもご理解いただければ幸いです。
Posted by みそすーぷナポリタンマン at 2016年02月01日 23:12
これはさすがに頭悪すぎた
全くまとをいてない
Posted by at 2016年07月26日 19:08
「哲学は生きる意味について勉強するところじゃない」はちょっと違うでしょ
そもそも、現代を哲学するのに認識論を出す必要があるの?認識論が無効化されたからこそ「生きる目的」を追い求める実存哲学とかポストモダン思想があるんだろ
神を前提としない哲学は断崖絶壁だから自殺者が出てもおかしくなんかない
認識論もひとつの学問領域であることは認める。むしろカントとかデカルトについて詳しい人は尊敬してるけど、社会性が薄いからこういう場所で語るのはお門違い
Posted by at 2016年11月09日 18:23
根本的な部分を見逃している。ノーベル哲学者賞どころかノーベルが作り出したそれらの賞は「人類の発展に役立つ」発見である必要があることに注意する必要がある。
当然ながら、これを前提にすると、「生きる意味など無い」という発見に価値は何らないことになる。何故なら、これは「人類の発展の為に」という「意思」を真っ向から否定するようなものだからだ。
むしろ、「人類発展の為に」誰もが喜んで奴隷になってくれるような言葉を作り出した人にノーベル哲学賞は与えられる。

これらの前提を考慮にいれると、京都大の人間が頭が良くないとは言い切れない。文明の奴隷であることより、理性の奴隷であることを良しとしたのだから、少なくとも俗物的な思想ではないだろう。
Posted by at 2017年11月17日 16:34
表象を取り除いたもので見ると、生きることに意味はない。そもそもこの状態では全てのものに意味はない。
感情で着色することで生きる意味が見つかる。
万人に違う生きる意味があるというのは個々の感情により発生したものだからだ。

争いや、慌ただしさを望まないなら表象や、生きる意味などない方が良く、競争や、活気を望むなら、表象や、生きる意味はある方が良いだろう。
Posted by at 2017年11月17日 16:47
家畜の生きる意味が人間に食べられるためとか言ってる時点で論外すぎる
阿保の典型
たとえ優秀な哲学者が人間に生きる意味ないという結論に辿り着いても、世界中の人々が自殺しないのは(同様に死ぬ意味もないからってのとは関係なく)当たり前
だって「家畜の(略)」レベルの論外思考を平然とできてしまう馬鹿どもには、哲学者の考え何て理解できないから
Posted by at 2018年02月19日 19:43
冒頭部分を読んだだけで頭が悪いのがひしひしと伝わってきました
Posted by at 2018年06月15日 20:07
幸せという感情は所詮体内の伝達物質がもたらす幻。
「人生に生きる意味は無い」で自殺する人とそれでも生きる人は、ただ遺伝的にセロトニン等の分泌量が違うだけ。
Posted by ナッポー at 2020年04月01日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。