新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年02月26日

小説『笑わないセールスマン』第二話〜いっさいの書かれたもののうち、血で書かれたもの〜前編 解説&ネタバレ

 以下、ネタバレになりますので、読んでない方は先にこちらの記事をお読みいただければ幸いです⇒小説『笑わないセールスマン』第二話〜いっさいの書かれたもののうち、血で書かれたもの〜前編http://achichiachi.seesaa.net/article/389532483.html

 今回もネタバレをしてしまうと、この話の元ネタは、俺が以前書いた短編です。

タイトル「ある小説家の物語」 http://achichiachi.seesaa.net/article/77222223.html

 これを書いたのはたしか大学生1年生の時で、当時流行していたmixi日記に載せてました。昔は、そこそこ面白い物語を書けたと思ってたし、仲間内ではそこそこ好評だったのですが、今読むと、あまりにも内容がチープで薄っぺらいと感じますね。「昔がダメだった」とは思わずに、今の自分の方が感性が鋭くなったのだと信じましょう!!そうやってポジティブに考えていかないとやっていけませんねハイ(笑)

 それで、まあ今回はこの文章を大幅に手直ししたんですけど、話の大筋は、ほとんど残して、主人公の心理と内面描写にこだわってみました。昔書いたやつの方が、簡潔で、しかも読み手に色々と想像の余地を残す一方で、今回のは、妙にくどい感じもしますが、まあ私としては、今回のバージョンの方が好きです。というか、いわゆる小説的な表現やレトリックはほとんど使えないので、今のところ、内面描写で色々と頑張るしかないんですね・・・そのへんも上達するように頑張りたいです・゜・(ノД`)・゜・

 大体、登場人物の設定があると、なんとなく、「こういう奴だったら、きっと心の中でこういうことを考えてうだろうな」とか、「もし、俺がこういう立場だったら、こういう精神状態になるだろうな」とか色々考えるので、その分内面描写が多くなるんですよ。でも、やっぱりそうなると当然俺の精神状態が登場人物に反映されるから、やたらとルサンチマンを満たされない精神を抱えた20代の青年か、もしくはアラサー男みたいなキャラばかりになるんです。まあ、基本的には自分の分身ですね・・・w

 なんというか、自分が思ったり、考えたりしてるけど、直接表現すると、どうしてもチープになりがちな子供っぽい想いや、願望を登場人物に代弁させてる感じです。そういう側面が多分にあるんで、できれば、俺のブログの読者の方にはできるだけ、小説とかがあまり好きではない人にも読んで欲しいなと思ってます。社会評論とか、経済分析とか、精神分析と、この小説とかは、一応私の中では表裏一体というか、互いに足りない部分を補うような感じで書いてるんで、最近では、なにか頭の中で考えが思い浮かんだ時には、それをそのまま文章にした方がいいか、物語仕立てにしてみたほうがいいのか?なんて、考えてたりします。なので、まあ根本は一緒なんですね。同じ頭が思いついた考えを、そのまま文章にするか、物語仕立てにするかっていう表現方法の差だけです。


ASREADの記事珍しく結構拡散されてました。こちらもよろしくお願いします!!⇒『橋下大阪市長出直し選挙に見る議会制民主主義の劣化』http://asread.info/archives/468




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 14:31 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。