新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年02月25日

『NHKにようこそ!』(滝本竜彦 大岩ケンヂ)を読んで・・・

 今回は、珍しく漫画のレビューで。『NHKへようこそ!』は昔、小説版と漫画版両方読んだのですが、先日、マンガ版を読み返してみたので、感想を書いてみようと思います。

 前回の記事(『小説家 滝本竜彦について・・・』http://achichiachi.seesaa.net/article/389590610.html)で書いたんですけど、高校を辞めて引きこもってた時期に読んだ引きこもり時代に読んだ、引きこもりを主人公とした小説だったので、読みながら、昔の引きこもり時代のことを強烈に思い出しました。

 何故かよくわからないんですけど、俺は、昔の記憶とか、思い出ってあんまりないんですよ。小学校とか、中学校とかの同級生とかと会って昔話とかすると、俺は全然昔のことを覚えていないのに、友達は色々と「こんなこともあったよなー」とか話したりするので、「あー、そういえばそんなこともあったなー、よく覚えてるな」と思うことが多いんです。

 しかも、高校を辞めて引きこもってた時期なんかは、そんな思い出話をして、昔を思い出すような機会もほとんどないのでほとんど覚えてることってないんです。もしかしたら、あまりにも黒歴史過ぎて脳が積極的に忘れようとしてるのかもしれない(笑)

 漫画は、前半は比較的原作に忠実で、後半は多少アレンジを加えた感じになってました。まあ、いわゆる引き伸ばしってやつなんですかね?俺としては、かなり原作に思い入れがある作品なんで、できれば後半も原作に忠実に描いて欲しかったです。あと、やっぱり残念だったのが、ラストで、結構普通にハッピーエンドを迎えてしまっていて「それはないだろおおおおおおおおお!!!!」と思わず心の中でツッコミを入れてしまいました。

 まあ、あんまり原作の内容も正確に覚えてないんですけど、たしか、結構バッドエンドで、「まあ、なかなか良い事ってないけど、それでもとりあえず生きていこう・・・」みたいな、そんな感じでまとめてた記憶があるんですよね。そういうラストがすごく好きだった。

 あと、まあ漫画版で印象に残ったシーンは、主人公が実家に連れ戻された時に、主人公が親の起きている昼間にずっと寝たふりをしているシーン。なんで、これがそんなに印象的だったのかというと、実は、俺も引きこもり時代に全く同じことをしていたから(笑)うちの親は共働きなんで、二人共仕事に出かけるんですけど、母親は結構出るのが遅い。それで、母親が家から出るまでは、なんとなく気まずくてずっと寝ているふりをしていたのをなんとなく思い出しました。こんなものも、過ぎ去った今となっては良い思い出に・・・ならないですね。多分、あと何十年経っても嫌な思い出として胸に刻まれ続けると思います・・・。

 しかし、ヒロインの岬ちゃんは良いですね。今は、もう手に入らないかもしれませんが、ソフトカバー版の表紙の岬ちゃんが一番好きです。

img_448012_4327940_0.jpg

 あと、やはり読んでいて自分の中で創作意欲が沸いてきました!!俺も頑張って色々と書いてみたいと思います。


ASREADの記事珍しく結構拡散されてました。こちらもよろしくお願いします!!⇒『橋下大阪市長出直し選挙に見る議会制民主主義の劣化』http://asread.info/archives/468




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 22:34 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。