新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年02月20日

雑記・・・

 えー、たまには政治とか経済とか哲学とかのネタじゃなく普通に日記っぽいこともかいてみようかと思ったので、今回は雑記です。思えば、このブログって、俺の個人的なことってほとんど書いていないなぁと思ったので、今回は本当に個人的なことを少々・・・

 先日、好きだった女の子に恋人が出来ました。去年の春頃にSNSで知り合って、それ以降毎週2人でダンスの練習をやってたんですけど、11月くらいから、「すいません、予定が合わなくなってしまって・・・」と言われ、あまり会わなくなって、それで先日LINEをみていたらプロフィール写真が男の人と一緒に写ってるプリクラ画像に変わっていて、「○○ちゃん彼氏できたのー?」とチャットを送ってみたらビンゴ。

 凄く可愛くて、性格も良くて、ダンスも上手くて、いっつも笑顔でニコニコしてる子で大好きだったんですけどね、何気に週1でやるその子とのダンス練習が毎週の楽しみだった。

「やっぱり、もうこれから一緒にダンスの練習とか無理なのかな?」と最後に(未練がましく)チャットを送ってみたものの既読スルー・・・。彼氏と写ってる写真の笑顔が物凄く幸せそうで、もうこれ以上関わっちゃダメなんだなーと思って胸が痛くなりました。

 なんか、俺は昔から、好きな子が出来て仲良くなってくると、毎回、「もう、今後、この子より好きな子は一生現れないだろうな・・・」と思うんですけど、今回も例に漏れず、「もうこの子より好きになる子は一生現れない!!」と思うくらいに好きになってました。つか、もう27だしなぁ・・・マジで、もうこの子より好きになる子は出てこないかも・・・

 先日、内閣府の調査では現在、男性のうち5人に1人は生涯独身になっているそうです。「ああ、俺はもしかしたらこの5人のうちの1人に入るのかもなぁ・・・」などと思うと寂しい気分になりますが、じつはこの調査では生涯未婚率は人口学で50歳時点の未婚率と定められているのです。

 そこで、現在の若者世代の結婚率を計算し直して、現在の20代の若者が50歳になった時点の生涯未婚率を割り出すとなんと男性では35%にも達するとか・・・(『生涯未婚率は男35%、女27%にも:少子化対策無力』http://blogos.com/article/65014/)。

 おお、ここまでくると3人に1人は生涯未婚なわけで、これはもうあまり寂しくもないなと、むしろ逆にポジティブになれるような(笑)「ひとりでいるときの孤独より、群衆に紛れた中で感じる孤独こそが苦しみなのだ」などと言われますけど、これはもう「孤独の中で、孤独を共有することで感じ取る連帯感」と言っても良いのではないでしょうか?(笑)

 まあ、こんな下らないジョークを言ってみたところで、悲しさも寂しさも紛れないので、「むしろここは悲しみと絶望に浸ってみよう・・・」と思い、先日「絶望は死に至る病である」という有名な文句から始まるキルケゴールの『死に至る病』という本を買って読んでみたのですが、これが予想以上に内容が難解で、読んでみてもさっぱり理解できない。

 ああ・・・俺は、文学によってとことんまで絶望を味わうだけの知性もない半端者なのか・・・と別の意味で絶望してしまいました・・・


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『橋下大阪市長出直し選挙に見る議会制民主主義の劣化』http://asread.info/archives/468




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 03:15 | 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

管理人さんのブログをひと通り読むと「好き避け」をされるタイプで、管理人さんを異性として意識してないから普通に明るく振る舞える女性を好きになって、管理人さんが望む結果にならないのではないか、なんて勝手に想像してます。

管理人さんのような人を好む女性は少なくないです。

ただ、管理人さんを好きになる女性は「好き避け」をして、今まで管理人さんが気づかなかっただけのように思います。

管理人さんが気づけば、上質な物語を創れるはずです。

マクロはご夫婦&ご家族が幸せになって、周囲に幸せの乗数効果を及ぼします。

ミクロでは、彼女の言葉にならない感情を読み取り、二人の絆が深まります。

そこには数値化されない信頼感と絆があり、決して「マクド化」されない関係があるはずです。

「日本破滅論」…題名だけを見れば読み手を愚弄してるとしか思えない良書を参考にしてコメントしました。
Posted by スマホペン太 at 2014年02月20日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。