新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年01月22日

『国民の道徳』(著 西部邁)を読んで・・・

 以前、この『国民の道徳』という本の前半部分を読んだ時点で、ASREADの方に『「命が一番大事」という価値観は人間をニヒリストにする』(http://asread.info/archives/299)という文章を寄稿したのですが、この本の最終章「生死観が道徳を鍛える」では、もろにこの問題が主題となっていました。

 生き延びること以上に大事なことはないと構えたとたんに、生命は一切の価値を打ち砕く石臼に変じたのである。それもそのはず、延命のために卑劣も狡猾も、横柄も野蛮も、臆病も怯懦も、裏切りも背信も、卑屈も服従も必要になることが多い。自分がそのような人間にすぎないと内心で思っているものが、どうして明朗闊達に振る舞えるであろうか。(中略)
 自己の存在意義が軽信されてしまえば、自己が生命として存在しつづけること、それが価値の最高峰に立つことになる。だから、この生命至上主義をどう始末するかは、現代日本の思想的混迷を解く鍵となりうる。もちろん、生命という手段がなければ人間の生の目的もまた意味をなさない。しかし生命はあくまで手段価値を持つにすぎず、生命に目的価値はないのである。(P 651)


 本来、生命はあくまで手段価値であり、生命に目的価値はないにも関わらず、現代日本においては生命を至上の価値としてしまった(例えば、「人命は地球より重い」等の倒錯した表現がそれを端的に表しています)ところに、もしかしたら現代の思想における最初のボタンのかけ違えがあったのかもしれません。

 しかし、これは当然でしょう。仮に、誰かに「あなたは何のために生きるのですか?」と問うた時に、生命至上主義的な価値観においては、「生きるため」としか答えようがありません。生きていくことの最高の価値、目的が「ただ生きるため」であるとするなら、おそらくはこれほど虚しい生はほとんど他に考えられないのではないでしょうか?西部さんは、生命至上主義的な価値観は、どこかの時点で必ず生命軽視の価値観へと転じざるを得ないと書いていますが、上記のような思考プロセスにより、生命至上主義の価値観が生をこれほどまでに虚しいものとするのであれば、やはりこのような価値観が、結果的に生命軽視の価値観へと転倒することはやはり私には必然であるように思えます。


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『どうして日本の行政改革は進まないのか?』http://asread.info/archives/395




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 23:23 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。