新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年01月06日

宇都宮健児ヤバイだろ・・・

毎日新聞 2013年12月28日 07時00分

猪瀬直樹氏の辞職に伴う東京都知事選(来年1月23日告示、2月9日投開票)に、
前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(67)が無所属で立候補する意向を固めた。
28日の市民団体の集会で出馬表明する。
次点だった前回2012年に続く挑戦で、
特定秘密保護法制定など安倍政権の姿勢を批判しつつ、脱原発や格差是正を訴える。
五輪は無駄を省いて準備を進めるとしている。

宇都宮氏は、毎日新聞の取材に
「安倍政権の暴走を止め強権的な政策を改めさせたい。
 (出馬表明をあえて遅らせる)後出しジャンケンはせずに、一刻も早く有権者に政策を訴える。
 28日に(立候補を)言うことになる」と話した。


 おいおい、「安倍政権の暴走を止め強権的な政策を改めさせたい。」って・・・。一体この人物は「東京都知事」の役職と責務、出来ることと出来ないことを理解しているのだろうか?ついでに脱原発に関しても、現在、東京には原発なんて一つもないし、今後もまずもって東京都内に原発が作られることなんてありえないのだが、一体に何を考えてるのか。それから周りにいる人たちは、このような見当はずれな発言に対して何も言わないのでしょうか?

 これらの発言を受けて、私は思わずオルテガの『大衆の反逆』の一番最初の文章を思い出してしまいました。

 ヨーロッパ人の現在の社会生活のなかには、よかれあしかれ、なによりも重要な事実が一つある。その事実とは、大衆が社会的勢力の中枢に躍りでたことである。本来言葉の意味からいって、大衆はみずからの生存を管理するべきではないし、また、そんなことはできない。まして、社会を支配するなどは問題外である。だから、右の(先の)事実は、民族、国家、文化が忍びうるかぎりの深刻な危機に、ヨーロッパが現にさらされていることを意味する。しかし、この危機は、歴史の中で一度ならず生じたのである。その特徴と結果は、わかっている。その名もまた、知られている。それは、大衆の反逆と呼ばれる。

 それまでは、言論あるいは、選挙権という形で専門的な分野に影響を及ぼしてきた大衆が、とうとう被選挙権を行使し直接的にその影響力を行使しようとしてきたのか、あるいはもはやエリートなどというものは、この国から綺麗さっぱりいなくなり、残った大衆人が、この本来エリートが立つべき地位に就こうと企てているのか・・・。

 それにしても、仮にも人口1300万人の都市の知事に立候補しようというのであれば、最低でも都知事にはどんな権限が与えられていて、何が出来て、何が出来ないのか?くらいは勉強しておくべきではないのでしょうか。それとも、政治に関する一切の専門知識を有せずとも、都政の運営くらい簡単に出来ると思えるくらいにこの国における政治の地位は転落しているのでしょうか?

 オルテガは、大衆の代表として専門人を挙げていますが、この宇都宮健児もまさに弁護士という法律の問題に関する専門人です(そういえば、西の方にも弁護士兼おバカタレント出身の首長がいたような・・・)。それから、おそらくは、この宇都宮健児の主張している政治的発言もおおよそ弁護士会の間で共有する一種のイデオロギーなのでしょう、法律の専門家で政治にはまったく無知であり、その上、特定の政治団体ないの妙な政治的左翼的イデオロギーに凝り固まった人物が、今後、オリンピックやあるいは来るべき大地震への対策といった様々な難しい課題に現実的に対応していけるのは非常に疑問です。というよりも、オルテガに言わせれば、「問題外」ということでしょう。

 宇都宮健児氏は、「秘密情報保護法が日本の民主主義を殺す」というようなことを述べているようですが、どうでしょう?私には、このような典型的な大衆人が社会的勢力の、もっと端的に言えば政治の世界の中枢に躍りでてくることそれ自体のほうが余程民主主義の機能停止なのではないかと思えてなりません。


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『アベノミクスで所得が増えない理由とは』http://asread.info/archives/338




↓応援よろしくお願いします


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 23:50 | 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京都知事になるということは、東電の株主になるということでもある。
1300万人口と企業のエネルギー供給を考えるのも都知事の仕事。
原発問題に言及しても何らおかしなところはない。
安倍政権の暴走は止めることはできないが、直近の首都の主張を決める選挙で、非自民系が当選すれば
安倍政権にとっては、プレッシャーになるだろう。

大衆的であるから、政治の場に出てほしくないとあるが、大衆的では何故行けないのか?
もしかしたら、青島幸男の時代から、大衆が支配してきた都制には最もふさわしいのではないか?
発言をかいつまんで否定するだけじゃ記事として面白く無いですよ。
彼の経歴や人物像をしっかり見てから批判されたはいかがか?
こんな経歴で、こんな思想だから、都知事に相応しくない。
そのような記事を期待しております。
Posted by at 2014年01月07日 00:03
>大衆的では何故行けないのか?(ママ)

カツトシさんが言っている「大衆」というのは国語辞典的な意味ではなく思想用語としてのものなんですよ。ブーワードとして使用しているわけです。
あなたが思い描いている「一般市民」というような意味でも「身分階級」的な意味でもありません。
オルテガなり西部邁なりを一読することをお勧めします。
Posted by at 2014年01月07日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。