新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年01月01日

明けましておめでとうございます\(*^▽^*)/

 どうも、皆様新年明けましておめでとうございます(。´∇`)

 本日、私の愛読してるメールマガジン『三橋貴明の「新」日本経済新聞』で新年一発目の記事が掲載されていましたが、執筆者も、これまた私の大好きな東田剛さんの記事でした。話題は、予想通り靖国参拝についてです。

やはり、現段階では、(今回の靖国参拝の)是非を判断するには時期尚早と言うべきでしょう。

ただ、どうしても気になる点が三つあります。(中略)

三つ目。
総理は、靖国参拝に対する批判に対して、「戦場で散っていった方々のために、冥福を祈り、手を合わす。世界共通のリーダーの姿勢だろう」と述べました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000106-jij-pol

しかし、「冥福を祈り、手を合わす」のは、仏教でやることです。世界共通のリーダーの姿勢ではないのはもちろん、靖国神社も、戦死者の冥福を祈り、手を合わすべき場所ではありません。

靖国神社は「(日本)国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝える」ための場所です。

http://www.yasukuni.or.jp/history/index.html

そして、英霊を慰めるとは、「日本を守るために、よくぞ敵と戦ってくださいました。私も、日本を守るために戦う覚悟です」と誓うことだと私は思います。
単に冥福を祈るのとは、訳が違うのです。

ですから、かつて日本軍と戦い、現在も日本から領土を奪おうと軍拡に励んでいる中国が猛反発するのは、理不尽でも何でもなく、至極当然のことです(その点、韓国は微妙ですが・・・)。

靖国神社とは、そうした猛反発を覚悟して行かなければならない場所だということです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/01/01/korekiyo-77/


 私も、安倍首相の参拝後にこちらのブログで今回の靖国参拝の是非について論じたのですが(『安倍首相の靖国神社参拝について・・・』http://achichiachi.seesaa.net/article/383632228.html)、特に

 靖国神社に祀られている英霊達は、言うまでもなく、日本のために自ら武器を持って戦った人たちでしょう。これらの人たちに向かって「二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作るとの誓い」をたてにいくというのは、一体、どのような了見なのでしょうか、普通に考えれば、このように国家のために立派に戦って死んでいった人たちに誓を立てるとするならば、それは「二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作る」との誓ではなく、「再び日本が危機に陥ったときは、我々も必ず立派に戦い抜き日本をこれからも守っていく」と誓うのではないでしょうか?素直に解釈するならば、靖国神社に参拝に行ったにもかかわらず、この安倍首相の発言は、ほとんど英霊に対する否定の発言ではないでしょうか?

という箇所に関しては、東田さんとほとんど同じ見解なのではないかと思います。

私のこちらの記事に関しては、とある方に、ツイッターで

己の言葉が中野・東田氏と同じになれば満足のかしらねぇ(笑 虚しくならないのかねぇ(笑笑

などと皮肉られてはいましたが、まあ、実際にこの問題についてしっかりと考えてみれば、やはりこういった見解になるのが妥当なのではないかと思います。

 また、この方は、

AKC包囲網の中、予想された反応を示すAKC連中のなかで、安倍ちゃんは頑張ってるでしょ。こんだけ厳しい状況のなかで参拝して「再び日本が危機に陥ったときは、我々も必ず立派に戦い抜き日本をこれからも守っていく」って言葉を求めるなんて、妄想もいい加減にしてもらいたいもんだね(笑

とも書いていますが、別に妄想どうの以前に、本来あるべきべき論を語ることは可能であるし、必要であるでしょう。保守派の人たちの中には、「最終的には天皇陛下が靖国参拝できるように努力すべきだ」と述べている人もいますが、そのようなべき論に関しても、いい加減な妄想として切り捨てるのでしょうか?安倍首相は「戦場で散っていった方々のために、冥福を祈り、手を合わす。世界共通のリーダーの姿勢だろう」と述べていますが、(この言葉の是非は別にして)これを文字通りに解釈するなら、べき論としては天皇陛下が靖国神社に参拝できるよう努力するのは当然のことと言えるのではないでしょうか。

不戦の誓いを穿った見方しかできず、さも己も中野氏なんかと同じ知性を持ち合わせてるかのように、一国の首相を自己の脳内で理解できると信じこみ、安倍ちゃんはアベコベだーっ、とね(笑 おたくさんみたいな人間に本心を見られてしまうなんて、そりゃ一国の宰相なんて務まるわけないジャン(爆

 また、このようにも書いていますが、仮に安倍首相の脳内を理解できないとしても、安倍首相の行動と発言に批判を加えることは可能なわけです。そもそもある人物の脳内を全て理解しなければ批判してはならないなどというルールが存在するとするなら、政治家に対する批判はもちろんのこと、泥棒や殺人者に対してすら批判することは不可能になるでしょう。果たして誰が、地下鉄サリン事件の首謀者の麻原や、アキバの無差別殺人事件の加藤の脳内など理解できるでしょうか?特定の人物の本心を見抜き脳内を理解できなければ批判してはいけないなどという主張自体は私にはまったくもって意味不明です。

最後に、

日本のおかれた現状や周辺諸国と親ビンの米帝に国内情勢、このようなことを認識し理解しても、「何かあったときは戦うよーん」なんて言えるの? 仮に安倍ちゃんがそう思ってたとしても、首相一人の自己満足のために国内外を一気に不安定化して、あっという間に安倍ちゃんみずから政権崩壊っとね(爆

このような発言に関しては、東田剛さんの「靖国神社とは、そうした猛反発を覚悟して行かなければならない場所だということです。」という発言を引用するだけで十分でしょう。周辺諸国との緊張関係が高まっている状況で靖国神社に参拝するということは、それだけの危険が発生しうる行為であり、それが嫌であれば参拝を避けるのが無難な選択なワケです。


ASREADに今年よく読まれた記事のトップ15が発表されました!!去年の10月からスタートしたばかりの新しいメディアですが、今年はもっと頑張ってより良いサイトにしていきたいと思います!!⇒『2013年によく読まれた記事15個』http://asread.info/archives/327




↓応援よろしくお願いします


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 11:49 | 神奈川 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年も面白い記事、楽しみにしております。
ところで私が靖国参拝の件に対してコメントした
「アメリカに失望されて安倍総理は内心驚いているのではないでしょうかねえ。」という部分に関しては、実際のところアメリカが事前にけん制してきたにもかかわらず参拝した という可能性もあったようですね(新幹線内のニュースで見ました)。訂正いたします。
Posted by 名無しさん at 2014年01月02日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。