新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2013年12月13日

市場原理主義は正しいのか?そのA

 前回に引き続き、コメントで色々な意見が書き込まれていますので、それについて答えていきたいと思います。

 今回取り上げるのは、こちらの記事に対するコメント
『市場原理主義は正しいのか?』 http://achichiachi.seesaa.net/article/382530295.html

 私が批判しているのは、「国民を平等にしてやるのだ、正しい方向に"善導"してやるのだ」と称して規制や重税搾取を行い、官僚や政治家がとうてい平等でも公平でもない富を得、権力を集中させていることです。

新興ブルジョアジーが儲ける事を批判しながら、官僚・医者・土建屋・政治家・東電など旧勢力と庶民の格差・搾取関係はスルーしようと言うのなら、規制や再分配の推進論は、「民間勢力の金持ちが儲けることが気に入らない」という個人的な嫉妬の表明にすぎません。


能力によって格差が決まる市場原理主義のほうが、身分によって格差が決まる官僚社会主義よりマシでしょう。


 まあ、本来なら取り上げる価値すらないように思える全く見当はずれな批判ではあるのですが、あえて一言二言答えてみようと思いますil||li(* =д=)il||li

 まず、第一に日本は身分制度ではないということ、コメント者は旧勢力の代表として官僚・医者・土建屋・政治家・東電を挙げていますが、驚くべきことにこのうちのどれ一つとして特別な身分でなければなることの出来ない職業の人間がいないというのが面白いです。つまり、最初から的外れな批判。もし仮に、これらの人たちがそれほど羨ましいのであれば、普通に頑張って勉強して公務員試験に受かるなり、大学の医学部に入学するなりすればいいのではないでしょうか?

 それから、
>官僚や政治家がとうてい平等でも公平でもない富を得、権力を集中させていることです。
とありますが、すこし考えればわかるように、菅や野田のような元首相よりホリエモンやひろゆきの方がよほど金を持ってるでしょう。もちろん、鳩山由紀夫や麻生氏のような政治家はホリエモンより金持ちかもしれませんが、こちらは別に政治家であることによって不当な利益を得ているわけでもなく、普通にビジネスで得た利益によって金を持っているだけなので、「政治家がビジネスマンより稼いでるのは許せん」という批判は、やはりこちらでも当たらないように思えます。

「反市場原理」を主張する再分配規制強化派(官僚派)は、格差が悪いと言いながら、何倍までの所得・資産差なら良いのかも定義できません。「悪質な金儲けが悪い」というなら、どのような職種や経営形態が「悪」なのか、明確に定義できるはずです。
明確な定義も無しに「金儲けは悪だ」「競争は悪だ」と言えば、共産主義と認定されるのは当然です。


 こちらの批判もやはり的はずれであって、仮に、「悪質な金儲け」の基準を形式的、数量的にはっきりと定義するのであれば、それこそ悪しき官僚主義というものでしょう。「官僚や官僚的なシステムが悪い!!」と叫びながら、一方で、「取り締まるべき悪しきビジネスを形式的、数量的に定義付けた上で、罰則を設けなければアンフェアだ」などというのは、ほとんど私には分裂病か精神錯乱であるように思えます。

 とはいえ、現在の富の不平等を示す数量的なデータは実際に存在します。

米国最富裕層が国民収入の19%

 貧富の格差が拡大する米国で、上位1%の最富裕層の収入が2012年には国民全体の19%を超し、大恐慌前年の1928年以来最大の割合となったことが11日までに判明した。上位10%の収入は全体の48・2%を占めた。AP通信が米カリフォルニア大バークリー校などの分析として報じた。

 投資による利得に課税する資本利得税の増税を前に、最富裕層が駆け込みで株式などを売却したことが一因。12年は最富裕層の収入が20%増加したのに対し、国民の99%は収入が1%しか増えず、格差が一層鮮明になった。

 同年に上位1%を占めた最富裕層の年収は39万4000ドル(約3900万円)超で、上位10%の富裕層は年収11万4千ドル超。

 最富裕層は、07年から09年までの金融危機と株価下落の直撃を受け、収入が約36%減少したが、09年6月以降は景気回復の恩恵をほぼ独占的に享受し、収入増加分の約95%を手にした。(共同)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20130912-1188009.html


 アメリカは、リーマンショック後大規模な金融緩和と財政出動を行い、景気の下支えを行いましたが、結果として株価は史上最高値を更新し続けましたが、一方で失業率や労働者の賃金はさほど回復せず、株式バブルと不況が同時発生するという奇妙な自体に陥りました、そしてその状況は現在も継続しています。様々な理由が存在するとは思いますが、この理由の一つは明らかに富の不均衡、特に富裕層が莫大な富を保有しながら、実体経済の回復が遅いために、それらの富を設備投資に回すのではなく、上がり続ける株式などの投機に回されるためだと思われます。結果、さらに株価が上昇し、株式投資にお金が回る中で、実体経済はいつまでも回復しないという悪循環に陥っています。

 もちろん、政治家や官僚が強権的に全ての富の分配を決定するような計画経済は間違っていますが、先のような現象を見る限り、自由放任の富の分配が、深刻な悪循環が発生していることは明らかであり、これを放置しても改善がみられらないであろうという予測のもと(というより、むしろ現在の状況自体が、すでにそれを放置した結果なのでありますが)、適切なレベルで再分配を行うことは正当化しうる、どころか、むしろ経済の正常化のためには必須であるように思われます。

ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『お金や異性以上の価値とは何か?』http://asread.info/archives/221




↓応援よろしくお願いします


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:09 | 神奈川 ☀ | Comment(18) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、「格差がある」というのはそれ自体不公平でも不正義でもない。例えばエジソン・イチロー・ゲイツと、フリーター・単純労働者・行商人がいたとして、前者の所得が後者の100000倍だとしても、それを不正義だと喚く者は現代社会において少数派でしょう。おそらく、その格差批判は嫉妬の表明と受け止められるだろう!(エジソンやゲイツが底辺フリーターの10倍しか取り分を認められないなら、彼らは仕事を他国に移転するだろう。)

現代社会で格差や莫大な所得・富への批判があるとすれば、それは富裕であることそれ事態への批判ではなく、「如何にして富を得たか」という儲けの過程への批判なのだ。

この点、旧勢力としてあげられた官僚・土建屋・開業医・東電・政治家の「儲け方」の様態は、「税金を強制的に取り上げて、それを原資として高所得を得ている」と言えましょう。つまり、世間様に評価されて、物やサービスを自由で透明な市場で提供した対価ではなく、権力で毟り取る。これが彼ら旧勢力が軽蔑され憎悪される所以である。

市場で決まった対価を所得とするのが良いのか、権力によって決められた取り分を所得とするのが良いのか。これは資本主義と社会主義の価値観の相違です。


また、筆者は天下り官僚ら旧勢力が「儲けている」ことの弁明を行っていない。ホリエモンより質素だというのは弁明にならない。

なぜなら、旧勢力への税金での(規制や徴税による)所得分配は、筆者によれば、資本主義の格差や金儲けの弊害を是正するとの大義名分を掲げて行われているからだ。

格差や金儲けを糺すと称しているのに、旧勢力自身が金儲けを行い経済的勝ち組になっているなら、ブーメランが刺さっていることになる。矛盾している。
Posted by at 2013年12月13日 20:19
>これらの人たちがそれほど羨ましいのであれば、普通に頑張って勉強して公務員試験に受かるなり、大学の医学部に入学するなりすればいいのではないでしょうか?

それなら、経団連会長や米国の富裕層やホリエモンも「身分」で儲けているのではないのですから、米国富裕層が金儲けしていると妬むくらいなら、頑張って金持ちになったらいいのでは。
Posted by at 2013年12月13日 20:22
管理人さんも大変ですなあ。
管理人さんは「格差があるのはいけない」と主張しているのではなく、格差が許容できる範囲を超えているから、適度な富の分配が必要なのではないか と主張していることに留意しましょう。
 例として挙がっているイチロー選手とて道具として使うバット、スパイク、グラブを職人さんが作り、怪我をすれば整形外科医が診、米国へ渡るには航空企業、パイロット、整備員、石油コンビナートやその従業員も必要であり、普段の生活を成り立たせるには電気ガス水道下水道の保守管理点検をする人、食料を提供する人が必要であり、 そもそも野球に興味を持ってくれるファン、などなど他人の支えなしに生きていくことは不可能です。だとすれば、イチロー選手が得た富は、彼一人の能力によるものではなく陰で支えている多くの方々の賜物でもある という事ですよね。
 これはイチロー選手に限った話ではなく、人間社会に生きている以上誰でも同じことです。 ならば、格差が許容できる範囲を超えているならば(どこまでが許容できる範囲かといえば人それぞれ考え方はあるでしょうが、国民が将来設計すらままならない という今の状態は不健全ではないでしょうか)、適度にそれを再分配するのはごく自然な考えだと思いますが。
Posted by 名無しさん at 2013年12月13日 21:18
>例として挙がっているイチロー選手とて道具として使うバット、スパイク、グラブを職人さんが作り、怪我をすれば整形外科医が診、(略

上記の職人や整形外科医などは、既に各自の業務の対価をイチローから受け取っている。イチローがバットを買う時に払った代金、整形外科を受診し治療された時に払った診療報酬などがそれだ。

既に互いに自由意思のもと合意して、納得して、職人・整形外科医・パイロット・ガス電気屋などは代金を受け取っているのであり、それにプラスしてイチローの成功報酬を分配せよというのは、報酬の二重取り。卑怯だ。

また、ファンについて言えば、彼等も納得して観戦料を払っているし、テレビを観ている。納得できないなら、観なければいい。


>格差が許容できる範囲を超えているならば(どこまでが許容できる範囲かといえば人それぞれ考え方はあるでしょうが

↑だから、許せない格差を定量的に言えと指摘している。何となく格差が嫌だ、富裕層ブルジョア許せん!というのは紅衛兵やスターリンと同じ。
そもそも、日本は格差が小さな国。欧州では貧民と金持ちでは言語さえ通じない(いわゆる福祉国家でも階級格差は凄いよ)。これで日本は格差社会なんでしょうか?

むしろ、他のアジア・欧州・米大陸・オセアニア・ユーラシア・アフリカの諸国家に比べて、格差が無さすぎる。悪平等だ。こんなに格差が少なく、努力した秀才もバカで怠惰なクズも平等なら、ヤル気が無くなる。

勤労意欲を高めるために減税して福祉と公共事業と公務員と診療報酬を半減して格差を増やすべき。

でないと、怠け者が税金で贅沢し、頑張って稼いだ者がバカを見る。社会主義反対。ナマポ利権・公務員利権・弱者利権・ドカタ利権反対。自己責任と自由と勤労を尊重しよう。



働かざるもの、食うべからずだ。
Posted by at 2013年12月14日 13:16
再分配をすれば努力して自立しようとするヤル気が無くなる。

怠惰や無能には、貧困という罰を与えなければならない。

優秀な富裕層の勤労意欲を無くせば、経済衰退する。
Posted by at 2013年12月14日 14:45
不思議なことに、財政支出を増やせば増やすほど階級の格差が増えていったんですよ欧州は。

筆者は、短絡的な弱者救済を主張することで、逆に階級の分断と格差の拡大を行おうとしていることになる。
Posted by at 2013年12月14日 14:48
なんだかつける薬がないという感じ、ちょっと規制を強化したほうが良いと主張するだけで共産主義化、紅衛兵、スターリンと同じだなどと極端なレッテル貼りをしてくる、そして弱者は怠け者だというレッテル貼りをして、だから貧しくて当然だという、怠け者の定義は?
私も働きもせずパチンコ屋に通うような人間は怠け者であり、貧困にあえいでも自業自得だと考えますが、弱者と怠け者を並列して記述していることかとらは単に被雇用者、下請け企業という客観的な立場にあるだけの者を怠け者だからそうなったかのように印象操作しようという意図、もしくは自分のエゴを肯定するための自己欺瞞に陥っていると感じます。
そして社会の歪みを官僚や政治家、土建業者、医者といった既得権者のせいにして、自分がそれらとまったく同じ搾取をしようとしていることから目を逸らそうとしています、搾取される側から見ればこういう人たちも十分に既得権者なのですが。
あいつらがやっているんだから自分がやることにも文句を言うなというのが本音なのでしょう。

私が批判するのはその人が創造した付加価値に見合うだけの報酬を与えずに、適切な分を超えて自分だけが儲けることであり、「自分」は頑張ったから報われなければいけないとあくまで自分しかそこに存在しない他者の存在を顧みない思考回路です、他者の頑張りにも報いるという発想が全く見えないことです。
自分の会社が末端の従業員も禄に食わせることができない程度の付加価値しか創造できないのに「頑張った」「報われたい」などとは言ってほしくはありません。

許せない格差を定量的に指摘しろという人は、では自分のビジネスで生み出した付加価値に基づく報酬を、そのビジネスに参加した人に分配する根拠を定量的に説明することができるのでしょうか、本当は強者の立ち位置にある自分が全てを決定したい、弱者の立ち位置にある他者に支払う報酬が適切かどうかも自分の腹ひとつが判断する唯一の根拠にしたいが本音でしょう、そして自分が自分に見合う以上の報酬を得ることを正当化する理屈が欲しいのでしょうが、そんなものはありません。

互いに自由意思のもと合意してそれを行うなどということは相互が共依存の関係に保たれているから可能なのであって、経営者と従業員、元受と下請けの関係にそれがあるように言うことは欺瞞といわざるを得ません。
従業員が待遇改善を求めれば「嫌なら辞めて転職しろ」と転職先などないことを承知の上で言われるだけなのが現状です、これが労働の希少価値が高かったバブル期なら会社は辞められないためにどんな我侭な要求も呑んだものでしたが、これから判ることは経営者と従業員または元受と下請けの間に交わされる合意というものは、最適な解に近づくことを目指してなされるものではなくて、単にその時の経済状況とそれによる両者の力関係が決定するに過ぎないということです、自由意志でも何でもありません。

国による適切な規制がなく強者に弱者に対する裁量権をゆだねられすぎると、行き着く先は李氏朝鮮、支配層が被支配層から死なない程度を残して全て剥ぎ取るような社会になるでしょう。
そうすると人々は馬鹿らしくなって最小限しか働かなくなり、李氏朝鮮では国は荒れ果て技術は退行し、縫針も染物も水車も樽も車輪も、木を曲げる技術さえ500年間のうちに失われてしまいました。
ですから国は経済成長させることを放棄するわけにはいかないのです、規制を強化するか自由競争を促進するかも全てこの大目標に適うかどうかで判断されます。
そしてこの20年に及ぶ壮大な「社会実験」によって自由競争促進の政策のもとでは経済は停滞し続け国民の不幸は増大しました、自由競争促進がこの大目標に適うものではないことがはっきりと見えてきています。

日本のような民主主義国家の最大目標は国全体を富ませることによって国民を幸福にすることです、経済政策はそれを最大限に実現することを目指して採られます。
頑張った人に報いるということもそのための方策のひとつ以上のものではありません、極端なことをいえば頑張った人に報いることがそれを阻害するなら国はその人に冷たくなり「怠け者を甘やかすこと」がそれに貢献するなら国はそうするでしょう、それでやる気がなくなる、気に食わない、ならどうぞ貴方が気に入る政策を採る国で存分にビジネスをして下さいという他ありません。
あれ、何処かで聞いたセリフ?
Posted by at 2013年12月14日 15:21
>なんだかつける薬がないという感じ、ちょっと規制を強化したほうが良いと主張するだけで共産主義化、紅衛兵、スターリンと同じだなどと極端なレッテル貼りをしてくる

今まで独占・官僚主義・共産主義的だった電力を、少しばかり競争させようとしただけで「新自由主義」だとレッテルを貼る輩もいるじゃないですか。

少しばかり競争させることが新自由主義なら、全世界が新自由主義ですかw
Posted by at 2013年12月14日 19:56
>経済政策はそれを最大限に実現することを目指して採られます。
頑張った人に報いるということもそのための方策のひとつ以上のものではありません、極端なことをいえば頑張った人に報いることがそれを阻害するなら国はその人に冷たくなり「怠け者を甘やかすこと」がそれに貢献するなら国はそうするでしょう


では、勤勉で有能な者に報いるべきという日本古来の「勤労の美徳」は、どうなるのでしょうか。

経済政策という官僚社会主義のためなら、バラマキをやって、勤勉な国民を搾取して、怠惰かつ無能な輩を甘やかして良いと?

経済のためなら、勤労・倹約・正直といった日本の道徳は捨てろと。

あなたこそ「守銭奴」じゃないですか!
Posted by at 2013年12月14日 19:59
>「新自由主義」だとレッテルを貼る輩もいるじゃないですか
その人に言ってくれませんか?

>日本古来の「勤労の美徳」
ですから自分に見合う以上の報酬を他者から奪ってまで得ようとすることのどこが勤労の美徳なんですか?

>経済のためなら、勤労・倹約・正直といった日本の道徳は捨てろと。
あなたこそ「守銭奴」じゃないですか!
貴方が搾取をしようとしている「弱者」にはその美徳は無いからそうするということですか、本当にそうですか、自分の利己主義を正当化するのに都合が良いからそういうことにしておきたいだけではないですか?そういう態度を守銭奴と呼ぶのです。
私は自らが創造した付加価値に見合うだけの報酬を得ることは正しいことと言ってるだけですが、それがどうして守銭奴になるのですか?
守銭奴がそうではない他人を守銭奴呼ばわりするからつける薬もないというのです。
Posted by at 2013年12月14日 22:00
日本古来の美徳が現代にはそぐわない部分はあります、わかりやすい例が大震災直後に流布した自粛ムードですね。
しかしそれは却って被災地にダメージを与えるということが判ってすぐに否定されました。
このように日本古来からの美徳とされていたこともずっと変わらないものではなく、美徳が目的とするものの実現に向かって少しずつ変更が加えられたり、その時代の要請にあわせたりと不断のメンテナンスが加えられているものです、当たり前です。
また最初から極端な例といって挙げていることに、極端がゆえに不道徳に見える部分をあげつらわれても迷惑です、極端な例とは「言わんとしていることの方向性を判りやすく見せるため」にあえてそうしているものなのですから。
そのくらいの基本事項は知っておいていただきたいものです。

また日本古来の美徳には貴方があげられた物の他にも「謙虚」「慈愛」「謙譲」「同情」といったものがあるはずですがこれらは無視ですか?これらの事柄は一つ一つが独立してそうなのではなく、美徳として全てが不可分です。
この中から自分に都合の良い部分だけを取り上げて提示したところで美徳とはとても言えません。
ましてや「正直」いったい貴方の何処にあるのでしょう?
Posted by at 2013年12月14日 22:32
>私は自らが創造した付加価値に見合うだけの報酬を得ることは正しいことと言ってるだけ

だれが正しい報酬だと決めるのでしょうか?
人間には、他人が「どのくらい報酬を得るべきか」を決定できない、決定するのは傲慢であるというのが、歴史の教訓です。

かつての身分制度や社会主義では、他人の行動を支配者が鑑定していましたが、それは打倒されました。

市場が適正報酬を決定すればいいのです。官僚が、あなたは10万円の労働、あなたは100万円、と決定するような、醜悪な統制経済国家を目指すエセ保守は、キューバかソ連に亡命して欲しいですね
Posted by at 2013年12月16日 00:40
>歴史の教訓
よくそんな出鱈目が言えますね、あなたの不誠実な性格と利己主義がよく表れています。
誰が正当な報酬を決めるかといえばそれは経済成長率です、国民各自が自ら創造した付加価値に見合う報酬を得ることによって経済の発展は最大限に促進されます、日本の高度経済成長期、アメリカの50年代が正の証左、日本の過去20年間、規制緩和が過剰に推進された時期が負の証左です、歴史の証明というならこれがそうです。

そのために規制や税制を適宜強めたり弱めたりしながら、その理想的な状態に徐々に近づくようにするのが政府の役割だとちゃんと私は書いています。
まともな知識も無く嘘を吐いてまで自分の主張を通そうとするくらいなら、相手が書いたものを斜め読みをせずしっかり読み込むくらいはしてください。

>かつての身分制度や社会主義では、他人の行動を支配者が鑑定していましたが、それは打倒されました
政府による規制を嫌い自分が差配する範囲の拡大を要求する貴方は、まさにかつてに支配者に成り代わるのを目論んでいるではないですか、何を白々しいことを仰っているんですか。

規制があろうが無かろうが市場が最終判断するのに変わりはありません、市場に対する影響力が規制が強いかあなたのような強欲な人間が強いかの違いしかありません、市場に委ねることが恰も完全公平な自然の摂理に任せることだとでも思っていましたか?まったくどうしようもない。
Posted by at 2013年12月16日 13:20
こんな無知で20年30年先のビジョンも無いような低レベルの人物が、自らが差配する範囲の拡大を要求しているのですか。
絶対に許してはいけませんね(笑
Posted by at 2013年12月16日 13:51
ドイツとイギリスは規制緩和と減税と小さな政府化で大成功しましたね

大きな政府主義者が中傷しているサッチャー改革でさえ、社会主義時代と比して最貧困層の生活が改善されております。

また経済成長という点ではユーラシアやアジアや東欧諸国が次々に減税と規制緩和を行い有能な人間を集めているなかで、日本だけが高所得者や大企業を虐めて「怠け者や低能な人間が得をする国」にしてよいのでしょうか。

働いたら負けだ。
Posted by 小沢太郎 at 2013年12月16日 16:44
本当に小さな政府化だったと思っているのですか?
サッチャー政権下での財政出動がどれだけ増加したか確認してから発言してください。
無知は罪です。

口を開けば怠け者を許すなですが、働いた以上の報酬を貪ろうとするのは、形を変えた怠け者の姿ですね、10億の報酬が欲しいなら10億分働いてください、5千万分しか働いていないくせに10億を要求する人間は怠け者といいます。
Posted by at 2013年12月16日 22:20
>10億の報酬が欲しいなら10億分働いてください

国家や政治家に一々民間人様の報酬を決定する権利は無い。
市場が決定する。共産主義じゃないんだからw

似非保守(経済極左)が嫌う三木谷で例えるなら、世間が満場一致で三木谷許せんと思えば取引されなくなって楽天は潰れるはず。

そうならないのは世間が三木谷の行動を尊重し認めていることの証拠に他ならない。



サッチャー改革で
・過度な累進課税 → フラット化
・国営企業 → 民営化
・参入規制 → 廃止
・公務員天国 → 削減

を行った結果、経済復活した。

これは全世界が認める事実。

それ以前の大きな政府の英国は英国病などと嘲笑されるくらいの糞だったけど改革(小さな政府化)で蘇った。

その後に偉大なレーガン減税や中途半端と云えど成果があった中曽根改革に受け継がれていった。
Posted by at 2013年12月17日 01:13
その従業員が給料分の働きをしていないことが怠け者の定義なら、5千万分の働きしかしていない者が10億の報酬を要求するのも報酬分の働きをしていないという意味において怠け者と言わざるを得ません。

末端の従業員が「あいつは給料分働いていない、だから給料を減らしてやろう」と判断するのは誰ですか?
自分は他者が怠け者かどうかを判断する権限を保持していながら、自分が怠け者かどうかを判断する権限を自分以外の者が持つことを拒否する、富の搾取もやりたい放題です。
こんなアンフェアを正当化してその国が経済成長するモデルが如何様なものなのかお示しください。

また、いったい誰がいつ「国家や政治家が一々民間人様の報酬を決定する」などと言いましたか?その部分を指摘してください。

>サッチャー改革で
・過度な累進課税 → フラット化
・国営企業 → 民営化
・参入規制 → 廃止
・公務員天国 → 削減
財政出動の増加という事実を織り込んでいない評価に意味はありません、これだけを見て小さな政府化が進んだと認識されているようならただひたすら愚かです。
小さな政府化とは政府支出の削減が大前提ですが、その時期の英国の政府予算はスリム化していますか?
Posted by at 2013年12月17日 02:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。