新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2013年06月08日

『マインドコントロール』(岡田 尊司 著)を読んで・・・〜ワタミグループおよび渡邉美樹のカルト的傾向について〜

 この本はマインドコントロールの実験や、それが世間に及ぼした様々な影響などの考察を中心にマインドコントロールについて書かれた1冊。

 前半〜後半部分にかけては、主に戦前の精神科医やカウンセラーによる催眠療法や、戦中、特に冷戦下における共産独裁国家による洗脳の実験と実用化および、それに対して恐怖と警戒感を抱いたアメリカのCIAによる実験等々についての歴史について書かれている。

 そして、後半部分では、それらの研究が現在どのように応用され、時には悪用されているか等々についての考察がなされている。特に、疲労困憊の状況で無意味と思えるような強度の労働を強いられることによる人間の判断力や主体性の低下、あるいは、過剰なまでに大量の情報を浴びせられた時に起きる人間の判断力の低下といった状況の脅威に現代人は常に晒されているのではないか?という警告は非常に興味深い考察であった。

 「転向」をもたらすうえで力をもったのは、拷問といった暴力よりも、いつ終わるともわからない隔離や単調な生活による情報の欠乏、孤独、不安、時間が空費されていくことへの焦りであった。会社のような通常の組織も、一つ間違うと、独裁国家やカルトに通じる異様な状況が起こりうる。遅く退社するのが当たり前、長時間のサービス残業が常態化したような会社では、その社員は、慢性的な疲労を抱えるだけでなく、主体的な判断力や独創的な発想をもてなくなっていく。疲労困憊しているのに、その状態にノーと言うことさえできず、結局、使い潰されていく。
 そういした会社が、仮に社員を犠牲にして業績を上げたにしても、それはカルトが信者から搾取して栄えるようなものであり、独創的な技術革新が生まれるはずもない。いずれ社員の活力やモラルの低下を招き、内部告発から不正が明るみになって、破綻する運命にある。
 意味もなく慢性的な疲労状態を強いるような組織や生活には、未来はないと思った方がいい。
(p203)


 おそらく、この文章読んだ瞬間にワタミを連想したのは俺だけではないだろう。事実、ワタミは(かなりイカレタ)内部文章が流出している。

 ワタミ社内文書流出! 「365日24時間死ぬまで働け」 http://www.watch2chan.com/archives/28902172.html

自民党公認で参院選に出馬する予定の渡辺美樹・ワタミ会長が、「365日24時間死ぬまで働け」、「出来ないと言わない」などと社員に 呼びかけていることが週刊文春が入手したワタミの社内冊子からわかった。『理念集』と名付けられた冊子は、ワタミグループ全社員に 配布され、渡辺氏が著書で「ワタミの仕事すべてに直結し、根底で支えている思想の原点」、「この理念集を否定したときは、君たちに この会社を去ってもらう」としている重要文書だ。

また、入社内定者に配布される人材開発部作成の『質疑応答』では、勤務時間について、『「仕事は、成し遂げるもの」と思うならば、 「勤務時間そのもの」に捉われることなく仕事をします。なぜなら、「成し遂げる」ことが「仕事の終わり」であり「所定時間働く」ことが 「仕事の終わり」ではないから』と記載されている。
ワタミでは2008年に入社3カ月の女性社員が1カ月141時間の時間外労働で抑うつ症状となり、飛び降り自殺。昨年2月に、過労による 自殺として労災認定されている。

また、自殺の翌年から昨年にかけて、時間外労働の上限時間を超えて従業員を働かせていたとして、労働基準監督署から10件の 是正勧告を受けていることも明らかになっている。
ワタミと渡辺氏の事務所に確認を求めたところ、渡辺氏の事務所が次のように回答した。
「渡辺が29年前に和民を創業して毎日社員のことを思いながら書いたものが、なぜ出てしまうのか、残念でなりません。本件に限らず、 個別の社内規定や、社内発言、社内活動に対しては個別企業情報となるため、基本的にお応えは差し控えさせて頂いております」

ワタミには、「ブラック企業」との批判があり、渡辺氏は公式サイトで「一部の情報だけをもって、一方的にワタミグループをブラック企業と 呼ぶことは、到底、受け入れられるものではありません」と反論している。今回、複数の社内文書の存在が新たに明らかになったことで、 ワタミ・ブラック企業論争は新たな展開を迎えそうだ。


 さらに、こちらのスレッドでは実際に、ワタミはブラックを超えてカルトの領域に達していると指摘するコメントも数多く見られる。

ワタミ渡邉美樹 「会社に感謝して社員みんなで涙を流したりもする。これのどこがブラックなのか?」
http://blog.livedoor.jp/misopan_news/archives/51907952.html

17 名前:茶トラ(東京都):2013/06/06(木) 19:12:57.38 ID:lKUexfkv0
感覚のおかしい人と言葉を交わしてもワケ分からなくなるだけ

27 名前:猫又(岐阜県):2013/06/06(木) 19:17:11.55 ID:As4UKJG30  
北朝鮮のニュース見てると、よく「将軍様ー」って泣いてるよね

30 名前:リビアヤマネコ(千葉県):2013/06/06(木) 19:18:22.61 ID:hy7WjUkz0
最早ブラック企業ではない カルト企業の域まで達している それがワタミグループ

35 名前:イリオモテヤマネコ(東京都):2013/06/06(木) 19:19:36.66
>この間も7千人の社員と、ワタミが29周年のイベントで、みんなで涙を流しながら
>「よかったね」と言っている会社のどこがブラックだと僕は思うわけです。
マスゲーム & 泣き女か


 筆者はあとがきで、「日本で一番最近マインドコントロールが注目されたのはオウム事件の時でいまさら、こんなもの話題として古いと感じたが、色々と調べるうちに古いどころかその本質は非常に今日的な問題と深く関わっていると感じた」というような事を書いているがまさにその通りであると思う。

 あからさままなカルト的な宗教がまた流行するかは分からないが、様々な意味において一般的な社会集団がカルト的な傾向持ちつつあり、ワタミなどはその代表的な一例であるかと。

 それにしても、恐るべきはこのようなカルト企業のトップとでも言うべき人物をこともあろうに、国民政党を自認する自民党が目玉候補として、次の参議院選挙で公認を与えているという事実である。中野剛志さんは西部ゼミナールで自民党を愚民党と皮肉ったが、まさに政治の劣化ここに極まりあれといった様相である・・・


↓応援よろしくお願いします


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 20:44 | 神奈川 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな会社は常にあったと思いますよ。
田舎の役所ですけど、本庁舎から飛び降り自殺者が連続しました。

自民だって急に「劣化」したわけではありません。
でなければ在日特権など存在しません。

情報技術の進歩により、表面化しやすくなったのだと思います。

Posted by 昭和青年 at 2013年06月08日 21:26
マインドコントロールは自分も関心がありました。
直接関係のある本ではないのですが、いまエーリッヒフロムの自由からの逃走という本が気になってます。

なぜ全体主義が蔓延ってしまうのかを社会心理学的な見方で分析した本みたいですが、
これって今の日本にも非常に当てはまってるんじゃないでしょうか。
小泉政権の時の熱狂も、民主党の時の政権交代の熱狂も、全体主義的な異常さで右へ左へ盲目的に急変してしまってるような気がします。

左翼的な社会主義であろうと保守的な自民党であろうと、世の中が荒れてくると弱者を見下したり同族嫌悪的に憎んだり、強いものに媚びたり忠誠を誓ったりという、長いものに巻かれる盲目的な権威主義者が増えて、社会や集団がおかしな方向に暴走するんじゃないでしょうか。

(安倍政権批判を絶対に許さない人とか、単純な差別主義みたいになってるネトウヨの人とかも当てはまるような。経済学という絶対的権威を振り回す新自由主義かぶれの人なんかもそうですね)

それってなにか非常にマインドコントロール的だと思うし、社会であれ企業であれどこに蔓延ってもおかしくないのだろうなと思います。思いつきみたいな書き込みで失礼しました。
Posted by ワンオク at 2013年06月12日 00:37
ワタミ、自由からの逃走で検索して来ました。古い記事ですがおじゃまします。

ワタミでみんなで頑張って泣いてる社員なんか典型的な権威主義的人格ですね、フロムがいうところの。
ようはまず自己の存在についての懐疑がある。
自分についての価値や意味を欲してるわけです。
で、そういう人たちは自分の主体的な欲求や人格の表現によって自己実現しようとするのでなく、誰かに価値を与えて欲しいわけです。
だから積極的に隷属し、奉仕する。
で、おーよしよし!頑張ったねー!って褒められると、しょんべんもらすほどうれしくなっちゃうわけですね。(この場合目から垂れてますけど)
隷属するものはなんでもいい、それが強くて、その傘の中に居れば自分に価値を保障してくれるものなら。
共同体、国家、個人、宗教、etc....
その行き着く先は、集団の徹底的な自己否定感と、主体性の欠如です。
で、あとはあれよあれよ操作されて、みんなで崖に突っ込んでくようなこともすると。
奉仕の対象が国家とかだとすると、そのリーダーもまた自己否定感の強い権威主義者なので、侵略戦争とかやりだして自己価値を確認しようとするわけですね。
自民族の優越性という権威の傘の中で、それに奉仕しようとするわけです。
自らは奉仕しながら、また他者を従える。
マゾヒズムとサディズムが権威主義的人格の表と裏と言われる所以です。
怖いですね。日本はどこへ向かうやら。(と、他人事でないのでなんかしなくちゃいけんのですが)
Posted by haji at 2014年02月03日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。