新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2011年02月25日

国益という価値観・・・



↑ニコ生の公式放送にも出てた若宮健さんの本。パチンコが社会問題化した後に政治家、警察やマスコミが一丸となってパチンコを全廃出来た韓国に対し、同じく明らかに違法であり、社会問題化しているにも関わらずパチンコを全廃することが出来ない日本社会の実情をレポートした一冊。いかに日本の権力機関が金に毒され腐敗しているのかがよく分かる本である。

ところで韓国ではパチンコ徹底的に取り締まる際、当時の韓 明淑首相がメダルチギ(日本のパチンコを改造した韓国版のパチンコ)を野放しにしたことに対して国民にお詫びの談話を発表している。その内容は以下のとおり
「射幸性の高いゲーム機が全国に拡大し、庶民の生活と経済に深刻な被害をもたらした。深くお詫びする」
この、談話の後、韓国は国家的にパチンコの全廃に取り組むことになる。

その一方で韓国の通信社総合ニュースではこのような記事が載った

「2月21日韓国訪問中の民主党の小沢代表と会談した李 明博大統領が、日本のパチンコ産業の規制に言及していたことが分かった。パチンコ産業の規制強化の影響で、在日同胞が苦境にあえいでいる、と小沢代表に話したと言う。小沢代表は李大統領に対して、帰国次第、民団に聞いてみると応じた模様だ。」

若宮氏はパチンコを社会のガンであるとし全廃させた国家の首相の発言として、李大統領の発言に「大いに違和感」があり「失望させられた」と述べている。

パチンコを社会に有害な装置であると認識しているにも関わらず日本では規制緩和を推奨するという一見矛盾した発言に違和感を覚えるのも無理はない。が、しかしこの一見矛盾する発言もまた別の観点から見ればしっかりと一貫性を保っているのである。

では、その別の観点とは何か?それは
「自国民の利益」
である。

パチンコは、そのサービス利用者には破滅的な悪影響を及ぼすことすらあるが、一方でそのサービスを提供する業者には多大な利益をもたらす。韓国でパチンコがはっきりと社会問題化していたにも関わらず非常に多くのパチンコ店が存在していた理由はズバリ儲かるからである。

だとすれば韓国では自国民にパチンコを打たせないためにパチンコを禁止するのはうなずける。その一方で日本ではパチンコ業界の関係者の多くが在日韓国人なのである。そして、客の多くは日本人(まあもちろん客の中にも在日の人間はいるだろうが・・・)。つまり日本でパチンコの規制を緩和する事は在日の韓国人にとっては得で、日本人にとっては損なのである。

なるほど、つまり韓国人にとっては韓国国内でパチンコを全廃したのも韓国国民の利益のため、日本国内でパチンコの規制緩和を求めたのも韓国国民の利益のため。結局一見矛盾するこの二つの言動は結局どちらも韓国国民のためのものであると理解するなら何ら矛盾する事はない。

はっきり言って、俺は韓国人から学ぶことなど、ほとんど何も無いと思っているが、政治家のこのような自国民の利益を優先する姿勢は是非見習って欲しいものである。というよりも政治家の役割はそれ以外には決して存在し得ないのだ。


↓応援よろしくお願いします


人気ブログランキングへ

posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 11:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウラ技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺の家の近くにあるパチンコ屋は5つあってそのうちの2つのパチンコ屋が潰れた。この不況で客が離れたから。毎年夏になると、馬鹿な親が子供を炎天下の車内に放置して死なすという哀しいくも腹立たしい事件がある。
子供よりもパチンコっていうある種の脳内快楽が働いて子供を殺している。

化学的にパチンコ脳というらしい。

警察の天下り先がパチンコ協会なんて噂も聞くし〜
パチンコって風俗営業許可の許認可を受けて営業するからその接点からも癒着があると聞いた事がある。
グレーでぼかしている行為も問題だよね。玉を現金に両替する行為。
間に金を無理矢理入れて直接出玉を現金化しない仕組みにしている。

最近ではパチンコ屋の隣に銀行のATM機を常設しているパチンコ屋もある。
借金が膨らみ自殺する人もいる。
また俺の家の側に新しいパチンコ屋ができる・・・
Posted by スラッシュユウ at 2011年02月25日 11:57
この本の著者もパチンコを全廃できない理由として、政治家や警察との癒着の問題を挙げていました。
本来賭博を取り締まるはずの警察が業界から利権を得ているようでは、もうこの国はおしまいだと。
この国は頭から腐っていっているとも言ってます。
Posted by 管理人 at 2011年02月26日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。