新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2015年01月06日

ギリシャのユーロ離脱?!ΣΣ(゚д゚lll)〜行くも地獄戻るも地獄のユーロ情勢〜

ギリシャのユーロ離脱、衝撃は「リーマン・ショックの二乗」も

ドイツのメルケル政権はギリシャのユーロ圏離脱を容認する用意ができており、影響への対処も可能とみていると独誌シュピーゲルは伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000015-bloom_st-bus_all&p=1


 なんか、大変なことになってるようですね。

 (ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロを守るため「何でもする」と宣言した2012年7月の約束は、投機家の攻撃を3年近く退けた。その間にアイルランドからギリシャに至るまで国債利回りは低下、各国政府に財政赤字削減と経済刷新のための余裕が生まれた。力強い成長の時代ではなかったものの、危機という言葉は聞かれなくなり、6年に及んだギリシャのリセッション(景気後退)も終息した。

 とりあえず、ユーロ危機に関しては最悪の時期は脱したようです。しかし、現在議論されているのはギリシャのユーロ離脱だそうですが、仮に、ギリシャがユーロを離脱する場合かなりのハードランディングが予測されているようです。

変わっていないのはギリシャがユーロ圏を離脱する可能性とそれに伴うリスクだ。シティグループのエコノミスト、エブラヒム・ラーバリ氏が「Grexit(グレグジット、GreeceとExitを合わせた造語)」と名付けたこの可能性が再浮上している。現実になれば最悪のシナリオだと、一部のエコノミストらは指摘する。

ユーロを離脱したギリシャは国際金融市場で資金を調達する道を閉ざされ、通貨切り下げを余儀なくされることだろう。恐らく資本規制が敷かれ、銀行が新たな攻撃を受ける。投機家は直ちに次の獲物の品定めを始める。その対象はキプロス、スペイン、そしてイタリアへと続く。(中略)

マーケットウォッチ・ドット・コムのリポートによると、米カリフォルニア大学バークリー校のバリー・アイケングリーン教授は週末のエコノミスト会議で、ギリシャのユーロ圏離脱による影響は「リーマン・ブラザーズ破綻ショックの二乗」ほどの衝撃度があると指摘した。


とは言っても、ユーロは構造そのものに問題を抱えており、特に、強い経済力や産業競争力を持ったドイツのような国家とギリシャのような国家の間の為替の調整メカニズムが機能しない問題、各国の自由な財政政策金融政策が封じられ需要不足やデフレ危機に対応できない、さらにいえばECBの支援がなければ各国で金融機関の救済措置すら危うくなるという問題も抱えており、比較的情勢が落ち着いた時点で、これまでギリシャを支援してきたドイツが「ギリシャはユーロを離脱してくれ!!」と言いたくなる気持ちは分からなくはありません。

 しかし、先に紹介したように、ギリシャのユーロ離脱は大変なハードランディングとなり、金融危機を招く可能性が高く実現は困難です。仮に、「リーマン・ブラザーズ破綻ショックの二乗」というのが事実だとすると、世界経済は再び大変な危機に陥り、まさに大恐慌状態になり得るわけです。

 今回は、珍しくユーロ情勢について解説しましたが、このような非常に大きな世界規模のリスクが存在する状況で、「アベノミクス第2章!!これからアベノミクスで経済はさらによくなる!!」だとか、「2年半後にはデフレを脱却して確実に消費税を10%に!!」などと言っている連中が如何に呑気であり、同時に愚かな楽観論と希望的観測に染まった御用コメンテーターに過ぎないのか、ということも一言付け指摘しておきたいと思います。




応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:12 | 神奈川 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A層とかB層とかホリエモンとかたむらけんじとか・・・




 芸人が、政治経済に口を出したり、「主婦のお得な節約術♪」みたいな本を書いてた人間が、主婦目線などと称して経済について語るのはおかしいというのは、まったくもって正論ではあるのですが、結局、今の日本の状況がさらに厄介なのは、芸人や主婦やタレントだけが、このような間違った認識を持っているわけではなくて、経済学者なども全く同様に絶望的に間違った認識を持っていることなんですね。

 経済学者が、なぜ間違うのか?という問題については、こちらの記事(『経済を見るべきか、経済学を見るべきか?〜『じゅうぶん豊かで、貧しい社会:理念なき資本主義の末路』(著 ロバート スキデルスキー、エドワード スキデルスキー)を読んで〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/411811588.html)でも書きました。

 それから、一見IQが高くて正論のように思える発言をするホリエモンのような人物にも注意が必要であると思います。

ホリエモン「貧乏人が安さを求め続けた結果がブラック企業の誕生。過労死やサビ残社会は自業自得」

1: クロスヒールホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 23:49:54.96 ID:p/EVw7wn0.net BE:487816701-PLT(13001) ポイント特典

「安い商品を不当に求める世間」が間違っている

「企業努力の末に高品質で安価な製品が提供されているんだ」と返されるかもしれないけれど、ならばその考えが間違っている。消費者におもねりすぎです。

いいものはそれなりの値段がする。消費者は安くて品質のよいものを求めるけれど、それは当然だけれども、安易に応じて無理をするから企業がおかしくなっていく。

企業の立場からは「安い商品を不当に求める世間が間違っている」とは言えないのもわかるけど、無理を続けた結果が、賞味期限切れの食品、各種のリコール、汚染米などの根になっているのだと感じます。

特に農産物をはじめとして、現代人は食品にお金をかけないです。中国産の冷凍ギョーザ事件にしても、少し考えればあんな値段で冷凍食品が買えないことはわかるはず。

100円や300円といった低価格なメニューをそろえる外食産業もありますけど、そんな無理が「名ばかり店長」を生んだ一因とも考えられます。モノの値段が不自然に安いのは、その分だけ誰かが割を食っている証拠。企業と消費者の双方が歯止めを掛けるべきだと思います。
http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001517


http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/39913795.html


 一見すると、非常にもっともらしい歯切れの良い正論のように聞こえるのですが、しかし、現実は民間の経営者の意識改革のみで、現在のようなデフレ状況で素晴らしく状況が好転することはありえません。それは、過去の15年以上デフレ不況から脱却出来なかった歴史が証明していると言って良いでしょう。

 結局、デフレで内需の全体のパイが縮小し続ける状況においては、民間が品質重視の高付加価値戦略を取ろうとしても、価格の安い製品が好まれる状況で競合の低価格戦略に対して不利になりますし、賃金が上昇しない状況で、高品質の商品を消費者が意識的に選択しても限りのある収入の中で高価格の商品を買えば、他の出費が抑えられるだけの結果に終わります。

 これは、従業員の賃金などにも同じことが言えるのですが、消費が低下し売り上げが縮小していく状況下では、賃金を上げて、現在働いている従業員の賃金を上げて、新規の雇用を抑制するか、賃金を引き下げて、とりあえず従業員の数だけは一定数確保するか(現在の状況はコチラ)の二者択一というか、トレードオフの状況が発生します。

 本来であれば、限りある材とは、人材や生産能力であるはずなのに、現在はそれを媒介する(実体経済に流通する)マネーが制約要因となるという、なんとも馬鹿げた本末転倒な状況に陥っているのが現状です。

 このような自体を打破する機能を本来になっているのは、最後の借り手である政府であるハズなのですが、残念なことに、いわゆる民間信仰とでも呼ぶべき俗説が蔓延っている現状において、通貨発行権を持つ政府の需要創出能力が全く見落とされているのです。

 確かに、ホリエモンは自身が民間企業の経営者として名を挙げた存在であるので、ある種の民間信仰の誤謬に陥るのも無理もない話だと思うかもしれません。しかし、最近書かれた関岡英之さんのコラムでは、

 これら一連の“改革”案に通底しているのは、協同組合の存在否定と民間企業への盲信だ。だが、農協を解体して株式会社化すれば、我が国の農業が抱える複雑な問題が一挙に解決できるなどというのは、控えめに言っても誇大妄想である。

 よく目を開けて、大企業の経営者たちの情けない実情を見てみるがよい。ひたすら内部留保を溜(た)め込むだけでリスクテイクする気概もなく、賃上げや国内投資に踏み切ろうとしない。自動車会社は内外でリコール騒ぎを繰り返し、家電メーカーは新興国企業の追い上げになすすべもない。銀行は不良債権の山を築いて国民の血税で救済される体たらくで、いまだに預金者へまともな利息を払わない。東証一部上場企業に14年間勤務した経験のある筆者は断言できるが、株式会社を万能の救世主として神聖視するなど愚の骨頂である。
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=31440


 つまり、ある種の信仰の域にまで達している民間への信頼感も、よくよく見てみれば、やはりどう考えてもオカシイということが理解できるハズなのです。しかし、また、この信仰において確実に発生する盲点こそが、その信仰を強化するという悪循環にハマっており、このような状況、つまり認識おける誤謬を正すことは並大抵のことではないのかもしれません。




応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 06:43 | 神奈川 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス上々(≧∇≦)↑↑




 ここ最近は、連日ブログの1日のPVは1万5千オーバーです。以前から、なんとかしてブログのアクセス数を上げていきたいと考えていたんですが、まさかこんなカタチで実現するとは・・・( ̄▽ ̄;)

 かれこれ4年だか、5年ほどの付き合いのある友人である古谷氏から訴えられるという今現在の状況は、非常に悲しいですし、また、倉山氏等の必要な精神敵圧迫行為のストレスも大きいのではありますが、なんとか、この自体を上手く乗り切って、今年は、色々と新しいことに挑戦していきたいと思っています。

 そのために、自分で出来ること、やるべきことは、しっかりとやっていきたいと思いますし、また、色んな事で協力してくれる方がいれば、是非力を貸してほしと思っています。

 最後に、自分自身へのエールを込めてキルケゴールのこんな言葉を紹介して終わりにしたいと思います。

 このような関係にわが身をおいて考えてみる人は、おそらく、ひどい目に会った善良なほうの人に注意を向けて、あの人はひどく不幸せな目にあったものだ、と言いたくなることだろう。この見方には、わたしは全然賛成できない。というのは、最高のものに到達できるように手を貸してもらいたいと思う人にとっては、このような不幸に耐え抜くことこそ身のためになるのだと思うからである。









応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 05:51 | 神奈川 | Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。