新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月29日

義を持って助太刀致す・・・

http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1342

2014年12月29日(月曜日)
仲間として古谷経衝君を応援する
カテゴリー: 日記 - kurayama @ 17時23分12秒
仲間として古谷経衝君を応援する。

・本日、古谷君から「高木克俊というブロガーを横浜地方裁判所に名誉毀損で訴えた」という報告を受けました。


↑倉山の砦より

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/12/29(月) 22:13:07.59
仲間として古谷経衝君を応援する。


古谷経衡@aniotahosyu 2014年11月04日
自分の妹を嫁がせて義兄弟の契りを交わした浅井長政ですら、信長を裏切ったというのに、
まして「思想」でつながった「仲間」なんぞは、一番やばい、一番危険、一番信用出来ない。
連合赤軍の最期を観てご覧なさい。

古谷経衡?@aniotahosyu  2014年4月18日
私は「仲間」という言葉にどうしても敏感になる。何故なら、仲間という言葉を背に、これまで差別と迫害を受けてきたからだ。
仲間、には拒否できない密着と友好が前提にある。これ程、重苦しく嫌な言葉はない。真の仲間は猫だけ。


「思想」でつながった「仲間」なんぞは、一番やばい、一番危険、一番信用出来ない。

「なるほど・・・なるほど・・・なるほど・・・」その晩僕は3回頷いた(ーー゛)。oO




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!今回も文学論について!!⇒『金閣寺』から見る三島由紀夫の美の追求 | ASREAD http://asread.info/archives/1374
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 22:38 | 神奈川 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若手評論家古谷経衡氏から裁判を起こされました!!

↓詳しくは倉山の砦より


http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1342

2014年12月29日(月曜日)
仲間として古谷経衝君を応援する
カテゴリー: 日記 - kurayama @ 17時23分12秒
仲間として古谷経衝君を応援する。

・本日、古谷君から「高木克俊というブロガーを横浜地方裁判所に名誉毀損で訴えた」という報告を受けました。

・この高木というブロガーは、自分のブログや動画、ツイッターのなかで、古谷君を誹謗中傷し、アマゾンレビューなどでも古谷君の本に意図的に評価1を付け、悪質な荒らしを行うなどしている人物です。

・この高木は、古谷君のみならず、倉山満や上念司、その他の言論人にも同様の誹謗中傷を繰り返しています。

 かなり悪質な行為を繰り返しているようなので、司直の手が裁きを下すでしょう。
 最近、保守を自称する言論人や団体の中には、
 
・訴訟や内容証明を濫用する。
(しかも、やりかたを激しく間違えている)

・本やブログで反論すれば良いことを、裁判官に訴える。

・綺麗ごとを言いながら裏工作で他人を貶める。

・動画で欠席裁判を行う。

・そのくせ、面と向かっては何も言えない。

という人として恥ずかしいことを平気で行う風潮があり、しかもそう言う奴らを「あの人も日本のことを思ってやっているのだから」などと意味不明に甘やかす弁護論がはびこっているようです。そういう論者の意見が公平性を欠くこと甚だしいですが。

 そういう連中と古谷君の件は違います。

 なぜ古谷君が司直に委ねたかと言うと、単にブログやツイッター、動画の内容が誹謗中傷に留まらず、

・アマゾンレビューなどでも古谷君の本に意図的に評価1を付ける
・悪質な荒らしを行う

という、法律か道徳に触れる行為を行っているからです。

 つまり、正々堂々と言論戦を行っているのではなく、言論テロだからです。

 古谷君がチャンネルくららの番組でレギュラーとして重要な役割を果たしてくれている以上、私は全力で支援します。


 えー、ちなみに、私は、2ちゃんやらAmazonやらで匿名で誹謗中傷コメントなんて一度も書き込んだことはないので、この倉山氏の記事は100%事実無根の誹謗中傷ということで、名誉毀損にあたると思います。とりま、色んな問題アレコレで弁護士に相談しておくんでよろしく(。ゝ∀・)ゞ♪




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました。珍しく文学論を書いてみました( ̄▽ ̄;)皆さんぜひチェキって下さい!!⇒フランツ・カフカは妹萌えを100年先取りしている | ASREAD http://asread.info/archives/1335
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 22:09 | 神奈川 ☁ | Comment(16) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またやってるよコイツ┐(´ー`)┌原田泰のしょーもないピケティ批判

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/12/11(木) 22:30:09.23
大流行の「格差論」をどう読むか
ピケティの議論は狭すぎる
原田 泰

2014年12月10日(Wed) 
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4506?page=1

---------------------

「本年で、いや、この10年で、最も重要な経済学書になると言っても過言ではない」
ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

「地球規模の経済的、社会的変化を扱った画期的著作だ」
エマニュエル・トッド(フランス国立人口統計学研究所)

「時宜にかなった重要書だ」
ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授)

「かれの解決策に賛成するにせよ、しないにせよ、資本主義を資本主義から救おうとする人たちにとって正真正銘の課題だ」
ダニ・ロドリック(プリンストン高等研究所教授)

「この事実の確立は、政治的議論を変化させる、ノーベル賞級の貢献だ」
ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授)

「かれの研究が、スマートな人たちを富と所得格差の研究に惹きつけることを望む」
ビル・ゲイツ

「情報の豊かさがすばらしい」
ロバート・シラー(イェール大学教授)


 日本のリフレ派を代表する論者である原田泰氏がピケティ批判を行い、世界的に有名な欧米の論客がこぞって絶賛と・・・さて、どちらを信じるかはアナタ次第┐( ̄Д ̄;)┌????

 なのですが、まあ、一応私なりに解説してみたいと思います。

大流行の「格差論」をどう読むか  ピケティの議論は狭すぎる
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4506?page=1


 なんつーか、この人の議論で聞いていつも思うのが、どうにも議論の設定の仕方自体がいつも的外れというかツボを外している印象しかありません。

 世界的に資本の取り分が多くなり、富の格差が拡大する。大きな所得格差の下では、民主主義を機能させるのが難しい。資産に対する世界的な累進課税で、この格差を縮小することが必要だと主張している。だから、左派の人々に支持される訳だ。

 ここで、あたかもピケティの議論は左派の人々から支持されているという印象操作をしているワケですが、例えば、先に名前を挙げたローレンス・サマーズなどは、ソ連崩壊後に「ショック療法」と呼ばれる急激な市場経済導入を主張し、ソ連崩壊後の国民と社会へのダメージを増大させた人物の一人として『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』の中で、名指しで批判されているいわゆる主流派の経済学者の一人であり、スティグリッツのようにもともと左派的な主張をしていたわけではありません。

(ソ連崩壊後の)改革のスピードについては経済学者の間でも意見が割れていた。ある人々は「ショック療法」と呼ばれる急激な市場経済導入を主張した。たとえばアンドレイ・シュライファー、スタンレー・フィッシャー、ローレンス・サマーズ、ジェフリー・サックスなどで、ハーバード大学の経済学者が中心だった。

 もう、この辺から胡散臭い匂いがプンプンしてくるのですが、もう少し読み進めていきましょう。

 資本の収益率がGDPの成長率よりも高いからだという。賃金はせいぜいGDPと同じ率でしか伸びていかない。資本の収益率が賃金の上昇率よりも高ければ、資本から得られる所得は労働から得られる所得よりも早く成長する。初期の資本の分配状況は所得よりも不平等だから、長期的には不平等度が高まっていくというのである。(中略)
 さて、ピケティの議論をどのように考えたらよいのだろうか。私は、格差の原因を限定しすぎているのではないかと思う。上位の人々の所得の全所得に占める比率ばかりではなく、下位の人々の所得、あるいは、中間層の所得がどうなっているかが、より大きな問題ではないだろうか。それを考えるためには、ピケティ教授がまったく考慮していないというわけではないが、格差を生み出す様々な要因についても考える必要がある。


 ここで、原田氏は資本の収益率とGDPの上昇の問題以外にも、格差拡大の要因は存在すると主張しているのですが、これは、全く批判になっていません。別に、ピケティは資本の収益率のみが格差を拡大させたなどとは全く主張していませんし、仮に、資本の収益率とGDP成長率の問題以外の要素の方がより重要だと主張するなら、それを客観的に証明するデータを持ってくることが必要でしょう。こんなものは、「野菜をたくさん食べると健康に良いですよ」と主張している人に対して、「いや、健康になる方法は、野菜をたくさん食べるだけではない!!健康になるには、適度な運動や睡眠、それからタンパク質や炭水化物も必要だ!!」と反論するようなもので、そもそも議論が噛み合ってないワケです。

 グローバル化とは、所得の低い国の人々が低賃金で働くがゆえに、所得の高い国の賃金の低い人の賃金がなおさら抑えられ、格差が拡大するというものだ。日本で喧伝されるが、実証的証拠には乏しい。現在、アベノミクスによる景気回復で、非正規の賃金が上昇している。不況が格差を拡大した効果は、大きかったのではないだろうか。


 これも、おかしな話で、あたかもアベノミクスで経済が回復して格差が縮小したかのように喧伝しているが、全く間違っていて、アベノミクスで格差が拡大した証拠はいくらでも出ているし、非正規の賃金の上昇率は、インフレ率にも届いていない。つまり、実質で見ると普通に非正規の賃金も下がっているワケです。

厚生労働相の諮問機関、中央最低賃金審議会が、小委員会での異例の長時間審議のすえ、最低賃金の「目安」額を全国平均で16円引き上げると決めました。最低賃金は目安額を参考に各都道府県などが決めますが、目安通りなら全国平均の最低賃金は現行の時給764円が780円に、2・1%しか上がりません。4月からの消費税増税分さえ下回り、消費者物価の上昇による実質賃金の目減りも穴埋めできません。
http://blogos.com/article/91592/


 さらに言うと、アメリカでは不動産バブルで好景気を謳歌していた時代にも確実に格差が拡大していたワケで、必ずしも、好景気で格差が縮小するわけでもなければ、不景気で格差が拡大するわけでもありません(もっとも、不景気時に、政府が格差を放任するような政策を行った場合には非常に高い確率で格差は拡大しますが)。

 まあ、要は1から10まで間違ってる論評でしたと、それが結論です。

116 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2014/12/14(日) 19:11:42.28
いやー持論を四方八方から論破されまくって、持論どおりの経済政策の結果、
あらゆる経済指標がメタクソになってきてるのに、未だに上から目線で
「ピケティは狭い」とかドヤ顔できる原田さんパネェっすわ





↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました。珍しく文学論を書いてみました( ̄▽ ̄;)皆さんぜひチェキって下さい!!⇒フランツ・カフカは妹萌えを100年先取りしている | ASREAD http://asread.info/archives/1335
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 19:04 | 神奈川 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜田宏一のハマノミクスによる解法

田中秀臣@hidetomitanaka

浜田先生の解法は、1)財政政策だけ⇒マンデルフレミングから限定的な効果しかない、2)金融政策だけ、社会コストが少なく即効性もある、
3)でも2)だけでは知的に洗練されてない人がつれない可能性もあるので、知的じゃない人たちが効くと信じてるもの(財政政策、構造改革)も組み合わせて釣れ。


 即効性もあるって、すでに金融緩和スタートさせてから2年が経とうとしているのですが・・・

 ちなみに、当の浜田宏一はマンデルフレミングを否定しています。

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/11/27(木) 23:45:37.79
浜田宏一が自己批判してる
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/tenken2014/01/gijiyoushi.pdf

(浜田氏)〜普通はケインズの教科書で行っている財政政策の優位が、変動制になると逆転すると思っていたのだが、ゼロ金利になったら働かなくなるチャンネルもあるので、金融政策にも限界がある。私は伊藤議員と同じく、増税による財政引き締めはマンデル・フレミングのもとでは比較的安心ではないかと思っていたが、いま増税がもろに効いている。伊藤先生も言っておられたけれども、そんなに増税しても響かないのではないかと思ったが、それに比べれば響いている。そういう意味では私も今反省しているところだ。それが起こるのはどこの場面で何が効いているか。期待効果で日銀が動くということは別にどんな為替レートの制度でもいろいろ働く。
しかし、本当に金利がゼロになっていることで妨げられるというところもある。そういうことを考えると、前みたいに単純にマンデル・フレミングのように財政のほうは少し大らかにやっても大丈夫だとも言えなくなっているのかなと。これはどちらかというと、私の自己批判である。


 そういえば、以前ハゲッターでは、ゼロ金利状況ではマンデルフレミングは効果が出ないとか言ってる奴は馬鹿だとか、教科書読めとか言ってましたけど、この文章を読む限り、浜田宏一は明らかにゼロ金利状況でのマンデルフレミングの否定をしています。まあ、どうせまたアクロバティック解釈でそんなことはないとか言い出すんでしょうけど、普通に日本語を解釈する限り、明らかにゼロ金利状況ではマンデルフレミングはモデル通りに機能しないと述べています。

 しかし、2ちゃんねるの経済板ってリフレスレの他にも上念スレ倉山スレ田中スレ浜田スレとかあるんですね、充実しすぎだろw!(゜∀゜)ちゃんと見てないけど、多分、岩田スレとか黒田スレとか全部揃ってて、過去発言との矛盾とか全て検証されているんだろうと思います。今後は、もう嘘や詭弁や論点のすり替えを行うたびにそれがアーカイブとして保存されて、2ちゃんでまとめられちゃうワケですね( ̄▽ ̄;)

 まあ、とりあえず、経済板さえ見とけば、国内の(学会レベルでの議論は除いて)主要なメデイア上での議論は全部抑えられるんじゃないかと思います。2ちゃんねるヤルやんっていう。

 最後に浜田スレから引用・・・

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/12/01(月) 03:55:31.51
自己批判が遅すぎるだろ・・・
内閣参与として国益を損なったあとにそれかよw
引退しろ





↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました。珍しく文学論を書いてみました( ̄▽ ̄;)皆さんぜひチェキって下さい!!⇒フランツ・カフカは妹萌えを100年先取りしている | ASREAD http://asread.info/archives/1335
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:38 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフレ派イチオシの金子洋一先生の誤謬・・・

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/12/29(月) 00:54:17.96
土建事案の不都合な真実

金子洋一・民主党参議院議員(神奈川選出)
小売り、建設費高騰で出店抑制 イオン2割減 外食、サイゼリアは2割減?? 公共事業によるクラウドアウトがいよいよ顕著に。
だから景気対策は給付金にしろと言っているのだが。「公共工事に続き、民間企業にも建設費高騰の影響が広がってきた。」


これは、以前も解説しましたけど、資材価格の高騰はほぼ100%増税と円安による輸入資材の価格高騰が原因です。つまり、クラウディングアウトが発生しているとしたらそれは円安誘導を好むリフレ政策による資材価格高騰とクラウディングアウトの結果なんですね・・・( ̄▽ ̄;)

以下引用・・・

『供給制約があるから公共事業は増やせない!!の嘘〜上念先生がまたしても論破されてしまった件〜』
http://achichiachi.seesaa.net/article/406654613.html

(以下、全部読むのが面倒なせっかちさん&超多忙な方のために要点だけ説明すると

1 またしても、上念司がTwitterで「供給制約があるからこれ以上公共事業は増やせない!!未だに公共投資を増やせと言ってる連中は現実が見えてない馬鹿だー!!」と叫んでいる

2 それに対してか、藤井聡さんがFacebook上で、実際の公共事業の建築資材の価格のグラフを提示し、海外から輸入している資材価格は為替と原油価格に依存して上下しており、国内で調達可能な資材の価格はほとんど変動していないことを提示

3 さらに、公共投資の増加が、民間の投資のリソースを奪い取るカタチで民間投資を阻害しているという説もあるが、現実には、公共投資を行う業者と民間の建築を行う業者は棲み分けがなされており、現実には両者がリソースを奪い合っているとは考えにくい

4 よって、現在の状況が供給制約による建設費用の増大を招いているとは考えにくい)

てな感じです)


11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/10/06(月) 10:30:43.68
上念 司 @smith796000 1時間前
“コンクリートから人へ”は巡り巡って振り出しへ 古い公共事業を復活させる「国土強靭化」への懐疑
相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/53964
→供給制約も無視してギャーギャー言ってたらこういう批判を受けても当然かもな。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/10/06(月) 10:31:51.06
上念 司 @smith796000 1時間前
“談合”は鳴りを潜め、今やアベノミクスで入札不調へ 義憤のタレコミも懐かしい有為転変の公共工事事情
相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記|
http://diamond.jp/articles/-/43302

1年前の記事ですが状況変わってないと思う。
現場を取材している人にはこんなの常識か。

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/10/06(月) 12:01:58.84
ゲスの極み!

上念 司@smith796000
いや、むしろ現実が自分の思想や理論に乖離してきたから哲学に逃亡したのかと。
RT @Razor_027: 保守だの哲学だの言う人間が最も供給制約という「現実」を無視するという欺瞞。そりゃ政府内で干されますわ

↑これに対する藤井聡さんの見事な反論がコチラ




藤井 聡
過日ご紹介した経済財政諮問会議の民間議員の指摘の中には,「公共事業のやりすぎで,建設資材も高騰し,それが,民間の建設投資の阻害要因となっている!」というものがありました.

これは,この民間議員の指摘のみならず,一般のメディアでもよく言われることなのですが....よくよく調べてみると,そういう事実は「存在しない」というのが,正しい姿のようです.

下記グラフは,建設資材の値段の推移,です.(出展:http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/K00360/taiheiyouokijishinn/kasoku1/140927shiryou1.pdf

「赤い線」の資材は,輸入ものなのですが,この値段は上下しています.が,これは,ほとんど「為替」と「原油価格」に依存して変動している様子が分かります(なお,上記の公開情報には,為替と原油価格の推移グラフも掲載されています).

一方で,「黒い線」の資材は,国内調達可能なものなのですが...これについては,ほとんど価格は変わっていません.

つまり! 

このグラフを見る限り,よく言われる「建設資材が,公共事業のやり過ぎで高騰している」という事実は存在していないとしか思えない...という次第です.

イメージだけで,重要な国策の方向が決められてしまう,というような事が無いように....是非とも,正しい情報を,一人でも多くの皆さんにご理解頂きたいと思います.

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=569134109854203&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&theater




藤井 聡
重ねての情報提供ですが,「クラウディングアウト」(公共事業が多くて,建設業者が忙しくなって,民間が投資しようとしても投資できなくなっている!という民間議員,メディア等が主張する現象)にについて先に紹介した公表資料に,大変わかりやすいグラフがありましたので,ご紹介です.

左のグラフ⇒「公共投資の大半が『土木』,だけど,民間投資の大半が『建築』」
右のグラフ⇒「建設業者の大半が,土木だけ,あるいは,建築だけの仕事をしている,というのが実態」

(※ 右下のコメントは,「土木と建築の双方をやっている業者(主としてゼネコン)ですら,土木と建築の下請け業者が棲み分けされている」事を示唆.なお,ゼネコンの「中」ですら,土木と建築の技術者は,ほぼ完全に分かれています!)

要するに,「土木(橋や道路等)と建築(ビルなど)では業者が違うので,クラウディングアウト=公共事業による民業圧迫は起きづらい」というのが実情なわけです.

以上,ご紹介まで.
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=569305533170394&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&theater


 こんなとっくに論破されてるようなロジックを繰り返している様子を見ても、如何にリフレ擁護が苦しくなっているのかがわかる気がします・・・




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました。珍しく文学論を書いてみました( ̄▽ ̄;)皆さんぜひチェキって下さい!!⇒フランツ・カフカは妹萌えを100年先取りしている | ASREAD http://asread.info/archives/1335
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:01 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。