新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月23日

内田 樹さん頭大丈夫ですか?( ̄▽ ̄;)

≪ <衆院選を終えて>「カネ優先」見直す時 思想家・内田 樹氏
 有権者の二人に一人が棄権した衆院選。結果は自民党が二百九十議席を獲得し、「一強」の時代が続くことになった。私たちはこの時代をどのように受け止めて生きていくべきなのか、識者に意見を聞いた。  今回の選挙で有権者が示した判断は、判断しないということでした。ある人は経済が悪くなったと言い、自民党は良くなっていると言う。どちらが本当か分からない。だから、判断を保留した。いずれ判断するけれど、今は中腰(ちゅうごし)の姿勢で見ているという感じです。

 結局、有権者数を分母にした全国の比例代表の得票数でみれば自民党は千七百七十万票で、17%にすぎない。それを圧勝というのはおかしい。戦後最 低の投票率も「安倍政権の結果が出るまでもうちょっと待とう」と大きな変化を望まなかったせい。世の中を変えたいと思えば、若い人たちも投票するわけですから。

 自民党は「争点はアベノミクス」と言った。要は経済成長すればいいんでしょう、と。有権者の多くも最優先事はカネだと同意した。ならば結論は簡単で、国を株式会社みたいに管理運営すればカネがもうかるようになりますよ−となる。  国を株式会社化するのに民主主義は邪魔です。独断で早く決めて、早く結果が出るのが好ましい。株式会社のサラリーマンのそんなマインドが国民に共有されてきている。それがトップダウン好きの安倍さんとマッチして急速に強権的な政治が定着してきています。


↓こちらのブログから引用
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/4b665c1ce47eeaa0449483f0dca022f7?fm=rss

ある人は経済が悪くなったと言い、自民党は良くなっていると言う。どちらが本当か分からない。だから、判断を保留した。

とありますけど、そんなこたぁございません。国民の92%は、アベノミクスによって暮らしが豊かになったとは感じてないわけで、「結局、アベノミクスって株価が上がって金持ちが得しただけでしょう?」と思っている。

 投票率が過去最低になって、クソ僅かな得票率で結果的に自民党が多くの議席を獲得したのは、別に有権者が判断を保留したからじゃない。有権者が、もう、どうしたって無駄だと立派に判断を下してる。「それなら、立ち上がって戦えよ!!」と言いたいところだけど、もう皆どう戦っていいのかも考えられないくらいに脳みそを空っぽにさせられて、戦う気力も、どうやって戦えばいいのか考えるような気力もなくなるように去勢されてる。

 以前読んだ『マインド・コントロール』という本によると、人は、徹底的に働かさせれ疲労困憊になっている状況、外部の情報や交流から遮断された状況では容易に洗脳されると書いてある。日本の現在の状況は、受験勉強で疲弊させられ、学校では人気者になれと急かされ、就活でも競争させられて、就職したあとも疲労困憊状態になるまで仕事をさせられる。政治や社会や経済について勉強すると、「そんなもん勉強したってなんの役にも立たないよ」と嘲笑されるのがオチで、やがて、最初はやる気と情熱と好奇心を持っていた人間も、周りから「バカバカしい」と言われ続ける結果、「そうだな、こんなこと学んでもなんの意味もないよ」と悟りを開いて、もう一度そのバカバカしい競争社会に身を投げ込む。

 中野剛志さんは、東大やらなんちゃら大学やらの教授の意見に疑問を持って食ってかかれるのは、よほど強靭な精神力の持ち主か、変人のどちらかだと発言したことがあるけれど、確かにそんななんの得にもならないようなことに情熱を割けるのは変人だけだ。世の中にルールがどんなおかしくてもそれを変えることが出来ない限り、それに逆らっても何も特はしない。それが変えられないのなら、そのルールのおかしさを認識すればするほど気が狂うだけだ。

 救世主のネオが、マトリックスの世界に気づくならそれは価値ある悟りだけど、モブキャラの一人が、「この世界は幻想だ!!」と叫んだところでなんの意味もないし誰からも相手にされない。たとえ、それが幻想の世界でも、真実の世界への変革を成し遂げられないなら、黙って幻想の世界に浸り続けるほうが幸せだ。ついでにこの際、全部の矛盾も忘れてしまえ。この世のおかしさに気がついちゃうから気が狂うんだ、この世の異臭を感じ取れるから不愉快なんだ。全部、忘れよう、鼻も切り落とそう、目も潰してしまおう。なんなら、この世界の空気に違和感を覚える皮膚さえも剥ぎ取ってしまおう。そうすることが一番平穏で幸せな人生さ。

 妖精シレーノスもミダス王に言ったじゃないか
「人間にとって最も良いことは、この世に生まれてこないこと、そして次によいことはできるだけ早く死んでしまうことだ」
と・・・(http://asread.info/archives/1253/2)。

 だけどやっぱりおかしいよ、内田樹はこう書いた、
自民党は「争点はアベノミクス」と言った。要は経済成長すればいいんでしょう、と。有権者の多くも最優先事はカネだと同意した。
そして、続けてこうも主張する。
ならば結論は簡単

なるほど、確かに結論は簡単だ。GDPをマイナス成長に叩き落とした自民党と安倍政権をぶっ倒せ!!と




しかし、ことはそう単純にはいかなかった。自民党よりも他の党の方が悪いと多くの人が思ったから。

 でも、本当にそうなの?

 最近、思う事がある。為政者に美徳を強要されることは国民にとって悲劇だと。90年代前半、バブル崩壊のショックから経済を立て直すため、政府は公共事業を拡大した。多くの人がバラマキだと批判した、「こんなことをやっていては借金が溜まっていくだけだ!!」と大げさに嘆いてみせたが、国民はそこそこ気楽に好景気を謳歌した。97年に、大真面目な顔をした馬鹿が、誠実そうな態度で言った、「このままでは日本は大変なことになる!!改革が必要だ!!自分が火だるまになる!!」この馬鹿が消費税を増税して、各種の改革を推し進めたことが日本の転機となった。経済は停滞し国力は低下した。




 そのあと、鳩山という馬鹿が首相になった。「あれもやりますこれもやります」で財政規模は過去最大になった。リーマンショック後の景気回復期だったこともあって、それなりの経済状態になった。その後、「先送り出来ない課題!!」とか言って、消費税増税の法律を作ったバカと、「国際約束」だの「財政健全化」だのという立派なお題目を唱えて消費税増税を決定させたバカがいた。再び、国民経済はどん底の状態に落とされた。

 クルーグマンは、今の世界経済は鏡の世界で悪徳が美徳になり、美徳が悪徳になると言った。今間違った経済政策を提言してる連中は違う世界では立派なモラリストであると。しかし、本当にそうなのか?彼らは、単に流行の思想に乗ってるだけなのでは?状況と政策の適合性を考えられない無知で無能なボンクラなのでは?

 Aが正解の時には、いかめしい顔つきで、「今こそBを断行すべきだ!!」なんて言ってしまう人間は、もしかしたら、Bが正解の時は、平気で「今はAをやるべきでしょ?!チョリーっす!!」なんて言ってるかもしれない。つまり、彼らが今Bを主張しているのは単に、彼らに真実を追求する能力が欠如しているからなのかも。

 まあ、うっちーもね、あんまり適当なことばかり書かないで、時には自分の発言に論理的整合性が取れてるかも確認しようぜ(。ゝ∀・)ゞ♪




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました。珍しく文学論を書いてみました( ̄▽ ̄;)皆さんぜひチェキって下さい!!⇒フランツ・カフカは妹萌えを100年先取りしている | ASREAD http://asread.info/archives/1335
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 16:35 | 神奈川 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』を読むと絶望的な気分になります(;´Д`)

 現在ピケティの『21世紀の資本論』が話題になる中、一部の経済マニアの間で密かに話題になっている『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』を読んでいます。

 出来れば、最後まで読みきってからレビューを書こうかなと思っていたのですが、まあ、色々と心境の変化もあり、これは出来るだけ早くレビューを書いて解説したほうがいいなと思ったのでフライングレビューを・・・。

 この本の最も重要なテーマは明らかで、経済政策の失敗によって失われる国民の生命もあれば、同じ経済政策の如何によって救われる生命もあるということです。現実の経済現象、あるいは経済運営の中で、どうしても不況は発生します。深刻な不況は悲劇ですが、実は、人間は不況になっただけでは突然死んだりはしないというのがこの本のユニークな主張です。確かに、不況になり失業者や倒産件数が急増すると自殺者数は増加します。しかし、一方で、不況になると道路の交通量が減って自動車事故件数も減少したり、経済的原因で酒やタバコなどの悪習が断ち切られ心臓病などの死亡者が減るので、必ずしも不況に伴って必然的に死亡者数が増加するわけではありません。しかし、一方で、不況時に政府の財政が悪化し予算を削減したり増税したりする緊縮財政を行うと死者は激増します。つまり、社会保障からこぼれ落ちて医療が受けられなくなったり、失業後に職に復帰できなかったり、職業訓練を受けられなくなって社会から切り離されたりして欝になったり自殺する人間が出てくるわけです。

 そして、この本では、リーマンショック後のギリシャの緊縮財政を最も悲惨な経済政策の失敗であったとして紹介しているのですが、その根拠の一つとして、ギリシャの男性の自殺者数が24%も上昇したことを挙げています。

 精神面でもギリシャ国民の健康は悪化していった。自殺者が急増し、特に男性は二〇〇七年から二〇〇九年にかけて自殺者数が二四%も上昇した。

 しかし、一方で日本の状況を見てみると、日本は97年に消費税増税と各種の改革を断行した結果、男性の自殺者数はなんと約1.4倍に上昇しました。




つまり、日本の97年の増税と緊縮財政は、世界でも希に見る失政であったワケです。つまり、単純に言って、この自殺者数の急増とGDPの低下を見て、すぐさま消費税を5%から3%に戻す必要があったわけですが、誰もそれをしなかった。つまり、消費税増税による経済の落ち込みは限定的かつ一時的な落ち込みに留まるだろうと皆が予測したわけですね。なにやら今の状況にそっくりだと思いませんか?鋭い観察力をもった識者には、恐ろしい危機的な状況に陥ってしまったと認識する一方で、凡庸な識者の多くが、現在の悪い状況は限定的かつ一時的なもので、時間が経てば自然に回復すると予測する。97年の時には、これをきっかけに日本経済はゼロ成長時代に突入しました。さて、今回はどうなるんでしょう?GDPが継続的に減少するマイナス成長時代という地獄としか言いようのない自体に突入するのでしょうか?客観的に数値データを分析する限り、その可能性はあると言わざるを得ません。

 ちなみに、なぜ、消費税を増税した年ではなく、増税した翌年に自殺者数が増加したかのという理由はデータを見れば明らかで、消費税増税の悪影響は増税した97年ではなく、その翌年翌々年の98年99年に本格化したからです。




つまり、今回の増税では、本格的な増税の悪影響は今年ではなく、来年以降にやってきて、経済は今以上に悪化して自殺者数も激増するということが過去のデータから予測されます。ちなみに、不況と緊縮財政によって、国民の自殺者数が増加するのは別に日本だけに限られない各国共通の現象で、それは地震や津波が来ると死者が大勢出るのと同じくらい必然です。

 まあ、一部のホモ豚野郎共にとっては、「安倍さんが起こした津波にのまれて死ねるなら本望であります」ってとこなのかもしれませんが私はゴメンですね。こんなゴミクズ野郎の失政によって悲惨な人生を歩むのなんてまっぴらゴメンであります。




 しかし、彼らは、本当に愚かだと言わざるを得ません。少しでも抽象的な思考を働かせるなら、不況時の緊縮財政によって死者が出るのは、ミサイルをぶち込まれたり、飢えたり、地震や津波が来ることで人が死ぬのとなんか変わることのない必然性を持っていることが理解できるのですが、残念ながら彼らにはそれが分からないのです。つまり、中国のミサイルや尖閣に来る漁船という物理的な驚異は理解できるのに、もう少し抽象化された経済政策の失敗や、失業や倒産からくる精神的な打撃は全く理解出来ないわけです。もちろん、経済政策の失敗自体も非常に深刻な問題ですが、ある意味ではそれ以上にこの絶望的な無知と想像力の欠如は問題であるかもしれません。




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 15:30 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上武大学ハゲ・ピカティ教授「ピケティは日本のリフレ派と意見全く同じ!!」 トマ・ピケティ教授「金融緩和に頼らず財政で経済活性化を」

上武学派パネェっす( ̄▽ ̄;)



話題の仏学者ピケティ氏:金融緩和に頼らず財政で経済活性化を

  6月2日(ブルームバーグ):ベストセラーで話題のフランスの経済学者、トマ・ピケティ氏は財政投入による景気刺激で経済を再活性化させるべきだと主張、金融緩和への依存を低下させるのが望ましいとの見解を示した。
同氏は2日、米経済専門局CNBCとのインタビューで「何でも中央銀行に解決してもらうわけにはいかない」と発言。「中央銀行と金融政策に多くを求め過ぎている。もっと財政政策を求めるべきだ」と述べた。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6JR1W6JTSEJ01.html



権威にリフレ派を 見つけるたびに
願いを託し ぼくらはやってきた
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/03/12/


 いい加減、もうリフレ理論肯定する権威ある論客もいなくなりつつあるんじゃないですかね?

 もうすでにリフレ派は、「権威にリフレ派を見つける」から「権威の言葉をリフレ的に解釈する」という段階にステージチェンジしてるんじゃないでしょうか┐( ̄Д ̄;)┌????




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 01:31 | 神奈川 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不景気で自殺する民族は惨めな負け組か?〜新着イラスト紹介(° ꈊ °)✧˖°オホッ!〜

 ニコニコのコミュ掲示板に新着イラスト投下されていたので紹介です。




 グロいよ!!ΣΣ(゚д゚lll)

っていうね・・・肌色ボディに直で締めてる肌色ネクタイがポイントですかね?(;^_^A

 ちなみに、今回も桜の討論は見れませんでした。個人的には三橋さんも佐藤健志さんも好きなので是非見たいと思ったのですが、1時間目で挫折・・・その話もう78回目なんですけど・・・と突っ込みを入れたくなるようなお馴染みの民主叩き反左翼的コメントが気持ち悪くてまともに聞けませんでした・・・。

 それから、まあ、水島が最近言っている「消費税を上げたくらいで自殺する民族は惨めな負け犬だ」的な言動なんですけど、これは全く間違っていると思いますね。消費税増税っていうのは、輸出以外のありとあらゆる取引にかかる税金なので、これはつまりありとあらゆる取引のコストを引き上げるわけですから、その国の経済活動を根底から抑制します。かつて、藤井聡さんは、「マクロ経済シミュレーターで計算した結果、国土強靭化の投資と消費税増税を両方やった場合、国土強靭化の投資による経済の押し上げ効果は消費税増税でキャンセルされる」というようなことを言っていましたが、そもそも経済活動の条件を根本から変化させてしまうワケですね。

 それから、もう一つ指摘しておくと、不景気になって企業の倒産や失業が増加すると自殺者数が増えるのはどこの国でも同様で、別に日本人が惨めだから少し消費税を増税して失業と倒産が増えたくらいで自殺してしまうワケではなく、これはどんな国でも見られる現象です。詳しくは『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』で解説してあります。

 なので、結局、自然災害と同じなのですね。まともな感覚を持った人間であれば、地震や津波で死んだ人間に対して、「アイツらは地震や津波で死んでしまうほど哀れで貧弱や人間だった」と言うことはあり得ないでしょうが、はっきり言って、不況に伴う失業者や倒産した企業経営者にさきのようなセリフを吐くのは、死者の冒涜以外の何物でもありません。それも、自分たちの政治的主張を正当化するための手段としてそのような冒涜を行っているのですから、はっきり言って情状酌量の余地もありません・・・。いままで、出来る限りチャンネル桜を擁護してきましたが、さすがに最近の水島の言動はあまりにも目に余ります。残念ながら、彼は寄付金で買った高カロリーの餌を貪る豚野郎に成り下がりました。




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 01:04 | 神奈川 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。