新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年12月11日

ネット選挙解禁は自民党にとって圧倒的に有利じゃね┐( ̄Д ̄;)┌????

 前回の参議院選挙から解禁されたネットでの選挙運動、通称ネット選挙ですが、多くの識者や、有権者の間で共有されている認識は、「あんまり盛り上がってないなぁ」というものだと思います。

 おまけに当初は、「ネットでのプロモーションによって、選挙活動にお金を使えない少数政党や、泡沫候補にとって有利になるのではないか?」ということも言われていましたが、現実には全く逆に、最も自由に金を使える自民党が圧倒的に有利な状況になっているのが現状です。

 そもそも、ネット選挙が最初に解禁されたのは、2013年の参議院選挙で、当時は正直言ってあまり盛り上がりませんでした。選挙前になって、突然TwitterやFBのアカウントを作り出す候補者が続出し、演説の場所や日時の告知などに使っていました。しかし、そもそもソーシャルメディアというのは、継続的に使わなければほとんど効果のないもので、一部の人気と知名度を持った人間は、パッと作ったアカウントを上手く活用できても、誰からもフォローされないような無名の候補者にはほとんど意味はありませんでした。

 しかし、今回からは、かなり積極的にWeb上で広告を打っているようですね。しかし、ここで問題があります。コチラの記事(『ソーシャルメディアで食えるのか? 中川淳一郎×飯田泰之×常見陽平 鼎談より そのA〜非実在ネットユートピア論〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/403729185.html)でも書きましたが、ネットでのマーケティング合戦は基本的に金と知名度を持っている個人や団体が勝利します。最初に、「ネットでのプロモーションによって、選挙活動にお金を使えない少数政党や、泡沫候補にとって有利になるのではないか?」と書きましたが、このような現象は極々まれにしか起こらない特殊例で、ほとんどの場合は、ガンガン広告を打てるだけの資金を持った団体や、何をやっても注目されるような人気と知名度を持った人物がほとんど常にネット上でも勝利します。つまり、Webマーケティングは、Webマーケティングがスタートする以前の、リアルな世界での知名度と財力で8割方勝敗が決してしまうワケですね。

 別に、調査したワケではないのですが、現在Web上で圧倒的に多くの広告を打っているのは自民党でしょう、Youtubeを見るたびに安倍の顔が出てきます。これも政党助成金などの予算から出てるのかと思うと腹が立ちますね、「なんでわざわざ税金を払っていつものように間の抜けた顔をした安倍の面なんてみなきゃならねーんだよ?!」と。民主党や維新も広告を打ってるのかもしれませんが、私は今のところ見たことはありません。おそらく、そもそも広告を用意していなかったか、もしくは自民の方が圧倒的に多くの資金をつぎ込んでいるのでしょう。自民の次によく見かけるのは幸福実現党ですが、まあ、幸福のCMを見たネットユーザーが幸福に投票するとも思えないので、やはりネット選挙の活動では、圧倒的な資金力と知名度を活かした自民党の圧勝というのが現実です。

 しかし、なんとも滑稽なのは、結構多くのアンチ自民党的な立場をとっていた識者が、ネット選挙解禁を強力に推進していたことです(津田大輔とか苫米地英人とかね)。普通に、考えれば、ネット上で自由に選挙活動を行えば、圧倒的な資金力と知名度を持った自民党や自民党の候補者が有利になることは予測出来たはずだったのに、彼らがネット選挙に新しいあまりにも楽観的過ぎる希望を安易に見出していました。本来であれば、より多くの資金を持った政党や候補者が一方的に有利にならないように、様々な規制を行わなければならなかったハズなのに、彼らはその必要性を認識しなかったし、出来なかった。

 現時点で、圧倒的な資金力と知名度の差でネット選挙活動で一人勝ち状態の自民ですが、今後は、さらにノウハウの蓄積などでも他党より優位な立場に立つことが予想されますので、今後、この差は縮まるどころか、ますます拡大していくことが予想されます。それにしても、自民党の一党支配的な体制を打破したいと願っていた識者たちの努力によってなされたネット選挙解禁が、結果的にさらなる自民党一党支配的体制の強化という結果を引き起こすことなるのかと思うと失笑するほかありません。

 まあ、失笑ばかりしていても仕方がないので、なんとか、ネット選挙で大幅な不公平が生じないよう、一定の規制を設けさせる必要があるのですが、残念ながら、すでに法律を決定する当の与党が、そのネット選挙で圧倒的に有利となる自民党なので、わざわざ自分たちの有利を失わせるような法規制には絶対に賛成しないでしょう。おそらく「一度選挙制度を変更すると、変更した後有利になった党が与党になり選挙制度を決定するので、一度変更した選挙制度はなかなか戻すことが出来ない」という現象と同様の現象がこのネット選挙でも起こります。つまり、もう一度変えてしまうとどうにもできないということですね┐(´ー`)┌

「それじゃあ、どうしたらいいんだ?!」って?うーん、そうですね、じゃあ、例えば、反安倍政権を掲げる、この超個人的美学ブログのランキングスイッチを押して、少しでも政治ブログランキング上位に上げさせるってのも一つの有効な手段かもしれません(笑)




「安倍は俺たちの税金を使って不愉快なCM作って垂れ流してんじゃねーよ!!」
と思った方はポチっとお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:42 | 神奈川 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚物には消毒を!!ゴキブリには良質な殺虫剤を!!

 最近、アレコレ、批判コメントも来ているらしいので、下らない批判に対して仕方ないから反応してやる。

 まず、言葉使いがどうのとか言うコメントに関しては、「何言ってんだ?」と、例えば、某リフレカルトの連中やら、焼きそばヘアーの馬鹿にしたって、そもそもいわれなき誹謗中傷を繰り返してたのは、あいつらの方で、多少程度の差はあれ、彼らのやったことを丁寧に、「アナタ達が、今までやってきたのはこういうことですよ?」と丁寧に教えてあげているに過ぎない。こちらからしてみれば、むしろ相手の低俗なレベルに合わせて慎重に言葉を選んであげるという労力を費やしているので感謝してほしいくらいである。

 散々に、挑発しておいて、不愉快さをまき散らしながら、不愉快に感じた人間から張り手を食らって、「お前のやってるのは暴力だー!!」というのは、仮に法的には通用しても、現実的に、もしくは倫理的には全く通用しない。仮に、彼らのフォロワーが、俺に対して「間違っている!!」と主張するなら、まず先に、彼らのフォロワーが、彼らの方向性を謝罪もしくは修正させるべきだ。

 もっとも、それをよく分かってるのが当人たちで、「下らない批判だ!!」という反応はしても、それ自体が「けしからん!!」とか「やってはならないことだ!!」とか「ルール違反だ!!」ということは言わない。そもそも彼ら自身がルール違反を繰り返してきた人間なのであって、そのことで他者を糾弾できるような立場にないということくらいは理解できる程度の知能は持ち合わせているのだろう。

 が、残念ながら信者色に染まったレンズを通して物事を見ている彼らにはそれが理解できず、自分たちの教祖、もしくはお友達の行為は正当に見え、その逆は、全く許しがたい犯罪行為に映るようだ。

 人間に殺虫剤を吹き掛ければ、それはとんでもなく卑劣な行為だが、ゴキブリにそれを吹き掛けることは全く正当な行為である。そもそも、彼らは殺虫剤を吹き掛けられるべきゴキブリであって、彼らを人間のように見ていることが、彼らのフォロワーのイカレている所以だ。

それから、前回記事(『マニフェストは大量虐殺!石川2区のキチガイ候補者Σ(゚д゚lll)』http://achichiachi.seesaa.net/article/410435100.html)に書き込まれていた次のようなコメントも全く鼻で笑ってしまうような内容で、

カツトシさんよ自分のTLで目には入ってるんでしょ?

”〜近いうちに大きな穴に落ちるかもね”

ってやつ
内容は明らかにあなたに対してだと思うけど
言われてるとおりだと思うよ
前後でRTされてるのもよく読んでおいてほしい
Posted by at 2014年12月11日 07:03


で、誰がコレを言ってるのかと思ってみてみれば、良く知ってる知り合いで、彼自身が相当に様々な精神的、社会的トラブルを抱えている人物であって、俺個人の体験としても、彼からは(他のだれから見てもいわれなき誹謗中傷と認知されているカタチで)いわれなき誹謗中傷を受けたか経験がある。別に、彼が何を言おうと個人の自由だが、わざわざ、こちらの注意警告するなど全くのお門違いで、「せめて一度でもまともに謝罪してから何か意見してみたらどうか?」ということ以外に言うことは何もない。

 そもそも〜と、アレコレ内情を暴露してみても全然構わないが、そんなことをしてもこちらにとって何の特にもならないからそれはよそう。それでも、一言言いたいのは、まあ、せめて他人様に注意できるような立派な振る舞いを見せた上で他者に助言なり忠告なりをしてみてはいかがだろうか?ということだ。ピリリと皮肉の利いた小言や他者への誹謗中傷を繰り返すスキルを上げるよりも、常日頃の善行や立派な良識人としての振る舞いを身につけ他者から尊敬されるような人物になろうと努力した方が、よほど他者への影響力を増すことが出来るだろう(まあ、俺はそんなもんクソ喰らえだと思っているが)。

 結局、こちらの記事(『【拡散希望!!】安倍カルトに有罪判決を・・・〜ラジオ番組無断で一部編集アップロードする安倍信者〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/410364178.html)にも書いたように、誰もが、どこまでもご都合主義なのである。自分の信念に沿うような発言をしている人間が、それ以外の人間に対し、「売国奴!!」「人間のクズ!!」「ゴキブリ!!」「キチガイ!!」と叫びたてることには、どこまでも無関心であるどころか、むしろ「ユーモアの効いた皮肉だ!!」などと称賛さえする人間が、逆のことをやられると烈火のごとく怒りだし、「奴は卑劣だ!!」「キチガイだ!!」「気が狂ってる!!」と騒ぎ立てる。

 どうしようもない精神的幼稚性であり、外から客観的な視点で眺めるなら滑稽ですらあるが、本人たちは大まじめで、「我こそ真実を見極め裁きを下す!!真の良識人である!!」とでも言わんばかりに、ご立派なお言葉をのたまう。

 しょうもない、どこまでも卑小な知性しか持ちえない人間に出来るのは、せいぜい、自分がどれほど下らないゲームや行動様式を演じているのかということを自覚すること、あるいは、もう少し立派な人間であれば、それを自覚したうえで、より適切な振る舞いを模索することであるが、彼らにそんな高等な知性を要求するのは、土台不可能というもので、彼らは、死ぬまで徹底的に利己的にご都合主義的に振る舞いながら、一見「あっしは、卑小でどうしようもないクズで・・・」などと一見謙虚な姿勢をこれ見よがしに見せつけ、その上で心の中では「我こそは真理と正義を愛し求める求道者である!!」という限りのない傲慢さを持ったまま墓場に入っていくだろう!!




「「良質な殺虫剤」ってなんだよ?!普通「強力な殺虫剤」って言うだろ!!」
と思った方はポチっとお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★




↓選挙前にアベノミクスを評価し採点してみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253
posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 15:25 | 神奈川 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。