新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年11月30日

安倍「経済対策でプレミアム商品券など消費を喚起するものに焦点を当てたい」高橋洋一「5兆円の給付金を配れ」ポールクルーグマン「他の国で失敗している。給付金は0点だ」

 一体、このバカは、クルーグマンと会談してなんの話を聞いてたんですかね?(呆れ)

安倍首相、増税前に賃上げ浸透=海江田氏「副作用」指摘―テレビ討論【14衆院選】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141130-00000014-jij-pol

 討論で首相は、アベノミクスについて、「道半ばだ」と位置付けた上で、「来年、その翌年もしっかりと賃金を引き上げていけば、間違いなく消費税を引き上げていく状況ができる」と強調。経済対策では「プレミアム商品券など消費を喚起するものに焦点を当てたい」と述べた。



アベノミクス第3の矢が決定「プレミアム商品券!」
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1417315042/

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:39:15.07 ID:g4EfE5090
きたああああああああああああああ
俺にもちゃんとよこせよ安倍ちゃん

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:40:02.99 ID:nHDJCMfh0
これは安倍ちゃんGJだね

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:40:08.69 ID:RNX61PrU0
なお安部政権認定のプレミアム商店街でのみ使えるもよう

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:42:09.49 ID:rjIW4d040
これは安倍ちゃんGJだね
白痴ジャップに餌付けして支持率もうなぎ登りだよ

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:46:15.15 ID:fg1QKwyz0
プレミアム牛飯

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:47:05.31 ID:l71UK7BI0
馬鹿どもにはちょうどいいめくらましだ

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:49:37.46 ID:XlEtuxwu0
ジャップは実に馬鹿だなあ

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:50:49.45 ID:8KUOc+Yx0
これが成長戦略なの笑笑

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:52:39.03 ID:bu0yAeC50
十八番バラマキ登場

12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:55:44.45 ID:J15cFgWn0
うおおおおおおおおお
エヴァ9の軍資金来たな

15 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/30(日) 11:59:31.84 ID:BnJmSwt70
トドメの3本目である


国民「またバラマキかよ?!」

安倍「これはバラマキではありませんプレミアム商品券です(`・ω・´)キリ」

馬鹿安倍信者「うっひょお!!!さすが安倍ちゃん!!プレミアム商品券でさらにアベノミクスが加速!!アベノミクス批判してる連中はプレミアム商品券受け取るなよ?m9(^Д^)プギャーwwwwww」


クルーグマン「他の国で失敗している。給付金は0点だ。米国では歴史的にみて給付金は使われず、ほとんど貯金される」
http://www.asahi.com/special/teigaku-kyufukin/TKY200905240130.html


 何より、不愉快なのは、こんな特殊学級レベルのノータリン首相に「どうせ有権者なんて馬鹿なんだから、商品券バラまくって言えば得票数も増えるだろwwwwwww」とか思われてることなんだよなぁ。。。

 まあ、どうせこのバラマキも批判しても、「他に手段があれば教えていただきたい」とか言って逆ギレされるのがオチなんだろうけど・・・







↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓「このバカ最高にムカつく!!」と思った方はポチッとお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 21:14 | 神奈川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹中平蔵のパソナが、12.14衆院選の開票と出口調査を担当

竹中平蔵のパソナが、12.14衆院選の開票と出口調査を担当 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/11/25/7503214


パソナが衆議院選挙開票作業募集をしているそうです。

集計だけでなく報告作業、当日出口調査業務までやってるそうです。
あまり陰謀論的に、

不正選挙だああああああああああΣ(_□_;)ii サカサガビーン!!

と叫ぶつもりもないのですが、安倍と竹中や、自民とパソナが強く繋がってるのは明らかですしねぇ・・・

(参考⇒【拡散希望!!】安倍政権とパソナ取締役会長竹中平蔵の黒過ぎる裏事情!!
http://achichiachi.seesaa.net/article/409826797.html


果たして、全くフェアな作業をできるのだろうか?という疑問はあります。

 まあ、とりあえず、竹中やら安倍やら橋下やらを未だに信奉してる連中には、規制緩和や民営化は単なる民間企業への利益誘導に過ぎないってことを理解して欲しいものですね。こちらの記事(『規制緩和が生み出す新たな利権』http://achichiachi.seesaa.net/article/400569896.html)でも解説したのですが、いわゆる規制緩和や民営化というのは、単なる特定の民間企業への利益誘導です。

 さらに言えば、古い利権に取って代わる新たな国会議員や企業の利権になってるんですね。具体的には、規制緩和や構造改革を唱える国会議員に対して、ある特定の分野に参入したいけど、法規制などの参入障壁が存在して入り込めないような企業が、様々な支援を行う。その国会議員はその企業の支援を受けてますます声を大きくして規制緩和や構造改革を叫ぶ。そして、その結果損を被るのは、利益を上げることを目的とする営利企業に様々なインフラなどの上前をはねられる一般国民です。それまで、ユニバーサルサービスであった様々なインフラやサービスを利用するのにいちいち企業の利益を上乗せさせられる(あるいは、税金をそこに使用される)ようになるわけです。バカバカしいですね。

 しかし、何より滑稽なのは、それまで、建設業界などと利権の温床として叩き続けた連中が、規制緩和や構造改革には大賛成していることです。彼らは、「自分たちは、土建や公共事業でで利益誘導している古い政治体質を批判する新しい考えを持つ人間だ!!」と思っているのでしょうが、はっきり言って、規制緩和とか古いよwと。つまり、一部のそれなりの見識を持った識者は、いわゆる構造改革や規制緩和そのものが次の利権になっていることを見抜いて批判しているのに、そういう連中は、未だに「日本の経済が悪いのは古い構造が問題だ!!今こそ構造改革だ!!」とやっている。それなりの見識を持った識者からは2歩も3歩も遅れを取っているにも関わらず、「自分たちは新しい考えを持っているんだ!!」と思って大声で時代遅れでトンチンカンなセリフを叫び続ける彼らは、まあなんとも哀れでありながら、同時になんとも有害だなぁとそんなふうに思うわけです。




↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 20:19 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お札をするだけで日本経済大復活?!上念司ペラノミクスの嘘を見抜け!!




何言ってんだコイツヽ(*゜▽。*)ノ?????

ちなみに、転職前に正社員だった人のうち40.3%が非正規になり、逆に非正規社員が転職するケースは、正社員になったのは4人に1人にあたる24.2%です。

非正規社員比率38.2%、男女とも過去最高に

 正社員だった人が転職の時に非正規になる流れも強まっている。調査で過去5年の間に転職した人を見ると、転職前に正社員だった人のうち40.3%が非正規になった。2007年の前回調査と比べると3.7ポイント上がっている。逆に非正規社員が転職するケースでは、正社員になったのは4人に1人にあたる24.2%にとどまる。この比率も5年前より2.3ポイント下がった。仕事を変える時に、正社員を選ぶのは5年前よりも難しくなったといえる。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1203R_S3A710C1EA1000/


そして、もはやこのブログの読者の皆さんは見飽きたでしょうが、正規と非正規雇用の賃金にはこれだけの開きがあります




「条件が悪くても今の職場にしがみつくって言うデフレ脳なわけですよね。」って、むしろ、転職する方が条件が悪化する可能性が高いわけで、一般にイメージされるのとは逆に雇用の流動性を高めること自体が日本の場合にはデフレ圧力になるわけですね。

 ちなみに、これもいつかまとめて公表しようと思いますが、非正規雇用は賃金の格差以外にも、職場で支援されるトレーニングの質量、社会保障の加入率等々、その他の条件においても正規雇用とは大きなハンデがあります。つまり、金銭面でも職業の安定性でも社会保障の面でも、教育能力開発の面においても、ほとんどあらゆる面で非正規労働者は不利な状況に置かれます。こんな非正規雇用の増加を問題ないだの、むしろ企業の収益が改善されるから良い事だの言ってる評論家や政治家は頭がイカレてるとしか言いようがありません。



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 19:33 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本経済が全く回復の兆しを見せない理由

 今回も、また三橋貴明さんのブログに載せてあったデータから、前回の消費税増税時の1996ー1997年と、今回2013ー2014年の実質賃金の推移です。




 うーん、これは深刻だなぁと考えさせられてしまいます(ーー;)

 もちろん、実質賃金の落ち込みの方が遥かに深刻なことも問題なのですが、もう一つ問題なのは、97年には、増税前の駆け込み需要の時期等に合わせて実質賃金が上がっているのですが、今回の増税時にはそれがほとんど見られない。つまり消費が落ち込むと賃金が容赦なく低下するのに、逆に消費が増えても賃金はほとんど上がらないという地獄のような状況にあるわけです。




おそらく、これは、正規雇用と比較して給料がほとんど上昇しない非正規雇用の割合が大幅な増加したことが原因の一つなのではないかと思います。







おそらく、以前であれば、消費の拡大機に従業員の賃金を引き上げることで対応していたのが、今では、派遣を使ったり切ったりすることで賃金を上昇させずに対応しているのではないかと思うのです。リフレ派などは実質賃金が低下すると企業の収益が改善し、景気と雇用にプラスの影響を与えるなどというトンデモ理論を唱えていますが、現実を見れば、賃金が低く押さえつけられていることで結果として消費も縮小し、経済が悪化するという現象がある。

 さらに、問題なのが、現在の多くの評論家や政策担当者が「全体の景気が良くなれば、労働者の待遇も改善して皆が豊かになる」と、あまりにも漠然とした認識を持っていることです。

 リフレ派に至っては、実質賃金が低下すると企業の収益が改善し、景気と雇用にプラスの影響を与えるにも関わらず、その局面を過ぎ去ると、景気が良くなったあとで今度は逆に実質賃金が上昇し始め、今度の賃金の上昇は消費と内需を拡大させることで景気をさらに改善すると言っていて、もはやほとんど頭の病気としか思えません。

 まあ、そこまで酷いのはなかなかないにしても、やはり、なんとなく経済対策をすれば、色んな問題が解決すると漠然と考えているような状況は危険であると思います。少なくとも、現在のような雇用が不安定化し賃金が上がりにくくて下がりやすいというような状況では、家計の購買力は低下し続け、内需も拡大しないでしょう。このような状況は改善するためには、やはり経済対策からある程度独立した問題として労働問題というものを考える必要があるのではないかと思います。




↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 13:47 | 神奈川 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴキブリリフレカルト理論を論破するには、数値データを出して議論するのが大事かなぁと・・・

↓三橋貴明さんが、こちらのメルマガ記事で実質賃金の問題に触れていました。

【三橋貴明】これでは意味がないわけです
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/11/10/


こちらの記事では消費税増税により実質賃金の対前年比マイナス幅が増加したことや、一部の識者が実質賃金の低下は良いことと捉えていることなどを説明して、浜田宏一の2013年1月のインタビューでの発言を紹介しています
「期待インフレ率が上がると、実質賃金は一時的に下がり、そのため雇用が増えるのです。こうした経路を経て、緩やかな物価上昇の中で実質所得の増加へとつながっていくのです」

そして、日本の実質賃金の低下をグラフで示し、果たして本当にこれが良いことなのか?と疑問を投げかけています。

果たして、本当にそうでしょうか。

「本当にそうでしょうか」とは、グローバル化された世界において、さらに労働規制の緩和が進んでしまった現在という時代において、デフレで総需要不足に苦しんでいる国民の実質賃金を切り下げ、本当に雇用が安定的に拡大するのか、という意味での「本当にそうでしょうか」になります。





 この後に、現在の日本で実質賃金を切り下げても雇用は改善しないであろうということに関して色々と理由を書いているのですが、意外とこういうのは数値データを出してしまった方が早かったりします。








↓こちらの記事でも如何に、リフレ派の連中がキチガイじみた詭弁や理屈を出してくるのか、ということについて解説してますが、はっきり言って、彼らとまともに議論なんてしていても全くの無駄なんですね。「理屈と鼻くそはどこにでも付く」というのは良く言ったもので、「どんなにキチガイじみた内容であっても良い」という条件を付けるなら、どんな理屈に対しても反論は可能なのです。

『ゴキブリリフレカルト驚愕の超理論!(゜∀゜)』
http://achichiachi.seesaa.net/article/409786657.html


それで、まあしかも、そういう議論をしている時に、分かる人にとっては、どちらが正しいかわかるのでしょうが、まあ、どうしても大抵の人は、お互いに一見それっぽいことを主張し合ってるように見えるとどちらの主張に分があるのかはなかなか分からない。ツイッターでやたらと、絡んできてキチガイじみた理屈でいちゃもんを付けてくる連中は多分これが狙いで、まあ、論破されたことを理解出来ないレベルのバカも多数存在することは認めつつも、もう一つ、とにかくリプライの応酬を続けてれば、論破されたことが傍目には分からないから、とにかく絡み続けようとするというのがあるような気がします。「負けを認めるまでは負けじゃねぇ!!」というスポコン系不良喧嘩漫画的な理屈ですね。もう、ボロボロで血だらけの状況になっても「俺は負けてねぇ!!」と叫んでる。喧嘩であれば、その根性と精神性を讃えたいところですが、これが議論やディベートになると途端に醜くなる、橋下なんかもこれですよね。

 まあ、もう、そうなると、ほとんど彼らに構うことは時間と労力の無駄だけでなく極めて不愉快な想いをさせられるというオマケまで付くのですが、一応先に出したように、数値データでハッキリとひと目でわかるように論破しておけば、少なくともその議論を観察している周りの人には伝わるかなと、まあそんなふうに思ったりもするわけです。

 まあ、もちろん、「ふん、俺はそんなにわかりやすさを追求して大衆に迎合するつもりはないね!!」とばかりに、自分自身の思想や哲学を徹底的に深めていくような道も悪くはないかもしれませんが、やはりこれも自己欺瞞に陥っている可能性があって、一つには、他者から評価されない恨みや劣等感を「俺は凡人には理解出来ないような高尚な思想を追求している!!」という理屈にすり替えていたり、単に他者に分かりやすく伝えるという努力を怠っているだけの怠慢であったり、「俺は、こんなに素晴らしいことをしているのに、世間のバカは全く理解出来ない」というような歪んだ自意識の肥大化がそこにあるのかもしれない。

 まあ、そんな陰険で自己閉塞的な歪んだ自意識の肥大化現象を防止するためにも、ある程度他者に伝わりやすいように解説するという努力も可能な範囲においてやっていくべきなのではないかと思います。



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 12:39 | 神奈川 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフレカルト「実質賃金が下がれば企業が雇用を増やして失業率が改善する」←この理論凄い!!

↓先ほど、このようなツイートをしたら・・・




↓元三橋経済生の野比さんから、こんなリプライが返ってきました




あー、そういえばリフレ派は「実質賃金が下がれば企業が雇用を増やして失業率が改善する」とか言ってたんだよなぁ、などとボーッと考えていたのですが・・・

(「実質賃金ウンヌン言ってる評論家や経済エコノミストは経済を一から勉強しなおせ」 BY上念司 http://newsokuplsmatomech.blog.fc2.com/blog-entry-1944.html ちなみに、消費支出は5.4%減 )

つまり、この「実質賃金が下がれば企業が雇用を増やして失業率が改善する」というリフレ理論を用いると毎年消費税3%ずつ上げていけば日本経済は最強になるんじゃね!(゜∀゜)

っていう。

↓なんか、この小黒一正っていう元大蔵官僚の経済学者も、消費税を32%に引き上げれば財政リスクが軽減するって言ってるし・・・

消費税、財政破綻回避には32%へ増税必要との試算 再増税延期で将来の税率上昇の懸念
http://biz-journal.jp/2014/11/post_7453.html


つまり、消費税を毎年3%ずつ上げていけば、

毎年駆け込み需要が発生して
毎年実質賃金が低下して雇用は改善し続け
マイルドなインフレというインフレターゲットの目標も達成でき
しかも、財政リスクも低減する


っていうね。

ナニコレ?!消費税増税最高じゃんワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ

消費税!!消費税!!ワッショイ!!ワッショイ!!消費税!!


全国から続々と喜びの声が?!

消費税のおかげで身長が伸びました!!(16歳 高校生)

消費税のおかげで素敵な彼女が出来ました!!(24歳 フリーター)

消費税のおかげで転職が上手くいきました!!(38歳 会社員)

消費税のおかげで宝くじに当たりました!!(32歳 主婦)


さあ、君も今すぐ最高の消費税ライフを楽しもう!!

いつやるの?1年後?1週間後?明日から?

今でしょ。.゚+:((ヾ(。・д・)シ)).:゚+。

あれ?ところで何でリフレ派って消費税増税に反対してたんだっけヽ(*゜▽。*)ノ?????



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 01:05 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍内閣不支持率47・3%で、不支持が支持を逆転共同世論調査 比例自民28%、民主10%

内閣不支持が逆転、共同世論調査 比例自民28%、民主10%

 共同通信社が28、29両日実施した衆院選に関する全国電話世論調査(第2回トレンド調査)によると、比例代表の投票先政党で自民党は28・0%と前回調査(19、20日)から2・7ポイント増加した。民主党は10・3%で0・9ポイント増にとどまった。内閣支持率は43・6%、不支持率47・3%で、不支持が支持を逆転した。

 望ましい選挙結果について「与党と野党の勢力が伯仲する」が53・0%と過半数で、前回に比べ微増した。

 第2次安倍政権の経済政策で景気が良くなったと実感しているか聞いたところ「実感していない」が84・2%を占めた。
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001545.html


先日書いた記事(『「安倍内閣を支持します!!投票にあたって重視する政策は「経済」です!!」←こういうバカが多すぎる件・・・』http://achichiachi.seesaa.net/article/409756580.html)で、

解散、7割が「適切でない」 内閣支持率48・9%に下落
http://www.sankei.com/politics/news/141124/plt1411240006-n1.html


というニュースを紹介しましたが、現在共同通信の調査では不支持が支持を逆転したそうです。自民党圧勝という予想も多かったので、どうなることかと思いましたが、さすがに、それほど自民にとってイージーな選挙ではないかもしれません。また、自民が議席を大きく減らせば、党内外から安倍降ろしの動きが活性化すると思われるので、今月は政治情勢がかなりの急展開を見せましたが、選挙後も大きな動きが起こる可能性もあると思います。

(参考⇒『総選挙後から党内外から安倍降ろしが始まりそうな予感です・・・〜自民党ポスト安倍レースについて〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/409756580.html

 それから、最後の「第2次安倍政権の経済政策で景気が良くなったと実感しているか聞いたところ「実感していない」が84・2%を占めた。」ということに関しては、そりゃあそうだろうと思います。もちろん、株式を持ってる人間や一部の大企業の従業員などは、景気が良くなったことを実感できたかもしれませんが、実質賃金が下がり続けている状況では、庶民が景気が良くなったと実感出来るわけがありません。まあ、そもそもGDP自体がマイナス成長で明らかに景気は悪化してるわけですが・・・










しかし、上場企業の上位2%で利益の50%って凄いですねΣ(゚д゚lll)

ちなみに、GDPは縮小していますが、貧困は拡大中です!!







これほどの失態を晒しながら、開き直る馬鹿・・・




今回、投票にあたって重視する政策は「経済」だという調査結果もあるので(http://achichiachi.seesaa.net/article/409756580.html)、さすがにこれだけ経済を悪化させていれば、それほど自民の圧勝にはならないのではないでしょうか?



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 00:09 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。