新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年11月28日

【安倍信者発狂www】三橋貴明が井上太郎工作員を瞬殺論破!!【無能工作員に騙され続ける哀れなネトウヨたち】

 なにやら、Twitter上で安倍信者達から絶大な支持を受けている井上工作員が、民主党の政権公約に対し、具体的数字目標が書かれていないポンコツ政策集だと批判していたそうですが・・・




しかし、残念なことに井上工作員が永遠の忠誠を誓う自民党の政策集にもほとんど数値目標は書かれていません。

全部乗せ|三橋貴明オフィシャルブログ 2014-11-27
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11957471082.html
自民党内は増税派もいれば、積極財政派もおり、構造改革派もいるというわけで、
「国会議員全員から必要な政策メニューをヒアリングし、300近い政策を優先順位や整合性を無視して 突っ込んだ」のではないか、と疑わざるを得ない政策集になっているわけでございます。
「突っ込んだ」と疑ってしまうもう一つの理由は、成果を語った冒頭を除き、膨大な政策の個所では 数字がほとんど使われていないためです。数字が使われているのは、消費税「10」%への引き上げと、法人税率「20%」台への引き下げと、農業政策の部分だけでございます。


 ちなみに、数少ない数値目標として法人税の引き下げと、消費税の引き上げを明記しているそうですが、近年の税率と税収の推移を見れば、法人税減税と消費増税は、経済を悪化させる上に税収を減らします。




 安倍や浜田宏一などは、法人税の引き下げで、海外の企業を日本に引き込むというようなことを言っていますが、はっきり言って、どれだけ法人税を引き下げたところで、デフレ不況と少子化で内需が縮小し続け、エネルギー価格が上がり続けているような国に海外投資家は投資しようとは思わないでしょう(今、日本株が買われているのは、金融緩和によるプチバブルと、円安によるドルベースでの日本株の割安感による投機マネーです。IMFでも日本経済の成長率は非常に低く見積もられていることからも分かるように、海外投資家は日本の経済拡大にはほとんど期待していません)。

 しかし、こいつも与党自民党の工作員にしては馬鹿で無能で出来の悪いもんだなと思いますね。まあ、上(安倍)が馬鹿なら、それに遣える工作員も、その工作員を絶賛しているクソ信者共も全員バカってことでしょうか?そういうば、KAZUYAっていう元無職のユーチューバーが『バカの国』なんて本を出してましたね。ああ、そういやアイツも自民党御用達の工作員だったけヽ(*゜▽。*)ノ?????



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 20:09 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中秀臣とかいう5流大学のクソハゲを完全論破する!!

 国家戦略特区BLOGのみぬささんがストレステストと称した例のチャンネル桜の経済討論を1時間目までみました。いやぁ、マジで反吐が出ますね・・・ストレスが溜まりすぎてこっちまで禿げそうです。

 まあ、討論の感想はおいおい書いていくことにして、今回も毎度恒例の一方的な勝利宣言をクソハゲがやっていたので、それもサクッと論破していこうかと思います。もう、最近は頭の体操みたいな気分でやってますよ(笑)




1)の「まだ完全雇用ではない。」という点は同意しますが、2)の「完全雇用に向かう段階では量の改善は質の改善を必ず伴う」は間違い。いざなぎ景気越えと呼ばれ失業率がかなり改善していた2002〜2006年においても、非正規雇用率は増加し続け平均年収は下がり続けました。















ここで、ドヤ顔で、直近のデータで情勢は改善をみせはじめているとツイートしてながら添付してる資料をみると笑ってしまいました

1 雇用形態
・正規の職員・従業員は3305万人と,前年同期に比べ10万人の増加。7期ぶりの増加。
 非正規の職員・従業員は1952万人と,44万人の増加。7期連続の増加
・役員を除く雇用者に占める非正規の職員・従業員の割合は37.1%と,前年同期に比べ
 0.4ポイントの上昇。7期連続の上昇
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/dt/pdf/2014_3.pdf


非正規雇用の方が圧倒的に増加しているんですね。ちなみに、先の表で見たように、非正規雇用率の上昇は平均年収の低下を招きます。

 ちなみに、田中は「完全雇用に向かう段階では量の改善は質の改善を必ず伴う」と、これまたドヤ顔でツイートしていますが、実際には、近年で非正規雇用率が低下したのは、リーマンショック後の2009年と震災の後に不景気に陥った2012年、これははっきりと確認することはできないのですが、もしかしたら不景気に伴う従業員の解雇の際に非正規の従業員が優先的に解雇されたために非正規雇用率が一時的に低下したのかもしれません。

 仮に、この推論が当たってるとしたら、なんと皮肉にも雇用の増加が質の改善を伴うのではなく、雇用が減少し非正規雇用の従業員がリストラされることで質の改善が起こるということになります(笑)

 まあ、そんなワケで、もう田中先生は不愉快ですのでメディアに出演して不完全でデタラメだらけインチキ経済理論など披露せずに、偏差値の低い学生たちと一緒にAKBの話でもしてて下さい。

 最後にAKB大好き田中先生のためにこじはるの画像でも貼っておきます。あ、でも汚らわしいので、このブログ画面を見ながら自慰行為とかはやめてくださいね(´・ω・`)






↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 19:15 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍「アベノミクスでデフレ脱却目指します!!」⇒スタグフレーション突入⇒現在 最悪のスクリューフレーション突入か?

「アベノミクスでデフレ不況脱却!!」と威勢の良い声を上げていたのも今は昔・・・どうやら、現在すでにスタグフレーションを超えて最悪のスクリューフレーションに突入しているっぽいです。

 インフレ状態で経済が低迷する状況がスタグフレーションで、賃金が上がらずに物価と金利が上がる状況はスクリューフレーションと呼ばれます。大阪経済大客員教授の岩本沙弓さんは、スタグフレーションとスクリューフレーションとの違いを次のように説明しています。

景気が低迷し、インフレが進む「スタグフレーション」と似ていますが、最大の特徴は「中間層の貧困化」(スクリューイング)を伴うことです。
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/457.html


さて、現在の日本は、消費増税と円安による輸入物価の上昇により物価は上昇しています。そして経済はマイナス成長で実質賃金は下がり続けています。







そして、総資産1億円以上を持つ富裕層世帯数が100万世帯突破する一方、貧困層の割合も増加を続けます。







金利の上昇を除けば見事にスクリューフレーションの条件を満たしています。
ちなみに、貧困の増加は子供の教育に多大な悪影響をもたらします。「愛国心教育」「正しい歴史教育」とか無意味なスローガンを掲げた教育改革(愛国心洗脳教育改革?)なんかより、貧困問題を解決する方が余程教育の水準と質を高めるでしょう。




国民を貧困化させる一方で、洗脳的な愛国教育を進めていき、軍事力の増強に重点を置くって、まんま北朝鮮ですよねw日本の韓国化に対して警鐘を鳴らし続ける三橋さんの次の著作は是非『安倍政権で北朝鮮化する日本!!」とかにしてほしいです(笑)



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:44 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【リフレ派終了のお知らせ】高橋洋一のゴミクズセオリーをクルーグマン スティグリッツらノーベル賞経済学者が完全否定

 なんか、未だに金融緩和万能論者が存在するらしいので(噂によると、未だに時計泥棒は金融と財政の割合は3対1くらいにすべきとか言ってるとかなんとか・・・)、今回は金融緩和の有効性を否定する識者の発言をいくつか紹介。


ノーベル経済学者

ユージン・ファーマ教授「量的緩和は無意味だ。FRBは長期国債などを買って
資金供給しているが、お金は準備預金として積み上がっている。FRBが超過準備に
金利を付けているのが一因。つまりFRBは長期の債券を買い、短期の債券を
発行しているのと同じ。無意味な行動だ。FRBは働いている“ふり”をしているだけだ。
今回の景気回復が、1930年代以降で最も鈍いことが、すべてを物語っている」

ラース・ハンセン教授「専門家は金融危機の前まで、金融市場の混乱が実体経済を大きく
振り回すことは避けられると考えていた。だから金融危機は専門家を驚かせた。
多くの経済モデルに穴があることが分かり、金融市場とマクロ経済をつなぐモデルは、
とりわけ欠陥が明確になった」
「政策金利がゼロとなった後の対応に関しては多くの研究がある。ただ、個人的には
金融政策でできることはすでに限られているとみている。大事なのは先に挙げた金融市場の
監視・監督、そして財政問題だ」

ジョセフ・E・スティグリッツ教授「量的緩和はすごく大きな効果はなかった。
緩和縮小もすごく大きな効果はありそうにない。それがすごく大きな効果を生まなかった
理由の一つは、まだ金融機関を完全に修理できていないので、蛇口をひねっても給水が
上手く行かないからです。マネーはアメリカで必要とされる所までたどり着かない。
だから、SME(Small Medium-sized Enterprize)貸出しは危機以前より20%にも
下回っている。FRBの流動性を増やそうとする必死の努力にもかかわらず、
想定された効果を生むには至ってない。」

ポール・クルーグマン教授「日銀はそれを大いにやった:2000年から始めて、3年間でマネタリーベースをほぼ倍増させた。
ところが金はそこからまったく動かなかった。銀行は実際には融資を拡大しなかった。
それどころか、日本の経験はマネタリズムへの反証の重要な要素となる。流動性の罠にいるときは札を刷ってもまったく効かないのだ。」


国内では、服部茂幸教授が、金融緩和による経済の拡大効果は小さいとして次のように述べています。

金融緩和は「財政ファイナンス(財政の穴埋め)として財政を支えるため、ある程度必要」としつつも、長期金利がすでに史上最低水準にあるため、日銀による国債買い入れをこれ以上拡大しても効果は少ないとした。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J50L320141121


 金利がほぼゼロ金利の状態で、量的緩和を実行しただけで、何故か期待インフレ率が上昇し、そして何故か企業が設備投資を増やして借入金も増やすそうなのですが、そこに至る中間ロジックが全く謎です。

 討論で、青木泰樹さんが、金融緩和の実体経済への効果について具体的に教えて欲しいとの質問に対し、高橋氏が、「経済学の基本だからー」だの「フィリップス曲線がー」だの「FRBが雇用に責任を持っているのがー」だの色々と詭弁を弄していたそうですが、これでは全く具体的なプロセスの説明にはなっていません。さらに言えば、そのFRBの働きも、
「FRBは長期の債券を買い、短期の債券を
発行しているのと同じ。無意味な行動だ。FRBは働いている“ふり”をしているだけだ。
今回の景気回復が、1930年代以降で最も鈍いことが、すべてを物語っている」
とただのはったりに過ぎないと一蹴されています。つまり、実際には雇用に関してなんの影響も持ちえないにも関わらず、責任を持っているかのような振りをしているだけなんですね。

「じゃあ、金融緩和による円安効果はどうなんだ?!」と思った人もいるでしょうが、こちらも思ったほどには経済にプラスのインパクトは与えませんでした。先の服部茂幸教授のインタビューを見ると円安になっても日本経済にプラスのインパクトを与えなかった理由としてこのように述べています。

輸出が伸びないのは円高が理由ではなく、空洞化や新興国のキャッチアップなどが問題とわかった。そもそも政策に取り掛かる前の診断の段階で、誤診があった

よく、「アベノミクスの円安効果で韓国経済に大打撃を与えた!!」と大喜びしている馬鹿がいますが、残念なことにアベノミクスの円安効果は、韓国経済に打撃を与えるのと同時に、日本国内の内需企業にも大打撃を与えました。肉を切って骨を断つというやつですね。韓国と無理やり心中させられた中小企業経営者が可愛そうに思えてなりません。





実業界からもすでにこれ以上の円安の悪影響を懸念する声が上がっています。

経団連会長「これ以上の円安は日本経済にマイナスの影響」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29H8T_Z20C14A9000000/
「円安はデメリット」5割 東大阪の中小企業調査
http://www.sankei.com/region/news/141115/rgn1411150035-n1.html



まあ、金融政策が全く無意味というつもりはありません。一定の条件を満たせば通貨安は自国経済にとって有利な要因となりますし、金融危機の際には緊急支援は不可欠です。それから、日本の場合、財政ファイナンスの手段として日銀の国債引き受けは大いに効果を発揮するでしょう。しかし、「ヒモでは押せない」という有名なセリフが示している通り、果たして金融緩和自体に景気の押し上げ効果があるのかと言われればそれは相当に疑問です。



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 15:11 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻想のアベノミクス

 先ほど、ツイッターで、解説画像付きで、
「アベノミクスの素晴らしい成果は安倍信者の脳内だけにある」という結論に達しました
とツイートしてみたところ、次のような反論(?)のリプライが返ってきました。




笑ってしまったのが1枚目はなんと、昨日3000文字近くかけて徹底的に反論&解説した上念司が出していた表なんですね(笑)
(詳しくはこちらの記事を参照⇒『この詭弁ペラリズム?!Σヽ(゚Д゚○)ノ上念司から学ぶ反詭弁学入門』http://achichiachi.seesaa.net/article/409666418.html

 そして、2枚目に関しては、「給与所得者全体の実質賃金が下がってるのに、わざわざ大都市圏のパートアルバイトの平均時給なんて細かい数字を出されても、そりゃあ、細かく探せば改善してる数値の一つや二つあるだろ!!」といった感じに反論しようと思ったのですが、よく見てみると・・・

8円上昇って実質ベースではメッチャ下がってるやんけ!!Σ(゚д゚lll)

っていう・・・反論する前に完全に自滅ですね(ニッコリ)

というワケで、彼は反論のためにリプライを送ったのかもしれませんが、図らずも結果的に「アベノミクスの素晴らしい成果は安倍信者の脳内だけにある」ということが、あらためて証明されることとなりました。

 それから、最後に彼にひとつだけアドバイスを送っておくと、
「マスコミが橋下氏のネガキャンをやっている。まさに安倍政権が倒された時のように。維新は利権構造の解体を党是とする政党である。良識ある国民が早く覚醒することを願う。」
などという自己紹介文を掲げておきながら、ニュースセブンのキャプチャー画像を出して、「これがアベノミクスの成果だ!!」とやるのはあまり賢い方法ではないと思うぞ・・・と。いや、もしかしたら彼は、逆にNHKが「首都圏のバイトの平均時給が名目8円しか上がっておらず実質値では低下している!!」とアベノミクスのネガティブキャンペーンをやっているということを伝えてくれようとしたのかもしれませんが・・・。



↓飯田泰之と柴山佳太さんのラジオ番組について解説しました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 02:45 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。