新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年11月21日

見苦しき豚に絶望をあげたい・・・

↓某スレで話題になってたコチラの動画をさっき観てみたのですが・・・



水島社長の番組なんですが、いやぁ、予想以上に酷かったですね・・・。未だに、アベノミクスは野田政権の時より経済を良くしたとかなんとか、しかもその根拠が、物価上昇と失業率の改善なのだから呆れます。こちらのブログ読者の方には説明の必要はないかもしれませんが、まず第一に物価上昇は消費税増税が最大の理由です。消費税増税によって物価が上昇するという現象は97年の増税時にも発生しました。が、ご存じの通り、その後日本経済は長期デフレ不況&ゼロ成長時代に突入します。それから、失業率の改善に関しては、小林よしのりも指摘していますが、大きいのは団塊世代の引退による人手不足と安くでコキ使える非正規労働者の増加が主な要因であって、アベノミクスとは何の関係もありません。

【アベノミクス】雇用増の実態、若年層の半分は非正規…正社員はほぼ変わらず、シニア世代の非正規社員が大幅増
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416468397/l50

【政治】アベノミクス・・・正社員1ヶ月で17万人減少ってヤバイよね
http://kensoku2ch.blog.jp/archives/1009049756.html


つまり、年寄りで賃金の高い団塊世代が引退して、その分が、高齢者と若年層の非正規社員に置き換わってるだけなんですね。こんなもん、団塊世代が引退する時期には何もしなくても勝手に発生する現象です。

 正直言って、株価の上昇を除けば、アベノミクスの成果として喧伝されてるのはこんな数字のマジックばかりですよ。ちなみに、以前発表されたニートの3万人減少という数字もこれと同じ類のマジックです。

【国内】政府発表「ニート3万人減少」→「35歳を超えただけ」「しょぼいごまかし」「手柄を捏造するな」 批判殺到★2
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1402149868/


コチラも、簡単に解説すると、要は、政府はニートの定義を15歳〜34歳の「若年無業者」としているのですが、逆ピラミッド型の人口構成の問題で、34歳から35歳になる(ニートの定義から外れる)人間の数と、14歳から15歳になる(ニートの定義に入り得る)人口の差が40万人いるので、やはりこちらも放っておけば統計的にはニートの人数は減少し続けるというワケです。ほとんど詐欺話ですね(;^ω^)

 それから、まだ話題を戻して水島氏の発言で気になったのが、中盤あたりの、
「日本人はちょっと経済が悪くなったり消費税が数%上がったくらいで自殺するような惨めな民族なのか?」
というコメントです。

 まず第一に、これは死者に対する明らかな侮辱であって、この発言だけで水島氏が普段、歴史だの伝統だの祖先だのがなんちゃらかんちゃら言ってる発言が、全て建前に過ぎないことが分かります。死者に対する経緯のカケラも感じられません。ここまではっきり言うのであれば、是非とも、97年の消費税増税時に、職を失い、あるいはそれによって一家離散などの状況に陥り絶望して自殺していった方たちの遺族の前で、「彼は、たかだか消費税が2%上がったくらいで自殺した惨めな負け犬だ!!」とでも言ってきて欲しいものです。

 消費税で物価が2%上がったことで食糧が買えなくなり自殺したり餓死した人間はいないかもしれません。しかし、問題は、消費税増税による経済の悪化で失業した会社員や、中小企業の経営者が自殺したり一家離散する可能性があることです。『ゾンビ経済学』では、例えば10%GDP減少しても、「皆の給料が10%減るだけで、それほど深厚な問題にはならない」というような主張をする人間に対してこのように反論します。まず、第一に経済悪化の影響は皆に平等に降りかかるわけではなく、それは富裕層には軽く、対して貧困層により重くのしかかるということです。具体的にはリストラや中小企業の倒産、あるいは単純労働の労働者の賃金が上昇しなかったり、さらに押し下げられたりという問題です。「不況や経済の縮小などは大した問題ではない。という主張はその不況によって失業した人間には絶対に受け入れられない」と。

他にも、

是々非々であります
政治であります
もう一つ言うと
見とかなきゃならない
阿倍さんしかいない
蠅です馬鹿みたいに言う連中です
アベノマワリガー
朝日のようなマスゴミがー

と聞き飽きたセリフを繰り返していて本当にウンザリさせられたのですが、中でも、「安倍はあと3年で憲法改正の道筋をつけるつもりだ」みたいなセリフを聞いた時には、運転中だったにもかかわらず頭がクラクラしました・・・。経済は最悪、拉致問題も、日米関係の改善も進まず、これだけ多くの災害が発生しても放置で、ろくに老朽化したインフラの整備すら行えない始末。こんな状況で憲法改正なんてまだ夢みたいなこと言ってるのか?と。

 この話を聞いて思い出したのですが、Twitterでは、こんなジョークがあります。

「恋愛においてルックスは地方の予選大会、中身は甲子園みたいなもんだ」
「つまりルックスより中身の方が大切ってこと?」
「いいや、ある程度ルックスが良くないと(予選を勝ち抜かないと)、中身なんて見てもらえない(本選に勝ち残れない)ってことだよ」

私は、現在の日本と世界の状況を考えれば、経済問題は少なくとも最優先課題の一つであると思っているのですが、もし仮に、憲法改正と戦後レジーム脱却が本丸で、経済問題はサブの問題に過ぎないとしても、結局、経済問題という予選をクリアして、国民の支持を得なければ、憲法改正、戦後レジーム脱却という本選には進めないワケです。

 そもそも、このまま経済が弱体化していって、まともに軍事費に予算も割けないような状況で、憲法だけを変更して戦える国にしたところで、無意味であるどころが、むしろ有害ですらあり得ます。憲法改正と、軍事力の強化と、経済の強化はあたかも三位一体であるかのごとく、どれ一つとして欠かすことの出来ない決定的な要素なのだと考えるべきでしょう。

 結論をまとめると、要は水島社長もただの安倍信者に過ぎなかったということでしょう。震災時には、民主党政権の対応のまずさと、復興が一向に進まなかったことを徹底的に批判していましたが、もし震災が起こった時に首相が安倍だったとしたら、被災者に、「住宅と食糧はあるのだから文句を言うな!!」と吐き捨て、震災復興の遅れを指摘する論者に対して、「蠅です馬鹿みたいに言う連中です」とでも言っていたのではないかと思います。

 とりあえず、今すぐ「日本を主語とした国民運動」の看板を下ろして、「安倍を主語とした国民運動」に変えてほしいですね。

自己と他者の壁を超越しろ!!安倍がなければ皆安倍だ!!安倍が私で私が安倍なのであります!!自分が安倍と一体化して今すぐ特攻なのであります 

(* ̄ノ ̄)/Ωチーン




↓韓国人のキムさん(仮)に在特会会長桜井誠と大阪市長橋下徹のガチバトルについての感想を聞いてみました!!Youtubeチャンネル登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






ASREADに寄稿しました!!『21世紀の貨幣論』の議論を参考に経済自由主義と人間の自由との関係性について考察しました!!⇒経済的自由主義はマネーへの隷従の道? http://asread.info/archives/1253


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:26 | 神奈川 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。