新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年10月06日

愛の反対は?

「愛の反対は無関心」とは、マザーテレサの言葉として有名ですが、これってよく考えるとおかしくね?ということで、少し反論してみようかと、かなり屁理屈っぽい内容になるので、詭弁や屁理屈が嫌いな人はスルー推奨です( ̄Д ̄;;

 まず、最初に以前の書いた記事(『WJFの多元論批判及び、二元論批判批判』http://achichiachi.seesaa.net/article/406407312.html)のおさらいになるのですが、仏教の考えでは、人間の抱くあらゆる思想や観念や概念は対になる概念を持ちます。つまり、「高い」が、あるから「低い」があり、「重い」があるから「軽い」があり、「善」があるから「悪」があるわけですね。このように、考えると、やはり「愛」の反対は、「憎しみ」とか「嫌悪」とかになるわけです。

 しかし、マザーテレサは、「愛」の対概念は「無関心」(※注 現在好評発売中の『無韓心』とは関係なありません)だと言っているのですけど、やっぱりそれって違うと思うんですね。まず、一つ、非常に簡単な証明方法として、「無関心」の反対は、やっぱり素朴に考えれば「興味」とか「関心」になるわけであって、「愛」にはなりえないということを取っても、やはり「これってやっぱり違うんじゃね?」と推測できるわけです。つまり、「愛」と「無関心」とはそもそも全然性質の違うものであって、いうなれば、「高い」の反対は「寒い」だ!!とか「美味い」の反対は「低い」だ!!とか言ってしまうくらいに見当外れなんですね。

 それでも、なんとなくこの「愛の反対は無関心」という言葉が一般に広く受け入れられ、しかも、ある程度直観に合致するのには理由があって、「愛」とは「関心」に包括される概念だからです。つまり、「無関心」の対概念である、「関心」に包括される概念であるがゆえに、「愛は無関心の対概念だ!!」と言われると「なるほど!!」と思ってしまうんですね。でも、それってよく考えると、「辛いの反対は無味だ!!」とか「臭いの反対は無臭だ!!」っていうのと同じくらい無意味な考え方であって、やっぱり普通に考えれば、「辛いの反対は、甘いだろ!!」とか「臭いの反対は良い匂いだろ!!」とかなるわけです。

 それから、やはり、この考え方を採用するとおかしくなるのは、「愛の反対は無関心」が真だとすると、「憎しみの反対は無関心」なんてことも真だということになって、そうなると、「愛も憎しみも無関心の反対なのだから、愛と憎しみは同じものだ!!」なんて無茶苦茶な結論にもなってしまうわけです(まあ、J−POとかの歌詞でよくありそうなフレーズですがw)。でも、それって結局、「無の反対は有だ!!」というなんてことない結論なワケで、一見奥が深そうに見えて、物凄く浅〜い観念なんですね。なんとなく、マザーテレサって胡散臭いなと思ってる人はもしかしたら、潜在的にこの心理トリック的なものの胡散臭さを見抜いているのかもしれない(笑)

 まあ、そんなわけで、今後もしたとえば恋人が少し物憂げに「愛の反対は無関心なんだよ・・・」なんて、言ってくることがあれば、一言「いや、それは違うな!!」と言った後に、このロジックを用いて完全論破してみてください。わずかに残っていた愛も見事に吹き飛び、そこには荒涼とした無関心もしくは嫌悪感が立ち現れるはずです。

 結論・・・「愛の反対は無関心」という言葉は(一部真理を含みつつも)論理的には間違っているが、それを論破したところで何も得しない


↓チャンネル桜と朝日新聞の仁義なき戦いについて解説しました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






ASREADに寄稿しました!!民主主義と政治団体の意義について解説しました!!⇒何故移民政策は止められないのか?〜民主主義が心肺停止する日〜 http://asread.info/archives/1133


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 22:23 | 神奈川 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

供給制約があるから公共事業は増やせない!!の嘘〜上念先生がまたしても論破されてしまった件〜

 一体、この人は何回論破されれば気が済むのでしょうか・・・┐( ̄Д ̄;)┌????

(以下、全部読むのが面倒なせっかちさん&超多忙な方のために要点だけ説明すると

1 またしても、上念司がTwitterで「供給制約があるからこれ以上公共事業は増やせない!!未だに公共投資を増やせと言ってる連中は現実が見えてない馬鹿だー!!」と叫んでいる

2 それに対してか、藤井聡さんがFacebook上で、実際の公共事業の建築資材の価格のグラフを提示し、海外から輸入している資材価格は為替と原油価格に依存して上下しており、国内で調達可能な資材の価格はほとんど変動していないことを提示

3 さらに、公共投資の増加が、民間の投資のリソースを奪い取るカタチで民間投資を阻害しているという説もあるが、現実には、公共投資を行う業者と民間の建築を行う業者は棲み分けがなされており、現実には両者がリソースを奪い合っているとは考えにくい

4 よって、現在の状況が供給制約による建設費用の増大を招いているとは考えにくい)

てな感じです)


11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/10/06(月) 10:30:43.68
上念 司 @smith796000 1時間前
“コンクリートから人へ”は巡り巡って振り出しへ 古い公共事業を復活させる「国土強靭化」への懐疑
相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/53964
→供給制約も無視してギャーギャー言ってたらこういう批判を受けても当然かもな。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/10/06(月) 10:31:51.06
上念 司 @smith796000 1時間前
“談合”は鳴りを潜め、今やアベノミクスで入札不調へ 義憤のタレコミも懐かしい有為転変の公共工事事情
相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記|
http://diamond.jp/articles/-/43302

1年前の記事ですが状況変わってないと思う。
現場を取材している人にはこんなの常識か。

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/10/06(月) 12:01:58.84
ゲスの極み!

上念 司@smith796000
いや、むしろ現実が自分の思想や理論に乖離してきたから哲学に逃亡したのかと。
RT @Razor_027: 保守だの哲学だの言う人間が最も供給制約という「現実」を無視するという欺瞞。そりゃ政府内で干されますわ


↑これに対する藤井聡さんの見事な反論がコチラ




藤井 聡
過日ご紹介した経済財政諮問会議の民間議員の指摘の中には,「公共事業のやりすぎで,建設資材も高騰し,それが,民間の建設投資の阻害要因となっている!」というものがありました.

これは,この民間議員の指摘のみならず,一般のメディアでもよく言われることなのですが....よくよく調べてみると,そういう事実は「存在しない」というのが,正しい姿のようです.

下記グラフは,建設資材の値段の推移,です.(出展:http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/K00360/taiheiyouokijishinn/kasoku1/140927shiryou1.pdf

「赤い線」の資材は,輸入ものなのですが,この値段は上下しています.が,これは,ほとんど「為替」と「原油価格」に依存して変動している様子が分かります(なお,上記の公開情報には,為替と原油価格の推移グラフも掲載されています).

一方で,「黒い線」の資材は,国内調達可能なものなのですが...これについては,ほとんど価格は変わっていません.

つまり! 

このグラフを見る限り,よく言われる「建設資材が,公共事業のやり過ぎで高騰している」という事実は存在していないとしか思えない...という次第です.

イメージだけで,重要な国策の方向が決められてしまう,というような事が無いように....是非とも,正しい情報を,一人でも多くの皆さんにご理解頂きたいと思います.

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=569134109854203&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&theater





藤井 聡
重ねての情報提供ですが,「クラウディングアウト」(公共事業が多くて,建設業者が忙しくなって,民間が投資しようとしても投資できなくなっている!という民間議員,メディア等が主張する現象)にについて先に紹介した公表資料に,大変わかりやすいグラフがありましたので,ご紹介です.

左のグラフ⇒「公共投資の大半が『土木』,だけど,民間投資の大半が『建築』」
右のグラフ⇒「建設業者の大半が,土木だけ,あるいは,建築だけの仕事をしている,というのが実態」

(※ 右下のコメントは,「土木と建築の双方をやっている業者(主としてゼネコン)ですら,土木と建築の下請け業者が棲み分けされている」事を示唆.なお,ゼネコンの「中」ですら,土木と建築の技術者は,ほぼ完全に分かれています!)

要するに,「土木(橋や道路等)と建築(ビルなど)では業者が違うので,クラウディングアウト=公共事業による民業圧迫は起きづらい」というのが実情なわけです.

以上,ご紹介まで.
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=569305533170394&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&theater


 もう、これは刃牙ばりに、
「アンタはもう――――……………」
「評論家(コメンテーター)として終わりなんだよッッ」
と言いたいところですね。

 さっさと、評論家は引退して新進気鋭のフィットネスクラブインストラクターとして詭弁柔術でも教えてればいいんじゃないでしょうか?

 とりあえず、今回の議論で判明したことは、最大の供給制約は、資材価格の高騰でも人件費の高騰でもなく、むしろ、千年一日のごとく「供給制約がー」と騒ぎ続けてる連中こそが最大の供給制約になってるってことですね煤i; ̄□ ̄A


↓チャンネル桜と朝日新聞の仁義なき戦いについて解説しました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






ASREADに寄稿しました!!民主主義と政治団体の意義について解説しました!!⇒何故移民政策は止められないのか?〜民主主義が心肺停止する日〜 http://asread.info/archives/1133


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 22:14 | 神奈川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。