新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年10月02日

WJFの多元論批判及び、二元論批判批判

 今回は、あまり関わりたくない人ランキング暫定王者のWJFの「多元論」論について批判したいと思います。ニコ生では「言論人が特定の政治家や利益団体と結託することの是非」についてのWJFとの見解の相違についても何度か喋っているのですが、そっちは文字にすると結構骨が折れるので、今回はWJFがよく述べている(らしい)「多元論」について私なりの考えを述べて、そのうち時間がある時に、「言論人が特定の政治家や利益団体と結託することの是非」についても解説したいと思います。

 まず、最初に述べておくことが、私自身は、WJFの述べている多元論的認識についてちゃんと説明を読んでいるわけではありません。なので、厳密な批判は出来ないということと、おそらくWJFはこういう意味のことを述べているのでだろうという推測のもと批判を展開します。

 ええと、WJFは聞くところによると、多くの人々が陥りがちである二元論、つまり二項対立的な思想を嫌い(例「日本の保守派の言論人は愛国者で良識派のリアリストで、左翼は平気でデマを垂れ流して反日的な言説を垂れ流す売国奴だ!!」「安倍首相を応援する人たちは愛国者で良識派でリアリストでバランスの取れた思考能力の持ち主で、反安倍の人間は売国左翼か、保守の振りをした似非右翼だ!!」等々)、より柔軟で多様性を持った思考である多元論的な思考を身に着けることが重要であると考え。多くの二元論的な思考しか出来ない哀れな言論人や文化人、あるいはニコ生主やブロガー共を批判しては、自身の思考能力の優位性を誇示しているそうです。

 しかし、ここで少し考えてほしい点が一つあって、実は人間の思考や認識は本来、究極的には二元論的にしか物事を捉えられないという点です。例えば、仏教では、人間の持つことの出来るあらゆる認識や概念は全て対になる概念を持つという考え方があります。つまり、熱いという概念には冷たいという対概念が存在し、高いという概念には低いという対概念が存在する。つまり、人間の概念や認識は分解していくと究極的には、必ず一つ(あるいは複数の)対概念を持つ二項対立的な概念に行きついてしまうわけなのです。

 では、「人間は多元論的思考は不可能なのか?」と問われれば、その答えは「ノー」です。簡単に言えば、本来二元論的である認識や思考や概念を複雑に組み合わせることによって、特定個人の持つ認識や思考をトータルには、複雑で豊かで奥深い(あるいはそのように見える)多元論的思考にすることは可能です。例えば、絶対的な二項対立的を段階的にしてみたり、グラデーションにしたり、あるいは横軸のみで二象限にしている認識や区分に縦軸を加えて四象限にしたり、さらに高さの軸を加えて三次元的構造にしたり、さらにはそれを組み合わせたり、新たな概念を追加することによって、より複雑な認識形態にしたりと、人間の認識は(理論上は)無限に複雑化していくことが可能です。

 しかし、一見どれだけ複雑に見えても所詮それは二項対立的な概念の複雑な組み合わせ形態に過ぎないため、その複雑な認識の二項対立的な要素を抜き出して「彼はこのような二元論的な認識に陥っている!!」と批判することは可能です。ちなみに、この論法を使えば、(理論上は)如何なる概念も全く同じ形態による批判が可能になります、「彼はA=A’とB=B’という二元論的思考に陥っている!!」というカタチで、つまり、一見有効に見えるこの二元論的批判も実際にはほとんど意味を持っていないんですね。いうなれば、木と鉄筋とコンクリートとプラスチックで出来ている家のプラスチックの部分を取り出して「この家はプラスチックなんかで出来ている!!こんなプラスチックで出来ているなんて全くダメな家だ!!」と批判するようなものです。まあ、ちょっとした心理的テクニックみたいなものですね。タネ明しをしてしまえば実に単純で「なんだ、そんなことだったのか・・・」とがっかりしてしまうような小細工ですが、WJFブログの読者であれば、「二元論=悪 多元論=正義」という(それこそ二元論的な)認識が染みついているでしょうから、意外と有効でコロッと引っかかってしまうのではないかと推測します(もちろん、WJFブログ読者にも色々な人がいて、「そんなこと、とっくにお見通しよ!!」という方もいるでしょうが)。

 さらに、付け加えると、人間は自分の考えを他者に説明しようとする際には、どうしても二元論的な傾向が強くなります。つまり、先ほど述べたような非常に複雑な二項対立的な概念の組み合わせによる認識をそのまます全て余すことなく説明をしようとすると、その内容が膨大になってしまうだけではなく、説明を受ける相手は内容も理解しにくいし、何より(説明する側には分かっても)いくつもある論点のうち、どれが最も重要な論点で、どれが比較的重要度の低い論点なのかが理解できないのです。ですから、どのような複雑な認識や理論も、他社に説明する際にはできる限り論点を絞って単純化します(ちなみに、過度にスピードや効率性や分かりやすさが重視されがちな現代社会においては、これが出来ない人物は、往々にしてバカあるいは、何が言いたいのかよくわからない人というレッテル貼りがされます)。なので、この説明のためにある概念を便宜上単純化した瞬間こそ、二元論批判の絶好のチャンスとなります。ちなみに、WJF以外にも、上念司氏などはこの手法を得意としていて、説明のために便宜上単純化して説明の部分を抽出して「○○は間違っている!!!」とやることが非常に多いです、大抵の場合、このテクニックを使う際には「正確に引用しない」という手法も合わせて用いられます。

 まあ、別に「こんな卑劣な心理テクニックを用いているWJFはけしからん!!」とか批判するつもりもないのですが、まぁ、どんな言論人などの話を読んだり聞いたりする際にも、100%鵜呑みにしたりせず、時にはこんなふうに注意しながら読んだり、聞いたりしてみるのも良いですよ。と、最後に物凄く凡庸なアドバイスを添えて終わりにしたいと思います。


↓チャンネル桜と朝日新聞の仁義なき戦いについて解説しました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






ASREADに寄稿しました!!民主主義と政治団体の意義について解説しました!!⇒何故移民政策は止められないのか?〜民主主義が心肺停止する日〜 http://asread.info/archives/1133


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:59 | 神奈川 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。