新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年09月09日

希望的観測にすがりつくのをもう止める!!

 先週のチャンネル桜の討論で三橋貴明さんが凄く良いことを言っていたので紹介したいと思います



 三橋さんの発言を簡単にまとめると、要は「安倍さんが何か、アメリカやグローバルな金融資本や国内の改革派の連中に媚びたりおもねるような発言をした時に、今までは、色々な力関係を考慮したうえで、仕方なく発言しているのだろうと思ったが、もうそういうのは止めた。これからは、政治家が何かを発言したらそのまま受け取ることにする。」とのことです。

 特に、何故そうするのか?という点が非常に重要で、何故なら「まず、第一に政治家が『本当に』何を考えているのかなど確認のしようがない。次に、安倍さんは本当はTPPや構造改革の危険性や株価最優先の経済政策の危険性に気づいていながら、あえて様々な事情を考慮して本音とは違った話をしているという希望的観測のもとに評論を続けたら、もしそうではなかった場合大変なことになる。一方で、もし本当に色々なことをしっかりと考慮に入れて発言をしていたとしても、「ああ、良かった安倍さんはちゃんと理解してたんだ」で済む」と。

 これは全く正論だと思いますね。希望的観測のもとに、楽観的な未来予想をして危機対応が遅れれば、それは大惨事に繋がりかねないけれども、一方で、悲観的な予測をして、様々な危機を想定しておいた場合、予想が当たっても、最悪な事態を回避できるかもしれないし、予想が外れて思ったより良い方向へ向かった場合は、「ああ、良かったですね」で済ますことが出来る。

 まあ、これは明らかに水島社長の「面従腹背論」や「大石内蔵助論」「日本人の底力論」に対する当てつけという嫌味だったんですけど、水島社長は気づいてくれたんですかね?(ちなみに、これらは全て、「俺は本気だしたらスゲーから!!」とか言ってるダメ男と全く同じレベルに聞こえるんですがどうですかね?ちなみに、私の知り合いで事あるごとに「俺は、本気になったら凄いから!!」とか「いつか皆俺の凄さがわかる時が来る!!」とか言ってた奴は、大学卒業後何年もフラフラした挙句現在また親の金で大学行ってます・・・果たしていつになったら彼の凄さを見せつけてくれるのか?今か今かと、かれこれ5年ほど待ち続けております)

 しかし、今回の討論で、冒頭の「今回の組閣は玄人受けする内閣」「安倍は徳川家康」発言はさすがに笑ってしまいました。組閣人事に素人ウケと玄人ウケがあるなんて初めて知りましたよ!!やっぱりチャンネル桜は観ていて勉強になるなぁ・・・(遠い目)


↓渡邉哲弥さんの建設的な提案(煽り)について解説しました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:28 | 神奈川 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日編集局長「慰安婦問題の問い合わせは批判ばかりで、強迫めいたものもある!!それでも朝日新聞は正しいことを言いつづける。」

 本当はいちいちネトウヨじみたマスコミ批判とはしたくもないんですけどね。ただこれはあまりにも酷いと思ったので・・・

朝日内定者イベント 慰安婦報道への学生質問に会場静まった

「8月5日、6日の検証記事などで慰安婦問題が話題になっていますが、それについてどうお考えですか?」

 8月11日に兵庫県内のホテルで開かれた朝日新聞社の内定者イベント。ある男子学生が放った質問に会場は一気に緊張感に包まれた。

 朝日が主催する夏の全国高校野球選手権を見学し、その後に幹部社員の講義を聞くという「甲子園見学会」と呼ばれる毎年恒例の研修での出来事だ。

 講義のテーマは「朝日新聞と高校野球」。イベントは終始和やかに進んだが、講義後の質疑応答で飛び出した質問が、現場の雰囲気を急変させた。

 質問された講師は朝日新聞大阪本社編集局長だった。入社以来経済畑を歩み、2010年には日銀の白川方明総裁(当時)に「ゼロ金利政策」について単独インタビューしたスター記者である。

 この質問にはさすがに面食らったようで、しばし沈黙。その間「会場は息を呑むように静まりかえっていた」(内定者のひとり)という。

 やがて局長は「私は社長でもなんでもないので個人の見解として述べます」と前置きしてからこう話したという。

「慰安婦に関して問い合わせが多いのは事実です。そのほとんどが批判です。でも、朝日はいつも批判されるんです。批判というより脅しめいたものもあります。皆さんそれに耐えられますか? それでも私たちは正しいものは正しいと常に言い続ける必要があるんです」

 しかし、「正しいもの」が何であるかは具体的に言及することなく、「慰安婦問題というのはこれから一生ついて回るものですから、皆さんがしっかり勉強し、理解を深めた時にまたこうしてお話ししたいです」と語るにとどめた。

 先輩ジャーナリストがどう考えているのか注目した学生たちは肩すかしをくらった格好だ。参加していた内定者がいう。

「さすがに僕たちだって、この問題は各メディアを読み比べて勉強しています。吉田証言の誤報が朝日にとって致命的なことも分かっています。それなのに身内になる者に対して木で鼻をくくった態度には正直がっかりしました」

http://www.news-postseven.com/archives/20140908_275437.html


 朝日新聞がねつ造記事を(幾度となくその記事が悪質なねつ造であるということを指摘されていたにも関わらず)訂正せず放置し続け、それに対し謝罪すらしなかったことに対して批判しているにも関わらず、「慰安婦問題に関する問い合わせは批判ばかりで強迫めいたものもある」「正しいものは正しいと言いつづけなければならない」などと言われては、内定した学生ががっかりするのも仕方ないでしょう。ほとんど、まともなコミュニケーションが不可能なわけですから。

 藤井聡さんは、最近ことあるごとに「日本を良くするためにはまっとうな議論が必要だ!!」と述べていますが、残念ながら、現在の日本はまさにそのまっとうな議論がもっとも不足しているような状況にあると思います。たとえば、景気状況の認識に関しても4−6月期で年率換算7.1%のマイナスという最悪の状況においてすら、「消費者の節約志向がー」「雨が降ったからー」「ならせば成長しているー」「駆け込み需要の反動減を除けば成長しているー」「これは反動減だから、ここを乗り切ればV字回復ー」とわけの分からないことを言っているわけです。

 たとえ、経済が最悪の状況になろうが、政治が機能不全に陥ろうが、それでも国民つまり社会の成員一人一人の間で真っ当な議論がコミュニケーションが可能であれば、どれだけ時間がかかったとしても社会を良い方向に向かわせることは可能であるかもしれません。しかし、現在の状況は、まさにこのまっとうな議論が全く不可能な状況になっているため、社会を改善しようにもその取っ掛かりが全くないような状況にまで陥ってしまっているのではないかと思います。


↓在特会とかカリスマとかチキガイ朝鮮女とかの話です!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:39 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。