新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年08月20日

シリア日本人拘束事件著名人の反応アレコレ・・・

 以前書いた記事(『【緊急速報】シリアで拘束された日本人・湯川遥菜さん、既に 殺 さ れ た との情報が!!! 2ch住民がISISに情報を提供したせいで と ん で も な い 事態に発展!!!?』http://achichiachi.seesaa.net/article/403938008.html)で説明したシリアの日本人拘束事件ですが、様々な著名人がTwitterやネット上のコラム等で様々な見解を出していますのでいくつか紹介。

 まずは、漫画家の小林よしのりから

244 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/08/19(火) 12:34:13.03
小林よしのり コラム

●イスラム国に捕まった妙な邦人!同情する余地がない。首を切られたら後味が悪いから、無事救出されると良いですねと言っておく。

最近の日本人はわけがわからん奴ばっかりだ。
シリアで武器を持ってウロウロして、イスラム国の連中に捕まった民間軍事会社の男は、同情する余地がない。

今年5月ごろには自由シリア軍に拘束されているし、
せっかく助かったのに、今度はイスラム国に拘束されたらしい。
安倍首相が好きで、田母神氏とツーショットを撮ったりしているから、ネトウヨ系の奴だろう。

かつてイラクでボランティアとジャーナリストが捕まって人質になったことを思い出すが、
政治家や自称保守やネトウヨは「自己責任」とバッシングしていた。
彼らは善意の人物だから同情できたが、今回の人物はブログを見てみたら眩暈がした。

生死の境にある境遇の者を、死に追いやるような批判をすることは道徳的にまずいし、
首を切られたら後味が悪いから、無事救出されると良いですねと言っておく。


 いやぁ、良くも悪くも小林よしのりにしか書けない文章ですね(・_・;)しかし、紛争地域を巡って世界中を飛び回ってる人物を「ネトウヨ」と言うとは・・・最初は部屋に引きこもってインターネット上で中国と韓国の悪口を書きまくり「日本最高!!」とやたら自国を礼賛する層という程度の意味だったような気がしますが、世界中を飛び回ってる人物をネトウヨと言ってしまうと、もはやほとんどネトウヨという言葉がどのような人物を指すのかわからなくなってきます。あえて、定義付けするなら、「世間の人が思い描くネトウヨっぽい思想を持っていたり、ネトウヨっぽい活動をしている人」ということになるんですかね?つまり、みんなが「この人、ネトウヨだよね」と思うような人物はとりあえずネトウヨに相当するというフワッとした定義になるような気がします。

 ちなみに、
>今回の人物はブログを見てみたら眩暈がした。
とありますが、確かにブログの内容は酷いです・・・。

川島芳子と今の僕11(あれから1年)
http://ameblo.jp/yoshiko-kawashima/archive5-201312.html

僕の前世の記憶が戻ってから、1年が過ぎた。記憶が戻る

きっかけは、色々と不思議な出来事やタイミング、出会い

があり、思い出す事になるのだが...


芳子時代の前世では東條英機首相を始め、多くの

歴史的軍人などに出逢っているので、現世の僕も同じ様に

今後、出会って大きな役割を行う可能性があると話している。


なんかよく知りませんが、前世では中国の女性軍人で当時の中国政府の転覆を密かに企む革命家であったそうです^_^;

僕の運命は短命と解っているが、人生の内容が濃い!

そんな事で来年から未知の人生が始まる!


来年から始まる・・・とありますが、終わっちゃいましたね。あ、でも、なんか生存情報が入っているとか・・・

シリア反体制派「拘束の日本人は生存」 根拠は示さず

 シリア北部アレッポにいる現地司令官が18日夜、NGO幹部に「拘束された日本人男性は生きている」と電子メールで伝えてきた。ただ、その根拠は示されていない。

 日本外務省は「生存情報を含めいろいろな情報が飛び交っているが、(安否の)確認は取れていない」としている。
http://www.asahi.com/articles/ASG8M6K5LG8MUHBI02R.html


 普段は勇ましく、「俺は太く短い密度の濃い人生を送るんだ!!」と豪語しているような人間も、武装集団から拘束された後に、「俺は、医者で写真家だ」なんて言ってるところをみると、やはり、実際に自分が殺されるかもしれないという状況になると、嘘をついて命乞いをしてでも生き延びたいと願うようです(しかし、何なんだよ医者で写真家って・・・)。

 ちなみに、この記事の翌日の記事(http://ameblo.jp/yoshiko-kawashima/archive4-201312.html)では、こんな名言を残しています!!

≪ 今月のはるなの格言 ≫

『失敗を恐れず行動こそが成功する!』


「失敗を恐れず行動こそが成功する!(※成功するとは言ってない)」ってとこですかね?うーん、なんというか、ここまでくると小林よしのりの「シリアで武器を持ってウロウロして、イスラム国の連中に捕まった民間軍事会社の男は、同情する余地がない。 」という言葉にも一定程度共感をせざるをえないかもしれません。頭のイカレタ男が外務省が退避を勧告を出している地域にのこのこ出掛けて行って武装組織に捕まって騒ぎを起こした事件としか論評しようがないのは事実でしょう。これは、以前の記事でも紹介しましたが、渡辺哲弥さんは、そもそも、本当にまともなPMCであったのかということに疑問を呈しています。

342 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2014/08/18(月) 12:42:37.27
渡邉哲也@daitojimari
常識的に、防犯上の問題から、PMCは前線の人間の個人情報や顔写真は載せないです。
そんなことをすればテロや殺害の対象になりますからね。RT @miteruyo0: @daitojimari ふむ。

渡邉哲也@daitojimari
PMCビジネスとして機能していたのか疑わしいです。まぁ、名乗るのは誰にでもできる
RT @miteruyo0: @daitojimari 本当はPMCじゃなかった可能性が高いと言うことですか

渡邉哲也@daitojimari
基本的にPMCは各国政府(軍事支援)や大企業(警備や誘拐などのリスクマネジメント)が顧客であり、
実績もない個人の会社を使うことはない。傭兵的な立場ならわかるが、経営は無理でしょう。
RT @miteruyo0: 本当はPMCじゃなかった可能性が高いと言うことですか



 こちらのブログでは、この男と接触を持ったことのある田母神氏の知らず存ぜずの態度と、首相官邸から声明が一切聞こえてこないことについて批判しています。

シリアで捕まった日本人の安否と日本側の不可解な対応
http://kinshow-99blues.seesaa.net/article/404010393.html








 まあ、事実なんでしょうけど、一言も安否を気遣う言葉がなかったのはまずかったかもしれません。これだけを見れば、責任回避や自己保身に走っていると感じても仕方がないでしょう。ちなみに、安倍首相は事件が発覚した17日以降もゴルフと会食三昧だったそうで、こちらのブログでは、

休暇中でゴルフや会食といったように平時と変わらぬ行動です。一体どういうことでしょうか?日本人が海外で拘束され命の危険に晒されているときにこのような対応は酷過ぎませんか?

休暇中とは言え在外邦人がテロ組織に拘束され、いかなる要求を突き付けてくるか分からない中、休暇を優先するとは危機管理がないと言われても仕方がありません。


と安倍首相の行動を厳しく批判しています。

17日
  【午前】7時55分、山梨県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」。榊原定征経団連会長、御手洗冨士夫キヤノン会長兼社長、渡文明JXホールディングス名誉顧問とゴルフ。

 【午後】3時52分、同県鳴沢村の別荘。5時59分、同県山中湖村のホテルマウント富士。宴会場「メヌエット」で日枝久フジテレビ会長、加藤官房副長官らと食事。昭恵夫人同席。8時54分、別荘。

 18日

 【午前】山梨県鳴沢村の別荘で過ごす。

 【午後】0時49分、同県富士吉田市の温泉施設「ふじやま温泉」。入浴。3時19分、別荘。4時52分、田中財務省主計局長。5時36分、田中氏や秘書官と食事。43分、本田内閣官房参与加わる。10時35分、本田氏出る。47分、全員出る。

 19日

 【午前】7時4分、山梨県鳴沢村の別荘発。同7分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。昭恵夫人、日枝久フジテレビ会長、本田悦朗内閣官房参与、田中一穂財務省主計局長とゴルフ。


  【午後】2時33分、同所発。
 午後2時36分、別荘着。
 午後5時49分、別荘発。同55分、同県鳴沢村の笹川陽平日本財団会長の別荘着。森喜朗元首相、茂木敏充経済産業相、西村康稔内閣府副大臣、岸信夫外務副大臣、加藤勝信官房副長官、萩生田光一自民党総裁特別補佐、山本有二同党衆院議員、笹川会長、日枝フジテレビ会長と食事。
 午後9時59分、同所発。
 午後10時5分、別荘着。
 20日午前0時現在、別荘。来客なし。


まあ、私が適当にネットを見て面白いと思った反応や論評はこんなところですかね。確かに、一人の日本人の生命が危機的状況にある中で、安倍首相や田母神氏の反応や対応があまりにも酷いと感じ批判したくなる気持ちは十分理解できますが、また同時に「果たして30階建てのビルの屋上から飛び降りようとしている人間を助ける義務が政府にあるのか?」とか、わけのわからない妄想に囚われて自滅的な行動を取っている人間の安否なども気遣わなければならないのか?というような問題もあります。まあ、そのあたりの問題は、色々な人の考えや意見を参考にしつつ、各人が考えるべきではないでしょうか?

 なんか、無難で面白味のない結論になってしまいましたね・・・まあ、今回はあくまで著名人の反応を紹介する目的の記事だったので・・・という言い訳をして終わりにしたいと思います(;´・ω・)


↓靖国問題とか拉致問題とか経済問題とかアレコレ語りました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪






以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060


↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:42 | 神奈川 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンネル桜水島総「安倍批判は甘え!!戦後の本当に貧しい時代を経験した自分にいわせると失業したくらいで自殺する奴は心が弱い!!」

 みたいなことをマジで言っていたので、呆れてしまいました・・・。



「安倍批判する奴は馬鹿か売国奴」という名言(迷言?)を残し、反安倍のネットユーザーの失笑を買った水島社長が、今度は、「安倍批判は甘え、失業したくらいで自殺する奴は心が弱すぎる!!」という方向で、安倍擁護するよう方針転換したそうです。

 なんでも、「自分は、戦後の貧しい時代を経験したことがって、今よりずっと貧しかった。だけど、みんな仲良く暮らしてたくましく生きてたけど、今時の連中はこれだけ豊かに時代になっても、少し失業したくらいですぐに自殺してしまうのであります」とかうんちゃらかんちゃら・・・。

 そりゃあ、勝手に過去の地域の互助や相互扶助で助け合いながら暮らしていた牧歌的な過去の時代を懐古して幻想に浸るのは勝手だが、それでもって、いきなりアクロバティックな安倍擁護につなげるのはやめてくれと、というか、どう考えても論理的につながらないのだが、いったい社長の思考の中ではどうつながっているのでしょう?脳内メーカーでもやったら、びっしりと安倍と愛という言葉で脳内が埋め尽くされ論理的思考を行うスペースがなくなってしまっているのではないかと心配します。

 しかも、「戦後の60年間を思い返してみると、日本はよくアメリカによる支配下にある状況でよく経済成長して頑張ったのであります云々・・・」とも、述べていたのですが、お前は少しでも真剣に中野剛志さんと佐藤健志さんの話に耳を傾けていたのか?と疑問に思ってしまいます。日本の戦後の時代は、アメリカによる支配のもとに苦しめられながらも頑張って復興を経済成長を成し遂げた歴史なのではなく、むしろ、現実は全く逆で米ソ冷戦構造という特殊な条件下において、「日本に防共の砦という役割を担わせなければならない」というアメリカ側の必要性から、軍事的にも経済的にもアメリカの庇護のもとにぬくぬくと甘やかされた状況の中で経済成長を遂げてきた歴史であったというのが実情なわけで、「アメリカによる支配にも屈せず日本人が努力してー」なんて妄想は(もちろん、そういった要素が全くなかったとはいいませんが、大局を考えるうえでは)是非ともやめていただきたいと思います。

 それから、最後に、これは兼ねてからの私の持論なのですが、
「安倍首相は、頑張って戦後レジームからの脱却という大きな目標に向かって努力しているのだから、ちょっとした経済政策の失敗くらいでいちいち安倍批判をするな!!」
という(一部の少々頭の不自由な保守の人々に好まれる)言説、論調は、全く的外れであると思います。理由は、いくつかあるのですが、まず第一に、安倍の経済の失策は、全くちょっとした失敗では済まされないレベルであるということです。前回の記事でも説明しましたが、たとえば、橋本政権時の消費税増税と、様々な改革による経済的な損失は莫大な規模であり、それによって起こった日本の国力の毀損は、計り知れないものがあります。しかし、現時点で明らかになっているデータのみで見ても、安倍政権の経済運営の失策は、それ以上のものになることはほぼ確実でしょう。

 それから第二の論点として、これは一点目の指摘と関係しているのですが、現在のような資本主義や貨幣経済(さらには金融経済)が発達した社会においては、経済のあり方と、政治や軍事や安全保障、さらには人々の精神や文化までもが、(望むと望まざるとに関わらず)密接に関連するような状況になってしまっており、経済の問題を無視して、「軍事と安全保障を強化する!!」とか、経済政策はダメダメだけど「人々の文化レベルと精神の豊かさは一気に向上する!!」なんてことは不可能なんですね。誰が考えてもわかるように、現在では経済と人々の生業のあり方は関係していますし、仕事のスタイルと人生の豊かさや心の豊かさも密接に関係しているのです。ブラック企業で過労死寸前まで働かされてプライベートがメチャクチャにされてしまえば心の豊かさなど望むべくもありませんし、当然ながら、体も心も壊して働けなくなった途端に会社に捨てられ絶望して自殺を考えているような人間に対して、「お前は心が弱いから自殺などするのだ!!」などと偉そうに上から目線で述べる権利など誰にもありません。

 そして、最後に、これまた重要だと思うのが、戦後レジームの脱却と藤井聡さんや三橋貴明さんのような一部の保守派の勢力の望む経済のあり方を追求することは矛盾しないという点です。たとえば、経済政策を重要視し、国民の豊かさを追求することによって、(その代償として)アメリカの築き上げてきた戦後秩序により深く日本が組み込まれるというのであれば、先のような言説にも一部の理を認めなければなりませんが、しかし、実際には、彼らの語る経済政策、日本経済のあるべき理想像は、まさにアメリカによる戦後秩序の否定であり、戦後レジーム脱却と矛盾しないどころか、むしろ、それこそが、空疎なスローガンではない実質を伴った戦後レジーム脱却であり、そこから抜け出した新たな秩序、あるいは調和のとれたあるべき日本の像なわけです。

 これらいくつかの論点を踏まえた上で、私は、「安倍批判は甘えだ!!ちょっとした経済政策の失敗くらいで批判するな!!」という論は二重三重に間違っていると考えます。

 というわけで、以上「チャンネル桜を救う会」会長からの愛の鞭のコーナーでした(●≧з≦)っ⌒☆


↓集団的自衛権と国家の独立自尊の問題について語りました!!コメント、マイリス登録等していただけるとありがたいです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪





以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 08:20 | 神奈川 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。