新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年08月13日

ソーシャルメディアで食えるのか? 中川淳一郎×飯田泰之×常見陽平 鼎談より その@〜序文〜

 先日、中川淳一郎、飯田泰之、常見陽平の三氏によるソーシャルメディアとソーシャルメディアを活用したビジネスについての議論を行った動画を見たのですが、中々面白い内容だったので、少し感想を書いてみたいと思うのですが、その前に、今回は、私の中川淳一郎さんの出会いの話について少々書いてみようかと・・・(というわけで、感想は次回以降で)(https://www.youtube.com/watch?v=af9LaOMbNNk

 ちなみに、実は私は中川淳一郎さんとは一度お会いしたことがあって、なんと居酒屋で夕飯をご馳走になりましたwなぜ、そんなことになったのかというと、以前中川淳一郎さんが、ツイッターでノマド批判をしていた時期に、
「ノマドで、時間や場所や組織に縛られずに、自由にのびのびとした仕事とライフスタイルを実現するだぁ?!そんな夢みたいな話が現実に存在するわけねーだろ!!俺がフリーランスの厳しい現実を教えてやるから、俺に話を聞きたい奴は会いに来い!!」
というような内容のツイートをしていたので、『ネットはバカと暇人のもの』を読んで以来、中川淳一郎さんの隠れファンになっていた私は、すぐさま「ぜひ、お話をお伺いしたいです!!」とリプライを送ったところ、「じゃあ、明日、ここの店に来い!!」と言われ、実際に行って夕飯をご馳走していただきました(さすがに、あった時には「まさか、本当に来るとは!!」と驚いてましたねw)。

 ちなみに、ネット上での過激な発言や、オラオラ系のキャラが印象的な方ですが、実際にお会いすると驚くほど礼儀正しく紳士的な方で、私のようなわけのわからない一介のネットユーザー相手でも非常に礼儀正しく接していただき、こちらが話しているときも、しっかりと聞いてくれる方でした。古臭い言葉ですが、まさに「話し上手は聞き上手」という言葉を思い出しました。

 その後、「ニコ生に言論人を呼んでイベントやろう」という企画を行い、キレナビ編集長で人気ブロガーのはあちゅうさんをお呼びして、対談イベントを行ったことがあるのですが、





実は、この時、はあちゅうさんの前に中川淳一郎さんに出演オファーを出していました。その時は、返事が返ってこなかったので、諦めて次の候補としてはあちゅうさんを呼ぶことになったのですが、その後「すいません、メールいただいたのですが、迷惑ボックスに入っていたので、返信遅くなりました。企画の出演でしたら可能です」と返信が来ました。なのですが、その時には、すでにはあちゅうさんに出演可能ですとお返事を頂いた後でしたので、泣く泣く「すいません、またの機会にお願いします」と返したのですが、残念ながら、今のところ、企画は実現していません(^^;

 まあ、色々予算とかの関係もあり、そう何度も企画放送は出来ないのですが、一応、今現在、ニコニコ動画のクリエイター奨励システムの方で月に数万円ほどの収入が入る状態になっていますので(このニコニコのクリエイター奨励システムについても、そのうち細かく解説したいと思っています。個人的には、今ネットで元手無しで副業をやるなら、一番の狙い目なのではないかと思っています)、この収入が今より増えて安定してくれば、もっと定期的に著名人を呼んだり、色々とお金のかかる企画を実行していきたいと思っています。理想を言えば、

クリエイター奨励システムが入る⇒お金が増える⇒お金をかけて企画やイベントをバンバンやる⇒生放送や動画が盛り上がる⇒さらにお金が増える⇒もっと面白い企画を実行していく・・・

みたいなサイクルが出来ればいいなと思っています。もちろん、中川淳一郎さんも是非ゲストで呼んでみたい言論人の一人です。イベントを企画して出演料を払って、あの時の夕飯のお礼が出来ればなぁとw

 というワケで、今回は与太話になってしまいましたが、次回はガッツリソーシャルメディア論について解説したいと思います。ソーシャルメディアやソーシャルメディアビジネスの特徴、良い点悪い点、それから、まあぶっちゃけソーシャルメディアって稼げるの?という疑問まで色々と書いていきますのでよろしくお願います(。ゝ∀・)ゞ


↓過去のニコ生の録画をアップロードしています







以前、話題になったひろゆきVS勝間和代論争をヒントに、現在の政府の政策方針を批判する記事を書きました⇒ひろゆきVS勝間和代論争から考える 開業率を上げようとする政策方針の大愚 | ASREAD http://asread.info/archives/1060

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:20 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。