新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年08月06日

私の絶望は、西部先生の絶望に匹敵するのであります、だから何?

 前回の記事(『もっと絶望をくれ!!』http://achichiachi.seesaa.net/article/403256736.html)では、「自分自身の絶望が深いことそれ自体は、誇るべきことでも賞賛すべきことでもなんでもない」ということを説明したのですが、少し補足しておいた方がいいかな?と思うので今回は続編です。

 まず、いきなり前回の話と矛盾するようなことを言うのですが、実は、私は絶望すること自体は、ある状況においては必要であると思っています。オルテガは、『大衆の反逆』の中で「ひとたび、ある文明がデマゴーグの手に落ち込むほどの段階に達したら、その文明を救済することは、事実上、ほとんど不可能である」と述べていますが、また逆説的ですが、「しかし、唯一、そこから救済される可能性があるとするならば、多くの人々が、この文明を救済することは不可能であるという事実の前に絶望することである」というようなことも述べているそうです。

 また、前回紹介したキルケゴールも、「自分自身の絶望が深いことそれ自体は、誇るべきことでも賞賛すべきことでもなんでもない」と述べ『死に至る病』の第一編の表題を「死に至る病とは絶望である」としながらも、同時に少し注意深く読むならば、明らかに絶望というものをポジティブな側面からも論じていることが理解できます。そして、三島由紀夫は、自決するおよそ半年前に産経新聞に寄稿した『果たし得てゐない約束』という文章の中で、「二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。」と書いています。

 やはり、非常に優れた洞察力の持ち主の多くは、ほとんど一様に「圧倒的な、ほとんど事実上解決が不可能に思われる問題を前にした時、まずは、その困難さに打ちひしがれ、絶望する」という過程が不可欠であると感じたのではないでしょうか?

 ここで、
「それじゃあ、やっぱり絶望することにもポジティブな側面はあるのではないか?」
と思う方もいるかもしれませんが、私なりに解釈するには、先の、キルケゴールの
「自分自身の絶望が深いことそれ自体は、誇るべきことでも賞賛すべきことでもなんでもない」
という指摘は、端的に言えば、いちいち自分が絶望していることを誇らしげにアピールすることはバカだということを言いたいのではないでしょうか?

 つまり、もっと具体的に言ってしまうと

私の絶望は、西部先生の絶望に匹敵するのであります!!だからこそ安倍内閣絶対支持なのであります!!

とか

私は佐藤健志とは違って、安倍首相に大して期待していないのであります!!だからこそ安倍内閣絶対支持なのであります!!

とか、そりゃあちょっとオカシイんじゃないか?と、まあそんな風に思うのであります(`・ω・́)ゝ


 本日の教訓!!

圧倒的な困難を前に一人静かに絶望しよう・・・

しかし、自分の絶望をひけらかすのはバカっぽいからやめよう・・・



↓新作動画です





ASREADに記事寄稿しました!!⇒野々村竜太郎バッシングの陰に潜むもの http://asread.info/archives/1019

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:05 | 神奈川 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと絶望をくれ!!

 先日、チャンネル桜で行われた討論『【討論!】安倍政権への進言・諫言・提言[桜H26/8/2]』(http://www.nicovideo.jp/watch/1406879885)解放区では、大不評だったのですが、私は結構楽しめました(まあ、西部さんの発言部分だけですが)。ただ、水島社長が、西部さんに言った
「私の方が西部先生より絶望してますよ」
的な発言が、なんとなく気になってしまいました。

 かのキルケゴールは、『死に至る病』の中で次のような趣旨の言葉を述べています。

「ある種類の人間は、深く絶望することが出来ない。かといって、深く絶望できることは勲章でも、何か偉いことでも、なんでもない」

 まあ、佐藤健志さんのブログエントリーのタイトル『メルケルが褒めた、だから何?』(http://kenjisato1966.com/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%81%8C%E8%A4%92%E3%82%81%E3%81%9F%E3%80%81%E3%81%A0%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BD%95%EF%BC%9F/)になぞらえて言うなら、まさに
「私の絶望は、西部先生の絶望に匹敵するのであります、だから何?」
ってところでしょうか?なにしろ、かのキルケゴールが絶望が深いことは誇るべきことでも褒められるべきことでも何でもないと言っているのですから。

 ちなみに、『死に至る病』は中公クラシックスの文庫本で、通読しましたが、はっきり言って、ほとんど内容が理解できませんでした。正直、キリスト教の話はよく分からないです。様々な、問題を提起しながら、最後は神の信仰の問題につなげてしまうので(まあ、宗教書なので当たり前ですが)一神教の信仰を持たない日本人の私としては、論理も飛躍しすぎているように思えて大変違和感を覚えました。それから、キルケゴールの本は、ほとんど全て元婚約者のレギーネに向けて書かれた本らしいのですが、レギーネという女性は、こんな難解な本を読んで理解できたのだろうか?と全くの他人ごとながら心配になりました。まあ、キルケゴールの元婚約者ですから、相当に深い教養の持ち主だったのかもしれませんね。

 え!どうでもいい?そうですか?
「レギーネがキルケゴールの本を理解できたのか心配だ、だから何?」
って感じですかね?

 ふと思ってのですが、「だから何?」ってメチャクチャ汎用性高くないですか?


↓新作動画です





ASREADに記事寄稿しました!!⇒野々村竜太郎バッシングの陰に潜むもの http://asread.info/archives/1019

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 03:02 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。