新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年06月08日

竹中をバッシングして安倍擁護してる連中はオカシイだろ!!

 先日、俺のニコニコのコミュニティー掲示板の方にこんな書き込みがありました。

257 : ななしのよっしん :2014/06/07(土) 04:15:30 ID: DqxrXWUC4d
今日のkazuyaの動画みて爆笑したwww
この前、kazuyaが通報して消したカツトシ動画ソースの
パクリ動画を上げてるぞwwww
派遣栄えて国滅ぶ パソナと平蔵と助成金
>>http://www.nicovideo.jp/watch/sm23719147


 えー、気になって動画を見てみると、労働移動支援金 300億増額のニュースを取り扱ってました。

「他人の動画に削除申請出して消させた内容をパクるなよ!!」
と思うと同時に、気になったのが、内容の薄さ、「俺の動画の内容パクるなら、せめてもっと内容を充実させろ!!」と思ってしまいました。

 まあ、内容としては、竹中平蔵の提案で労働移動支援金(要はリストラ助成金)の額が二億円から300億円へと激増。パソナの竹中は利権にありついてずるいよーみたいな内容だったのですが、俺の動画は、そこから政権や、安倍首相とのパソナの癒着の問題や、役所の権益を民間企業に譲渡するようなレントシーキングの問題と絡めて論じたりしていたので、KAZUYA動画ではそちらはスルー。そして、何より気になったのが、竹中を批判しながら、竹中を登用した安倍首相の問題についてはスルー。

 KAZUYAは以前から安倍政権については是々非々で判断するのどと言っていたので、是々非々で判断するなら今回の竹中の問題に関しても安倍首相の責任も当然追求されてしかるべきだと思うのですがどうなのでしょうか?

 それにしても、以前からどうしても気になるのが、竹中を叩いて安倍擁護してる連中です。これははっきり言って増税問題で木下を批判して安倍擁護してた連中と同じくらい的外れな論評なのではないかと。労働移動支援金300億に関しても、竹中が提言したのは本当なのでしょうが、それ以前に竹中に発言権を与えたのも、竹中の提案を採用したのも安倍なのですから、竹中より安倍の方が悪いのは明白でるように思います。

 東田剛さんは、一年前のメルマガの記事でこのように書いています。

しかし、竹中先生は本当に凄い。
この1〜2年で、三橋貴明さんの超人的な努力の甲斐あって、国民もだんだん新自由主義の間違いに気付き始めていました。特に自民党の先生方の大半が構造改革はもちろん、TPPにも反対するようになっていました。

昨年末に自民党は政権を奪還しました。そして今度の選挙でねじれを解消して政治を安定化させ、日本が世界に先駆けて新自由主義から脱却するはずでした。

そして、竹中先生はほとんど過去の人になっていて、ブレーンをつとめる維新の会と共に凋落していたはずでした。

そんな竹中先生を、周囲の反対を押し切って復活させたのは、安倍首相です。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/07/10/korekiyo-52/


 一部、保守派の論客の中には、あえて政権内部に入れることで竹中を取り込んで監視するだの、自由に発言させないだの言ってる人たちもいますが、そんなワケあるかと、そりゃあ使うから、必要だから政権に内部に取り込んだんだろうとしか言いようがありません。なにしろ、過去に安倍首相は「竹中さんは愛国者」とお墨付きを与えていますから。しかも、最初は麻生副総理の反対によって、財政政諮問会議のメンバーになれなかった竹中を、産業競争力会議のメンバーのメンバーに迎え入れ、特区諮問会議を財政諮問会議と同格にして、竹中をメンバー入りさせたのは安倍首相です。この現実を見ても、まだ、竹中はあえて取り込むことで監視しているなどと言い続けるつもりでしょうか?それはあまりにも無理があると思います。

 是々非々だの、安倍は外交は上手くやっているだの言っても、もうほとんど説得力はないでしょう。「国益を守る」だの「自民党は交渉力があるから民主党がやった場合のような無残な結果にはならない」と言って、望んだTPP交渉も惨敗。果たして、この状況で「条件が不利になったら抜ければいい」と散々言っていたTPP推進派の連中のうち一人でも、「やはりTPP交渉は予想以上に不利な条件になってしまいそうだ。一旦交渉参加したが、やはり条件が悪すぎるので脱退しよう」と発言した人がいるのでしょうか。それから、TPP問題に関しては、結局賛成派は何一つ明確なメリットを示せませんでしたよね?それで、今ではただ、TPP反対派は反安倍の工作員だのなんだのと言って、悪口を言うことしかできない始末。交渉が進展したのだから、そろそろメリットを教えてくださいよ。一体、TPPに参加することで日本にどんな得があるんですか?あなたたちが夢想していたTPPは一体どんなものだったんですか?

 ちなみに、外交に関しても、それほどうまくいっているかというと相当に疑問です。G7でアメリカに首脳会談を申し込んだのに断られたことについての、元外務省出身者の発言には思わず笑ってしまいました

「同盟国が首脳会談を申し入れているのに断るのは、よほどのことです。同じブリュッセルにいるのだから都合はつくはず。もともとオバマ大統領は安倍首相を軽視していましたが、今年4月、国賓として来日した時に安倍さんと会い、改めて<この男はダメだ>と結論を出したのでしょう。安倍首相に見切りをつけたのだと思う。安倍さんが総理でいる限り、もう二度と首脳会談は行われない可能性が高い。これは日本にとって深刻な問題ですよ」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150807

同盟国の首相に
>改めて<この男はダメだ>と結論を
出させる首相って、大丈夫なんですか?

 何より、悲劇的なのは、別にアメリカに対して強硬な姿勢を示して、こうなっているのではなく、それどころかメチャクチャアメリカにへりくだって接して、TPP交渉でも譲歩しまくっているにも関わらず、改めて<この男はダメだ>と結論を出されるほどですから、はっきり言って話にならないのではないでしょうか?

 おそらく安倍首相は、小泉と同じことやりたかったのでしょうが、計算違いだったのは、小泉政権期と違ってアメリカの景気は良くないし、アメリカの首相がブッシュじゃなくてオバマだったということでしょう。

 さて、オバマ大統領は安倍首相に関して<この男はダメだ>と結論を出しました。それでも保守派の言論人はまだ「安倍ぴょん頑張れ!!」「安倍しかいない!!」「じゃあ、安倍以外に誰がいるんだ(逆ギレ)」「これが政治です!!」と擁護を続けますか?

↓新作動画です





ASREADに記事寄稿しました!!⇒安倍晋三と書いて、新自由主義者と読む http://asread.info/archives/749

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 14:37 | 神奈川 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。