新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月19日

教科書を読めと言う上武大学田中秀臣VS教科書を書いた京都大学藤井聡

 以前、動画に付けてもらったタグがあまりにも秀逸だと思ったのでタイトルにさせてもらいましたw

70.png

「教科書読めよぉ」のセリフでお馴染みの田中秀臣先生が相変わらず、ツイッターでゲロシャブツイートを吐き出していたので、また晒してみようかと・・・つか、「こんなしょーもない書き込みネットに垂れ流してるゴミとかさっさとクビにしろよ上武大学は?!」と思うのは私だけんでしょうか?学生たちも見てるんでしょ?この幼稚園レベルの知性しか持たないくせに謎の上から目線で書き込まれる恥ずかしいツイートを・・・( ̄▽ ̄;)




 えー、このツイートについて1から3まで全部批判してみたいと思います。が、まあそれ以前に一体誰が「理論や事実の前で不利に」なってるんでしょうか?全く謎です。藤井聡さんに完全に論破されて、反論受け付けているにも関わらず、直接反論せずに、動画とツイッターで一方的に勝利宣言をすることが理論や事実の上で優位に立つこととイコールなのでしょうか?多分、脳みそが腐っているか、もしくは人間の脳をサンプルを持ち帰るために地球に来た宇宙人に手術され脳みそと特大サイズの天津甘栗をすり替えられたのかもしれません。誰か、機会がありましたらこいつの頭をカチ割って見てみましょう!!もし、本当に中に大きな大きな天津甘栗が入っていたらみんなで美味しくいただきましょう!!

 えー、まあ、それはさておき、天津甘栗の批判をひとつひとつ見ていきましょう

1)口調などの印象批判

ですが、とりあえずこれを見た瞬間に即座に「何を言ってるんだコイツは?」と思いました。仮にも上武大学の教授という学生を預かる特別な責任を持つ立場の人間が、こんな「ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーッ!」なゲロシャブツイートを批判するのは当然でしょう。まあ、彼らのリフレ理論はほとんどただのゴミクズ理論だと思っていますが、もし仮に彼らの理論が正しかったとしても、こんな人間の最底辺レベルのデマと誹謗中傷をネット上で垂れ流してる人間を批判するのは、まあまともな大人としてのマナーと言って良いでしょう。ちなみに、こんなクズと比較するのは嫌なのですが、藤井聡さんは西田昌司さんとの対談の中で教育について、次のような発言をしています。まあ、「次にやりだすのが、1)口調などの印象批判」とか言っている5流大学のゴミとの教育者としての意識の違いがみてとれるかと思います・・・。

 大学の教員というのは研究者という側面もありますけど、教育者という側面もあって、研究と教育は大学の場合は一致していくものなんですけども、教育っていうのはどういうものかって、僕自身が思っているかっていうと、ていうか、プラトンの頃からずっと同じことが言われている教育の基本というものがあるんですけど。
 それは人間のある意味本能というものの中には、ご飯を食べたいとか寝たいとかいわゆる動物的な本能、私利私欲とか名誉欲とかそいう私利私欲的な本能って当然あるんですけど、どういうわけか、これ神様が植え付けたのかわかりませんが、良心にもとづくというか善意にもとづくというか、本当に正しいというか、そういう公共的なというか、神聖なというか、なんかそういう善意の本能みたいなものもこうあると、それで、教育というのは、その善意の本能に水をやったり、肥やしをやってり、ちょっと鍛えてやったりとかして、善意の本能をどんどん大きくしてやったりとかして、どんどん子供を大人にして社会に送り出していくっていう。

 で、僕ら大学の教員ですから、僕ら27くらいの時から、ずっとその仕事をやってきてて、この入ってきて善意の芽が小さくてガオーみたいな欲望が多い奴も、お前アカンやないかってやりながら、こっちの善意の双葉みたいなやつをちょっとこう、大きくして、それでようやくちょっと大人チックになったところで送り出すって仕事をずっとやってきたんです。

 だから僕、基本的に職業上人間の心の中には、一応どんな人にも必ず善意があると、善意の芽があると、良心の眼があるという、それをこう思っているんですね。それで、研究の出版活動とか、執筆活動とかも基本的にその延長上にあって、人々の心の中にある善意というものを大きくしていくという活動をずっと、僕今まで論文とか書いてきたり、本とかもそれなりに書いてきたり、原稿も色々書いていますけど、全ての原稿には必ずその意図が、もう全部と言っていいですね。それがありますですね。


 なんというか、先ほどのゲロシャブツイートと、この藤井聡さんの発言を比較すると、もうこれは教育者としての意識の違いというより、もはや人間としての質の違いというようなものを感じるのですがどうでしょうか?まあ、要は、「理論さえ正しければそれでいい!!」と考えているような人間は教育者としてはただのクズなんですね。まあ、残念なことに田中秀臣に関してはその理論さえも全く間違っているのですが・・・。

 次に、思わず笑ってしまったのがコチラ

2)論争に無縁な学歴批判

 じつは、これに関しては思い当たるところがあって、以前、田中秀臣のこんなツイートを見かけたときのことなのですが、

o0800045012296704945.jpg

 これを見て、「何言ってるんだ、こいつは?」と思って、藤井聡さんの経歴を列挙する動画を作成したことがあるんですね。30代の若さで京都大学の教授になり『土木計画学――公共選択の社会科学』という教科書を執筆し、さらにその後内閣参与に選ばれたのは、みなさんご存知のとおりだと思いますが、そのほかにも

受賞歴
1997年度:土木学会論文奨励賞 (土木学会)
2003年度:土木学会論文賞 (土木学会)
2005年度:日本行動計量学会林知己夫賞 (優秀賞) (日本行動計量学会)
2006年度:第1回「表現者」奨励賞 (表現者塾)
2007年度:文部科学大臣表彰・若手科学者賞
2008年度:第7回米谷・佐佐木賞 (社団法人システム科学研究所)
2008年度:交通図書賞 (財団法人交通協力会)
2009年度:第11回日本社会心理学会奨励論文賞 (日本社会心理学会)
2010年度:第6回日本学術振興会賞

研究活動
所属学科である土木工学関連(土木学会・交通工学研究会・日本都市計画学会・日本災害情報学会等)の研究を中心に、心理学(日本心理学会・日本社会心理学会・日本行動計量学会等)や教育学(日本社会科教育学会)や哲学(応用哲学会)等の諸学会に所属し、分野横断的な研究・出版活動を展開している。主な研究業績は、
計量経済学手法に基づく交通需要予測研究
社会的ジレンマ(social dilemmas)についての実践的社会科学研究
意思決定者の焦点化に着目した認知的統計的意思決定研究
交通計画におけるモビリティ・マネジメントの実践的研究
まちづくり・地域づくりに関する進化心理学研究
など。また、パース等のプラグマティズムの考え方に基づき、こうした研究活動を実践活動の一環として推進しており、交通計画やモビリティ・マネジメントについての実践活動や、言論・評論活動も併せて進めている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E4%BA%95%E8%81%A1


とまあ、輝かしい経歴と学問的業績に彩られているわけです。一方田中秀臣はどれだけ調べても学問的業績と思えるような経歴は一切出てこないばかりか、執筆した論文の一つさえ見つかりませんでした・・・どなたか、もし、この人の執筆した論文を見つけたら連絡お願いします・・・あ、ちなみに、『AKB48の経済学』とかいうゴミ本はどうでもいいんで、学術論文を見かけたときだけ連絡お願いします。

 ちなみに、先ほどの、学歴批判云々のツイートは、この業績比較の動画を作った直後に書き込まれたツイートなので、「うわっいちいち俺の作った動画なんか見てるのかよ?暇すぎだろコイツ・・・」と思うと同時に、「よっぽど悔しいんですね〜w」とまあそんなふうに思って可笑しくなってしまったわけですw

 まあ、要はこういうことです

ハゲ「国土強靭化グループの言論はアカデミックな世界では全く認められてないからww」
俺「藤井聡さんはいくつも賞取って30代で京大教授になって教科書も書いてるんですけど、あなたは何か一つでも賞取りました?」
ハゲ「最近では下らない学歴批判する輩が居るんだがww」←今ココ


 そして、最後の

3)みかけ批判

ですが、開放区で次のような書き込みを見かけました。

292 :右や左の名無し様:2014/05/17(土) 18:15:01.25
田中ハゲの自演が凄まじいなw もはやツイッターでブロックしまくったせいで誰も相手して貰えないから、 わざわざ倉山スレにきてまで自作自演とはwww おい、田中! だからお前はハゲなんだよwww


 えー、これを見ると、一見このコメントを書き込んだ方がハゲに対する差別的発言を行っているようにも見えますが、じつは違うんですね。この人は、別にハゲが悪いと言っているわけではないんですよ・・・なんというか、こう「ハゲ!!」っていうのは、別にハゲてることを批判してるのではなくて、もっとこう「人間的にお前は間違ってるからハゲてるんだぞ!!」ってことを言いたいだけなんですね。

 というわけで、今回は、クソハゲの批判ゲロシャブに一つ一つ丁寧に答えてました((*≧ω≦*))ノ★


↓以前、話題になった憲法9条にノーベル平和賞をという運動に対する批判動画です



↓こっちは不快なリフレハゲをボロクソに批判するために作った動画ですw




ASREADに寄稿しました!!左派批判のようで同時に結構痛烈な保守批判の文章⇒『憲法9条をノーベル賞にしようという運動について・・・』 http://asread.info/archives/640

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:21 | 神奈川 ☁ | Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。