新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月18日

根拠無きデマと誹謗中傷には良質な殺虫剤が必要である・・・

 前回のブログ記事の方に、動画を見てくれた方からコメントをいただきました。

>KAZUYAとか5流大学云々のの罵りというか悪口の部分はいらないのでは?
相手が間違っていると思うならそれをきちんとした理由をつけて指摘すればいいわけで、悪口を言うと急に幼稚なレベルに話が落ちてしまう
もったいない


 いやぁ、これはまさに正論なんですよね・・・まともな相手であればw

 はっきり言って、田中某なんてのは、真性のキチガイですよ。かつて、西田昌司さんは民主党政権時代に、参議院の委員会で大声でヤジを飛ばすこと(通称 西田砲)に関して、先輩の国会議員の先生方からお叱りの言葉を受けたそうですが、その時の西田さんの言い分が面白くて、要は、嘘ばかりついてる詐欺師のような連中であった民主党(まあ、もっとも私は今の安倍政権もその点においては大した差はないと思っていますが)の閣僚たちには、そもそも正論で相手をしようとしても無駄だと。どうせ、真面目に議論しようとしても、嘘と詭弁とごまかしで返されるのであるから、こっちもそれなりの方法を取らなければダメだ!!とそのように述べているんですね。

 それで、先ほどのハゲの話に戻すと、アイツとアイツの仲間たちは、藤井さんや中野剛志さんが、立場上、あるいは節度ある言論を保つために口汚い言葉を応戦しないのを良いことに徹底的に嘘と詭弁と誹謗中傷を浴びせ続けたわけですね(まあ、倉山はやりすぎで手痛いカウンターを喰らったわけですがw)。

 だから、まあ、なんというか、相手がまともに話し合いの通じる人間であれば、こちらもまともに議論しようという気にもなるわけですが、ああいうゴキブリレベルの輩には、言論ではなく良質な殺虫剤が必要なワケです。

 それで、「じゃあ、KAZUYAはどうなんだ!!あいつは別に藤井や三橋や中野を誹謗中傷してないだろ!!」と思う人もいると思いますが、まあ、これは単純に嫌いだからですw

 だって、歩くあんな2ちゃんねるの見出し読み上げマシーンなんかが、「国民がバカだと国家もバカになるm9っ`Д´)ビシッ!!」とか、いや、お前にだけはバカとか言われたくねーよ!!っていう。

 しかも、彼はあろうことか、保守を自称してるんですよね?別に保守を気取るつもりも、保守を語るつもりもありませんけど、俺が思うに、保守にとって非常に重要な要素の一つがスケプティシズムつまり懐疑主義なんですね。一言で言えば、思慮深く考えるとか、まあ、もっと簡単に言うと2ちゃんねるの見出しの情報をすぐに信じ込んで間に受けたりしないってことが重要なんであって、そう考える俺からすると、ああいう2ちゃんねるの見出しを読み上げて喜んでるバカって言うのはあるいみ一番保守から遠い存在なんですよ。別に、「日本はスゲー!!日本最高!!」とかやたらと自己愛的、自己陶酔的に日本を褒めたたえたり、「中国はクソ!!韓国人は皆キチガイ!!」とか大騒ぎして優越感に浸るのが保守ではないんですよ。

 要は、日本が好きで、中国と韓国が嫌いなら保守って、そりゃあリンゴが好きで、ピーマンが嫌いだと保守とか言ってるのと同じくらい無意味なんですね。まあ、好きな食べ物が干し芋でバーガーキングのフレッシュアボカドワッパーは嫌いっていうなら、多少保守よりかもしれないですけどw

 でもさ、そろそろ保守派の人たちも現実を見て欲しいんですよ。TPPにしたって、消費税増税にしたって、民主党が二の足を踏んだ決断を安倍政権がことごとく実現させて、さらに、移民や道州制や、特区構想まで着々と推し進めてるじゃないですか、保守政権だったら日本は良くなるんですか?第一、TPPにしたって、保守派の中では、尖閣問題で圧力を掛けられてやむなく譲歩したと思ってる人が多いと思いますけど、そんなこと全然ないですよ。安倍さんはむしろ、アメリカが尖閣問題で圧力をかけてきてくれたお陰で、国内の反対派の声を抑えてこれだけ関税を引き下げて、スムーズにTPP交渉を進めることができたって喜んでますよ。

 そりゃあ、確かに安倍さんは国益を追求してますよ!!徹底してアメリカの国益をねwだって、国境も国籍も関係ない時代に、日本の国益なんて、小さい議論なんてしてもしょうがないじゃないですかw日本の既得権を徹底的に叩き潰して、外国企業との競争で日本企業が少しでも有利にならないようにイコールフッティングしないと海外の投資家から見捨てられちゃいますよ!!以前の記事(『堂々とTV番組で嘘をつく安倍首相と竹中平蔵民間議員・・・』http://achichiachi.seesaa.net/article/397238561.html)で、産業競争力会議の資料を見せたでしょ?あそこには何度も繰り返しイコールフッティングって言葉が出てきますよ。

 え?日本の企業より、海外の企業の方が優遇されてる業種もあるから不公平だって?何言ってるんですか?そんな、国内の小さな市場に目を向けててもしょうがないですよ。これからは、グローバル人材!!クリエイティブ人材の時代なんですから、日本国内のゴミみたいな小さな市場の競争条件でグチグチ言ってたら、クリエイティビティーがシュリンクしちゃいますよ。これからのビジネスはクリエイティビティーを存分に発揮して、グローバルなコンペティションでウィニングしないと・・・え、何を言ってるか意味がわからないって?何言ってるんですか?これからはイングリッシュをアンダースタンド出来ないとグローバルなコンペティションでルーザーになっちゃいますからね。

 まあ、これくらい皮肉れば、十分ですかね?はっきり言って、産業競争力会議を見ればわかるようにこんなクソみたいなビジョンこそが、保守派の救世主だと言われた安倍首相の頭の中ですよ。まあ、KAZUYAに言わせれば、国民がバカだからこんなことになっちゃったんじゃないですか?まあ、安倍を持ち上げた人物の一人がこの北海道のバカなわけですが・・・。

 俺に文句言わないでくださいよ。実際に安倍さんが議長を務めてる産業競争力会議の中身がこんなもんなんですから、俺だって、こんな池沼レベルの知能の人間が総理なんて勘弁してくれと思ってるんですから。でも、まあいいんじゃないですか?頭空っぽの方が夢詰め込めるって言いますし、今の安倍首相の頭の中には夢とワクワクがぎっしり詰まってますよ、まあ、そのお陰で、知性と思慮というものが入る隙間がなくなっちゃってるのが残念無念上念ですが・・・

 最後に、たまには東田さんの作詞した歌ばかり歌わないで、たまには自分で作詞でもしてみようかと思います。『ハゲゲのツルン』で・・・

ゲ ゲ ハゲゲハゲー
今日もリフレで グーグーグー(b゜з゜)b
インフレ目標 異次元緩和 
賃金上がらない
デフレも終わらない
ゲ ゲ ハゲゲハゲー
熟成と歌おうハゲゲハゲ

ゲ ゲ ハゲゲハゲ
嘘と詭弁で中傷だ
ツイッター チャンネルくらら
地上波出れない
藤井が羨ましい
ゲ ゲ ハゲゲハゲー
岩田と歌おうハゲゲハゲ
浜田と歌おうハゲゲハゲ

ゲ ゲ ハゲゲハゲ
ライブでsayaちゃんストーカー
楽しいな楽しいなヾ(@⌒ー⌒@)ノ
グヒヒヒ グフグフ
ウヒヒヒブヒャヒャヒャヒャ
ゲ ゲ ハゲゲハゲ
sayaちゃんと歌いたいハゲゲハゲ
ジェシカとやりたいハゲゲハゲ


↓そんな安倍幻想を抱いているポリアンナ保守が一人でも多く目を覚ましてくれればと思って作った動画です



↓こっちは不快なリフレハゲをボロクソに批判するために作った動画ですw




ASREADに寄稿しました!!左派批判のようで同時に結構痛烈な保守批判の文章⇒『憲法9条をノーベル賞にしようという運動について・・・』 http://asread.info/archives/640

↓うわー・・・これは無いワ・・・と思った方はポチッとお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 20:15 | 神奈川 ☀ | Comment(27) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦後左翼も、戦後保守も同じ穴の狢?

 ASREADの記事が更新されてました⇒『憲法9条をノーベル賞にしようという運動について・・・』http://asread.info/archives/640

 えー、この記事は左翼批判のような記事のようで、実は結構痛烈な保守批判でもあります。今回テーマにした「左翼も、保守も結局同じ」というのは実は、湊さんという方が主催した中野剛志さんの勉強会で、俺が中野剛志さんに質問した時に、中野剛志さんが俺の質問に答えて言ったセリフなんです。結構印象に残ってるセリフで未だにその時のやりとりを覚えています。

 俺の質問は、まだ安倍政権に支持率が今より高く、特に保守派の人間が、「これからは安倍政権で日本は良くなる!!」と大騒ぎしていた時期だったので、「なぜ、一部の保守派の人々は、民主党の実現不可能(福祉の予算は増やす、政府の借金は増やさない、ムダを削って財源を確保する等々)な公約に対してあれほど痛烈に批判していたにも関わらず、安倍首相の実現不可能な公約(○○の輸出を2倍3倍に伸ばす、○○の分野で日本が世界一になる、憲法を改正して自国を自分の力で守れる国にする等々)には、何の批判もしないで、むしろ「さすが安倍さん」などといって大絶賛してるのでしょうか?」とまあ、そんな感じのことを聞いてみました、要は、「お前ら左派政権が無茶苦茶なことを言ったらボロクソに批判するくせに、保守政権が無茶苦茶なことを言ったら、そっちは絶賛するのか?」と、まあそんな意味合いを込めていたわけです。それで、具体的に、中野剛志さんがどう回答したのかははっきり覚えていないんですが、その回答の中で、「結局、保守も左派も同じだ」とそういうことを言ってたんですね。

 それ以来、なんとなく、俺の中で、「一体、保守と左派はどういう意味で同じなんだろうか?」と考えるようになって、その答えの一つが先の記事なわけです。つまり、安全保障観ひとつ取っても、左派は「憲法9条さえ守っていれば日本は平和だ!!」と考えるのに対して、保守派は「日米同盟とアメリカの核の傘さえあれば日本は平和だ!!」と考えているわけで、もちろん、冷戦期においては、日米同盟とアメリカの核の傘というものが、非常に重要な意味を持っていたという意味においては、幾分保守派の認識の方がマシなようにも思えるのですが、冷戦が終わり、日米同盟の固有の意義が失われたあとでも、ずっと似たような認識を持ち続けているという意味において、また単に「○○さえあれば日本は安全だ!!」の○○の中身が違っているだけだという意味においては、やはり保守も左派も似たようなものだというのが、私の考えなわけです。

 特に、今回のオバマとの首脳会談と、TPP交渉の大幅譲歩によって、この認識の問題点がはっきり見えてきたのではないかと思っています。まあ、それでも未だに見えてないポリアンナ保守が多すぎるのが更に深刻な問題ではあるのですが・・・。


↓そんな安倍幻想を抱いているポリアンナ保守が一人でも多く目を覚ましてくれればと思って作った動画です



↓こっちは不快なリフレハゲをボロクソに批判するために作った動画ですw




ASREADに寄稿しました!!左派批判のようで同時に結構痛烈な保守批判の文章⇒『憲法9条をノーベル賞にしようという運動について・・・』 http://asread.info/archives/640

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 08:26 | 神奈川 ☀ | Comment(37) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。