新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月11日

藤井聡VS原田泰のリフレ理論、及び公共投資批判における論争・・・

 えー、早稲田大学教授の原田泰氏が、藤井聡さんのリフレ批判原稿に対する反論論文を掲載されたそうなので、今回は、その内容についての批判を何点か・・・。


[アベノミクス第二の矢]ついに暴かれた公共事業の効果
http://shuchi.php.co.jp/article/1916?

 とはいっても、論文の内容自体には、ほとんどなんら目新しいものは見られず、以前から存在する公共投資批判の焼き増しのような内容であったので、要点のみ紹介して、反論を中心にまとめたいと思います。

 原田氏は「日本のGDPは公共投資が減っても増加している」というタイトルの論文の中で、ケインズ政策の前提が崩れているとし、90年代以降公共事業の景気浮揚効果が小さくなっていると主張。その根拠として5つの論点を挙げています。

 第一に、建設国債を出して公共事業をするとそれをしない場合より金利が上がって、民間の投資を押しのけてしまうクラウディングアウトという現象

 第二に、金利が上がれば資本が流入して円高になる。円が上がれば輸出が減少して、公共事業の刺激効果を減殺するからである。これはマンデル=フレミング・モデルの効果

 第三に、 効果の小さい公共事業をすればそれだけ将来は貧しくなるという無駄な投資論

 第四に、国の借金が増えれば将来には増税が必要になるわけだから、そのためにいま貯蓄して将来の増税に備えるので消費が減るという現象

 第五に、公共事業が民間の建設投資を押し出してしまう効果である。建設クラウディング・アウト(仮)

 以下、これらの論点について、一つ一つ反論を行っていきたいと思います。

 まず第一のクラウディングアウトの問題、これについてはノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンが現在の状況には当てはまらないとして明確に否定しています。

 (現在のような)ゼロ制約によって制約を受けている経済では、政府の支出は大きなプラスの乗数をもつ。したがって、政府が購入した財によって、他の民間の消費や投資が押し下げられること(クラウディングアウト)は起こらない。純粋に財政的な点から言っても、政府支出は採算がとれるだけではなく、お釣りがくる、ということを示す説得力のある議論がある。
http://blog.livedoor.jp/sowerberry/archives/37740074.html


 さらに、これまたノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツは「欧米先進国による財政引き締めは
景気後退をもたらす」という論説の中で、はっきりと

 長期金利がきわめて低いことから、今日「クラウディングアウト」の問題を持ち出す者は、まじめな経済学者のなかには1人もいない。
http://diamond.jp/articles/-/9044?page=2

と述べています。つまり、堂々とクラウディングアウトを根拠に公共投資の批判論を述べている原田泰氏はノーベル経済学者公認のふざけた経済学者なんですね。

 ちなみに、先のクルーグマンの論説は、非常に興味深くまた、重要な経済学と現実の経済に関係性に関する指摘をしており、経済学におけるいくつかの原則が「完全雇用に近い、かなり効率的な市場経済に関してはうまく当てはまる」が、しかし、「高い失業と、経済にとって望ましいレベルを超過した貯蓄――これは名目金利がゼロ下限にあるという事実によって証明されている――のために苦しむ経済には、ほとんど当てはまらないと言えるだろう。」と述べています。これは、いわゆる主流派の経済学やリフレ派の一派と、現在それらと対立関係にあるケインズ主義や国土強靭化のグループとの対立関係を理解する上で非常に重要な論点であるように思います。

 第二のマンデルフレミングに関しては、タイムラグの問題の問題を挙げ、緊縮策はすぐに経済に影響するが、為替による輸出の増加には時間が掛かる。 為替と純輸出の増加の関係は一直線ではなく。為替がマクロ経済モデルの予言通りに動くことは滅多に無い。 ということを指摘する論者も存在します。また、クラウディングアウトでの説明と同様、現在のように名目金利がゼロ下限にあり金利による調整に制約がかかる状況においては、財政政策の効果は大きくなるとも言われています。実際に、過去の日本でマンデルフレミングの影響で公共投資の効果がキャンセルアウトされたのか?という問題については過去の記事で何度か触れているので参照してもらえればと思います。

 第三の無駄な投資という論点で、原田氏は「効果の小さい公共事業をすればそれだけ将来は貧しくなる」と述べていますが、これまた先のクルーグマンの論説で「雇用されていない資源がたくさん存在し」ているような状況においては、「そのような資源を雇用すれば、トレードオフではなくて、誰にとっても利益になる、という時」があると説明し現在の超低金利の状況は、まさにその資源の活用が、誰にとっても利益になるような状況であると述べています。また「ゼロ制約によって制約を受けている経済では、政府の支出は大きなプラスの乗数を」もち、「純粋に財政的な点から言っても、政府支出は採算がとれるだけではなく、お釣りがくる、ということを示す説得力のある議論がある。」とも述べます。他にも論点はあるのですが、後で説明することにして次に行きましょう。

 第四の論点として、国の借金が増えれば将来には増税が必要になるわけだから、そのためにいま貯蓄して将来の増税に備えるので消費が減ると述べていますが、先に説明したように、「純粋に財政的な点から言っても、政府支出は採算がとれるだけではなく、お釣りがくる、ということを示す説得力のある議論が」ありますので、必ずしも国の借金問題は政府の公共投資に反対する有力な根拠とはなりえないのではないかと思います。単純に考えても、97年以降、日本が公共投資の額をほぼ一貫して減らし続けていた時期においても政府債務はひたすら膨らみ続けたという一点のみを持っても、必ずしも国の借金問題は、公共投資に対する決定的な反論とはなりえないでしょう。むしろ、公共投資による景気刺激は、単純な国の借金問題以外にも公共投資にの削減による景気の落ち込みや、それに伴う減収、さらにGDPが拡大しないという現象によって起こるGDP対政府債務残高の相対的な拡大等、様々な観点から、どの程度の公共投資の規模が適切であるか、総合的に判断すべきでしょう。

 また、これまたノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンは『さっさと不況を終わらせろ』の中で、「流動性の罠の下での財政出動は“後世へのツケ”は残さない」と述べていますし、スティグリッツも「リカードの等価原理が財政政策のあらゆる景気拡大効果を無効化し、政府支出が必ずそれと同額の民間支出を締め出すという主張も、現代の影響ある論文がどんなに厳密に考えてもそれが明らかに正しくないことを示している。 」と主張しています。

 最後に第五の論点として民間建設需要の妨害建設が起こる建設クラウディング・アウト(仮)の問題ついてですが、これは、問題の考え方がまるで真逆であろうと思います。確かに、安倍政権誕生以降の建設投資需要の増加のみをみるなら、「公共事業が民間の建設投資を押し出してしまう効果」つまり、公共投資の増加に伴い、民間建設需要のリソースを圧迫しているかに見えますが、もう少し長期のロングスパンで見るなら、全く真逆の状況が確認できます。国土交通省の「建設業許可業者数調査の結果について」(http://www.mlit.go.jp/common/000999104.pdf)というレポートを確認すれば、明らかに近年の構造改革や「コンクリートから人へ」というスローガンのもとに行われた公共投資の削減によって大量の建設業者が倒産しその数が激減したことが確認できます。日本のように災害の多い国で大量の建設業者の数が10数年というスパンで3〜4割ほども減少すれば、一時的に建築投資の需要が増えた場合に建設業者の供給力不足が発生するのは当然でしょう。つまり、長期的に見るなら、現在の建設労働力のリソース不足の真の原因は公共投資の増加ではなく、むしろ、それまでに公共投資の削減であり、今の供給力不足や建設工事のコストの上昇は、それまでの間違った政策のツケでしかありません。

 このような状況で、供給リソースの不足を理由に公共投資の増加を控えるというのは、それまでの間違った、というより間違い続けた政策の継続であり、絶望的なまでに愚かな無反省であって、現在取るべき方策は、一定のコスト増を伴ってでも、必要に応じて、リソースそのものを「健全な方法で」拡大するための努力を行うことでしょう。

 最後に、そもそも論として、果たして本当に90年代以降、公共投資の乗数は減ったのか?という問題についても簡単に解説すると、「当時はバブル崩壊の影響で、民間企業がBS縮小していたわけですから、その影響を除いてしまっていいのか」という問題ああります。むしろ、見方によっては、この時期の公共投資の増加は一国のBS縮小を押しとどめていた効果があったのではないか?つまり、経済全体の縮小を防ぐという重要な役割を担っていたのではないかという問題です。果たして、このような重要な視点を欠いた状態で、目に見えやすい名目GDPの増減のみを持って公共投資の効果を論じるならば、ほぼ必然的に、国家経済の認識を見誤るのではないか?と私にはそのように思えます。

BjyZpzFCQAAtHrQ.jpg

BjyH4ELCEAAsDNP.png


↓大好評の倉山動画シリーズ第6弾アップしました!!



↓リフレハゲコンビの藤井論文にたいする反論の再反論です




ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:34 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中秀臣のしょうーもない批判・・・

 えー、またしても5流大学のハゲがしょーもないツイートをしてたので紹介




 これは、おそらく俺が以前書いた記事(『藤井聡VS上念司&田中秀臣のリフレコンビ〜しょうもない財政出動批判論について・・・〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/396502033.html)に対するレスだと思われます。ほうほう、「大国モデルを知ってる田中ちゃんはしゅごいでちゅねー」とでも言って欲しかったのでしょうか?ついでに言うと、ツイッターでブロックを食らわせたまま、勝手に他人のブログを覗き見て、批判ツイートをするのもどうかとおもうのですが、どうでしょうか?

 それで、まあ、日本で大国モデル成り立たないとしても、続けて書いている

菊池英博さんや宍戸駿太郎先生は、日本のように輸出依存度、輸入依存度の低い内需大国は外需依存度の高い小国と比較してMFの効果は小さくなると説明しています。

や、またWikipediaで書いているような

アダム・ポーゼンは、英国のように日本よりも経済規模の小さく資本移動の自由が大きい国では、財政支出拡大の影響が外国に流出するため財政出動の効果が小さくなるとしている。また、日本人はどんなに日本政府の公的債務が大きくなっても自分たちの資産を外貨建ての資産に移したりはしないので、結果的に財政支出の乗数は英国よりも高いとも述べている。 
自国および貿易相手国の双方が流動性の罠に陥って名目金利のゼロ下限に面した状況では、金利による調整に制約がかかることから財政政策の効果は大きくなり、財政乗数は1を上回ることが出来る。


という点についてはどう考えてるんでしょうかね?まあ、ブロックしてるんで聞けないんですけどね。ちなみに、上念倉山田中のインチキリフレ派ツイッタラー3人集の特徴を挙げると

上念 論破されてからブロックして一方的に勝利宣言

田中 論破されそうな雰囲気を敏感に察知し完全に論破される前に早めにブロックして一方的に勝利宣言

倉山 そもそもツイッターをやっていない


となります。ちなみに、今回のケースは特殊で議論が始まる前にあらかじめブロックをしておくという超高等テクニックとなります。かのブロック経済学者の異名を持つ池田信夫先生ですら、使ったことはないのではないでしょうか?議論に噛み付いてきそうな人間をあらかじめブロックしておきながら、一方でそのブロックしている相手の書き込みを覗き見て一方的にディスる。うーむ鬼畜の所業です、この高等テクニックは仮に予防的ブロックとでも名づけておきましょうか。ブロックした相手のフォロワーの、そのまたフォロワーまでブロックするという三親等ブロックに加えて(ちなみに、この三親等ブロックもかなりの高等テクニックとされています)、議論を吹っ掛けてきそうな相手をあらかじめブロックしていくという予防的ブロック。うーむ、なんだか頭がクラクラしてきます・・・

 ちなみに、田中先生は自意識が肥大化したバカを見抜くという特殊能力も持っているそうで、次のようなツイートも残しています。




 どうやら、先生は常に見えない敵と戦っているようです。ツイッターで見えない敵と四六時中戦っているけど、リフレ理論を批判していつでも反論を受け付けている藤井先生には決して戦いを挑まない。きっと先生自身の中に何かしらの戦いにおけるポリシーというものがあるのでしょう(棒)

 まあ、病人イジリは、この辺にして、本題に入りたいと思います。




 今回気になったのがこのツイート、まず第一に分かるのが、輸出のGDPへの寄与度を考慮するので、別にアメリカの平均経済成長率なんて見ても無意味で、貿易収支の赤字のみを見ればいいでしょう。で、実際にどうなっているかというと

貿易収支の推移 - 世界経済のネタ帳

 どう見ても、2000年代で大幅に貿易赤字を膨らませています。別に、バブルだから総輸出額を除外したわけではなく、公共投資額に直接の影響を受けない変動要因を除去するために除去しただけであり、「米国はゼロ年代「バブ ル」だから、総輸出額を除外する」というのは田中氏の勝手な妄想です。妄想をもとに反論をされても困るのですが、いつも見えない敵と戦い続けているような方なのでそこは仕方ないとしましょう。

 で、ここから少し議論がゴチャゴチャしてしまうのですが、なぜ総輸出額の変動による影響を除去(ちなみに、この総輸出額の変動による影響とは純輸出のことではないんでしょうか?なんか、このあたりが微妙なんでコメントで指摘して頂ければありがたいですm(_ _)m)したのかといえば、公共投資を増減させることとは関係なしに変動する外需によって名目GDPが影響されることの影響を除去するためです。

 つまり、たとえば、日本国内では公共投資を減らして内需が縮小していっても、同時に突然アメリカが好景気になったりして輸入を拡大さたりした場合、名目GDPは上昇するわけです。これは、実際に、起きたことで、2000年代に日本はほぼ一貫して公共投資を減額し、内需は縮小していったにも関わらず、

BlsjXxpCEAA-qEJ.jpg

 輸出の増減によってGDPは上下しています。それで以前も説明したように、これをもって、上念氏などは、「ほらみろ!!MF効果によって輸出が拡大し、GDPが増えたんじゃないか!!」と主張するわけです。




 以前まとめた議論の繰り返しになってしまいますが、ここで、では果たして2000年代の日本の純輸出の増加はMF理論の影響によるものなのか?という問題になり、そして、結論として、「いや、そうではなくて、単純にアメリカが貿易赤字を大幅に拡大したことの恩恵を受けただけだろう」と考えたわけです。

貿易収支の推移 - 世界経済のネタ帳

 ついでに言うと、日本の輸出増を同じ時期の他国と比較した場合、この時期の輸出拡大は日本特有の現象ではなく、日本も普通に他国と歩調を合わせて輸出拡大していることがわかり、やはりMF効果とは何の関係もないということが推測されます。

sironeco1399579055157.jpg

sironeco1399732682781新.jpg

そこで、先の田中秀臣のツイートに戻るのですが、別にこのグラフを見ればわかるように、別にアメリカの平均経済成長率がどのように推移していようが、実際問題として、アメリカは2002年以降大幅に貿易赤字を拡大させたわけです。しかし、なぜ輸出の問題について議論しているのに、平均成長率の話を持ち出して偉そうにしているのでしょうか?全く謎です。やはりいつも見えない敵と戦い続けているといつの日か全然関係ないデータを持ち出してドヤ顔する癖でもついてしまうのでしょうか?

 そして、さらに言うとこのグラフって別に公共投資の有効性を証明するためのグラフではなくて、単純に「1990年以降、政府支出の増大で景気刺激策を行ってきたとき」には、MFモデルの影響で、公共事業による効果は「ほとんどなかった」という原田氏の主張への反論のために用いているので、1990年以降で持続的に公共投資額を増やしたのが90年代のみなので、この政府支出の増大による景気刺激策を行ってきた時期の公共投資のGDPの押上げ現象が見られればそれで良いわけです。まあ、単純に言ってしまえば田中は論文の趣旨を理解せずにわけのわからないイチャモンをつけては、いつでも反論を受け付けると宣言している藤井聡さんに決して直接反論をせずに「藤井論文を論破した!!」だのと勝手に勝利宣言をしては、とても良い歳した大人とは思えないような下品な言葉で批難罵倒しているわけなんですね。これは、倉山や上念にも言えることなのですが、はっきり言って知識人とか言論人とか言う前にはっきり言ってこういう連中は人間のレベルとして下の下であって、仮に多少の知識や頭の回転の早さがあったとしても、最底辺の人間であろうと思うわけです。

ちなみに、リフレ派経済学者として彼らの師匠にあたる原田泰氏は先日藤井聡さんの論文に対する反論の一つにクラウディングアウトを持ち出していますが、ノーベル経済学賞受賞の経済学者であるスティグリッツは『欧米先進国による財政引き締めは景気後退をもたらす』という論説の中ではっきりと、

 長期金利がきわめて低いことから、今日「クラウディングアウト」の問題を持ち出す者は、まじめな経済学者のなかには1人もいない。
http://diamond.jp/articles/-/9044?page=2


と述べています。つまり、原田泰は、なんとノーベル経済学賞受賞者お墨付きのふざけた経済学者なんですね(笑)このノーベル経済学賞受賞者お墨付きの原田泰の弟子にあたる彼らは一体どれだけふざけた連中なのでしょうか?まあ、まともな人間からみたらふざけた連中というよりただのキチ○イか精神病にしか見えないわけですが・・・

 ツイッターなんかが流行して以降なんでしょうか?なんというか最近はふざけた連中・・・というかほとんど精神異常者としか思えないような連中が知識人を自称する人間の中に極めて多く存在しているような気がします・・・。

 宇野常寛はツイッターが流行した初期にツイッター上で話題になった知識人や言論人をツイッター言論人の第一世代と呼んでいるのですが、この第一世代の特徴は、意識的には無意識的にはどうしようもないバカバカしいこと、くだらないことを書いて炎上させ注目を集めることで、99人から嫌われて嫌悪感を持たれながら、1人の信者を獲得するというような炎上商法を基本的な戦略に据える人間が多かったそうです。そんな流行の影響なんかもあるんですかね?まあ、ともかく私が言いたいのは、「お前らみたいな人間のクズのような人間が偉そうにしてることは社会のにとって悪影響しかないから、お願いだからさっさと消えてくれ。どうせ、テメーらみたいな常識のない連中が書く研究や論評だって、どうせロクなもんじゃないに決まってるんだから・・・」ということです。

 田中上念あたりは、ツイッターなんかやってても無知と無教養を晒して笑われるだけの結果になってるとしか思えないんですけどねぇ・・・まあ、ああいう下品な連中の便所の落書きレベルの書き込みを見て
「うおおおお、田中先生さすがだ!!上念先生かっけえええええええ!!!!」
と思ってしまうバカが一定数存在するんでしょうね・・・うーん、想像するとなんだか気分が悪くなってきた・・・


↓大好評の倉山動画シリーズ第5弾アップしました!!



↓先日のリフレ派との議論のまとめ動画をアップしました!!これを見て君も上念先生をツイッターで論破しようm9(・∀・)ビシッ




ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 11:19 | 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。